BMW 320dツーリングと20,000kmを後にして。

いつのまにか私が320dツーリングと過ごした時間は1年半を過ぎ、走行距離は20,000kmを超えました。実はこれに気づいたのは、あることがきっかけなんです。

スポンサーリンク

あれ?なんかまた乗り心地が良くなっている?

乗り心地というものはそう1日で変わるものではありません。

何を今更当たり前のことを、と思われるかもしれませんが、人間の体ってわからないもので、最初の印象が強烈に刻み付けられていることもありますし、徐々に変化していくと気づかないものでもあります。

どうも私の体はこの両方が不規則に交互に現れてくるようです。

というのは、気づいてしまったんですよ、また。乗り心地が良くなっていることに。

もっと詳しく申し上げますと、フラット感がより高まって、足回りがよく動く感じが増したんです。

これは、通りなれている自宅近くの道路で気づきました。私の自宅の近くの、幹線道路に出るときに通る細街路には、小さな橋を渡った後にちょっと段差のあるマンホールがあります。

いつもはここを通るときには身構えて衝撃に備えるのですが、週末に通ったときには、かる〜く「タン」と取り抜けてしまったんです。

少し段差が少ないところを通ったのかな、と思い、その後も舗装の荒れた部分を通るときに仔細に観察してみたら、今までの私の感覚ではボンネットが視界の中で左右にゆさゆさ揺すぶられるようなケースでも上下動なく通り過ぎていきます。

そう、それはまるでE90の320iに初めて乗ったときに感じた、圧倒的なフラット感にすごく似ているんです。

なんでだろう、また「アタリ」がついたのかな?と思いふとメーターパネルに目をやると、なんと20,000kmどころか21,000kmを超えています。

以前、10,000kmを超えたあたりで「アタリ」がついたのか、乗り心地がマイルドになったことはご報告しましたが、今回もまた、あのときに輪をかけてアシがよく動くようになった感じです。

320dツーリング、乗り心地の変化

輸入車ではよく聞きますがここまでとは。今までと何が違うのでしょうか?

今まで私が乗ったBMW3台では、ここまで乗り心地の変化を如実に感じることはありませんでした。

むしろE90はずっとフラット感が強い乗り心地でしたが少し固め、F30の320iの時は最初からコンフォート寄りの乗り心地でうねるように段差を超えていく感じがずっと続きました。

今回のばかりがこのように乗り心地が変化するというのは、一体どうしてなのか、いくつか思い当たる節を考えてみました。

ディーゼルエンジンであること。

「乗り心地の話なんだからエンジン関係ないでしょ!」と突っ込まれたあなた、ちょっとお待ちください。

当ブログの過去に記事でも度々ご紹介しました通り、ディーゼルエンジンというのは構造上ガソリンエンジンよりも重くなります。この重いディーゼルエンジンを支えるため、フロントサスはガソリン車と比べて強化する必要がありますよね。

これは一つ、思い当たる原因の一つですね。

つまり、当初、妙に突っ張った乗り心地だったのは、まずはこのようにフロントサスが固められているからだったということです。これが距離を経るごとに馴染んできて、スムーズに動くようになってきたのかもしれません。

ツーリングであること。

ツーリングあるということはセダンのように後席とトランクを仕切るリアバルクヘッドがないために、ボディ剛性の点で不利です。しかもセダンよりもリアの開口部の面積が大きく、さらにボディ剛性確保の点での不利さを助長します。

ですので、世のステーションワゴンはリアに相当補強材を入れています。実はToto BMWさんのイベントでサーキットに行ったときにCPMのブースで聞いてしまったのですが、セダンとツーリングではLowerReinforcementの形が違うそうです。

理由は、ツーリングは補強材が入っていてボディ下面の形がセダンと違うから。セダンは純正の部品と交換するだけでいいのに対して、ツーリングではその部品を外すことができないので、挟み込んで補強する形になるそうです。

実際、車検証を見ると、前後重量配分は780kg:840kgとなっていて、若干リアよりの荷重配分となっていて、補強材による重みが加わっていることが容易に想像できます。

さらに、ツーリングはラゲッジルームに大量の荷物を積載することを前提に作られています。だからこそディーゼルが相性がいいのですが、それはさておき、ボディ剛性確保のための補強材で重くなったリアに、さらに大荷重がかかる可能性があるわけです。

スポンサーリンク

日本車ですと、たいていの車はラゲッジルームに荷物を満載すると、リアが沈んで顎が上がってしまいます。

BMWではこれは全くありません。私がキャンプに行くときに大荷物を積んでも、リアが沈んでいるようには見えませんし、実際、操縦性も破綻しません。

DSC_0306

これだけ積んでも、ですよ?

ということは、リアサスも相当締め上げられています。これは一般的な話なのですが、ステーションワゴン化することにより、リアが跳ねるような乗り心地になってしまうクルマが多いことは事実としてあります。

私の320dツーリングの第一印象は、「セダンに比べて固い乗り心地だな。MYの変更のせいか?」と思っていましたが、今にして思えば、紛れもなくこうした最大荷重を想定したサスの締め上げが馴染んでいなかったからでしょうね。

ドイツ製であること

ご存知の通り、現行3シリーズにおいてはセダンは南アフリカ製、ツーリングはドイツ製です。

これが関係しているのかどうかはわからないのですが、基本的には同じ品質管理基準に基づいて作っているはずですので、ここは違いが出ないような気もしますが、もしかしたら微妙に違うのかもしれません。

やっぱり、ドイツ人って民族性として日本人に似ていて、細かいところまでビシッとあっていないとダメそうですよね。ただのイメージですが。

この民族性が、基準値内でもより中心値に近いクリアランスで作っているとすれば・・・最初のうちはガチガチなのに、馴染んできたら本来の設計通り動くようになる、というのは考えられなくもありません。

まあ、これはちょっと原因としては弱い気がしますが、一応今までの車との違いということで挙げてみました。

ということは、あのガチガチに感じたM Sportも?

私が320dツーリングを購入当初に試乗したクルマは320dセダンと320iツーリング M Sportでした。その時のツーリングのM Sportの乗り心地の硬さには相当閉口したものです。

BMW 320dツーリング購入記

ですが、自分のクルマの変化ぶりを見ていると、実はM Sportもこのくらい走るとアタリがついて柔らかくなるのかもしれないと最近思い始めています。

私はこの時の試乗以外ではツーリングのM Sportに乗ったことはなく、いつもセダンなのですが、セダンではそこまで激しく「ダン!」とは突き上げられないんですよね。

これだけは経験がないのでなんとも言えません。一度20,000kmくらい走ったツーリングのM Sportに乗って確かめてみたい気がします。

これからが本領発揮です。

ツーリングがドイツ製ということを考えると、走行距離もドイツ的基準で考えられていてもおかしくありません。

かつてBMW MAGAZINEで読んだのですが、ドイツの方は1年で20,000kmくらいは軽く乗るらしいですね。そういうことを考えると、1年慣らして本領発揮、その後は消耗部品を交換しながら長く乗り続ける・・・というパターンが本当に実現できそうです。

今タイヤ交換したら相当乗り心地よくなるのでしょうねー。ですがまだ後10,000kmは無理かもしれませんが、それを切るくらいはタイヤが持ちそうですので、まだ交換はしませんよ。勿体無いですから(笑)。

それよりも、ボディです。わざわざこの記事のトップ画像に納車前に送っていただいた写真を載せたのは、こんなに綺麗だったのに、最近洗車すらしていないなーと反省してのことです。

そろそろコーティングも剥がれてくる頃でしょうし、一度自分で磨いて見てもいいかもしれませんね。

あ、それとタイヤの空気圧の調整もしておいたほうがいいですね。だいぶ気温が下がってきましたので。

前回の空気圧調整の時に、こうなることを見越して結構高めの空気圧で入れておいたので、まだ適正値の範囲内だと思いますが。

さて、気温が下がってくると、特にターボエンジンは本領を発揮します。その理由は・・・あ、これは別記事にしましょう。

エンジンだけでなく、足回りも馴染んできて、本当にいい季節に全方位で本領発揮できそうで嬉しいです。どこかお出かけしたくてうずうずしてしまいますね。

では、今回はこの辺で失礼します。ありがとうございました。

スポンサーリンク













3 件のコメント

  • 21000キロですか!私も、17000キロに近いです。良くにた距離、時期のツーリングです。ラグジュアリーとスポーツは、足回りは同じでしょう。乗り心地は、新車時より、滑らかになったと思います。もちろん、慣れも存在しますから、なんともいえませんが、あと1ヶ月もすれば、スタッドレスに変更します。その際に、さらに、乗り心地が良く感じるようになります。16インチにインチダウンになります。これは、ランフラットではない、ミシュランになるので、タイヤの性能の違いと思っています。

    話は、それますが、今、BMW意外の車に買い替えを事情があって模索しております。pontaさんのブログを見ていると、BMWの良さが、ひしひしと感じ、このままBMWで過ごすのもありです。この先どのようなドンデン返しがあるのか、わかりませんが、国産車に戻る可能性もあります。国産車も良い面もあり、魅力を感じますが、帰りにBMWに乗るといいね~!となりますから、複雑です。国産車にかえても、このブログには、遊びにきますよ^^

    • bmwpopo様

      いつもコメントありがとうございます!

      ・・・まず、びっくりしてしまいました。ご事情がおありとのことですが、ちょっと寂しいです。ですが、たくさんの試乗をされているbmwpopo様のことですから、何を選ぶにしてもきっといいご選択をなさることでしょうね。
      日本車に買い換えても当ブログに来てくださるとのお言葉、大変嬉しいです。

      私はクルマ全般が大好きです。いつでもどこでも、思い立った時にどこまででも走っていけます。行動範囲もすごく広げてくれます。私にとっては翼のようなものです。
      ただ、私のように凝り性なタチですと、どうしてもこうした「道具」たるものにもいちいち凝ります。その自分のニーズを高いレベルで叶えてくれているのがBMWなんですね。もちろん最初からBMWが最高と知っていたわけではありません。ただ、やっぱり外観が好きかどうか、クルマ作りの基本的な考え方って、自分の肌に合うものでないと愛着がわきませんよね。
      私にはBMWが肌にあったということです。先に申し上げた通り、誰もが最初から「そう」と知っているわけではありませんよね。場合によっては、一生自分の肌に合うクルマに巡り会えない方もいるかもしれません。そう考えると、私は幸せ者だなあと思いますし、そうさせてくれたBMWに深い愛着が湧いてくるんです。

      さて、実は私はBMWに乗り出してからというもの、雪道を走ったことはありません!ミシュランということはXICEですか。ミシュランは海外メーカーですが、日本で売り出すスタッドレスは日本で徹底的にテストしているらしいので、信頼が置けますね。どうやら、日本の冬の路面状況って、かなり過酷らしいんですよね。大雑把に行って、ヨーロッパのタイヤメーカーのスタッドレスって高速性能を重視して、ドライ路面でもしっかりしたハンドリングを確保することに主眼を置いていますよね。

      一方で日本のスタッドレスタイヤは高速性能やドライ路面でのハンドリングはそこまで重視していませんが、いかにしてどのような路面でもしっかりとグリップするかに主眼を置いていますよね。ミシュランはどのようにお感じでしょうか?

      では、またのコメントを楽しみにお待ちしております!ありがとうございました。

      • ミシュランのスタッドレスは、XICEです。フランスのメーカです。みんからでも掲載していますので、URL掲載しておきますね。車をもし買い替えることがありましたら、1シーズンの利用の私好みのアルミ付ですが、pontaさんに格安でお譲りしますよ^^保管はディーラーです。
        ミシュランのスタッドレスは、BMWの前の車の時も、つけていました。すごく気に入っています。スタッドレスですが、夏タイヤとほとんどかわりません。高速を走っていても、まったく違和感ありません。少し、ロードノイズが大きいかな?程度です。そして、減りません。3シーズンつけていても、まだまだ、使えます。サイプの溝が深く、スリップサインが出るまで、性能の劣化が少ないです。速度レンジも、H(210km/h)です。スタッドレスで200キロ以上OKなのは、ミシュランならではと思います。このまま、1年中つけていても良いと思えるタイヤです。笑
        良いことばかりですが、氷上性能は、国産スタッドレス(ブリザック)などには、劣る印象があります。最近の国産スタッドレスもドライ性能がアップしていると思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です