フューエルワンを320dに投入!BMW純正フューエルクリーナーとの違いやいかに?

夢のようだったToto BMWさんの高速試乗会も終了し、帰路につきました。息子が「吉野家の牛丼を食べたい」というのであえて一般道を通って帰ってきましたが、ちょうど燃料もピンチだったので給油するついでにフューエルワンを投入することにしました。

スポンサーリンク

こんなこともあろうかと。

「宇宙戦艦ヤマト」の真田さんじゃありませんが(笑)、そろそろ給油が必要であることを見越して、あらかじめ車内にフューエルワンを積んでおいたんですよね。

川越街道を走行してまずは吉野家探し。あ、ありました!が、対向車線沿いで、私が走行していた上り車線はケンタッキーが目の前に。すると息子があっさり方針転換して「僕、ケンタッキーでもいいよ」と言い出しました。

うん。そういう柔軟性があるところは中々いいと思うぞ。

ということでケンタッキーのドライブスルーで購入し・・・駐車場に止めて食べました(笑)。じゃあ最初から店の中で食べればいいのに(笑)。でもでも、走行中にはさすがに食べられなくないですか?家内がいるならなんとかバーガーの紙を向いて渡してもらえますが、今日一緒にいるのは息子のみ。そんな器用なことはできそうにありません。

で、中の人間のお腹が満ちたところで我が愛車の320dツーリングのお腹も満たしてあげなければいけません。まだ燃料計は残り4分の1をちょっと下回ったくらいでしたので自宅までは余裕で帰り着きそうでしたが、ディーゼルエンジンはガス欠になるとガソリン車と違って面倒ですので、警告灯が着く前に早めに給油しておくようにしています。

320dツーリングの燃費がよすぎて、給油がいつも「久しぶり」。給油にまつわる注意点。

2016.10.02

そして、ちょうど目についたGSの軽油価格が本日最安値でしたので、飛び込みました。

フューエルワン投入!

GSで給油機に車を寄せて止まってから、おもむろに助手席ドアポケットに入れていたフューエル・ワンを取り出します。

結構大きい缶です。実はこれを2〜3回に分けてケチケチ投入しようと思っていたのですが、説明には30Lから60Lに対して1本投入するように指示しています。

320dの燃料タンクはご存知の通り、57L。ガソリン車よりも微妙に少ないです(ガソリン車は60L)。ということは、1本まるまる1回で投入しないとダメですね。BMW純正フューエルクリーナーは約2,000円、フューエルワンは約1,800円。この時点でコストダウン計画は脆くも潰えました。

まあ、くよくよしてもしょうがないので投入しましょう。ところでこれ、どうやって投入すればいいんでしょう?

給油口は奥に蓋があるので、それをこじ開けなければいけません。BMW純正フューエルクリーナーは注入口がついていて、それでこじ開けていつも注入していました。

この右についている黒くて細長いのがそうです。

ですがフューエルワンは、そもそも普通のペットボトルと同じくらいの太さで、多分給油口ギリギリ。しかも蓋をこじ開ける道具なし。

ええいままよ!とばかりに一気に逆さまにしながら給油口に突っ込みました(笑)!念のため、給油こぼれを拭き取る雑巾を下にあてがっていましたが・・・。

ちょっと指についてしまいましたが、これで大丈夫でした。蓋の隙間を抜けて中に入っていったようです。ですが、この指についてしまったことで違いがわかりました。

スポンサーリンク

BMW純正フューエルクリーナーよりもサラサラしています。純正は淵に残っているフューエルクリーナーをみるともう少しとろみがありそうです。この辺が、注入口がついているかついていないかの違いにもなっているのでしょう。つまり、純正はとろみがあるので蓋の隙間を通り抜けづらいけれど、フューエルワンはさらっとしているので通り抜けていく、と。

そして最も重要な違いは濃度でしょうね。もちろん、純正の方が濃いからこそ1回の容量が少なくて済んでいるということです。でも、サラッとしている方が燃料タンク内で、燃料全体に均一に混ざりやすそうなので良さそうな気がしますけど。

