BMW純正フューエルクリーナーの4回目の投入とスタッドレスタイヤの空気圧の調整。

この週末には息子の習っているスポーツの試合が日曜日に控えていることもあり、お出かけはせずにのんびりと過ごしました。ちょうどいいので、最近気になっていたこと二つをやっておいたのですが、これがまた新たな発見があったんです。

スポンサーリンク

今日はお買い物だよ。

実は息子はインフルエンザにかかって、1週間丸々学校を休んでおりました。先週末に発症して水曜日には熱が下がったのですが、その後二日は学校に行けないので、月曜から金曜まで丸々休みという・・・。

息子もすっかり元気になったようで、今朝私が起きてリビングに行くと、顔を見るなりニコニコ顔で「今日はどこ行こっか?」と聞いてきました。そうか、ずっと外に出てなかたもんな、と思いましたが、日曜日には息子が習っているスポーツの試合があって1日潰れてしまいますので、今日土曜日のうちに買い物に行っておかないといけません。

そういうと、息子は「そっか」と納得しながらもテンションが下がり始めました(笑)。宿題が進まない進まない(笑)。それはいいとして、私は家内が買い物をしている間に、GSで給油やら洗車やらを済ませることにしました。

まずは添加剤「フューエルクリーナー」投入。

燃料はメーターで4分の1よりもちょっと多いくらいに残っていましたが、フューエルクリーナーを入れたかったので早めに給油することにしました。

フューエルクリーナーは燃料が半分くらいのところで投入し、その後満タンに入れるといい、とディーラーでアドバイスを受けたのは以前当ブログでご紹介した通りです。今回は半分よりも減ってはいますが、要するに燃料全体によく混ざればいいので、あまり気にしないことにしました(笑)。

家内を下ろしてGSに向かう時に、用意していたフューエルクリーナーを息子に見せて「今日はこれ入れるんだ。なんだかわかる?」と聞いてみます。すると息子はしっかり覚えていまして、「それ、僕がとってきたやつだ!」と喜んでいました。ま、まあ今回のは予め買っておいたんだけどさ、という言葉はグッと飲み込んでおきました。

BMW3シリーズツーリングでサーキット同乗走行!現役レーサーはやっぱりすごいです。

2016.10.10

この時のキッズコーナーでのチャレンジのことを息子は言っているんですね。

道すがら、ALPINA D3セダン(F30前期型ベース)を発見し、二人で興奮して「かっこいい!」と叫んだりしながら向かいました。

GSに到着してまずはセルフの給油レーンの方へ向かい、GSのお兄さんに洗車とタイヤの空気圧の調整を頼みます。迷いましたが、明日は息子の試合に、お仲間とそのお父さんも乗せて行くのでちょっと高めに設定することにしました。今履いているスタッドレス、ミシュランX-ICE XI3のサイズ205/60R16ですと標準空気圧は前2.2/後2.4ですが・・・前2.3/後2.5にしました。

たったそれぐらいかよ!というツッコミが聞こえてきそうですが・・・いや、以前当ブログでご報告したこの件が気になっていたんです。

スタッドレスに多いXL(エクストラロード)規格は空気圧にシビア?!

2017.02.01

まずはこれで様子を見ようかと。実際には、XLですしもっと高くても大丈夫なんですけど、小さい子供二人を乗せて行くのにポンポン跳ねる乗り心地で、試合前に車酔いで気持ち悪くなってしまったりしたら大変ですからね。

息子と洗車や空気圧調整を待っている間は、GSにおいてあったアウディA4のカタログを食い入るように読んでおりました(笑)。私が試乗に行ってもらったものよりもはるかに分厚くて立派なものです。

アウディA4アバントも試乗して来ちゃいました。ただの試乗のはずが、タイヤ選択問題も進展!

2016.11.27

ここで気付いたのですが、S4は3LV6ターボで260kw(354ps)/500Nm、一方で対応する排気量のBMW3シリーズはというと340iですが、3L直6エンジンで240kw(326ps)/450Nm。これは・・・やはり340iは「M340i」を名乗ってもいいのではないでしょうか?

新型5シリーズのM550iは驚愕のパフォーマンス!

2017.02.09

その方がBMWのブランドイメージと合致すると思うんですけどね。

給油・洗車等々を終えて。

まずは空気圧を高めたタイヤ。乗り心地は大丈夫かな?

GSを出る時に、ちょっと回り込まないと幹線道路に戻れないために裏の方の道を通ります。住宅街ではないのですが舗装が適度に荒れておりまして、ある意味空気圧を高めた状態をテストするには最適でした。

スポンサーリンク

まあ、結構跳ねるんだろうなーと思って覚悟して乗り出しましたが、低速のためかさほどではありません。むしろスムーズな転がり感が増したような。やっぱり速度域が低すぎてわからないか、と思いつつ幹線道路に出て流れに合わせて走り出しましたが、それでも乗り心地の劣化は感じられません。柔らかくは感じませんが、やっぱりスムーズな転がり感が増した分、むしろ乗り心地が量化した感じすらします。特に舗装のいい路面ではそうです。かといって、マンホールの出っ張りや凹みに出くわしても跳ねるような乗り心地にはなりません。

一応、息子にも聞いてみました。「乗り心地、前よりも悪くなってない?」「変わんない」やっぱりね。

それにしてもどうしてでしょう。推測ですが、ランフラットタイヤが標準となっている日本仕様に関しては足回りもランフラット用に強化されていて、非ランフラットタイヤの場合はXLで空気圧を高めに入れてタイヤをある程度硬くした方がサスペンションとのマッチングがいいのでしょうか?中途半端な空気圧だと、タイヤ自体のダンピングとサスペンションの減衰力のマッチングが悪くて跳ねるような乗り心地になる?

うーん、でもそんなことってあるんですかね?ちょっと、今度はもっと空気圧を高めて観察してみましょうか。

フューエルクリーナーの効果

これは、さすがに4回目ともなるとプラセボではないと言い切れます。これ、絶対に入れてしばらくしたらすぐに効果が出ています。アイドリングストップからの復帰が特に如実に変わりますね。

1本だけの方はこちら。

2本まとめ買いの方はこちらから。

ガソリンエンジン用もありますよ。直噴エンジンはススの発生が多いので、ケアしておきましょう。

フューエルクリーナーに貼ってある説明を読んでも、やっぱりエンジンを綺麗にする程度のことしか書いていないのですが、もしかしてこのフューエルクリーナーを軽油に混入してシリンダー内まで届くことで、エンジンオイル自体まで復活しているような気がします。

ディーゼルエンジンのエンジンオイルはガソリンエンジン用のものとだいぶ違い、かつ軽油でどんどん薄まって行くということも以前ご紹介しましたが、BMW承認のLL04というオイルは、こうした難点をクリアしてロングライフを実現していることになりますよね。どのような技術なのかはわかりませんが、一般的なディーゼル用のエンジンオイルでは持たないことくらいは想像がつきます。

とはいえ、やはり長い間使っていると今まで浄化した汚れも溜まって行きますし、粘度も落ちて行くでしょう。なんだか、これが復活しているような感触です。もしかして、エンジンに付着したカーボンは洗浄されてから燃えているんですかね?それと一緒にエンジンオイルに混入した軽油成分も燃やされて粘度が復活している?とかでしょうか?

結果には満足。でもまたまた好奇心がムクムクと。

タイヤの空気圧といい、フューエルクリーナーといい、どうなっているのか、本当に不思議ですよね。BMW Tokyo Bayなどで、そういう関係の展示とか説明会とかをやってくれるといいのですが。「BMWをよく知るためのワークショップ」とか、「BMWのディーゼル車と長く付き合う方法」なんて銘打って、なんていうのはどうでしょう?

他にもネタは結構ありそうですね。こうした活動をして行くことで、BMW Tokyo Bayが単なる大規模な新車展示場かつ試乗会場ではなく、ドイツ御三家のライバルと一味違ったブランド発信拠点として、オーナーからも広く支持を集めることができるようになる・・・かもしれません。

では、今回はこの辺で失礼します。ありがとうございました。

スポンサーリンク













10 件のコメント

  • 「BMWのディーゼル車と長く付き合う方法」これよりは、「5シリーズに恋した人の講座」こちらでしょう!

    • bmwpopo様

      いつもコメントいただきありがとうございます!

      そんな、私をピンポイントで狙われたワークショップを開かれても・・・(汗)。というか、bmwpopo様、私が返信したコメントまでよく読んでいただいているんですね(笑)。驚きました。

      普通に、「7/5シリーズに使われた、これからのBMWに共通して使われる新技術」とかをやって欲しいです。これなら盛況になるんじゃないでしょうか?

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • BMWのフューエルクリーナー、気になりつつまだ入れてません。
    昨日ディーラーさんで見かけたんてますが購入しないまま店を後にしました。
    代わりに和光のフューエルワンを買って入れてみました(笑)
    今日入れたばかりなので、効果はまだ分かりません。けど、評判良いですよね。

    • 寒梅様

      いつもコメントいただきありがとうございます!

      フューエルクリーナー、いいですよ〜(笑)。でももう入れられたんですね。ワコーズブランドなら安心でしょうけど・・・フューエルワンですか?「ディーゼルワン」ではなく?なんだかディーゼルワンの方がより強力なようですので、今度はこちらの方が効果あるかもしれませんよ?

      いずれにしろ、フューエルワンも効果はお墨付きのようですので大丈夫でしょうが、ディーゼルはゴソリンエンジンとは実はだいぶ違うので、やはり専用のものの方がいいかもしれません。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

      • 入れたのはヒューエルワンですね。
        https://hiace.funcars.jp/articles/33
        ガソリン・ディーゼル兼用ってことでしたので、まずはお試し程度です。
        ディーゼルワンを知らなかったということもありますが…(;^_^A
        ある程度効果が分かったら、次はディーゼルワンにするかも知れません。

        • 寒梅様

          いえいえ、私こそ勘違いしていて申し訳ありませんでした。ガソリン・ディーゼル兼用というのをすっかり見落としておりました。

          信頼のワコーズですから効果はきっちりあるでしょうね。ディーゼルワンの大きい缶の方なんか、1000mlもあるので4〜5回使えそうですから結構コストダウンになりそうです。

          フューエルワンの効果も是非是非教えてください!

          またのコメント楽しみにお待ちしております!

    • 自動車検査員のまー様

      いつもコメントありがとうございます!

      ぎええええええ!と思わず叫んでしまいました。これはかなり衝撃的ですねー。

      マツダのディーゼルは圧縮比を低くしてNOxの発生を防いで、その代わりに発生するススをDPRで絡め取る、という手法で後処理なし・メンテフリーのディーゼルを実現していますよね。そしてマツダでは、ディーゼルを購入する顧客に、たまに長距離を乗ることを推奨しているとのことです。これはまさに、こうしたカーボンの堆積を少しでも軽くするためなんでしょうね。

      BMWは圧縮比も高く、むしろ高精度な燃料噴射とできるだけ完全燃焼に近づけることで、どうしても発生してしまうススをDPFで絡め取っていると理解していますが、多かれ少なかれ、BMWでもカーボンの堆積ってあるのでしょうね。これをみてしまうと、フューエルクリーナーを入れない理由が見つからないです。

      それにしてもこの画像はインパクトあります。なんだか、常時フューエルクリーナ入りで走りたくなってきました(笑)。もちろん、コストがかかりすぎるのでそんなことはしませんが・・・。このように、宿命的にススの発生が多くなるクリーンディーゼル向けの清浄剤入りの軽油の登場が一刻も早く待たれます。ガソリンとて直噴エンジンはススが発生しやすいですが、こちらはハイオクであれば清浄剤が入っていますもんね。

      それでは、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • ひぃひぃひぃひどいですね!直噴エンジンのカーボン!「自動車検査員のまー さんのリンク」拝見しました!(シェアありがとうございます)わたしもF31-dieselですので他人事ではないです。pontaさんのブログを拝見していて(いつも拝見しています♡)フューエルクリーナーを4000km、8000kmで入れていました。確かに常時入れたくなっちゃいますね・・・。日本の軽油の質も良くないと聞きますしね(https://www.kure.com/column/detail.php?id=28)(http://ml3.bfts.co.jp/kuni/gallery/keiyu.html)。これからも入れていこうと確信しました。フューエルクリーナーを投入後、次回満タンの頃のエンジンは少しこもった様なスムースになった様ないい感じがします。確かに効果を感じますね。燃費計算にコストを算入すると10%upぐらいですかね〜。でも、いれよっ!と思います。

    • Fukufuku様

      初めまして!ハートマーク付きでいつも読んでくださってありがとうございます!コメントいただけて嬉しいです。

      そーなんですよー。これはちょっと、家、だいぶ驚きますよね。10万キロくらいエンジンオイル交換なしとかで走ったクルマかと。

      日本の軽油が質が悪いというのは誤解のようですよ。そもそも、BMWのクリーンディーゼルエンジンは、サルファフリーの軽油でなければダメなんです。そう言われると意地になるのが日本の技術者、改良に改良を重ね、今では日本の軽油の質はあっという間に世界一ですよ(笑)。そして今ではヨーロッパの規制も追いつきましたが、ポスト新長期規制という厳しい排ガス規制をしいていました。

      清浄剤入りの軽油を販売してくれればいいんですよね。これは本当に強く私は願っています。「軽油のハイオク」見たな。軽油はオクタン価ではなくてセタン価ですから「ハイセタ」ですかね(笑)。

      純正クリーナー、私も入れて行きますよ!まあ、半年に1回定期的にと言われていますが、ちょっと短めサイクルでいこうと思います!

      では、またなんだもお気軽にコメントください!楽しみにお待ちしております!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください