3シリーズのドライビングポジションを少し変えてみました。そこで見えてきた意外なメリット・デメリットとは。

当ブログで何度かドライビングポジションの話題には触れてまいりました。そしてそれが非常に重要なものであることも。最近、少し、というかだいぶドライビングポジションを変えてみましたので、その話題をお届けしたいと思います。

スポンサーリンク

座面を高く。

以前、かなり詳し目に3シリーズのドライビングポジションの合わせ方に関してご説明しましたが、その際には座面の高さまではあまり触れませんでした。

BMW3シリーズのM Sportなどに装着されているスポーツシートを合わせるには・・・。

ですが、BMWドライバーズトレーニングのチーフインストラクターである菰田潔さんが推奨するところによると、「シートの座面はできるだけ高くする」んですよね。ですが、本庄サーキットでの五味さんのお話でも「高さはまあお好みで」くらいに留めていたので、そんなに気にしなくてもいいのかな、と勝手に思っていました。

BMW3シリーズでサーキット走行!Toto BMWのイベントでの貴重な体験!

ですが、そんなわけはないですよね。街中でBMWを運転しているドライバーを見ると、時に見かけるのが埋もれたようなドライビングポジションで運転しているドライバーです。

どういうことかというと、前から見ると目から上がようやく見えているくらい低く座っている方がいます。よくあれで前が見えるな、と思うのですが、ご当人はあまり気になさっていないようです。

BMWのドライビングポジションは、「足をポーンと投げ出したような」ドライビングポジションである、とよく言われます。これは通常よりも低い座面のポジションの方が合うということを言っていますが、実際、BMWのシートの調整幅は異常に大きく、すごい低さまで座面が調整できます。

でも・・・考えてみたら、日本人って世界の中でもそう大きい方ではありません。あ、決して小さい方ではないと思いますよ。フランス・スペイン・イギリスなどに比べたら同じくらいかちょっと小さいくらいだと思います。ですので、ワールドワイドな視点でクルマ作りをしているBMWからしたら、ちょうど真ん中くらいかちょっと小さめくらいに位置すると思うのですが、基本をドイツ人に合わせているとなると・・・平均身長181cmに合うように作っているということは、身長175cm(公称値)の私には一番下は明らかに低すぎますよね。

というわけで結構あげてみました。目安としては、頭の上に拳が縦に1つ入るくらいです。

そうすると今度は足が遠くなりますので、シートは前に出すことになります。そしてハンドルも少し押し込んでリーチを調節し・・・メモリーボタンに記憶させます。今回は2に記憶させました。1は以前のポジションを残しています。もちろん、後で比較するためです。

世界が全然違う!

変わったところは・・・色々です。ですがメリットばかりではなく、デメリットもあります。では、まずはメリットからご紹介していきましょう。

メリット

視界が広くなった

これはもう容易にご想像できるかと思います。「広くなった」とは我ながら抽象的な表現ですが、手前側方の視界が特に広がったと感じます。

現代のクルマは、エアバッグが仕込んでいるのと、安全性の観点からAピラーが太くなっていて、これが大きな死角を作り出しています。この死角はカーブを曲がって行く時に対向車線が見えなかったり、左折時の交差点で横断歩道を渡る歩行者を隠したりしてしまいますが、多少は軽減されました。

乗り降りしやすくなった

これが私自身には大変ありがたいです。座面が低いと乗り降りが面倒ですよね。実はCクラスとA4を試乗した際には、微妙にこの乗り降りが楽だったのを思い出しました。

これは結構大きいです。お買い物など、短距離の使用では頻繁に乗り降りする機会がありますからね。

後席が広くなった

これは座面を高くしたことによって、必然的にシート全体を前に出さないと足が届かなくなるので、当然の帰結だと思います。

私の家では、後席運転席側に家内が乗って、息子のチャイルドシートは助手席の後ろに設置しています。本当は運転席側が一番安全と言われているのでそうしたかったのですが・・・息子が足でシートをバンバン蹴るので(笑)。

というわけで、家内には恩恵があるはずですが・・・相変わらず「別にもともと狭くないから」と素っ気ない返事でした(泣)。

スポンサーリンク

デメリット

ではデメリットに行ってみましょう。デメリットというか、慣れればどうってことのないものも含みますが。

今まで通りに停止すると、直上の信号が見えない

これ、ご想像できますかね?幹線道路ではなく、ちょっと外れた道で小さな交差点ですと、信号が真上にあったりするじゃないですか?

3シリーズって、フロントウィンドウが天地に狭いです。これは以前当ブログでも話題にしましたが、この信号の場面では、先頭で止まった時に真上の信号が見えにくいというデメリットとなって現れます。

BMW3シリーズのフロントウィンドウは天地に狭い。メリット・デメリットは?

そして座面を上にあげたことよって、さらに後ろに止まらないと信号が見えにくくなってしまったんですね。これはうっかりして前の方に出て停止してしまうと、下から覗き込まないと見えない、ということになってしまいます。ずっと覗き込んでいるのも疲れるので時々覗き込むくらいにしていたら、後ろの車に軽くクラクション鳴らされてしまいました。青なのに発進していなかったんですね。すみません。

なんとなく不安定

これは私自身驚いたのですが、座面をあげたと言ってもせいぜい数センチのはずですよね。ですが思ったより横揺れの振幅が大きく感じられて不安定感があります。

まあ、慣れの問題ですね。

ルームミラーが結構ジャマ

これが一番気になります。

BMWのルームミラーって、そもそも大きすぎませんか?ルームミラーというか、その根本の単眼カメラを仕込んでいる付け根の部分から、さらにはミラー自体もETCだなんだと仕込んでいるからかも知れませんが、大きすぎです。

座面が低い時から気になってはいましたが、座面をあげたら覿面にジャマです。もしかしたら座面が高すぎなのかも知れませんんが、ルームミラーと私の目の位置の高さが同じなんですよ。ルームミラーって、頭の近くにあって、ちょっと見上げるくらいの位置の方がいいと思うのですが、BMWの場合はルームミラーが遠くにあってしかも大きいですからね。

これが左の方に結構な死角を作っています。メリットの「視界が広がった」とは逆のことを言うようですが、助かるのはその死角がクリティカルなものではないことです。どういうことかと言うと、人や自転車などの左からの飛び出しなど、事故の原因となるような危険因子が存在する箇所が死角になっているわけではないと言うことです。

ですが、その死角に何もないとは言い切れませんので、普段から視界をより広く保つようにしています。

この点、良かったのがアウディA4です。Cクラスもそんなにごっつくはありませんでしたが、A4のルームミラーはなんとフチなし。全面ミラーなんです。形も工夫されていて三日月のようになっています。試乗記には書きませんでしたが、こうした細かいことも含めてA4はすごく気に入っています。

アウディA4アバントも試乗して来ちゃいました。ただの試乗のはずが、タイヤ選択問題も進展!

大きさや塞いでいる視界はBMWとそう大きくは変わらないと思うのですが、これが視界の中で邪魔にならないんですよね。素晴らしい、ナイスアイデアです。視覚的にもオシャレですし。流れるウィンカー共々、ぜひBMWにも取り入れてもらいたいです。

まだまだ微調整が必要。

実は最初のうちは前に出しすぎていて、頻繁なゴーストップのある市街地ではあっという間に右足首が痛くなってしまったんですよね。ですので少し後ろに下げたり、シートの傾きを変えたりして微調整中です。

運転していると様々な状況に出くわします。リラックスして運転できる空いた高速道路、緊張を強いられる雨の夜の市街地。全てが一つのドライビングポジションで済むとは思いません。ですので、この高めのドライビングポジションを基本に、メモリーボタンに登録できる2通りをフィックスして行こうかと思っています。

実は以前も少し高めにしていたんですよ。ですが、今回は今までで一番高くして試しています。これからどうなるか自分でもまだわかりませんが、とにかく乗り降りがしやすいのが非常に気に入ってまして・・・。

今後の微調整具合などは、また後ほど当ブログでご報告するようにしますね。

では、今回はこの辺で失礼します。ありがとうございました。

スポンサーリンク













10 件のコメント

  • 菰田潔さんの提唱するドラポジに関する教えとチャイルドシートの取付け方はBMWに乗る以前から実践してました。(チャイルドシートは随分前に外しちゃいましたけど)
    サンルーフ付きのE46だと身長180cmの私の場合、天井によく髪の毛が貼りついて掃除に困っていたものです。(というくらい上気味に座ってました。手のひらを頭に乗せて隙間が無くなるくらい。まあ、ドイツ人に比べて腕と脚が短いのが悪いんでしょうけれど(笑))
    んで、確かにあるあるです。信号の見難さ。信号の位置悪っと悪態ついた交差点は数知れず…。
    あれBMW特有という訳でもなく、道路の方にも問題ある場合が多い気がします。
    ミラー周りは重厚(良く言えば)ですね。それが格好良くもあり、邪魔でもあり、上方向に見難くなっている一因ではあります。最近はドライブアシスト用のカメラとかのせいで余計に重厚(笑)になってますね。そこはAピラーの死角含めて補償して見せてくれる天井ディスプレイ機能とかが解なのかも知れません。
    次のグランクーペで心配なのが上気味に座るとHUDの視角に影響が無いかなという事です。
    3シリーズなどで試乗した時にHUDの上視角が意外に狭いと感じました。
    HUDの上がリフレクターの外になって見えなくなってしまわない様にシートポジション決めしないといけなくなりそうです。
    ちょっと下気味になるんじゃないかと予想しています。

    • あっきろ様

      いつもコメントいただきありがとうございます!

      というか、あっきろ様、でかい(笑)。バンプで頭打っちゃいまっせんか?

      信号はどうしてあんな真上に設置するんでしょう?しかも、なぜ雪国のように縦にしてくれないんでしょう?横である必然性って、あるんでしょうか?見えづらいでしょね。

      4GCは私がショールームで乗った限りでは、前席に関しては3シリーズと変わりない居住性を確保しておりました。ですので、長身のあっきろ様でもご不満同い空間だと思いますが、180cmというとちょうどドイツ人の平均身長ですから、きっとHUDの視野角も問題ないと思いますよ。高さの調節ももちろんできますし、ドラポジに合わせてご調整できるのではないでしょうか?

      4GC納車、待ち遠しいですね。色々教えてくださいね。あっきろ様の鋭い視点での4GCレポ、どうなるのか非常に楽しみです。

      では、またのコメント、楽しみにお待ちしております!

  • Merry Christmas!
    pontaサンタさんのミッションは無事果たせましたでしょうか?
    我が家は娘が珍しく早帰り。新婚の長男夫婦も来て、久しぶりに賑やかなクリスマスイヴでした。
    たぶん来年は孫へのプレゼントに頭を悩ませそうです。
    この時間、本物の?サンタさんはグリーンランドを経てカナダへ向かっています。NORADによればカナダ空軍が護衛の任務に就いている模様です。本当にお疲れ様です(笑)。
    そう言えばサンタさんはPonta Delgadaという大西洋アゾレス諸島の街も訪れたようです。一瞬ponta様のご自宅に立ち寄られたのかと思いました(笑)。
    世界中の人々が楽しく平和にクリスマスを迎えられる日が来ることを、心から待ち望んでおります。

    • 夢酒様

      Merry Christmas!いつもコメントいただきありがとうございます。

      ありがとうございます。今回は息子は自ら「寝ないとサンタさん来ないよね?」と言ってそそくさと寝てくれました。おかげで楽々作戦成功です。

      カナダ空軍、中々粋なことをしますね。出発前にもU.S.Navyが前路哨戒を行なっていたようです。サンタさんが「あれはU.S.Navyかな?」と言っている映像が出ていました。

      へー、そんな街があるんですね。全く知りませんでした。私の自宅に立ち寄ってくれたら・・・一杯もてなします(笑)。

      夢酒様も、良いクリスマスを過ごされたようですね。最後の一文に夢酒様の優しさがにじみ出ていて、思わずほろりとしてしまいました。

      では、またのコメント、楽しみにお待ちしております!

  • pontaさん ご無沙汰しています
    最近でこそ落ちつきつつありますが 3erのシートポジション.. やはり左折時の死角 苦労しますね
    bmwのシートバックは立て気味が推薦とありますが
    シート高め 立て気味だととても左折時の巻き込みに注意を計らいますがいかがでしょう?
    最近は気持ち寝かし気味で解消しております。。

    • char様

      大変ご無沙汰しております!またコメントいただけて嬉しいです!というか、読んでくださっていただけでも嬉しいです!

      おっしゃられているのはAピラーの死角ですかね。まあ、シートバックは立て気味ご推奨なのは、頭や首の重さを腰で支えることで疲れないようにするためですので、もしそれで死角ができてしまうようでしたらchar様おっしゃる通り多少寝かせ気味でもいいと思います。

      安全に運転するのが、きちんとしたドライビングポジションを取る本来の理由ですからね。基本形は基本形としてありますが、体型などによりそこから微調整を加えたほうが楽な場合ってあると思いますので、char様のドライビングポジションも発展形ということで個人的には全く問題ないと思っています。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • BMW購入当初より、太ももの違和感があり、シートポジションは頻繁に変更していましたが、BMWのジーニアスさんがシートポジションの研修で学んだ事を伝えていただいたりして、実際自分の車で、シートポジションを合わせていただきました。頭上はこぶし1つ程度がはいるのが良いみたいです。身長はそれほどありませんが、座高は高いので、一番下で良いぐらいです。前後は、手を伸ばしきらない程度でハンドルの上部をつかめる事!はじめは、窮屈でしたが、かなりしっくりくるようになりました。
    乗り降りは、かなり低いポジションですから、お尻をドスンと落とす感じになります。助手席に乗る方の大半が、乗りにくい、低いと言いますね。
    外観からここまで乗車ポジションが低いとは思ってもいませんでした。

    • bmwpopo様

      いつもコメントいただきありがとうございます!

      やっぱり低いほうが座った時にしっくりはくるんですよね。ぺだるん平面が向いている方向からすると、本当に低い位置に座る、レーシーなポジションを求めていますよね。

      おっしゃるように、低い位置には座るのがちょっとだけ億劫ですよね。高くするとペダルの角度が今ひとつ。この妥協点をこれから見つけて行こうと思っています。

      まあ、気分でまた低いポジションに戻すかもしれませんし(笑)。

      確かに、外観からは想像できないほど低くできますよね。あれはやはり、平均身長の高いドイツ人に合わせているのでしょうか?

      では、またのコメント、楽しみにお待ちしております!

  • あけましておめでとうございます。
    218iの場合、ポジションを天井から拳1個半分に上にあげると、やはり左半分の視界の大半がルームミラーになってしまいます。
    その状態で小さな交差点を左折した時に、顔を左ドアガラスの後方まで首を振らないと左方が見えないので、運転しずらいですね。
    でも拳2個分まで下げると、(今までのポジションよりはかなり上がってます。)最初は違和感がありましたが、すぐ慣れなんとなく前方視界が良くなったと思います。
    Z4の方は古いので、ミラーのサイズも旧型の小さなタイプなので、シートポジションを上にあげても邪魔にならないのですが、メーターの見え方がハンドルが邪魔で合いませんでした。(笑)

    • 自動車検査員のまー様

      あけましておめでとうございます!

      なるほど、拳二つ分ですか。2シリーズでも結構低めに座るんですね。この連休で早速試してみます。高すぎてもダメ、低すぎてもダメなんですよね。BMWに限らずどの車もそうですけど・・・。Z4は私の想像ではむしろ低めが似合いそうですけど、長いノーズがよく見えなくなりそうですね。

      ご教示ありがとうございました!またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください