スタッドレス交換はいつになるのやら。

今年の冬の気圧配置は、以前東京で豪雪が降った時と似ているそうですね。ラニーニャ現象や黒潮の蛇行などのことらしいですが、そうなると今年の冬は東京でも雪が降る可能性が大いにあります。早くスタッドレスに交換しないといけないのですが・・・

スポンサーリンク

豪雪時、頼りになるのは雪道を走れるクルマ

私は東京に住んでいるので、豪雪に見舞われることは、普通でしたらまったくありません。個人的には小さい頃に豪雪地帯に住んでいたことがあるので「冬には雪が大量に降るもの」という頭なのですが、東京の冬というのはひたすら乾燥して埃っぽく、私にとっては結構不快な季節です。

それでも、東京が豪雪に見舞われることはあります。こんなことをいうと豪雪地帯の方に笑われますが、東京では10cmの積雪でもあろうものなら公共交通機関は麻痺、やめればいいのにノーマルタイヤのクルマが乗り出してきて立ち往生という光景が繰り広げられます。

ですが、ここで一つ申し上げておきたいのは、東京って基本が「乾燥して埃っぽい」というのがデフォなので、そもそも雪に対する備えってハード面でもソフト面でもできていません。

ハード面というと、豪雪地帯には必ずある融雪パイプはもちろん、除雪車なんて洒落たものもありません。そして、雪かきをしようにも雪かき用のスコップをおいてあるホームセンターなんて皆無ですし、雪国では売っている、あの金属スパイクのついている靴をおいてあるのも見たことがありません。まあ、今ではなんでも通販で購入できますけどね。

ソフト面というと、もうこれは「雪をなめてかかっている」につきると個人的には思います。雪国の方から見ると、なぜ降雪時にノーマルタイヤで走るという発想になるのか不思議でしょうけど、東京に住んでいる人って、出身がどこであれ、「これだけクルマが走っていれば道路には雪は積もらないだろう」と考えているとしか思えないんです。

ですが、豪雪地帯に住んでいた私の経験からすると、クルマがいくら走っていようが、積もるのが雪です。当たり前なんですけどね。

そして、公共交通機関の麻痺ですが、これはもう、東京在住の人は普段の生活を充実した公共交通機関網に頼りきっている、というかそれがあ動いているのが前提なので、これが麻痺すると生活自体が一気に破綻します。私たちも東京で週末2週間連続で大雪が降った時は、週末の買い出しに行けずに食料すら家になくなりました。

こういうことがあるので、私は東京でもスタッドレスが必須だと思うようになったんです。

チェーンでいいのではないかという意見もありますが。

先ほどソフト面では「雪を甘く見ている」という話をしましたが、チェーンに対する知識もありません。

東京に大雪の予報が出ると、まずニュースで報道されるのが、カー用品店にチェーンを買いに殺到する姿ですね。ここでチェーンを購入した方って、どうすると思いますか?もちろん、装着しますよ。ですが、幹線道路と住宅街では雪の残り方が全く違うので、自宅から幹線道路まではチェーンが必要なのに、幹線道路ではチェンが必要なくなっている、という自体が起こります。

ここで、チェーンに対してちゃんとした知識を持っていれば、スピードを抑えて走るか、あるいは外すと思うんです。配送のトラックなどはそうしていますが、自家用車は外すのが面倒なのか、そのままそうこうしている方もまま見受けられます。

結果、チェーンが切れますよね。そのようなチェーンが道路脇に転がっていることがあるんです。最近は少なくなってきましたが、これは事実なんですよね。でも、そうはいっても住宅街ではチェーンをして、幹線道路に来たら外すってかなり面倒ですし、危険です。路肩に駐車してやるしかないのですが、これは追突や渋滞をj引き起こす原因になります。

スポンサーリンク

そうなると、ところを選ばないスタッドレスが有利だということになります。これはどんな方でもわかっていることだと思うんですよね。

でもスタッドレスはお高すぎ!中古タイヤと言う手もあります。

そうなんですよ。滅多に降らない雪への備えにスタッドレスとホイールのフルセットを揃えるというのは、経済的に合理的ではないと言い切れます。私はたまたま当ブログの読者様からお安くお譲りいただけましたが、10万円くらいかかるとなると尻込みしてしまいますよね。

でもチェーンは付け外しが面倒、でもスタッドレスは高い・・・と堂々巡りになってしまうのですが、あまり雪が降らない地方の方にとっては、中古タイヤというのも選択肢の一つとしてありなのかな、と思います。

中古タイヤなんて、言葉のイメージからしてあまりいいものがないとお思いでしょう?でも、そうでもないんです。特にスタッドレスなんかは、積雪がある地域の方以外にはリーズナブルであるに越したことはないので、有力な選択肢として考えるべきです。例えば、太平タイヤさんとかは有名ですよね。

太平タイヤ

この季節、かなり繁盛しているようですが、これはもちろんスタッドレスの需要でしょう。タイヤってクルマの維持費の中でも車検の次の次くらいにお金がかかりますから、私はなんら不思議ではないと思っています。

サイズを探すときには、外径を合わせのと、ロードインデックスに気をつけてくださいね。念のため、そのことを書いた記事のリンクを下に貼っておきます。

BMW3シリーズの夏タイヤに関する考察。何に気をつけて選ぶべきか?

2016.11.24

BMW 3シリーズ M Sportのタイヤ問題。Primacy3は装着できるのか?〜タイヤサイズの変更の考え方。

2017.03.31

そういう自分も早く変えないと。

もう、季節柄しょうがないのですが平日は忘年会、休日も子供の習い事などの「今年最後の〇〇」などの催し事などで時間が取れなくて、実はまだスタッドレスに交換しておりません(汗)。いい加減まずいですね。

どうしてこうも年末というのはやることが多いところにさらにポコポコと予定がはいってくるのか毎年不思議でならないのですけど、今年はカレンダーの並びが悪いからか、特に多い気がしますね。

来週になればだんだん東京の道も空いて来て走り頃になってくるでしょう。今年最後に、愛車とじっくりと向き合って、スタッドレス交換後のドライブを楽しむのも悪くないですね。きっと、そうすることで最近当たり前のようになってなれてしまったPrimacy3の印象をまた新たにすることができるでしょうし、もしかしたらX-ICEの印象も変わってくるかもしれません。

X-ICEと言えば新型のX-ICE-3が出ています。欧州ではスノータイヤあるいはオールシーズンタイヤでも結構いけるようなのですが、日本の雪道は過酷な条件であるのはよく言われていることでして、きちんとしたスタッドレスでないと走破性や安全性に問題があり、したがってスタッドレスは日本のメーカーのものがいい!という結論になりがちです。

ですが、ミシュランは日本で徹底的にテストをしてブラッシュアップしているので心配なく履けるスタッドレスですのでオススメです。相変わらず、速度記号が日本製のスタッドレスが軒並みQ(最高速度160km/h)な中、T(最高速度190km/h)、さらにサイズによってはH(210km/h)が与えられており、ドライでの高速走行を犠牲にしていない=高速安定性が良いのが大きな利点ですね。これは、ほとんどドライ路面で過ごす、降雪がほとんどない地域のドライバーには本当に心強い性能だと思います。私のXI2でも雪上性能は素晴らしいことは確認済みですので、雪国にお住いの方でももちろんオススメですよ。

雪道をBMWのFRで走れるのか?

2017.01.27

kanren postid=”3289″]

あ、人にオススメする前にまず自分が早く履き替えないさいとおっしゃる?ごもっともです。次の週末には変えます・・・って週末ではなく既に年末ですね。これはもうお店がやってなさそうな気がします。というわけで年明けですね(泣)。

では、今回はこの辺で失礼します。ありがとうございました。

スポンサーリンク













9 件のコメント

  • ウチは既に11月中に交換済みです。いつもお世話になっているGSで11月内は早割やってますのでそこで交換です。
    ホントは自分で…、と思っているのですが、もういい歳ですので止めました。
    今年は年末の帰省も見送ったので、降ったら乗らなきゃ良いだけの人なんですが、万が一のこととか考えると、やはり替えた方が良いかなと。
    今シーズンは久しぶりにスキー行きたいなモードなので、尚更ですけどね。
    そうでなければ雪の少ない関東などは、以前記事にも有った4シーズンのタイヤを冬だけ使う、というのも有りかなと最近思ってきています(やはり1年中履かせるのは無理がありそう)。

    • 寒梅様

      いつもコメントいただきありがとうございます!

      おおさすが素早い!あ、でも年末に帰省されないんですね。今年からはヘッドライト氷結対策も万全でいけるところでしたのに(笑)。

      4シーズンタイヤを1年中は、私はありだと思いますよ。もちろん、サマータイヤやスタッドレスにはそれぞれが得意とする場面でのグリップなどは劣るとは思うのですが、タイヤの限界性能を使って走ることがない我々一般ドライバーには十分だと思います。ただ、問題がないとは言えませんよね。安全に直結するところでは、特にウェット路面でのブレーキング性能、さらに快適性の面では乗り心地やノイズと言った面での影響とオールシーズンタイヤの強みとを比較考量して見ないと決められないというのが私の正直なところです。

      ですが、マセラティの試乗記事でも申し上げた通り、レヴァンテのオプションとして4シーズンタイヤがラインアップされているので、これから市民権を得てくると思います。かつてのランフラットのように、です。そうしたらユーザーにとっても選択肢も増えるでしょうし、健全な競争原理が働けば品質も上がっていくと思われます。いずれは4シーズタイヤで1年中過ごすのがスタンダードになるかもしれませんよね。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • 当方も先日スタッドレスに交換しました。
    F30を買った初年なので、新しくX-ICE 3+(205/60-16)とBORBET type XRで決めました。
    タイヤも然ることながら、毎回毎回スタッドレス用ホイールに悩まされます(苦笑)。
    E36〜E46は15インチホイールが流用できたのですが、
    E90は基準インセットが変更された上に、そもそも16インチ以上しか履けず買い替え。
    F30はスタッドボルトが太くなって、E90のホイールに刺せないので買い替え。
    次期G20はPCDが変更されるでしょうから、また買い替え必至(^^;。
    つくづくお金がかかりますねぇ。
     
    因みに・・・205/60-16のX-ICE3+は中国製でした。
    旧アジア向けライン(Primacy LCなど)の設備を活用したのでしょう。
    今通勤グルマに履いているX-ICE3はなんとタイ製!ですが、何の不安もありません。
    これで怖い思いをするのなら、それは自分の運転が悪いのだと思っています。

    • ジャンキーオーヤマ様

      いつもコメントいただきありがとうございます!

      おおおXI3ですか!今一番気になっているスタッドレスです!それにBORBETとはかっこいいですね!このホイール、なんだかE46のM Sportのイメージとかsなるところがあって、BMWにはすごく似合うホイールだと思います。本当にかっこいいです!

      ホイールの企画変更は本当に困りますね。PCDはG系になってからクァっているようですからこれもほぼ確実ですからね。困ったものです。

      ミシュランほどのグローバル企業であればどこで製造しようとも品質管理は万全なんでしょうね。ジャンキーオーヤマ様のおっしゃる通り、タイ製だからと言っても何も問題ないでしょう。ですがさすがですね、タイヤのせいではなく、ご自身の運転が!と自戒するところにジャンキーオーヤマ様の見識が現れていると思います。

      雪道の運転にはお気をつけくださいね!

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • 私もまだ交換できていません。冬タイヤセットはガレージに置いてあるんですが、現在我が家は外壁塗装中で中二階の浴室下の堀込ガレージは足場に塞がれて封鎖中です。仕事納めの日が工事終了予定日なので大掃除の合間にタイヤ交換となりそうです。
    納車後に買ったタイヤリフターがあるので、交換はかなり楽なんですが、そうは言っても力仕事、寒くなってからの交換は辛いですね。
    先月換えておけばよかったとちょっと後悔中です(笑)

    • あっきろ様

      いつもコメントいただきありがとうございます!

      もしかして・・・あっきろ様はご自身で交換為さるんですね!それでしたら中々交換に向けて腰が上がらないのもわかるのですが、私なんかTire fitterさんに電話して予約をとるだけなのに・・・ちょっと面倒くさがりの度がすぎていてお恥ずかしい限りです。

      タイヤって重いんですよね。私も若い頃は自分で変えていましたが、タイヤ交換をした日はもう他のことをしたくなくなるくらいに疲れたのを覚えています。腰も痛くなりますし(笑)。どうか腰を痛めないように気をつけてくださいね。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • ご無沙汰しております。
    今年、車購入して初めての冬を迎えました。東北は間違いなく雪が積もるので、スタッドレスは必需品です。
    今日も一日吹雪いており、毎日使用している軽は吹雪の中終日走り 真っ白となっております。当方の330eMスポ は一応純正ホイール(1セット購入)にスタッドレス(非ランフラット)を履きましたが、交換してから1度も動かしていません(汗) 。車庫に眠っております。 

    • takataka様

      いつもコメントいただきありがとうございます!

      今年の冬は北日本では荒れた天気が多いようですね。私もかつて青森に住んでいたことがあったので、冬に大荒れになるとどんなひどさになるか、身を以てよく知っております。330eのタイヤをスタッドレスに交換したと言っても、外に出る気にもならないくらいすごいのでしょうね。

      雪道の運転って、雪国の方は慣れてらっしゃると言ってもやはり視界のなさは地名的ですもんね。私は常々当ブログで申し上げておりますが、運転では視界の確保こそがもっとも大事だと思っております。雪がひどくなったり吹雪いたりするとその視界が奪われるのでかなり危険です。愛s元はもちろんスタッドレスを履いていても滑りやすいですし。私は雪国ドライバーではないので、昨年遊びに行った湯沢の大雪でも怖かったです。真っ白な世界って、視界がモノクロになって平板になるんですよね。路肩がどこかもわからない。凹凸感もわからなくなるからどこが壁と道路の境目なのかもよくわからない・・・実際、高速道路では壁に何台も突き刺さっていました。

      場所によっては命の危険すらあるほどの悪天候だと思います。無理をなさらないでくださいね。元気でいてこそ、330eの走りを楽しめるわけですから。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

      • 当方が住んでいる所は太平洋側なので、雪はあまり積もりません。ただ、雪がちょっとでも積もると車庫の入り口が坂になっているため一度出たら戻れなくなる為、出すのが億劫になってしまいます。乗るとすれば、道路に雪が残っていない事と天気予報を確認して、間違いなく天気が崩れない事を確認してとなります(汗)。他に所有している軽2台は4WDなので、そちらがメインとなってしまいます。 また、雪が降りそうになると道路に融雪剤散布される為 こまめに車の下回りスチームで洗車しないとすぐに錆が出てしまいます。凍結しないのは良いのですが、融雪剤で道路がなかなか乾かなく汚れるので厄介です。早く、春にならないかと思っている次第です。    

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください