BMW3シリーズのボディサイズは日本で適切か?

年々ボディサイズが肥大化していくDセグメントですが、特に最近はその傾向が著しいですね。安全装備の強化や、ユーザーの室内拡大の要望などによりやむをえない事情もあるのでしょうが、このまま大きくなって行くと、それはそれでDセグメントの特徴である「扱いやすいサイズ」という美点を損ないます。

スポンサーリンク

まずはボディサイズをおさらい。

本当はE30から比べると肥大化の傾向がよくわかるのですが、あまり昔のクルマと比較しても意味がないので、まだまだ街中で良く見かけるE46からの成長(?!)の軌跡を振り返ってみたいと思います。ここでは便宜的に、すべてセダンで、LCI前のボディサイズに統一します。また、M sportではなく、ベーシクな仕様です。

全長 全幅 全高
E46 4,470mm 1,739mm 1,415mm
E90 4,525mm 1,815mm 1,440mm
F30 4,625mm 1,800mm 1,440mm

全高はまあいいとして、全幅と全長の成長が著しいです。F30はE46と比較すると実に全長で+155mm、全幅で+61mmも増加しています。しかも、全幅は日本仕様だけ前席ドアハンドルを小さなものにすることによって抑えているので、本国仕様の正常な値(1,811mm)で比較すると+72mmということになります。

ドイツのライバルとの比較

ここでドイツ御三家のライバル、メルセデスCクラスとアウディA4と比較してみます。

全長 全幅 全高
Cクラス 4,690mm 1,810mm 1,435mm
A4 4,735mm 1,840mm 1,430mm

・・・こうしてみるとA4は本当に大きいですね。F30比で全長は+110mm、全幅は+40mmというと、最早Dセグメントを飛び出していきそうです。

あまり変わらないと思われるかもしれませんが、リアカメラがあってギリギリまで寄せられるようになっている中、全長で10cmの違いって相当大きいですよ。

日本車でいうとどのくらいの大きさ?

日本車と比べると大きさのイメージがつかみやすいと思いますので、比較してみましょう。

全長 全幅 全高
レクサス IS 4,665mm 1,810mm 1,430mm
トヨタ マークX 4,750mm 1,795mm 1,435mm
日産 スカイライン 4,790mm 1,820mm 1,440mm
スバル レガシィ B4 4,795mm 1,840mm 1,500mm
スバル レヴォーグ 4,690mm 1,780mm 1,490mm

レクサスISとF30はちょうど同じくらいですね。それにしても各車とも結構大きいです。レクサスISの他にも、この中ではレヴォーグが3シリーズと同じようなサイズ感ですが、A4なんかはむしろレガシィの方が近いですね。こうして見ると、3シリーズはコンパクトな部類に入ることがわかります。

スポンサーリンク

では、ミニバンと比較してみましょう。この場合は全高を比べても意味がないので、路面投影面積、すなわち全長と全幅だけで比較します。

全長 全幅
トヨタ ウィッシュ 4,600mm 1,720mm
日産 セレナ 4,770mm 1,740mm
ホンダ ジェイド 4,650mm 1,775mm

中々いいサイズのクルマがありませんが、この辺りですかね。

どちらかというと、日本車はドイツ車に比べて「幅は狭く、全長を長く」とって室内スペースを稼ぐ傾向にあるようです。

ちなみに全長が全然違うので比較はしませんでしたが、F30の全幅1,800mmというのはクラウンと同じです。そういえば、3シリーズってレンタカーでもクラウンと同じクラスに設定されています。

オリックスレンタカー

まとめ F30は日本でも取り回しのしやすいサイズ

上記のように比較してみると、だいたい同じサイズのクルマは日本国内でも大きすぎず小さすぎず、大人4人がストレスなく移動できて旅行の荷物も積み込めるという、ユーティリティの高いクラスに属していることがイメージできますね。

また、大抵のタワーパーキングに入るように全幅を1,800mmに抑えている点は、賛否両論あるものの、たかが1cmの差で入れられないくらいならこの方がいいと思います。むしろ日本車の方があまり気にしていないように見えます。でもドアハンドルに仕込まれていたライトがなくなったのは惜しいですね。

今の320dで気になるところ。オートライト・ウィンカーなど。

よく、「日本は道が狭い」という話を聞きますが、ヨーロッパだって道は狭いです。市街地の車線の幅は結構乗用車でギリギリのところもありますし、地方都市に行くと両側に家の壁が迫ってきていて、通れるのか?と不安になるようなところだってあります。

そういう背景ですので、このように大きくなりすぎずに済んでいるのでしょうね。それでも一番見えにくい左前が不安な方はこちらをどうぞ。

かつて、フェラーリ360モデナの記事で、絶対的には幅も広く大きな車なのですが、「何も考えずに作っていたらもっと大きくなっただろう、フェラーリの技術はすごい」と言っている記事を読んだことがあります。

なるほど。クルマをコンパクトにまとめるのも技術の一つなんですね。

ですが3シリーズは次も大型化するでしょう。A4ほどではないにしても、Cクラスと同じサイズ感くらいでしょうか。

では、今回はこの辺で失礼します。ありがとうございました。

スポンサーリンク













6 件のコメント

  • pontaさんいつもお疲れ様です。
     今回の記事も示唆に富む内容でしたね。
     特に、国産車は幅を狭く長さを長くすることでスペースを確保しているというところで思いだしたことがあります。
     それは、運転している日本人の多くがシートを後ろに下げ、かつ倒しすぎているということです。逆にいうとこういうポジションで、運転することを前提に設計してるとしか思えないような車が多いかと。
     pontaさんもシートポジションの重要性については書かれてますが、もっとアップライトにしてくれよという人が多すぎですよね。
     それにしてもアウディって、どうしてこんなに大きくしたいのかしらん。

    • 桂様

      いつもコメントいただきありがとうございます。

      確かに、桂様のおっしゃる通り寝そべったドライビングポジションを取るために後席足元が狭くなり、ユーザーからもっと広くして欲しいと要望が出て全長を長くする、という循環なのかもしれませんね。

      アウディは・・・なんででしょう。言葉を選ばずに言えば、メルセデス・BMWに挑んでいく立場のメーカーとしては、同クラスでより大きく立派なボディというのもあるかもしれませんし、デザインコンシャスなボディにライバルに勝る実用性を詰め込もうとしているからかもしれませんね。

      またコメントお待ちしています。これからもよろしくお願いします!

  • たしかに幅も大事ですが私のように大都市の狭い路地のようなところを走ることが多いケースの場合、最小回転半径をいつも重要視しております。Cクラスは5.1メートルで
    良くハンドルが切れますがF30は5.4メートルなので購入候補から外しました。現在、
    私はF20で5.1メートルで本当によく切れて使いやすいです。メルセデスの使いやすさは例えばあの大きなCLSでも5.2メートルです。3シリーズで狭い路地の直角カーブなどで不便はありませんか?このあたりをしっかり押さえているメルセデスはさすがだと思います。個人的にはBMWが大好きなのですが。。。。

    • はらっぱ様

      いつもコメントいただきありがとうございます。

      私の記憶ではかつてはBMWもメルセデスに匹敵する最小回転半径だったと思うのですが、いつの間にか全然ですよね。ここで比較したマークXの2WDモデルですら5.2mですから、もっと頑張って欲しい気もします。

      確かにはらっぱ様のご使用パターンですと、ボディサイズもそうですが最小回転半径は重要ですね。現行のCクラスは乗ったことがないのですが、3シリーズと同じようなプロファイルでホイールベースの長いCクラスですと、驚くほど切れるという印象になるのでしょうね。私は3シリーズでもですが、内輪差が気になりそうです。

      ご参考までですが、私は今まで最小回転半径がもっと小さければ!と思ったことはないんです。家内の実家はザ・住宅街でしてかなり細い曲がり角もありますし、私の自宅も住宅街で、最後に鋭角に曲がって入る場合もあるのですが、かなりスピードを落としてアプローチし、少し前に出過ぎかな?と思うくらいタイミングを遅らせてから一気に素早くロックまでハンドルを切ると、狭い曲がり角や鋭角な曲がり角も曲がれます。

      F20にお乗りなんですね。非常に楽しい車で私も大好きです。

      またコメントをお待ちしております。今後もよろしくお願いします!

  • はじめまして。
    320dツーリングに6月から乗り始め、購入前から色々と参考にさせて頂いています。
    最小回転半径の話が出ていましたので、取り回し含め家内と私の感想をと思い書かせて頂きました。
    参考までに、乗り換え前は国産販売台数№1のミニバン(某N社)です。
    家内の運転最初の感想が「ハンドルがよく切れる、Uターンしやすい」でした。
    前車が回転半径5.7Mに対し、F30系は5.4Mでこの差は如実に感じました。
    そもそも国産ミニバンは思ったよりハンドルが切れないというのが乗っていた感想です。それに比べたらこの車は非常に扱いやすい車だと思います。
    また自宅マンションの駐車場が機械式の端っこで一番入れ難い場所なんですが、これもミニバン時と同じ回数の切り返しで入ります。
    ですので前者はらっぱさんが言われる様な取り回しの心配はないかと思います。

    家内はそれほど運転が好きなわけでも、ましてや車に詳しいわけではないですが「運転がすごくし易い」と言っています。背の高いミニバンより、です。

    そんなわけで、せっかくBMW好きのはらっぱさんがその様な理由で対象外にされてしまうのが勿体なく思い書かせて頂きました。是非試乗してみて取り回しの確認を、と思った次第です。

    • 寒梅様

      コメントいただきましてありがとうございます!

      6月からお乗りで購入のご参考にしていただいていたということは・・・私がこのブログを始めてすぐの頃からお読みいただいているんですね!すごく嬉しいです!

      それにしても、私自身ミニバンを購入候補にしたことがなかったので知らなかったのですが・・・5.7mですか。まるで小回りの利かないことで定評がある某英国車のようですね(笑)。ボディ形状からいって、居住スペースを侵食するからあまり切れ角を取れないのでしょうか?よくわかりませんが・・・。

      ご夫婦揃って小回り性能を実感されているとのことで、やはり30cm違うと随分違うのでしょうね。ということは、はらっぱ様のF20もF30とはだいぶ違う感覚なのかもしれません。

      記事中には書きませんでしたが、私の家の前の道路は狭く、離合は不可能な道幅ですので、出庫時には切り返しが必要です。何かの時に、私が車庫入れしているのを見た人が、「さすがBMW、切れますねー」といったことがあります。私は数値的には大したことはない最小回転半径なのを知っていたのでその場は流してしまいましたが。

      BMWはボディ全長に占めるホイールベースの長いクルマです。伝統的にそうしたプロファイルになっていますが、もしかしたら内輪差が大きくなって扱いづらくなるギリギリのところで設定しているのかもしれませんね。かつてあったアクティブステアリングは4輪操舵でしたが、評判が芳しくなくてなくなっていってますし、自然でドライバーが思い描きやすい軌跡を描くことを重視しているような気がします。

      これからもお役に立てる記事を書けるようにしていきますので、今後ともよろしくお願いします!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください