年末のご挨拶・・・と手動イージーエントリーの試行錯誤。

スポンサーリンク

今日はいよいよ大晦日。東京都内は道もガラガラに空いていて快適に走り回れます。これも年末年始の楽しみの一つですね。局所的にはものすごく混雑しているのですが・・・。

スポンサーリンク

帰省ラッシュは予想通り。

今年の年末年始は並びが悪いせいもあって、休みに入る時期がばらけたようですね。

今週に入ってから東京から出ていく高速道路の下り線がちらほらと渋滞していましたが、そこまでひどいものではなかったようです。その分、1/2・3にはUターンラッシュが集中しそうで今から怖いです。

以前ご紹介したJARTICのサイトで渋滞情報を時々見ていますが、どうやら事故渋滞が多いですし、さらに渋滞末尾にも事故マークがついていることがかなりあります。

今年度の年末年始の渋滞予測。帰省ラッシュをどう切り抜ければいい?

クルマで帰省される方はくれぐれもご注意くださいね。この記事の中でも書いていますが、渋滞する時間帯は避けるのが安全上も得策です。また、高速道路ではSAやIC付近以外は左車線を走るといいですよ。

GWの渋滞、こうして乗り切りました。

実はその前の週の3連休から東京都内では他府県ナンバーをよく見かけました。一番驚いたのは沖縄ナンバーですね。沖縄からフェリーで九州に渡ったとしてもそこからは地べたを走ってきている・・・んですよね?!すごいと思うと同時に、羨ましくもなりました。

ですが、先週末から他府県ナンバーが多いということは、1/2・3のUターンラッシュを避けて、12月最終週に帰省して、逆に年末前にはUターンして自宅で年末を過ごす、というパターンの方もいらっしゃるのでしょうか?これは中々いいアイデアですよね。

手動イージーエントリーその後。

さて、ドライビングポジション変更によって乗り降りがしづらくなったので、イージーエントリーが欲しいということを当ブログの中で叫ばせていただきました。

ドライビングポジションの変更で乗り降りしにくい!コーディングでイージーエントリー機能を追加しようとしたのですが・・・

Carlyでのコーディングはまだ試していませんが、手動イージーエントリーの手段の一つとして試して見たのが、「乗り降りポジションのメモリー化」。

どういうことかというと、通常のドライビングポジションをメモリーボタンの1に登録して、降りる時のポジションを2に登録するというものです。乗り込んだら1を押し、降りるときには2を押すというようになりますね。

まあ、悪くはありませんが・・・特に乗り降りするポジションをメモリー化して固定する必要を感じないというのが正直なところです(笑)。3シリーズの座席メモリボタンは2つしかないので、この方法をとると「一般道用」と「高速道路用」の二つのポジションをメモリーすることができなくなってしまうんですね。

というわけで、今はまた、降りるときにはシートポジションの調整ボタンで後ろに下げるという方式に戻し、メモリーボタンには2つのドライビングポジションをメモリーする方法に戻しています。

こうなると益々イージーエントリー機能をCarlyで追加したくなるところですが、読者様からご指摘を受けまして、Carlyはできると言っていてもできないものも多いから、現状では無理なんじゃないでしょうか?と言われまして・・・。そうなんですよね。DRLもそうです。他のものは大抵できるのに、時々こういうのがあるんですよね。まあ、コーディング専門のショップでもそういったことはあるらしいので気にしていませんが。

あともう一つ、これも読者様にご指摘いただいたのですが、イージーエントリーでシートが後ろに下がると、エンジンをかけようにもブレーキに足が届かなくなることがあるというご意見もいただきました。これは・・・「エンジンをかけたらシートがもとの位置に戻る」のがイージーエントリーなのに、なんだかちぐはぐですよね。ご指摘をいただいた読者様は現在はBMWではなく日本車にお乗りですが、BMWだからと言ってそうそう変わる機能でもないので、結局は手動イージーエントリーがいいのかな、とも思い始めています。

今年1年、ありがとうございました!

最後になりましたが、3月のブログ立ち上げ以来、たくさんの読者様にご来訪いただき誠にありがとうございました!

立ち上げ当初は1日に来てくださる方が1桁台だったので、まさかこんなにたくさんの方に読んでいただけるとは思っておりませんでしたので夢のようです。この場をお借りして暑く御礼申し上げます。

また、コメントもたくさんの方にいただきました。こうしたコメントは本当に嬉しいです。中々周囲でここまでディープにBMWに特化した話をする方が集まる機会がない私にとって、こうしたコメントは直に会話させていただいているようで、すごく楽しみにしております。これも、まさか自分のブログにコメントをいただけるようになるとは思ってもみませんでしたので本当に嬉しいです。今までコメントくださった方々にも暑く御礼申しげます。

さて、大晦日。私はなんだか元日よりも大晦日の方が好きです。過ぎた年に思いを馳せ来たる年を思う、この慌ただしくも厳かな感じがなんとも言えません。特に今年は当ブログを始めたこともあって、笑顔で年末を迎えることができそうです。

本当にありがとうございました!来たる年も皆様にとって良い年であるよう、祈っております。

スポンサーリンク

スポンサーリンク













10 件のコメント

  • あけましておめでとうございます。
     こちらのブログに初めて立ち寄りましたのは、320dにするかC220dにするか迷っていた頃でした。
     あらゆるジャンルにしっかりと探求しながら記事にするこちらのブログは大変示唆に富み、いつも拝見するのが楽しみです。もちろんメルセデスに乗っていても、参考になる情報が多く、助かっています。今年もよろしくお願い致します。
     さてイージーエントリーですが、Cの場合はエンジンを切り、ドアを開けるとステアリングが上がり、出入りが楽になるようになっています。地味にこれがありがたかったりしています。
     pontaさんの方でも無事に設定されますよう期待しております。

    • 桂様

      あけましておめでとうございます!本年も宜しくお願い致します!

      桂様から初めてコメントいただいて、その後も色々と情報交換をしながらもメルセデスを選ばれた経緯ですとか、思い出深いです。その後も継続的に当ブログにお越しいただいて様々なほいけんやご視点を提供してくださっていること、大変感謝しております。

      イージーエントリーは、本当はステアリングが上に跳ね上がるのが一番楽なんですよね。3シリーズはそういうところをケチってステアリングの調整が手動ですので、残念ながら実現できませんが・・・。

      そうはいっても、Carlyのアップデートで突然できるようにならないかなーと期待はしているんです。まあ、何ヶ月という単位で気長に待たなければいけないんでしょうけどね。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • 明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。
    昨年7月に330eを購入し、誰かにこのクルマの魅力を話したいと思っていたところponta様のブログに出会いました。おかげさまで教えられることも大変多く、楽しい330eライフを送っております。
    春になったら名古屋~東京~名古屋の日帰り弾丸ドライブを決行しようと、今から密かに計画しております(笑)。
    その前に、少しでもEV航続距離を伸ばせるようにアルミテープチューンをやってみなければ。
    皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。

    • 夢酒様

      あけましておめでとうございます!こちらこそ、今年も宜しくお願い致します!

      夢酒様は既に今年の目標が決まっていますね。私も大注目の一大イベントです(笑)。アルミテープチューンはかなり効果がありますので、高速域での電費/燃費の改善には効果が大きいでしょうね。何より、直進安定性が高まるのでドライバーが楽です。

      夢酒様のチャレンジの成功と、本年のますますのご多幸をお祈りしております!

  • 明けましておめでとうございます。
    昨年はF36に興味が出て色々調べる中でこちらのブログに出会い、楽しい語らいをする事ができとても充実した時間を過ごす事ができました。ありがとうございます。
    今年はいよいよF36が我が家にやって来ます。
    ぼちぼち色々書けたらいいなと思っています。
    帰省の時のF31の事、少し書かせてもらいました。
    お暇があればまた覗いてみてください。
    http://minkara.carview.co.jp/smart/userid/2650264/blog/39092724/
    今年もよろしくお願いします。

    • あっきろ様

      あけましておめでとうございます!本年も宜しくお願い致します!

      こちらこそ、あっきろ様の鋭いご指摘とご視点には私も大いに学ばせていただきました。ありがとうございます。

      いよいよ・・・ですね。4GC。今年の前半の一大イベント、ということになりますでしょうか。

      ブログ拝見しました。ACC、楽ですよねー。スピード調節から解放されるだけで随分と疲労度が違いますもんね。これは昔ものの本で読んだのですが、ドライバーだけでなく同乗者にとっても、一定の速度で車窓の景色が流れ続けるのがいちばん疲労しないそうです。こう言った効果もあるんでしょうね。

      では、今年も鋭いコメントを楽しみにお待ちしております!

  • あけましておめでとうございます。ラックスBMWと申します。

    昨年10月ごろから読ませていただいて、BMWについて色々知ることができました。そして12月、アクティブツアラー218d 買っちゃいました。pontaさんの影響受けまくりです(笑)
    よかったら、みんカラの愛車紹介へのリンク見てください。
    http://minkara.carview.co.jp/userid/2735580/car/2320285/profile.aspx
    今後とも、よろしくお願いします。

    ところで、シートポジションのメモリー数ですが、個人設定毎2パターンメモリーできます。個人設定4つ(3人+ゲスト)あるので、8パターンのメモリーできます。個人設定で、「一般道用」と「高速道路用」に分けてはどうでしょうか。

    ちなみに、私の車は妻と共用でして、個人設定で使い分けています。個人設定を使うと、プログラマブル・ボタンとかヘッドアップ・ディスプレイとかも別々に記憶されます。私のポジションでは、妻は背が低くて、ヘッドアップ・ディスプレイが見えなかったのをこれで解決しました。

    今年も、面白くてためになるブログ記事期待しています。

    • ラックスBMW様

      当ブログをそんなにも長く読み続けていただきまして誠にありがとうございます!ご購入のご参考にしていただけて本当に嬉しいです。今回はコメントまでいただきありがとうございます。

      みんカラ拝見しました!キレイな配色ですねー。レッド系でも「ブリリアントエフェクト」色があるんですね。これは・・・3シリーズになんでこの色の設定がないんでしょう?私だったら有力候補に入りますけどねー。しかも内装の明るいベージュがいいです。

      私は218iアクティブツアラーと218dグランツアラーしか乗ったことはありませんが、グランツアラーにしてあの力強さだったので、さらに車重が軽いアクティブツアラーとなると相当元気よく走るでしょうね。218iは東京都内から日光までドライブに行ってしまいましたが、高速域でもビクともしない安定性に車高の高さを忘れてしまいました。

      これからどんどん距離が伸びていくんでしょうねー。

      シートポジションのメモリ、ご指摘されるまで気づきませんでした。そうですね、ゲスト用の設定を使えばいいんですよね。良いご提案をいただきありがとうございます。今度早速試してみます。

      今後もお気軽にコメントください。楽しみにお待ちしております!

  • あけましておめでとうございます。
    いつも楽しく読ませていただいています。
    直進安定性の件ですが、タイヤがこなれてきたせいか、あまり気にならなくなりました。アルミテープの件ですが、まだ試していません。しかし、この記事を読んで運転が楽になるなら実施したいと思います。
    さて、冬場は、私が中年の乾燥肌なので静電気に毎年悩まされています。よって車の鍵には静電気除去のスティックを必ず装着しています。このアルミテープが効果があるなら参考にしたいと思います。特に長距離の運転後、不用意に車に触ると指先から着火マンみたいな電光が発生し、「パチッ」と音が発生して凄く痺れますので…。

    • 蜜柑山 三郎様

      明けましてあめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

      冬の静電気は困りものですよね。幸い、私はそれほど静電気が発生しない体質(?!)なのですが、それだけにたまにビリッ!とくるとすごくびっくりしてしまいます。

      昔はクルマのバンパー付け根あたりからチェーンを垂らしたり、ゴムの中に動線が入ったりしたものを地面にアースしていましたよね。あれ、なんだか子供心にかっこよく感じていました。なんだかチェーンをちゃりちゃり言わせながら走るのが通みたいな(笑)。あれ、今はないんでしょうかね?

      先にも申し上げましたように私は静電気体質ではないので、今時のクルマは対策しているのかと思いましたが人によっては出るのですね。火花が散るなんてよほど痛いでしょう。これはアルミテープを大々的に貼らなければいけないのではないでしょうか(笑)。

      まあ、アルミテープチューンは本当に効果があります。賛否両論なのはよく知っていますが、そもそも空力の改善って効果を体感しにくいものです。蜜柑山 三郎様がお悩みの静電気対策になるのかどうかは私では実験できませんが・・・どうなんでしょうね?

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です