純正フューエルクリーナー投入後とのエンジンの感触の違いは・・・

フューエルワンに続いて軽油も満タンに給油して愛車のお腹も満たしてあげたところで出発です。エンジンをかけてスタートしますが、まだまだ違いはわかりません。

一応、燃料ができる限り減ってから給油とフューエルワンの投入を行なったので、以前入れていた純正フューエルクリーナーの影響は無視し得るほどないと思います。

そのまま自宅まで走っていき、その後なんと木更津のアウトレットまで再び出かけたのですが・・・結論から言うと、エンジンの感触としては変わりありませんでした。相変わらず滑らか・スムーズ。これなら純正フューエルクリーナーの代替となるでしょう。

私の選択は「今後も純正フューエルクリーナー」

そこまでいっておいて!お思いになるかもしれませんが、これが嘘偽りのない私の感想です。

ガソリンエンジンの方はこれでいいと思います。と言うか、純正フューエルクリーナーとの価格差もありませんし、そもそもハイオクには清浄剤が入っていますからそんなに頻繁に入れなくていいですから、あまりコストダウンを考えなくてもいいでしょう。

私が気になっているのは、フューエルワンは「ガソリン・ディーゼル兼用であること」です。恐らく、両エンジンに共通する、堆積したカーボンの除去には効果があると思いますが、ディーゼルでも害がないようにしているだけと言う気がしてならないんです。

一方で、BMWはガソリン用とディーゼル用に分かれています。ディーゼルエンジンがいかにガソリンエンジンと違い、軽油とガソリンがいかに違うかも当ブログで何度か話題にしてきていますが、BMWの純正フューエルクリーナーは、恐らく軽油に極微量ながら含まれていて、錆の原因となる硫黄やリンへの対策もしているのでしょう。もちろん、LL04のエンジンオイルで十分対策がされているはずです。

木更津のアウトレットまで往復して150kmほどを走行した後にわかったのですが、唯一、フューエルワンとBMW純正フューエルクリーナーとのフィーリングの違いが、純正では感じられる「まるでオイルの粘度が復活したような感触」がフューエルワンではなかったんです。以前申し上げましたが、ディーゼル車のエンジンオイルって、ガソリン車と違って、だんだん軽油が混ざることによって薄まっていき、潤滑性能が衰えていきます。だからこそ軽油はガソリンのようにサラサラではなくちょっととろみがついているんです。純正フーエルクリーナーを入れた時は、このエンジンオイルの潤滑性能が元に戻ったかのような滑らかさを感じられます。フューエルワンの場合、フリクションがなくなったのは感じられるのですが、この、なんと言うかまろやかさを感じる部分が感じられないんですよね。

と言うわけで、これからも私は純正フューエルクリーナーを入れることにします。

でも良かったです。あえて他のケミカルを試すことで、逆に自分の選択に迷いがなくなりましたから。「あ、もしかしてあっちの方がいいかな」とか思うことがありません。

いかがでしたでしょうか?感じ方は人それぞれですので、異論もおありでしょうが、ご参考にしていただければ幸いです。

では、今回はこの辺で失礼します。ありがとうございました。

スポンサーリンク













8 件のコメント

  •  ディーゼルならでは問題として、このエンジンの洗浄の問題があるということは、恥ずかしながらpontaさんのブログを読むようになって初めて知った小生です。今回の記事も大変参考になりました。
     とはいえ、まだまだその必要性など、正直なところ実感しておらず手をつけていない小生ですが、(恥を承知でお聞きしますが)どのくらいの頻度でpontaさんは投入されているのでしょうか。
     ディーラーさんにもそろそろお聞きしようとは思っているのですが・・・

    • 桂様

      いつもコメントいただきありがとうございます!
      私も知りませんでしたよ、「これ、評判いいんですよー」って担当の方に勧められるまで(笑)。ディーゼルというか、直噴エンジン全体ですよね。最近の低燃費エンジンはEGRも装備されていますし。ですがガソリンの場合はハイオクに洗浄剤が混じっているからいいですけど、軽油は・・・日本では未だトラック用ですから(笑)。

      添加剤は、走行距離にもよると思いますが、大体3〜6ヶ月ごとに入れるといいと言われました。私は最近はハイペースで、2ヶ月に1回くらいの頻度になっていますが、そこまでしなくてもいいと思います。おかげで、エンジン音がえらく静かでスムーズ、かつ振動もなくなっていますが(笑)。
      メルセデスんにも純正のフューエルクリーナーがあるようなんですが・・・見て思わず二度見してしまいました。
      http://store.shopping.yahoo.co.jp/sair/a00631691.html
      ・・・これ、BMWのものと同じじゃないですか?蓋と注入口の色を変えて、ラベルを張り替えただけのような気が・・・。

      いずれにしろ、桂様ももし気になるようでしたらそろそろ入れごろかもしれませんね。3ヶ月経ちましたっけ?おっしゃる通り、一度マイスターに聞いてみると良いかもしれませんね。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • pontaさん

    こんにちは。
    楽しみにしていた記事がアップされて興味深く読ませていただきました。
    粘度の違いなど実際使ってみるまで分からないので、大変参考になります。

    自分は某通販のイベントにのっかり?ワコーズ D-1の1リットルを入手しました。
    純正の添加剤も手元に有り、さて。どうしような状況です(苦笑)
    まずはワコーズをスムーズに入れるための容器を100円均一で探してまいります!

    • pi-bo-様

      いつもコメントいただきありがとうございます!

      期待していただいてありがとうございます!お役に立てましたでしょうか?

      おお、D-1は次に私も試してみたいんです。どうも、コモンレール式に対応しているようですので、何も悪いことは起こらなそうですし、何回かに分けて入れられるのであればこちらの方がコストダウンにもなりますしね。

      ですが・・・あのでっかい容器から直接は入れられませんよね(笑)。入れすぎてもいけないようですので、目盛りのついた容器と漏斗が必要ですね。信頼のワコーズが最新型ディーゼル対応の添加剤、というか洗浄剤を出したらどうなるのか、非常に楽しみです。

      まずは無難に純正を1回投入!というのはいかがでしょう?エンジンが温まった状態だったら、マニュアルシフトして回してやってくださいね。10分もすれば「・・・何か違う」とお感じになると思います。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • 早速のレポート有難うございます。
    なるほど、純正と比較して初めてわかるフィーリングですね。良く分かりました。
    人柱になって頂き、誠に有難うございましたm(__)m
    そうなると、俄然純正も試してみたくなるお年頃…。
    取り敢えず今年6月の1年点検頃を目処に入れてみようかと思います。
    あ、その時はオイル交換してくれるからもしかしたら良く分かんないかもしれません。
    んじゃ5月連休の遠出に合わせてですかね。
    何はともあれ、参考にさせて頂きます(^^)/

    • 寒梅様

      いつもコメントいただきありがとうございます!

      でもフューエルワンもかなりいいと思いますよ。スムーズ感はかなり出てきましたし。ただ、私が勘違いしていたのは、BMW純正フューエルクリーナーのように100mLくらいずつ入れればいいのかな、と思っていたので、コストダウンのあてが外れた、というだけです(笑)。
      次はディーゼルワンも試してみたいですね。ですが、今度は少しエンジンを汚してからにしようと思っています(笑)。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • 添加剤は1度いれて、自分なりに良い方向に感じてしまうと、エンジン音、スムーズ、エンジン内洗浄などがある程度はしると、気になるようになります。燃料に入れる添加剤は少し高いかな??
    私は人間に、吉野家の特盛を添加したいと思います^^安上がりでしょ?笑

    • bmwpopo様

      いつもコメントいただきありがとうございます!

      そうなんです!まさにご指摘通りで、精神衛生上、なんだか添加剤の効果を体験すると、今度はずっと入っていなければ気が済まなくなるんですよね。ですが、今度は次なるテストに向けてしばらくエンジンを汚します(笑)。

      >私は人間に、吉野家の特盛を添加したいと思います^^安上がりでしょ?笑
      私も牛丼は吉野家が一番好きです(笑)。息子も、ですが。でも、年をとって代謝が落ちてきてしかも運動不足ですので、特盛は遠慮しておきます。アタマ大盛りくらいがいいかな、と。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です