BMW3シリーズの駐車テクニック。真っ直ぐ止めよう!

3シリーズに限らず、現代のクルマって丸っこいデザインですので、ボディラインは曲線だらけです。せっかく助手席のドアミラーが下を向いて駐車場の横の線が見えても、まっすぐに止めるの、難しくないですか?私だけですか?

スポンサーリンク

前と後ろが絞り込まれています。

3シリーズのデザインって、アウディやメルセデスほどフロントの角が面取りされていない(丸っこいフロントになっていない)のであまりそうは見えませんが、結構前後が絞り込まれています。

前の角が面取りされていると狭い路地の角を曲がるときに便利なのですが、私は逆に一番飛び出たところが気になっちゃいます。BMWでいうと2シリーズ(ツアラー系)と6シリーズがそうですよね。ですので、M6試乗の際に最初の出発の際に左に曲がって出るようになっていたので気を使いました。大体、傷なんかつけた日には一体いくら弁償しなければいけないのかわかったもんじゃありませんし。

M6に試乗!Mフルラインナップ高速試乗会、行ってまいりました!2

ま、それはいいとして、3シリーズです。

ああ見えてボディは複雑な曲面で構成されており、運転席ドアハンドルの部分が一番出っ張っています。日本仕様だとこの運転席のドアハンドルが小さくなっていて、全幅が1800mmに収まるようになっていますよね。後席はちゃんとごっついドアハンドルが付いています。

またも余談ながら、かつて乗っていたE90の323iでは運転席もごっついドアハンドルになっていて、前後共ドアハンドルには足元を照らす白色のLEDが仕込んでありました。

これが実用上も夜の見た目上もすごくよかったんですよ。もちろん走行中は点灯しませんが、解錠した時に点灯すると、クルマが「おかえり」と言ってくれているような気がしてすごく好きだったので、F30にはなくて残念です。

さて、どこを目印にすれば真っ直ぐ止められる?

告白しますと、私、駐車には自信があったのですが、F30の320iセダンの時にその自信は打ち砕かれました。

どうしても真っ直ぐ止められないんです。

今回こそ!と思って前の方を向いてクルマの向きを確認して確信を持ってクルマを下りてチェックしてみても、必ずどちらかにビミョーに曲がっている始末。バックモニターに表示される走行線を真っ直ぐにしてみてもどうもうまくいきません。

おまけにBMWは右ハンドル仕様は運転席とハンドルの位置関係がおかしくて(ハンドルが運転席シートの中心からちょっと左にオフセットしている)、さらにドイツ車の常でペダル位置まで若干左寄りなので、細かく気にしだすと自分が正面を向いているかどうかさえ確信が持てなくなってきていました。

BMWじゃなければ運転席のドアを開けて線を確認しながら駐車するところですが、BMWでは運転席のドアを開けるとPにシフトされてしまう仕様になっているのでそれもできません。

スポンサーリンク

ところが、あることに気づいて、今は大丈夫になりました。別にツーリング特有のものではないのでセダンの時になんで気づかなかったんだろうと思うのですが・・・。

バックする時に左ドアミラーに映る、リアタイヤのフェンダーアーチが真っ直ぐなんです!

・・・って「!」付きで言ってしまいましたが、ご存知ですよね?気づいていなかったのは私くらいではないかと・・・。

ちなみに、左のドアミラーはギアを「R」にシフトすると自動で下を向きます。これはドアミラー調整の左右切替スイッチが右側になっていないと作動しません。なぜかというと、左右切替スイッチが右側に入っている=左側のミラーを調整する意思がないとクルマが判断して、左ドアミラーを見やすいように下に向けてくれるんですね。

逆に下に向けたくない場合は、左右切替スイッチを左側に入れればOKです。

さて、下を向いた左ドアミラーですが、通常走行時にちゃんと調整していればうまい具合に左リアフェンダーアーチが写っています。

このリアフェンダーアーチが、地上の線と平行になるようにすれば一発で真っ直ぐ止められるんです!

もう、これは私の中ではすごい発見でした。今までの苦労はなんだったんだろうと思えるくらいの。劇的に駐車が楽になりましたし、失っていた自信も取り戻せました(笑)。

副産物。

このように、駐車で真っ直ぐ止められるようになった時、前を向いて自分の感覚とのズレを修正していきました。

例えば、自分では今ちょっと左を向いているように感じるけど真っ直ぐなんだな、といった具合です。

すると、高速道路での運転も劇的に楽になりました。なんで?と思われるかもしれませんし、納得してくださる方もいらっしゃるでしょうが、要するに「自分の真っ直ぐな感覚」が固定されてきたんですね。

そうすると、今までなんとなく直進していないような気がしてしょっちゅう微舵修正をしていたのが、この「自分の真っ直ぐ」を掴んでからはビターっと直進させることができて、肩の力が抜けるんですよ。

後席は鈍感乗り物にお強い二人なので以前も特に苦情は出ていませんでしたが、普通に考えると、きっと乗り心地は良くなっているに違いありません。・・・多分。

美しく駐車したい方も是非お試しください。

モニターの走行線を見ていれば十分真っ直ぐ止められる方もいらっしゃるかもしれませんが、左ドアミラーとそこに映る光景、ちょっとだけ活用されてみてください。

ちなみに、これに気づいてからなのですが、仔細に観察してみると大抵のクルマはリアフェンダーアーチって進行方向に対して平行になっているんですね。あのフェンダーが張り出したポルシェ911ターボもそうですね。

ということはこのリアフェンダーアーチを目印に駐車するって、大抵のクルマでできますよね。もしかして、常識でした?私、一応免許を取ってから20年以上運転してきましたが、「何で今まで気づかないんだよっ!」ていうレベルのことだったですか?

だって、今までのクルマって結構サイドが真っ直ぐだったから気づかなかったんですよ・・・それだけで十分真っ直ぐ止められましたし・・・。

すみません。これからも精進します・・・。

では、今回はこの辺で失礼します。ありがとうございました。

スポンサーリンク













6 件のコメント

  •  いつも楽しく記事を拝見しています。
    実は小生、以前318ツーリングに乗っていたこともあり、かつ以前のcクラスワゴンにも乗っていたため、何かと参考になっております。
     さて、現在小生は320dツーリングかc220dワゴンを検討中なのですが、320の最小回転半径がcより大きいことが気になっています。
     その部分でボディの割に回しやすいという感じか、ボディ相応か感覚的なものでもけっこうですが、以前のBMWと比べてご教示いただければと存じますがいかがでしょうか?

    • 桂様

      いつもお読みいただきありがとうございます。また、コメント頂きありがとうございます。

      ご質問の点に関してですが、端的にお答えいたしますと、私はE90よりF30の方がかなり取り回しはしやすいと感じています。

      E90は、デザイン上ボンネットがかなり傾斜していたこともあって、運転席からはフロントエンドが掴みにくかったのですが、F30はフロントエンドはイルカのオデコのように傾斜していますが、比較的平らなので感覚が掴みやすいんです。

      また、取り回しを考える時に大事なのが、フロントオーバーハングの長さだと思います。BMWは伝統的に四輪を出来るだけボディの四隅に追いやり、オーバーハングを短くすることで重量物を出来るだけホイールベース内に収めて、ハンドリングをよくしているのはご高承の通りですが、このオーバーハングの短さも取り回しにだいぶ効いています。

      メルセデスのCクラスも同じようなプロファイルですので、最小回転半径が小さい分、メルセデスの方が有利とは思いますが、私自身は運転したことがないので比較できないことをお許しください。

      小さなスペックの優劣はあるにせよ、どちらもいいクルマだと思います。

      後はたった0.2Lの差で税金が変わってくることや、メルセデス特有のロードノイズの大きさがワゴンボディ化のネガとして現れていないかなどをチェックし、BMWでは直進安定性がメルセデスに劣る分が許容範囲内かどうか、などではないでしょうか?

      ご納得のいく選択が出来るようお祈りしております。

      あ、メルセデスをお選びになっても、引き続き当ブログをお読みいただけると嬉しいです(^_^;)

      •  早速のご回答ありがとうございます。確かに最小回転半径と言いつつも、オーバーハングで実感がかなり異なるのもおっしゃるとおり。
         現在小生は故あってFFに乗っており、数値以上の取り回しのやりにくさに辟易している次第。早くFRに戻したいところです。
         さらに検討して参りますが、いずれにしろこちらのブログは拝読させていただきます。

  • 国産セダンからF30に乗り換えたのですが、
    これまでの感覚では、バック体制にはいり、白線から前に一旦クルマを出してから、右か左かどちらかの白線をみて、
    大体の車のセンターをとってから、最後は左右どちらかのボディと、白線が平行になるようにしてから、リアカメラを見てまっすぐ下がって完璧!だったんですが、
    F30になると必ず、フロントがどちらかに傾いて、謎でした。

    車のサイドと白線が水平なんですから、、、

    で、管理人さんの記事を読んで
    試しに最終的に車体の角度を決めるときに、左のサイドミラーで見える、左のフェンダーアーチの面と白線を水平にしてみると、、、、

    バッチリ!初のまっすぐ!
    いやぁ、まいりましたねえw

    ずっと謎だったんですよ。
    運転は誰にも上手いね!言われてますし、
    駐車なんか得意で、さすがパパ!とか
    よく言われてたんで、なにか病気か
    老化?かと思ってました。

    やはり、サイドミラーから見える
    車体のラインがまっすぐに見えてますが
    実は前後でまっすぐじゃないんでしょうね

    これからも読者として通いますので
    宜しくお願いします

    車はAH3です

    • たかぴ様

      いつも当ブログをお読みいただきありがとうございます!お役に立てたようで大変嬉しいです。

      記事にも書いておりますが、私もたかぴ様と全く同じでした。外出してもどうしてもフロントがどちらかに曲がっている・・・まっすぐ止めたつもりなのに。しかも、下に見える線を目標にしていたのも同じです。しかも、自宅では左横に壁といういい目標があるのにどうしても頭が右に触れている始末でした。
      こんな中でフェンダーアーチがまっすぐなのに気づいたのは私の中では大変画期的でした。私も運転には一家言を持っていたつもりでしたので、すっかり自信を失っていたところでしたが、なんとか復活を遂げました(笑)。

      AH3にお乗りなんですね。ということは、駐車するときはエンジンがかかっていないことも多いでしょうね。代車で借りた時にAH3のスーパー3シリーズっぷりには本当に感銘を受けました。なんであれがもっと話題にならなかったのか、もっと言えば爆発的に売れなかったのか、今でも疑問です。

      これからもご愛読いただくと嬉しいです。何かございましたら何なりとお気軽にコメントいただければ嬉しく思います。
      よろしくお願いします!

  • いつもお世話になっております。
    BMW320dツーリングMスポ LCI アルピンホワイト に乗って約一年。
    走りは申し分ないんですが、
    機能とその操作性のクセに非常に参っており、担当営業にいちいち連絡入れるのも面倒な中、こちらのブログで大抵のことは解決させてもらっています!

    今回の内容も正にドンピシャ!
    いつも曲がって停まってました。
    またひとつ、解決しました。
    ありがとうございました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です