雪道でのBMW320dツーリングとミシュランX-ICEでの走破性及び燃費

今日は午前中は子供の学校行事でしたが、家内は午後に用事あり、子供は友達と遊ぶ約束をして帰って来てしまい、期せずして午後は一人になってしまいました。ちょうどいいと言ってはなんですが、ちょっと関越で雪を求めて足を伸ばしてみることにしました。

スポンサーリンク

関越道チェーン規制

関越道にチェーン規制がかかるのはそう珍しいことではありません。群馬・新潟県境の関越トンネルを抜けると天候が激変していることはいつものことです。私も以前、キャンプに行った時に目の当たりにしました。

BMWで行くキャンプ 〜 無印良品津南キャンプ場最終営業日編

今日は出発前に見てみると、なんと赤城高原SAからチェーン規制。大雪で日本海側は大変なようですが、不謹慎にも私にはチャンスとばかりにクルマを走らせました。

クルマはまばら

さすがにニュースで大雪になることが報道されていますのでわざわざ行く方もいないのでしょう、関越はいつになくクルマがまばらです。おかげでゆったりと自分のペースを保って走ることができました。

周囲の景色がだんだんと雪景色に変わって来た頃、赤城高原SAに到着です。ここからチェーン規制ですので、本線は封鎖され、全車がSAへと誘導されています。こういう風にするんですね。

実は私、チェーン規制の箇所を走るのは初めてです。そもそも私が最後に雪道を走ったのは、スバル・インプレッサWRXにスタッドレスを装着して志賀高原に行って以来。もう、10年以上前になりますでしょうか?その時も長野道の信州中野IC付近は相当な積雪で恐る恐る走った記憶がありますが、その時もチェーン規制はされていなかったと思います。

どちらにしろ休憩するつもりでしたのでトイレなどを済ませてクルマに戻ろうとした時に、衝撃的な光景を見つけてしまいました。ちょうど私のクルマに向かう通り道で、オートソックを装着していらっしゃる方がいらっしゃいました。クルマはE61の5シリーズツーリング。そして・・・なんと前輪に装着されてます・・・。

あんまり差し出がましいことを言うのも気が引けたのですが、この方が事故ったりしては夢見が悪いので、声をかけてしまいました。

「あの〜、余計なお世話かもしれませんけど・・・BMWは後輪駆動ですので後輪に装着しないと効果がありませんよ?」

一応ご理解いただけたようでしたので、もう一つ付け加えました。

「あと・・・もしかしたらですが・・・・それはあそこ(とチェーンまたはスタッドレス装着をチェックしているところを指して)ではねられるかもしれません。」

こちらは重々ご承知の上でやってらっしゃったようでした。

そこで私も自分のクルマに乗り込んで先を目指します。

チェックは難なくパスして再び本線へ向かい、他のクルマたちと山をさらに駆け上って行きました。

いよいよ雪道へ!

とはいえ、まーったく雪なんかありはしません。路面が白いので一瞬警戒したのですが、融雪剤でした。が、この先登坂車線が続いてぐんぐん標高が上がります。しかも行く先は雲の中です。

水上IC手前でとうとう雪が降り出しました。警戒して速度を落とすと、今まで後ろについて来ていたミニバンが抜いて行くかと思いきや、私と同じくスピードを落としてついて来ます。車間も十分とってくださっていまして、大変ありがたかったですし、なんだか「じゃあ、一緒に行きましょうか!」みたいなノリで先導することにしました(笑)。

雪はだんだん本降りになって来ますが、路面はわずかにシャーベット状の雪があるのみ。ですがこのシャーベット状の雪が曲者でして、ちょっと溜まっているところを通ると進路を乱されますし、実はスタッドレスが最も苦手とする路面と言われています。

そこで大したことなさそうな見た目に惑わされないよう慎重に走って、ようやく関越トンネル突入です。ここは雪はないので安心して走れますが、出口付近まで来ると「出口ユキ」の表示が。前回のキャンプの時もそうでしたが、なんで「ユキ」ってカタカナなんでしょう?まあ、どうでもいいですけど。

そして出口が近づくとともに、40km/hまで大幅にスローダウンしました。すると・・・やはり、すごい雪です。ここでまたもPAをゴースルーしてスタッドレス・チェーンの装着確認がありました。

本線に戻ると、路面状態は圧雪路。一面を雪が覆い尽くしています。

本格的な圧雪路を走ってまず驚いたのが、まずはミシュランX-ICEの雪上におけるグリップ。ステアリングがスッと軽くなるあの感覚がありません。ということは、タイヤのトレッドがしっかりと圧雪路の表面を捉えているということです。そしてもう一つ、これを正確に伝えてくれるBMWのステアリングインフォメーション。こういう場面では大いに助かりますね。

BMWのどのクルマを運転しても怖くないのはなぜ?

このように路面状態は良くわかるし、グリップしている様子もわかるのですが・・・視界が悪いです。悪すぎます。ホワイトアウト状態で、どこが路肩で雪が溜まっていて、どの辺を走ればいいのか、全くわかりません。白一色で凹凸がわからない上に、ひどい降雪で先が見通せません。ひどい時には50m先も全く見えないくらいです。

極端にスピードを落としておいてよかったです。だって、関越トンネル出口から一つ先の湯沢ICまでの間だけで、路肩や中央分離帯に刺さっているクルマを5台も見ましたから。これはスリップしたというのもあるでしょうが、この視界の悪さも原因の大きな部分を占めると思います。

除雪作業で停止の間にエンジンが冷えて行く!

追い越し禁止の除雪作業車に行く手を塞がれて停止している間に、ご丁寧にアイドリングストップしてしまいました。いつものことですので気にも留めていなかったのですが、冷たい風が噴き出して来て気づきました。これはまずい、と。ここでアイドリングストップを解除し暖房全開にしますが、エンジンの温度があっと言う間に落ちてしまって全然暖まりません。

帰路もそうでしたが、そもそも水温計の針が真ん中まで行かないんですよね、渋滞で止まってしまうと。外気温も低いですし、ボンネットにずんずん雪が積もって行きます。そして窓にも。そこで問題が起こりました。

デフロスターを全開にしても追いつかない!

デフロスターを全開にして視界確保に努めていたのですが、助手席側のワイパーの先の方まではカバーしていないらしくて、どんどん雪が溜まっていって、ブレードに挟まるんです。挙げ句の果てには、大きく拭き残しができる始末。

お分かりになりますでしょうか?

ただこれはBMWだけの問題でもないようで、こうして止まっている間に地元の方はクルマを降りてマメに雪を落としていました。

ここに至って、ちょっとこれは危険すぎると判断し、湯沢ICで降りて引き返すことにしました。気軽に雪道ドライブで来るような雪の降りかたではなかったですからね。

湯沢IC前を通る国道17号線も状況は同じ、いや、もっと悪いです。高速よりもアップダウンがありますし、道幅が狭いですから。一度、コンビニに寄って、クルマの状態を見てみることにしました。

やっぱりライトに雪がこびりついている!

最近のクルマはLEDライトを装備していますが、雪国におけるLED信号への雪の付着問題からもお分かりのように、クルマのヘッドライトも例外ではありません。ネットで調べると、ヘッドライトウォッシャーを装備しないLEDライトのクルマの方は皆さん困ってますし、当ブログの読者様でもこのために怖い思いをしたとのコメントをくださった方がいらっしゃいます。

スポンサーリンク

HIDもダメだろうな・・・と思って念のため見て見たら・・・

やっぱりダメでした(泣)。写真ではまだ明るく光っているように見えますが、全然溶けていっていませんので、早晩全てが覆い尽くされてしまうでしょう。もちろん、フォグ・リアフォグ全点灯で走ってきましたので、被視認性は問題ありません。というか、フォグの方が明るいくらいですよね。ハロゲンなので熱で雪が溶けているんです。

じゃあヘッドライトウォッシャーで溶けるのか?と試してみると・・・ん?出ない?しまった!不凍液入れてないじゃん・・・。

というわけで、また一つ教訓を得ました。

3号軽油を給油

除雪作業待ちによる高速道路上での停止時間が意外と長く、アイドリングストップさせてはいけないことを学んだ私は、早めに給油することにしました。

念のため伺ってみると・・・ビンゴ!3号軽油です。寒冷地用の、凍らない軽油ですね。まあ、走っている限りは凍らないので大丈夫なんですが、気分的には盛り上がります(笑)。

ディーゼル乗りの方はご注意!寒冷地では軽油が凍ります。

これを満タンに給油し、再び湯沢ICから関越で帰路につくことにしました。

ちなみに、給油したGS付近はこんな感じでした。他にだーれもいませんので、大胆にも路上で一旦停止して撮った写真ですので、ピンボケなのはご勘弁ください。

こんな状況でもゆっくり走っていさえすれば全く不安なく曲がれて止まれるんですね。BMWの重量配分のよさと、ミシュランX-ICEの成せる技です。

ですが、さすがに発進では時々少しお尻を振ります。試しにグッとアクセルを踏んでみると・・・DSCがスリップを検知してパワーを絞るため、ゆっくりとしか前に進みません。

雪道でBMWを運転する際に忘れがちな設定のこと。

その割にはブレーキングで思いっきり踏むと「おう!」と思うほど強力に止まるんですよね。それだけグリップしているということです。

ここはディーゼルの低回転域での強大なトルクが少しアダになっているかもしれません。アクセル操作は丁寧にしないとですね。

帰路は順調!燃費目標を一つ達成しました!

往路ではものすごく長く感じたのですが、帰路はあっという間に関越トンネルまでたどり着きました。なんだかんだ言って、往路はよほど緊張して色々な情報を頭が処理していたんでしょうね(笑)。またも中央分離帯に刺さっているクルマが1台いましたが(これで6台目!)私自身は特に危険な目に合うことなく、あっけなく雪のない世界に戻ってきました。

またクルマが少ないのでゆったりと自分のペースで走ります。と、そこで燃費が異常にいいことに気づきました。往路も帰路も、雪がなくとも気温が氷点下なので橋の上での凍結を警戒して速度域が低かったことが功を奏したのか、あれだけ長々と停止時間にアイドリングしていたのにすごい燃費です。

ちょっと首都高速で浪費してしまいましたが・・・「フルタンクでの航続距離1,200kmチャレンジ」を達成しました!帰宅後の写真がこれです。

すっごい手ブレ・・・すみません、見苦しくて(笑)。

走った距離が205km+残りの航続距離が1,155km=1,360km!大幅に目標を超えて達成です!単純計算をすると、1,360km÷57L(タンク容量)=23.9km/Lだったわけですね、帰路の燃費は。

そして総合燃費は4.4L/100km(22.5km/L)。あ、日本式表示の方はオンボードコンピュータで表示を切り替えて確認したので、ヨーロッパ式の燃費表示を換算した数値とは若干あっていません。

これは、あれだけの長いアイドリング時間を考えると、ミシュランのグリーンタイヤに属するスタッドレスX-ICEの効果と、インチダウンの効果と、あとアルミテープの効果という3つの複合要因を認めざるを得ないでしょう。普通だったら感覚的にはせいぜい18km/Lがいいところではないでしょうか?

まとめ・・・というか教訓

さて、今回FRのBMWで雪道を走って見て、以下のことがわかりました。

  • 発進さえすれば、ゆっくりと走っている限り、曲がる・止まるはFRだろうと何だろうと変わりはありません。
  • 問題となる発進も、適切な滑り止め処置さえしていれば、重量配分の良さとDSCのおかげで、スタックはしないし、スピンモードに陥る危険もありません。
  • ただし、特にディーゼル車はアクセルワークを丁寧に。ECO PROモードにするのがベター。

ですが、意外なところで準備不足でしたね。

  • 今回一瞬怖かったのが、ECO PROのセーリング機能がONになっていて、一度下り坂でどんどんスピードが乗ってしまったことがありました。というわけで、事前にセーリングはOFFにするのが推奨、というか必須でしょう。
  • DSCがONのままで大抵いけます。DTCに切り替えるのはスタックした時のみで十分。

これに、今回のような激しい降雪時には、上記に加えて、

  • 自分の視界と、他者からの被視認性の確保に最大限注意を払うべし。
  • そのために、事前にアイドリングストップは解除しておいて、エンジンを冷やさないように!
  • ウォッシャー液は不凍液を。でないとせっかくのヘッドライトウォッシャーが宝の持ち腐れ。
  • 走行中はフォグ・リアフォグは全点灯!(これは今回もやっていました。)

と言ったところでしょうか?

私が雪道を走った大昔に比べて、気をつけるところが随分と変わってきました。特にヘッドライト周りですよね。昔はハロゲンだったので気にする必要がなかったのですが、LEDでなくてもHIDですら熱量不足で付着した雪が溶けませんでした。走行しているクルマを見ても、LEDのテールライトのクルマは、ほとんどテールライトが見えなくて危険でしたね。

さて、私のドタバタ雪道ドライブ記、いかがでしたでしょうか?最後に申し上げておきたいのが、これはミシュランX-ICEという素晴らしいスタッドレスがあったからこそこの程度で済んでいるということです。ドライの高速道路での安定性と適切なインフォメーションのフィードバックの与え方、一転して圧雪路でのしっかりと雪を捉えるグリップ。この両立無くして、この楽しい雪道ドライブは成り立たなかったでしょう。

技術の進歩にも驚かされますが、ミシュランのX-ICE、本当にすごいスタッドレスです。万人に自信を持ってお勧めできます。改めて、お譲りいただいたbmwpopo様に感謝申し上げます!

久しぶりに随分と長くなってしまいましたね。では、今回はこの辺で失礼します。ありがとうございました。

スポンサーリンク













10 件のコメント

  • ミシュランのX-ICEの雪走行お疲れ様でした。pontaさんに使ってもらい本当に良かったです。BMWつながりは素晴しい!!痛感しています。昨日は無事到着しました。こちらは、30センチ以上積もっているでしょうか!今も雪が降っています。明日は普通に走行が出来ますように!

    • bmwpopo様

      いつもコメントありがとうございます!

      いや、ご無事に帰れて何よりでした。30cmですか!かなり積もっているんですね。それだけ積もっていたら東京は大パニックです。

      こうして雪道走行を楽しめるのもbmwpopo様のおかげです。そう、楽しかったんですよ、あんなすごい状況だったのに。本当はもう少し天候がマシだったら、もう少し足を伸ばせたんですが・・・ついでに雪見風呂でも楽しめたんですが(笑)。

      まだまだ寒波は治らないようです。東海地方から西の都市部でも積雪があるようですので、明日もお気をつけください!

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • スタッドレスの本領発揮ですね。
    やはりライト氷結問題は今後の課題ですね、BMWに限った話ではないので他社も含めて早く対応して欲しい所です。
    昨日の朝は関西の自宅周辺も薄っすら白くなってました。公共交通機関を使って移動したのですが、最寄駅まで歩道は所々凍結してました。車道も幹線は溶けていましたが、枝道は薄く積もった雪が雪のままの所と凸凹に凍った所が混在する感じで、そのせいか私が出歩いた時間は車通りも殆ど無かったです。
    こんな時にはノーマルタイヤ、チェーンなしの代車では絶対移動したくないですね。
    というわけで(どういうわけでしょう?)仕事で雪とは殆ど縁の無い所に来ています。
    帰る頃には少し寒さが和らいでいたらいいなぁ。
    関係ない話ですみません。

    • あっきろ様

      いつもコメントいただきありがとうございます!

      ライトの氷結はこれからも問題ですよね。あっきろ様のこれからの愛車は確かフォグもLEDですよね?となると結構雪の日は切実かもしれませんね。まあ、都市部ではそんな機会も滅多にないでしょうが、こう言ったときに困りますよね。まあ、そう言う日はいくらスタッドレスを履いていようと、チェーンを巻いていようと乗らない!というのが実は一番正解だったりするかもしれませんが、予定があると中々そうも行きませんよね。

      この寒さ、中々和らがないみたいですよ?また木曜日くらいに東京あたりは南岸低気圧が通るので雨になりそうです。そこに寒波がきたら一発で雪かもしれません。と言っても、こう言う時はある意味で冬型の気圧配置が崩れているので気温自体はそう低くもないかもしれませんが・・・。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • ponta様
    今朝(1/16)の我が家の外気温はー4.5℃でした!ここは東京か?と思うくらいの冷え込みでしたね。
    この度、スタッドレスの走行体験で水上方面まで行かれたとの事、素晴らしい行動力ですね!
    私の今までのスタッドレス体験は、ブリジストン⇒ミシュラン⇒ピレリ⇒ダンロップ⇒ミシュランと、結構浮気性な性格でした(笑)ブリジストンは、もう10年以上前の話ですのであまり比較にはならないかもしれませんが、雪道では当時のスタッドレスの中では出色の性能でした。ただ、ブリジストンもダンロップ(これは一昨年まで使用していました)も雪道では良いのですが、やはり高速や峠道でのグニャっとする感じは強かった気がします。ピレリは、その点夏タイヤと同じ感覚でしたが雪道ではサッパリで何度かチェーンとの併用で乗り切った事があります。その点最新のミシュランは、高速を経由して最後の何パーセントが雪道・・・と言うケースでは最適なスタッドレスですね。注意するのは雨の日くらいでしょうか。
    私は心配性というか準備マニア(変態ではありません)なので、スタッドレスを履いていても、チェーン・スコップ・ヘルパー・解氷スプレー・雪ブラシ・砂を積んでいます・・・
    どこの雪国だ!と言われそうですが(笑)ただ、個人的にはスタッドレスでもチェーン携行が必要だと思っています。
    ヘッドライトの着雪ですが、これは小まめに掃うしかないですね。以前は毎年子供達のスキー合宿で水上方面に行っていましたが、大雪の時には原液のウォッシャーでも直ぐに凍りつきましたし、ワイパーブレードはもちろんスノーブレードでないと無意味でした。スコップも、硬く凍った雪道では、アルミの平スコップは役に立たず、鉄製で先の尖ったものが最高でした。
    ああ、こうしていたら久しぶりにスキーに、雪道に行きたくなりました!
    ではまた・・・

    • keybowBMW様

      いつもコメントいただきありがとうございます!

      えええ?!東京でですか?!それは寒いですね。って私は今朝の自宅付近の気温を知りませんが、少なくとも予報では−2度だったので、そこまで低かったとは驚きです。

      ブリジストンやダンロップなどの国産スタッドレスは、確かに行き道はすごくいいけどドライの高速が・・・というのは本当によく聞きますね。keybowBMW様もおっしゃっているということは、根本的にヨーロッパメーカーとは考え方が違うのでしょうね。比較的短距離で考えている国産と、長距離移動をターゲットにしているヨーロッパと。でも、私なんかは、短距離でも幹線道路と住宅街は路面状況は違うと思うのですが・・・。

      今回はチェーンを持って行っていませんでした。実は私も迷っていまして。スタッドレスがあればチェーンは必要ない!という意見もあって、実際にはどうなんだろうと思っています。とか言いつつ、心の中ではチェーンも必要になる場面はあるけれど、基本はスタッドレスでゆっくりで大丈夫、と考えてしまっているんです。実は以前インプレッサ+スタッドレスにさらに非金属チェーンを巻いて山道を走ったことがあるので、恩恵は知っているはずなのに。

      >大雪の時には原液のウォッシャーでも直ぐに凍りつきましたし
      うーん、そうですか。なんだかこうした効果を前面に押し出しているウォッシャー液は「原液なら−○度まで凍りません!」って書いてあって、その温度が−50度とか−60度とかなので、本当かいな?と思っているところです。でもそれでも大自然の猛威の前には無力なんですね。

      >ああ、こうしていたら久しぶりにスキーに、雪道に行きたくなりました!
      keybowBMW様も行き道ドライブ、いかがですか(ニヤリ)。今ならまだまだ関越道チェーン規制中!ですよ。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • タイヤの話は置いておいて、あの天候でわざわざ雪道の高速に乗るとは随分酔狂な話ですね。
    嫌いじゃないです(^^)
    それはそうとして、やっぱライト周りはダメでしたか…。pontaさんのは何だかんだヘッドライトウォッシャーが有るので対策たちますよね。あとフォグがハロゲンですし。
    オールLEDは打つ手無いっすねー。

    • 寒梅様

      いつもコメントいただきありがとうございます!

      あ、とうとう突っ込まれてしまいました(笑)。自分でもわかっているんです、アホなことしているって(笑)。

      いや、家内には「ばっかじゃない?!」くらい言われるかと思ったのですが、「へー、すごい雪なんだ(驚)」とごくフツーのリアクションをされたので、「あ、実はそう大したことでもないのかな」と勘違いしておりました。

      ライトはやっぱりダメでしたね。実はこの下りは寒梅様のコメントが頭にあって、寒梅様向けにご報告のつもりで書いたといっても過言ではありません。結果としては寒梅様のご体験・ご懸念通りでした。いや、ヘッドライトウォッシャーがあるとはいっても、実際には不凍液を入れても噴射したそばから凍っていく、というAmazonのレビューを発見してしまって、悩んでいるところです。

      一つ思いついたのは、大きい水筒に熱いお湯を入れて持っていくというものです。そしてPAやSA、さらに本文中にも書きました通り除雪車が作業中で停止を強いられたときにすかさずかけて拭く、と。解氷スプレーでもいいじゃないかと思うんですが、やっぱり初戦は油ですのでベッタベタになりそうで嫌なんですよね。でも、このお湯かけ作戦もかけたそばからどんどん凍って行きそうな気が・・・。

      不凍液が本当に凍らないのであれば、ヘッドライトウォッシャーをギュンギュン作動させて漂着しないようにするというのもアリなんですけどね。決め手を欠いている感じです。

      フォグがハロゲンで結構助かりました。ご存知だと思いますが、日中でも雪が降ると暗いですし、フォグってかなり横の広い範囲を照らす上に色温度が低いので、白一色の世界にコントラストがつくんですよ。といっても多少ですけど。そしてこれが氷結しないのは大きいですね。寒梅様はLEDからあえてフォグだけはハロゲンにしてみる、というのはいかがでしょうか?できるかどうかわかりませんし、正直LEDの電流だとハロゲンには不十分だと思うのでそのままだと無理かもしれませんが、配線がなんとかなればアリだと思いますし、むしろ寒梅様の走行パターンですとハロゲンの黄色とかにするのがいいのでは?と思っています。一昔前のフランス車みたいでオシャレですしね。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

      • 身を呈したご報告、有難うございます(笑)
        ウォッシャー液が凍るのは想定外ですね。基本的に表示されている濃度で作れば凍らないものと思っていたので勉強になりました。
        もうこれは、照度が落ちたら雪を払うくらいしか対策なしですね。極力夜間の雪道は走るな、と。
        LEDは熱源となる赤外線の放射がないので、カバーの温度が上がらないとYahoo知恵袋に書いてったので、ますます手詰まりです。
        先日、ライト表面(樹脂カバー)対応のガラコを買ったので、ちょっと塗ってみます。pontaさんが仰ったとおり、風圧掛けないと拭えないかも知れませんし、張り付く雪(ベタ雪)に効くのかはわかりませんが、まあ気休めです。
        フォグをハロゲン球に変える件も、実はちらっと頭によぎりました。実際可能かはディーラーで聞かないと(プラス予算)ですが、積雪地域に住んでいる方は一考の価値ありですよね。
        って言うか、できればここは選択可能にすべきではないかと思のですが。
        とりとめなくてすみません。自分ももう少し調べてみます。

        • 寒梅様

          いつもコメントいただきありがとうございます!

          身を呈しているように見せかけていますが(笑)、実は私も気になっていたのでちょうど良かったんです。これって、由々しき問題ですよね。

          ガラコなどでコーティングするのは、効果はあると思います。つかなくなりはしませんが、少なくとも払いやすくなるだろうとは思います。それにしても、BMWのヘッドライトカバーって、樹脂ですかね?ガラス用の強力なものでも塗ってみようかと思っていたので・・・今度ディーラーに行く機会があったら聞いておこうと思います。

          実は、今色々と思考実験しているんですよ。妄想とも言いますが(笑)。対策を考えて、それをどう組み合わせて行くのがいいのか。LEDをフォグに帰るというのは最終手段として、ヘッドライトウォッシャー以外にも何かあるのか、とか。

          実は近いうちにこの思考実験の結果は発表しようと思っています。ですがちょっとまだ感上げが発散してしまってまとまっていないので暫時お待ちいただければと思います。

          では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です