BMWのディーゼルのアイドリングストップの長所と欠点。

BMWの掲げる「Efficient Dynamics」を体現するかのように、今やすべてのBMW車はアイドリングストップ機能付きです。ですが年式や車種によって、タイミングが違ったりしますし、そもそもアイドリングストップが嫌いな方もいるようです。今回の記事はディーゼルのアイドリングストップについてご報告します。

スポンサーリンク

アイドリングストップのタイミングの違い

私が前に乗っていた2012年型の320iでは、停止して完全に速度がゼロになってからアイドリングストップが働いていました。感覚としては、すーーーーっ、ぴたっ、すとんと止まる感じですね。停止してからほんの半拍くらい置いて、停止の際の軽微なノーズダイブが元に戻ってからアイドリングストップ、です。これで通じますかね?

これが現在の2015年型320dでは、すーーーーー(停止寸前)すとん(アイドリングストップ)がくん(急に停止)となってしまいます。つまり、スムーズに停止しようとして停止寸前でブレーキの踏力をちょっと抜いたりすればするほど、完全に停止する寸前でアイドリングストップが働いて、がくんと止まることになってしまうんです。

私だけかもしれないんですが、ここでもう少し早いタイミングでブレーキを抜くようにすると、今度は停止してもアイドリングストップ自体が働きません。なんとも困ったものでまだ私はコツをつかめていないのですが、唯一、スムーズに止まることを放棄してずーっと一定の力でブレーキを踏んでいると、ちょうど停止と同時にアイドリングストップが働きます。このときは、それはもう、間髪入れずといった感じで絶妙なタイミングです。しかも完全停止の際の「がっくん」はなくなるんです。

どういうことかというと、MT車の運転経験がある方はお分かりになると思うのですが、停止の時にクラッチを切って駆動力がかかっていない状態で多少ずぼらなブレーキ操作で停止しても、AT車ほどがっくんとはなりません。

私は、AT車はクリープ現象でもわかるように、常に弱いながらも一定の駆動力がかかっているために停止時の「がっくん」の衝撃が大きくなると思っていますが、MT車にはこの駆動力がないからなんですね。これを考えてみるに、停止とほぼ同時のタイミングでアイドリングストップが働くことで駆動力がなくなり、「がっくん」の衝撃が減っているのではないかと想像しております。

こう考えると、私がF30系に対して仄かに感じていた疑問も解決できるんです。それは、E90で320i以外には装備されていた、ブレーキを自動で停止時に緩めてくれる機能(名前忘れました・・・)がなぜF30系に装備されていないのか、という疑問です。

E90系に装備されていたこの機能は、正に私の今の苦労と同じく、スムーズに停止しようとするとかえってぎくしゃくしてしまうものでした。むしろ小細工をせずに一定のブレーキ踏力で停止すると、それはまあ見事に停止間際のブレーキの抜きを見せてくれたものです。停止時の「がっくん」を劇的に軽減するので、中々よい装備だと思っておりました。

これがF30系に装備されていないのを知って、微かながらなんでだろうと思いましたが、実は私以外には不評だったのかもと思い、あまり気にしていませんでした。現在の320dに乗り換えてから同じような感覚に記憶が呼び覚まされ、そういうことだったのか!このアイドリングストップがあれば、あの機能はいらないのか!と合点がいった次第です。

つまり、このアイドリングストップのタイミングは、停止時のブレーキ抜きを兼ねてあえてこうしているんじゃないかと。

私が確認しているのは自分が乗っている2015年型ではそうなっている、ということだけですが、もし停止時にぎくしゃくしてしまっている方がいたら、一度停止までずっと同じ力でブレーキを踏み続けることをお試しください

スポンサーリンク

他シリーズではどうなのか?

私は点検の時の代車で1シリーズや218iアクティブツアラー、ディーラーでのちょっとした試乗で218dグランツアラーや523dに乗ってみましたが、なんとこれらの車で私のクルマと同じタイミングでアイドリングストップするものがないんです。5シリーズはちょっと遅めで前の320iくらい、2シリーズはその中間で、このタイミングが一番好ましく感じました。ですが時々218iは3気筒が故でしょうか、脈動のようなものが伝わってきました。むしろディーゼルの218dの方がすべてがスムーズに感じたくらいです。

2シリーズは3シリーズよりも世代的に新しいので何か新しいロジックがあるのかもしれませんね。だとしたらそのうちエンジンのプログラムアップデートなどで3シリーズにも移植してほしいものです。

アイドリングストップとディーゼルの相性

アイドリングストップ自体に賛否両論ある中で中々難しいテーマを持ってきてしまったものだと自分でも思います(笑)。ですが、あくまで私個人の意見、ということで述べさせていただきますので、反対の立場の方は怒らないでください。

アイドリングストップ自体がイヤ!

まず、私はディーゼルにしろガソリンにしろ、アイドリングストップをOFFにするのは、BMWが我々に提案してくれた最新のBMWの魅力の何割かを捨てているようなものだと思います。確かにOFFにするスイッチがあるのはそういう方も踏まえてのことなんだと思いますが、駐車場で頻繁な切り返しをするなどの特殊な場合を除いて、私はOFFスイッチには触れません。

確かに、日本車ほどスムーズにエンジンの停止・始動をおこなうわけではありませんが・・・、そんなに気にするほどですか?

BMWは日本では高級車のカテゴリに入るがドイツでは大衆車だ!という主張をよくみかけますが、全然そんなことありません。彼の地でもプレミアムブランドです。そのプレミアムブランドでもまあ、その程度ということでして、もう考え方自体が違うんですよね。要するにクルマというものはそういうものだと。振動もあれば音もある、多少ガタガタしてでも安心して高速移動できるのがいいクルマだと。

私のように都市部に住んでいて、運転している時間の8割くらいが都心部という人間にとっては、アイドリングストップは大きな威力を発揮します。実は私、アイドリングストップが一般的になるだいぶ前から、停止中のアイドリングって気になっていまして、踏み切り待ちや駐車場の入場待ちなどの長い停止では手動でエンジンをOFFにしていました。こんな私ですと、もっと細やかに、しかも自動でエンジンを停止してくれるこの機能は夢の機能なわけです。

ディーゼルにアイドリングストップがつくとどうなる?

とはいえ、ディーゼルとアイドリングストップの組み合わせは、上記を踏まえても功罪あると思っています。もう、簡単に想像がつくでしょうが、「功」の方はディーゼルのアイドリング中の音・振動をなくせること。「罪」の方は再始動時の振動です。

ですが、私には「功」も「罪」も実はそこまで感じておりません。これは私の感覚ではなく、私の320dが2015年型だからです。過去の記事でも述べたことがありますが、2014年型からディーゼルの音・振動対策がされて劇的に変わりました。したがって、私の320dでは、音質は違うものの、前の320iにおける振動・騒音や再始動時の振動を超えるものではありません。

しかも再始動したのがわかるというのはメリットでして、ACC設定時に前の車が出発してエンジンが再始動することが一種のお知らせみたいになっていて、すぐに追随して発進できます。ACC使用中でも停止して3秒以上たつとアイドリングストップして、次に発進するときはアクセルを軽く踏むか、「RES」ボタンを押さないと発進しませんからね。

まとめ

アイドリングストップは私が本当に欲していた機能です。現代のクルマでは装備されているのが当たり前になっており、本当にいい流れだと思います。

この時期、市街地で窓を開けて乗っていると面白いんですよ。信号待ちで止まっていると、休日はトラックの量が少ないので静寂があたりを支配しています。そして信号が青になるとあちこちで「きゅきゅきゅ」とエンジンがかかる音が一斉にするんですよ。なんだか、眠っていた動物が慌てて起きているみたいでほほえましく感じるのは私だけでしょうか?

ここまでお付き合いいただきありがとうございました。
今回はこの辺で失礼します。

スポンサーリンク













10 件のコメント

  • 自分も14年式のF31のD.Engine 乗りですが、種々の投稿内容を拝見させて頂き大変参考になりました。
    これからも楽しませて頂きます。
    アイドリングストップに関してはチョイ乗りなのでいつもOFFの状態にして油温が早く100℃になるよう努力しています。

    • 上ちゃん様

      初めまして!当ブログにお越し頂きありがとうございます!コメントも頂けて大変嬉しいです!

      なるほど、チョイ乗りの時には油温を上げることを優先して、エンジンへのダメージを軽減しているということですね。確かに、長い目で見るとその方がいいかも知れませんね。
      私はいつもアイドリングストップはするようにしていてスイッチに手を伸ばさないのですが、今度チョイ乗りの時は私もそうしてみます。
      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!なんでもお気軽にコメントくださいね!

      • 私もアイドルストップボタンはほぼ使いません。
        ハンドルで死角になっていてメインスイッチと押し間違えが怖くて。
        代わりに止めたくない時にはシフトレバーを倒してスポーツモードに入れておきます。
        これなら瞬時に操作できますし間違いもないので。
        発進と同時に元に戻せばノーマルモードで走れますし。

        • 320Dに乗っているときは、アイドルストップボタン1度も押したことありませんでした。不快におもったこともありませんが!T社高級ミニバンは、メーカーオプション5万円でアイドルストップ車を選ぶことが出来ましたが、迷うことなく付けませんでした^^今乗っている車は、私の踏むブレーキは比較的軽めなので、ブレーキの踏み加減でアイドルストップをする、しないが調整できます。(ブレーキを踏んで下さいと注意されますが)止めたいときは、少し強めにブレーキを踏みます。これは、意外と便利です。ベンツなどは、普通のブレーキではエンジンが止まらず、さらに強く踏むとストップするようになっていたと思います。よく考えられています。

          • あ!一旦停止して、さらに強くブレーキを踏むとホールド機能が作動するでした!アイドリングストップは関係なさそうです。勘違いでした。私の今の車は、ホールドが自動なので、ホールドだけさせることが出来るので便利です。アイドリングストップからの再始動は素早いですが、少し振動があります。許せる範囲ですが!

          • おお、よかったです。もう自分の知識が古くなったか、と暗然としてました(笑)。ホールドが自動というのは、5シリーズと同じですね。

          • bmwpopo様

            いつもコメント頂きありがとうございます!

            ブレーキを強く踏むとアイドリングストップですか。確かに便利そうですね。今はメルセデスもそうなんですか?確か、メルセデスはブレーキを強く踏むとブレーキホールドが働く、という認識だったので・・・もう、一昔前の認識なのかも知れないですね。これは、当ブログ常連コメンテーターの桂様のご降臨を賜るしかない気が(笑)。

            そういえば、新型5シリーズは、普通にブレーキを踏んで、そのまま離してもブレーキホールドが働くので、「強く踏む」動作に別の機能を割り当てられそうですね。

            では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

        • あっきろ様

          いつもコメント頂きありがとうございます!

          そうなんですよね。ステアリングの死角で見えないので、私なんか存在すら忘れています。そうすると、今度は止まって欲しい時に、スイッチを押し忘れてしまうということに・・・。まあ、アイドリングストップがオンかオフかは、アイドリングしている時にメーターパネル内に表示が出るか出ないかでわかるのですが。
          シフトレバーを倒すのは手軽でいいですね。私は基本的にはアイドリングストップして欲しいので滅多に機会がないとは思いますが、いざという時のために覚えておきます。

          では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

          • 私の場合、例えば右折したい交差点が赤信号の時、停止線ではアイドルストップ、青信号になって交差点に侵入後は即対応の為にシフトレバーを倒すというように使い分けています。
            右折信号のある交差点では使いませんね。

          • あっきろ様

            いつもコメント頂きありがとうございます!

            なるほど、即応体制ですね。

            交差点で右折待ちのときなどは真っ直ぐのまま待つので使えませんが、ステアリングをある程度切っている時もアイドリングストップかかりませんよね。

            そういえば、パドルシフト引けばエンジンかかるんじゃなかったかな?と今にして思い出しました(笑)。むしろ、エンジンがかからないようにかからないようにとすごく気を付けていたので、あまり「かける方」は記憶がないんですよね。

            今度試してご報告します。

            では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください