ヘッドライトカバー氷結問題、あっさり解決。「ロータス効果」がスゴイ!

さて、雪道対策ネタばかりで大変恐縮ですが、前回記事で色々と検討したヘッドライトカバーの氷結対策、結局記事の中の一つであっさり解決しました。

スポンサーリンク

僕も雪合戦したいよ。

私が息子と家内がいない隙に雪道ドライブに行ったことは当ブログの中でご紹介しましたが、それを聞いた息子は案の定「僕も雪見たい」と言い出しました。

私「結構遠いけど、いく?」
息子「うん、だって僕も雪合戦したいよ」

いや、パパは雪合戦はしてないぞ?一人で行ったんだし。

ともあれ、道路情報だけ確認して見ますと・・・渋滞はありませんが、今日もチェーン規制でした。まあ、その方が雪もあるだろうということで再び関越方面へ足を伸ばすことに。

ですが・・・チェーン規制ということはそれなりの降雪が予想されます。ということは何かヘッドライトカバーの氷結対策をしなければダメですよね。

運よく、早速Amazonで購入したこれが届いていましたので、やってみることにしました。

ですがこれ、どうやら結構やりにくいらしいんですよ。スプレーなのかと思いきや、結構な勢いで出るので液だれしまくり、飛び散りまくりらしいんです。本当は息子が習い事に行っている間にじっくりとやろうとお思っていたのですが、もうそんなことも言っていられません。

台紙を開くと説明書になっていますが、これ、完全にミラーと、バックカメラしか想定していません。その証拠に、台紙自体が、ミラーに吹きかける時に飛び散るのを防ぐような覆いになるようになっています。

ですが、バックカメラもいい案ですね。雨や雪の時に水滴が付着するとバックカメラがよく見えなくなりますから。ということで、まずはバックカメラに施工して見ることにしました。

よく説明書を読んでいると、ドアミラーは上から順に、液だれするように吹きつけるようです。元から液だれ前提なんですね。そして、バックカメラは液だれを受け止める濡れ雑巾などを下に当てて噴射するようです。そして、拭き取らずに乾燥させます。この乾燥に夏場で1時間、冬場で2時間かかるそうですが・・・まあ、今日はギリギリ間に合いますね。大体東京都内から関越トンネルを抜けるまで2時間ちょっとですから。

そして、こすってしまうとダメとのこと。まあ、ロータス効果のために表面に薄い膜を貼って微小な突起を作ることを考えると、妥当なところです。ということは、1回洗車したら終わりかもしれませんね。

では、バックカメラに向かって噴射!

うわわわわ!

エアロゾルなので結構な勢いで出てくるのですが、想像していたような霧状ではなく、周りに飛び散りつつ筋で出てくる感じです。それがバッックカメラに当たって跳ねますし、噴射の時にも周りに飛び散ります。

ま、まあなんとかできたところで(汗)、いよいよヘッドライトカバーに施工です。

さすがにバックカメラへの噴射で学びました。長く押すと大変なことになるので、断続的に「シュッ、シュッ」と押しながら移動させることにしました。

あ、なかなかうまくいくじゃないですか。と、調子に乗ってテールライトも。ヘッドライトの方はそんなに液だれしないのですが、テールライトは垂直に切り立っているので激しく液だれします。これをティッシュで受け止めながら、なんとか施工し終えました・・・が。あれ?もうなくなっちゃった?

そうなんです。届いて取り出した時も小さいなーとは思っていたのですが、内容量も少なくてあっという間になくなります。

これ、私の手が大きい訳ではありません。いや、人よりは手が大きいですが、そこまで大きくもないです。この缶、やっぱり小さいですよね?

出発!またも関越は渋滞知らず。

今日は我が家としては珍しく早めの出発となりました。この分ですと、谷川岳あたりで軽食を食べれば良さそうですので、時間を調節しながらいくことにしました。

私が関越に到着した時は赤城ICから先がチェーン規制でしたが、いざ赤城に到着しようとする寸前、チェーン規制が解除されました(笑)。こういうこともあるんですねー。ですが、関越トンネルから向こうはまだチェーン規制中です。家内がそれを見て、「チェーンなんて持ってないじゃん!」と騒ぎ出しましたので、かくかくしかじかと説明したところ、納得したようでした。

予定通り、雪のちらつく谷川岳PAで軽食を食べて、いよいよ雪国を目指します。

前回の一人雪道ドライブでは関越トンネルを抜けたら豪雪でしたが、今回はそこまででもありません。雪は降っていますが路面に積雪は残っていませんし。

雪道でのBMW320dツーリングとミシュランX-ICEでの走破性及び燃費

2017.01.14
ここで、息子がようやく騒ぎ出しました。谷川岳PAまでぐっすり寝ていた息子は、降りた時にようやく雪に触れられて満足していたようですが、周りの雪景色を見て嬉しそうです。しかもこの道は、無印良品津南キャンプ場に行く時にいつも通っているので、違いにびっくりしています。

湯沢ICで高速を降りて、そのまま無印良品津南キャンプ場へ行く道を辿ります。というのも、一応目当てはあったんです。いつも見ていたのですが、途中に現在は休館中の「まちの駅」なるものがあります。そこの駐車場にでも止めて、雪遊びをしようという魂胆でしたが・・・何せどんどん山奥に入って行くので、降雪もちょっと強くなってきましたし、路面状況もだんだん積雪が増えてきます。ですが、特に危険なレベルに達する前にお目当ての場所に到着できました。

駐車場からの景色はこんな感じです。

スポンサーリンク

なんだか、「まんが日本昔話」の「笠地蔵」みたいな世界ですよね。なんだか落ち着きます。

早速降りてヘッドライトカバーをチェック!

ちょっと降雪に突入するのが2時間よりは早かったので、どうかな?と思いながら見ると・・・。

ちょっとアップにしすぎました(汗)。ヘッドライトカバーの目頭(?)の部分をご覧いただきたいのですが、それなりに降雪で雪が付着しています。これ、こう見えて結構ガリガリに凍りついています。そしてこの部分は、細い部分ですから周りに飛び散りそうだったのでコーティングをしなかった部分なんですね。

つまり、見事にコーティングしていない部分には雪が付着し、コーティングした部分には雪が全く付着していません!大成功!ビバ、ロータス効果!ブラボー、ナノテクノロジー!すごいですねー。驚くほどの効果です。

今日程度の降雪だと他の対策はいらないですね。完璧です。それにしてもこんなに効果があるとは思いませんでした。

こうして感心していると、私の背中にバシッと雪玉が!息子が投げてきました。それならと応戦し、息子と一緒に家内に集中攻撃したりして、雪合戦を楽しんだり、傍にできていた雪山に穴を掘って鎌倉を作ろうとして見たり(スコップがなくて完成までは行きませんでした。)、雪だるまを作ったり。時間を忘れて遊びまわりました。子供は雪遊びが本当に好きですね。まあ、私も青森に住んでいた時に散々やりましたが。

三国峠を越えて月夜野で晩御飯

さて、いい加減ヘトヘトになってきて帰ろうということになりましたが、もう少し雪景色を楽しもうか、ということになり、それならと一般道をしばらく走ることにしました。一般道といっても国道17号線以外は県境を越えられませんので選択肢はないのですが。

山を登って行くと、だんだん積雪が増えてきます。ついには完全に圧雪路になりましたが、ミシュランX-ICEは盤石のグリップで安心感絶大です。もちろん無茶はしませんが、普通に50km/hや40km/hで走って、カーブでブレーキングしても何も起こらないのはすごいですね。

それと、私の感覚ですと、群馬・新潟県境ってトンネルですが、新潟の方が圧倒的に雪が多いものだと思っていました。ですが、三国峠は違うんですね。今日だけでしょうか?むしろ群馬県側の方が路面状況は悪く、凍結路面の上に圧雪が載っている状況です。渋滞気味に40km/h以下で流れていたので、ミシュランX-ICEはしっかりグリップしていましたが、さすがにステアリングが少し軽くなって、いかにもスリッパリーな路面であることが伝わって来ました。

BMWのどのクルマを運転しても怖くないのはなぜ?

2016.10.19

これは、群馬県側の国道17号線が走っている箇所が山陰にでもなっているんでしょうね。関越トンネルの新潟県側とは全く状況が違います。

そのまま国道17号線を走って行くと、関越道月夜野IC手前の方に、美味しいカツレツ屋さんがあります。

月夜野庭 銀の月

ここは我が家は前にも何回かお邪魔しています。メニューはトンカツやエビフライなどといった、要するにトンカツ屋のメニューなのですが、店自体もすごくおしゃれですし、最初に出てくる前菜の野菜などはすごく綺麗に盛り付けてある上に美味しいです。もちろん、群馬もち豚を使用したトンカツも柔らかくてウマウマです。ご飯が玄米だったりとヘルシー志向になっています。そして、ワインもたくさん取り揃えてあるのですが・・・もちろん、運転があるので飲めませんね。ですが、食事だけでもすごく美味しいので大満足です。

こちら、実はクルマ好きには有名かもしれません。クルマ雑誌ではないのですが、自動車評論家にしてミュージシャンの、あの松任谷正隆さんがご紹介されていたようなんです。もしかして、松任谷さんもこのトンカツを食べながらCOTYでどれに投票するか考えたのかな?なんて思いを巡らせながら食べるのも一興です。

まとめ:LEDライトのクルマで、ヘッドライトカバーの氷結・着雪に悩んでいらっしゃる方、まずはロータス効果でのコーティングが第一歩。

今回はさほど激しい降雪ではなかったので、これだけで十分!とまでは言い切れませんが、これは激しく効果あり!でした。

衣類の水弾きでロータス効果を歌っているスプレーは結構あるのですが、カー用品ではまだそんなにないように思います。このガラコのミラーコートZERO、オススメです。

ですが、雪道を走るには万全の準備を整えるのが基本です。本当に細かいことばかりですが、おろそかにすると視界を完全に奪われかねないですもんね。特に、ヘッドライトが雪で覆われて見えなくなるというのは、最近になって出て来た問題ですので気づきにくいですが、対策を忘れると高速道路では文字通り命取りになりかねません。自分も視界を奪われますし、被視認性も悪くなりますから、ほかのクルマに気づいてもらえません。

個人的にはこの商品、必携だと思いました。ですので、もう一度貼っておきますね。

あ、私も無くなってしまったので2本追加で購入しておきました。雪だけでなく、雨でも役に立ちそうですからね。

最後になりましたが、今日の燃費は5.1L/100km(19.6km/L)。高速でのペースが前回より早かったのが響いたんでしょうね。後は、積雪の山道をゆっくりと走っていた時は決して燃費のいい走りではないですから、まあ、しょうがないでしょう。

では、今回はこの辺で失礼します。ありがとうございました。

スポンサーリンク













12 件のコメント

  • ミラーコートZERO素晴しい効果ですね!ミシュランの活躍していますね~!魔法のタイヤ!!と言われるだけありますね^^

    • bmwpopo様

      いつもコメントいただきありがとうございます!

      いやーすごいです、ロータス効果。これは決定的でしょう。いずれLED信号にも普及し、さらにはクルマのヘッドライトカバーがもれなくロータス効果を備えたものになるといいですよね。しかも早く。

      ミシュランX-ICE、大活躍ですよ。実は三国峠で「これはさすがにチェーンが必要かな?」と思ったのですが・・・まだ購入していなくて(笑)。ですが無理にトラクションをかけなければ全く不安のないグリップでしたので驚きました。口コミでは国産スタッドレスに氷上性能は劣る、とよく見ますが、そんなことないですね。というか、今の国産スタッドレスってそこまでグリップするんですか?!という感じです。さすが、bmwpopo様の目利きで選ばれたタイヤだけありますね。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • 思い立ったら即行動!良いですね(^^)
    いやしかし、これはちょっとビックリです。かつ参考になりました。
    既に別のタイプのガラコを買ってしまったので、それはウインドウ用にまわしてこっちのロータスを、いやガラコを試してみたくなりました。
    効果の継続がどれくらいか、是非経過も教えてください。
    しかしここまで効果覿面とは、さすがロータス(笑)

    • 寒梅様

      いつもコメントいただきありがとうございます!

      私、よく覚えています。寒梅様からコメントをいただき始めた頃、「ヘッドライトウォッシャーが後期型にはついてない!」と悲痛な叫びを挙げられていたのを(笑)。そしてその後、寒梅様の運転パターンをお聞きしたのにピンときませんでしたが、ヘッドライトカバーの氷結を教えていただいた時に、「これか!寒梅様が気にされていたのは!」とやっと腑に落ちたんです。

      さすがロータス効果です。コリン・チャップマン・・・ではなく、お釈迦様がお座りになられているだけあります。自然界には知恵があふれていますね。こうしたものをおろそかにしてはいけません。我々はもっと自然から学ぶべきなのでしょう。

      よく写真を見ていただくとお分かりになると思いますが、水滴すらついていないんですよ。そして今朝起きて、雪道走行の常でひどく汚れた我が愛車を見てみると、ヘッドライトカバーにうっすら汚れた跡が・・・なんだこれは?!と思って見たら、ヘッドライトウォッシャーの跡だったんです。暗くなってからウィンドウウォッシャーを使ったのでヘッドライトウォッシャーが作動してしまったんです。が、そちらの汚れが目立つほど、それ以外の部分、ヘッドライトウォッシャーが当たらない内側部分は全く汚れがついていないんですよ。

      これは・・・ケミカルではなく、自動車メーカー側で素材自体で実現してほしいですね。もちろん、そうした素材でできていないクルマのためにも後から効果を付け足せるケミカルは必要ですが、自動車メーカーが対応すれば、LEDライトだろうと何だろうと、雪が付着しないヘッドライトカバーができるはずです。今にして思えばどうして同時に開発しなかったのか不思議ではありますが、その時はそこまで考えていなかったでしょうし、技術もなかったのでしょうね。

      寒梅様も是非是非お試しください。スーパー吹雪の中ではこれでもダメかもしれませんが、少なくとも普通の雪なら全く付着しないはずです。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

      • さらに調べたら、すでに車用で特許が出てました(笑)https://www.google.com/patents/WO2011151885A1?cl=ja
        ま、そりゃそうですよね。ちょっと考えれば思いつくネタですからね。
        LED信号機の高校生と京大の協働研究も関連記事(というか実験レポート)を読みましたが、かなりしっかりした実験を行ってましたね。早々に応用出来そうな感じです。早晩商品化されそうですね。
        自分がここまでこの件で躍起になってるのは、やはり実体験して本当に危険だと思ったからです。こんなフィルムで事故が発生する可能性が減るなら、早急に対応して欲しいと切に願っています。
        で、商品化されたなら真っ先に飛びつきますよ(笑)

        • 寒梅様

          いつもコメントいただきありがとうございます!

          クルマ用の特許も既に出ていましたか!寒梅様、ビジネスチャンスを逃しましたね(笑)。

          いや、寒梅様のおっしゃること、私もよく理解しております。悪天候の時のドライビングで一番大事なのは、グリップではなく、まずは視界、視認性と被視認性だと思っているからです。過去記事でもご紹介しましたが、梅雨時なんかも私は少しでも良好な視界を得るべく気を使っていますし、激しい降雪の関越道湯沢IC付近を走行した時も、テールライトやヘッドライトをほとんど雪で覆われたクルマばかり走っていて怖い思いをしたからでもあります。

          夜ではないのが幸いしましたが、これがもし夜だったらと思うと、危ないどころか、運転はできないレベルですよね。

          私もこのフィルム、発売されたら飛びつくと思います。それにしても、クルマが進化すれば新しい商売が始まる、典型的な例ですね(笑)。自律運転者が走るようになったらどういう商売が始まることやら、今からもうひやかし気分です。とか言いつつ、一番それに踊らされるのは私だったりします。なんせ通販番組を見ると全てが画期的な商品に見えてきてしまうくらいですから(笑)。

          フィルムが発売されるまでは、とりあえずミラーコートZEROでしのぎましょう。

          では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

      • メーカー側での早期対応には一票ですね。
        pontaさんのご報告を受けて、自分もこのミラーコートZEROの口コミ見てみたんですが、効果の持続性の部分では「触る(拭く)と効果が無くなる」とのことで、それじゃあ意味ないじゃん、って感じでした。もっと恒久的に対処できないと、自分のような年数回の降雪対策ならいいですけど、そうでない豪雪地の人には意味が無いですもんね。
        で思ったんですけど、こういったロータス効果を期待できる透明フィルムって無いんですかね?
        と思って検索してみたら、すでにスマホ用で有りました。
        http://www.pr-today.net/vp-pressrelease-114026/14449
        スマホなんて、毎日手で触るので相当な強度と効果持続性が求められるわけですし、この応用でLEDライトの表面に貼ることで効果の持続性を保証してもらえないかなぁと…。かつ静電気に対しても有効のようで、汚れそのものも付きにくそうです。
        これ、ipad用のデカいやつを買って、自分で合わせて切って貼ってみたくなりました。最初はiphone用の小さめので試すのもありですかね(期待してますpontaさん!)
        さぁ、ここをお読みのパーツメーカーさんやフィルムメーカーの皆さん。チャンスですよ(笑)

        • 寒梅様

          いつもコメントいただきありがとうございます!

          いやーもうおっしゃる通りです。拭いたら終わりって・・・それじゃあ頼れないですよね。

          おー、本当ですね。さすがスマホ業界は仕事が早い(笑)。こんなオアーバースペックなものがスマホの画面に必要かどうかはさておいて、これを貼るというのは良いアイデアですね。iPhone用のならば縦に外側ライトに貼れば私の場合はそれで十分かもしれません。前期型は内側ライトはダミーですから。

          えー・・・切って貼っては苦手です(笑)。アルミテープは結構頑張った方なんですよ、あれで(笑)。私は究極に不器用なので、平らなフィルムをうまくカットしてあのヘッドライトカバーの曲面に合わせるなんてもってのほかです(恥)。

          パーツメーカーが出してくれるのを待ちましょう!Studieさんあたり、なんとかしてくれませんかね?

          では、またのコメント、楽しみにお待ちしております!

  • 早速の問題解決おめでとうございます。
    是非参考にさせていただきます。
    4シリーズのLCIが本国発表されれました。3シリーズ同様にヘッドライトがLEDライトに変更になり、ヘッドライトウォッシャーも無くなりますね。
    でもPontaさんの記事を読むとヘッドライトウォッシャー無しの方が、解決策としては綺麗に保てるような気がしますね。
    今週末納車が決まりました。私の地域でも今日は雪が舞っています。納車前にガラコ ミラーコートZEROを買いに行かなくては!

    • あっきろ様

      いつもコメントいただきありがとうございます!

      おお!いよいよ納車ですか!では今度の週末はMacBookの前で正座してあっきろ様のブログの更新をお待ちすることにします(笑)。

      ヘッドライトのロータス効果ですが、やはり1度拭いてしまうとおじゃん、というのがいただけませんよね。寒梅様がフィルムを発見してくださいましたが、これを貼るのも良いかもしれません。
      ヘッドライトウォッシャーは、自分でも意外でした。そこだけブシャーっと当たったな、とわかるくらいに汚れているんですよ。これはロータス効果発揮中は、逆にコーディングでヘッドライトウォッシャーをOFFにすることも考えなければいけないかもしれません。

      来週末はいい天気だと良いですね!私も楽しみです!

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください