BMWの新車発表は1シリーズが先か、3シリーズが先か?

いよいよ新世代BMWの波が量販シリーズである1シリーズと3シリーズに及んできました。FF化される1シリーズと、FRに止まる3シリーズ、どちらが先に発表されるのでしょう?今回はだいぶカモフラージュが軽くなってきた1シリーズの話題をご紹介します。

スポンサーリンク

1シリーズもワイドなキドニーグリル!

ご紹介したいのはこちらの記事です。

2017.9.25

公開はジュネーブ?パリ? FF化されるBMW次期1シリーズ、新デザインのワイドグリル見えた!

BMWのエントリーハッチバックモデル『1シリーズ』 5ドアの次期型プロトタイプが、また一つカモフラージュを脱ぎました。

新たに露出したのは新デザインのキドニーグリルです。現行モデルより明らかにワイドになっているのが確認できます。ヘッドライトはダミーで、エアダクトも隠されていますが、情報によれば次期型はより躍動的なフェイシアを持つといいます。

プラットフォームには、「X1」と共有する「UKL」を採用。駆動方式は「FF」へ変更されると共に、ホイールベースを延長。ライバルであるVW「ゴルフ」と差別化を狙うクーペルーフとなりますが、現行より広い室内空間が確実視されています。

パワートレインは1.5リットル直列3気筒ガソリン&ディーゼル、2リットル直列4気筒ガソリンエンジンのほか、PHVモデルも期待できるでしょう。また最高出力400psとも噂される「M140i」の登場も確実視されています。

注目のワールドプレミアは、2018年。早ければ3月のジュネーブモーターショー、遅れれば10月のパリモーターショーになるでしょう。

(APOLLO)

(clicccar APOLLO)

見た感じではまだまだな気もしますが、意外と中身は仕上がってきているんでしょうね。結構ボリューム感のあるボディで、室内も広そうに感じました。

FF化されてFRみたいなプロポーションでトラクション性能は大丈夫?

プロファイルを見る限りでは、FFっぽいボンネットの短さや、フロントオーバーハングの長さと言うのはあまり感じません。

いや、ですが次期1シリーズにはホットモデルも準備されているようですので、FF化されるとなると前輪のトラクションを稼ぐ必要があるので、フロントにしっかりと荷重をかけざるを得ないはずです。それでもこのように一見FRのようなプロファイルにするのは・・・流行なのでしょうか?

最近では、アウディがこのようなプロファイルですね。もし街中でアウディを見かけることがあったら真横からよく見てみてください。FF(あるいはFFベースの4WD)とは思えないほどフロントのオーバーハングは短いです。FFと言えばエンジン横置きが相場だったところ、アウディではエンジンを縦置きして前輪にしっかりと荷重をかけているようですね。

ところが、FFでこうしたプロファイルを見るのは初めてではありません。一時期、ホンダでインスパイアとビガーと言うアッパーミドルクラスと言われた兄弟社があったのを覚えてらっしゃいますでしょうか?

この写真はビガーですが、懐かしいですねー。ちょうどトヨタのマークⅡ3兄弟とアッパーミドルクラスの覇を競っていた頃のクルマです。

スポンサーリンク

この写真を見ると、意外とフロントオーバーハングが短いと思いませんか?当時にしてはこれって画期的なことだったんです。これでもこのクルマ、FFなんですよ。しかも、直列5気筒エンジンを縦置きにして、通常であればフロントの車軸の上に重量物であるエンジンを置いてトラクションを稼ぐところ、フロントの車軸の直後からエンジンを縦置きして、そのことを「フロントミッドシップ」と言っていたわけですね。

古い話で恐縮でながら、今でも覚えているのですが、「アサヒ・スーパードゥゥゥラァァァイ」の宣伝のごとく「FFミッドシップ、ストゥレイトファァァイブ」と言うCMのセリフが今でも頭に浮かびます(笑)。

まあ、重量物がクルマの中心寄りにあると回頭性は上がるでしょうけど、このクラスのクルマにそこまでの回頭性がいるかと言われると私んは当時から疑問だったのですが、伸びやかなスタイリングで当時は非常な人気車でした。

この当時学生だった私ですが、同窓に家のクルマがインスパイアだと言う男がいまして感想を伺ったところ、「トラクションコントロールがすげーよく効くんだよ!結構ハイテクだぜ!」と言うトンチンカンな答えが帰ってきました(笑)。釈迦に説法かとは思いますが、確かにこの当時登場したてのトラクションコントロールを装備していたのはこのクルマの特徴だったと思いますが、「トラクションコントロールが働く」=よほどアクセル操作がラフか、圧倒的に前輪のトラクションが足りないと言うことですよね。

どちらかと言うとこのクルマは後者だったと言うのがメディアの評価だったので、私はご機嫌な彼の気分を害さないように生暖かく見守るだけでした。ちなみに、この時以来、ホンダのクルマが再び「フロントミッドシップ」なるエンジン配置を売り文句にしたことはありません。

ところが、これも技術の進化なのでしょうね、アウディではこのフロントミッドシップ的なレイアウトを復活させ、エンジン縦置きのFFと言う特異なエンジン配置に挑んでいます。「アウディはヨンクだから・・・」とお思いのあなた、ちょっとお待ちください。アウディはむしろFFモデルの方が量販モデルなんですよ。ですが、トラクション不足の声を聞くことはないので、後輪のサスペンションのセッティングや前後荷重配分の妙で十分なトラクションを得られるようになっているのでしょう。

BMWと言うとFRのイメージが未だに強いですが、既にBMWではX1や2シリーズのツアラー系と言うFF車があります。歴史が浅い?いやいや、もっと言えば、BMWはMINIで長くFFを作っているんです。

何が言いたいのかと言うと、1シリーズがFF化されてホットモデルが出てきてもトラクションに不足はないだろうと言うことです。もっとも、M140iなのかM1(!)なのかわかりませんが、きっとホットモデルではFRっぽい操縦性を目指して、xDrive化され、駆動力も後輪よりになるのではないかと個人的には睨んでいます。

より限界域でも良好なトラクションを追求する、と言うことですね。

デザインは新世代BMWらしくなる?!

引用記事によるとヘッドライトユニットはダミーと言うことですが、ワイドなキドニーグリルと相対的に面積が小さくなったヘッドライトユニットが新世代BMWに共通するデザインアイコンを感じさせますね。

斜め後ろからのカットなど、結構なボリューム感を感じさせます。個人的には「塊感」みたいなものを感じました。もちろん、褒め言葉ですよ。

おそらく、BMWが本音のところで一番売りたいのは、1シリーズとX1、X2と言ったクラスだと思います。もちろん、理由はヨーロッパで施行予定の、例の厳しい排ガス規制ですね。燃費が良いクルマが売れるほど、CO2排出量の平均値が下がりますから。ならば、と思いつくEVやPHVですが、正直、EVやPHVはバーゲン価格すぎるので、利幅は少ないと勝手に思っています。

と言うわけで、前回記事のX2と同様に、この1シリーズはBMWの(新排ガス規制下における)命運を握ると言っても過言ではないモデルなわけです。となると、今までの顧客の要望を踏まえ、室内をより広くと言う要望に答えてFF化し、さらにBMWらしい「駆け抜ける喜び」も兼ね備えなければいけません。しかも、双方ともかなりの高レベルのものが求められますよね。

ここまでは3シリーズとて同じなのですが、これにさらに1シリーズには「おしゃれさ」も求められると思うんです。それは、今までの1シリーズの特別仕様車(Fashionistaなど)をご覧いただければおわかりいただけると思います。

BMW X1 Fashionista!これ、いい!

2017.04.27

女性や若い世代の顧客層を増やす役割を担っていますからね。BMWは都会的、と言うイメージを定着させるためにも頑張って欲しいところです。

個人的には大期待!

実はX2以外にも、この1シリーズにも非常に注目しております。

次期3シリーズがどうなるのかまだわかりませんが、ライバルの動向を見ているとサイズ拡大は避けて通れないでしょう。今のF30系でも結構大きいと思うのですが、これ以上大きくなると、まず車幅が大台と言うか、ベンチマークたる1,800mmを超えてきそうです。そうなると、ちょっと大きすぎるんですよね。まあ、2〜3cmだったらいいですけどね。

ですので、現実問題として、これからのBMWの入門車は1シリーズになる可能性があるんですよね。3シリーズがBMW入門車だったのも今は昔、昨今では2シリーズアクティブツアラーが入門車化しています。時代も変わりましたね。

ですが、そんな時代の移り変わりも受け入れて、いつまでもクルマを楽しみたい、と言うのはクルマ好きの方共通の願いでしょう。3シリーズオーナーの方々もここは一つ、BMWファミリーの末弟の登場を大いに期待して待つ、と言うのはダウンサイジングの世の中に即した楽しみ方なのではないかと思います。

では、今回はこの辺で失礼します。ありがとうございました。

 

スポンサーリンク













8 件のコメント

  • 発売順からいうと1シリーズが先でしょうね。
    FRらしいスタイルの1つの要素としてAピラーを前方に延長した先にちょうど(若しくはそれより前方に)フロントアクスル(前輪軸)があるという事が挙げられます。(一般的には例外もありますが、BMWは例外無くちょうどの位置だと思います)
    スクープ写真を見る限り新型1シリーズもこのスタイルを踏襲していますし、他社でいうとPontaさんが取り上げたアウディや最近のマツダ車もそうです。
    因みに先にFF化したX1や2シリーズや昨日の記事のX2 などはフロントアクスルはAピラーの延長線よりも後ろです。MINIはFR BMWやアウディと同じですね。
    更に因みな話ですが、記事中に出てきたアコードインスパイアと兄弟車のビガー、カーセンサーで調べたらクラウンと同じくフロントアクスルはAピラー延長線より若干前にありました。まさにFFらしくないスタイルだったわけですね。

    • あっきろ様

      いつもコメント頂きありがとうございます!

      いや、知りませんでした!Aピラーの延長線が一つの目安だったのですね。お教え頂きありがとうございます!言われてみればなるほどです!

      X1/2シリーズ/X2のFFファミリーはやはりそれなりにトラクション、いや、トラクションのみならずFFならではの重量配分にこだわったわけですね。MINIに関しては、ミニマムなボディに最大限の居住性を持たせるために出来るだけタイヤを車体の隅に追いやった為の例外と言えるでしょう。Aピラーも立ってますしね。アウディは・・・逆にそのロングノーズがボディサイズの割に居住空間が狭いという結果をもたらしているような気が・・・。

      インスパイア/ビガー、私はかなりデザイン的に好きでした。父がトヨタ派だったこともあり我が家はマークⅡでしたが、インスパイアを見て「カッコいいなー」と憧れていた記憶があります。正に「ワイド&ロー(死語?)の伸びやかなスタイリング」という感じでしたね。その原因は一重にAピラー延長線より前にフロントアクスルがあったことによる視覚的効果そのものなのでしょうね。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • 実は私、インスパイアを所有しておりました。当時としては品の良い内装と、あの頃の新機を多く出し
    たホンダエンジン、直列5気筒という4発と6発の接点という感じ回る味のあるエンジンが良かったで
    すよ。
    ただしpontaさんご指摘の通り、トランクションは酷いもので元気の良い発進では前輪は空転しまくり
    でした。当時としては2,700mmの長いホィールベースもあって、あの頃のホンダらしく剛性不足で明確
    にねじりまくれるシャーシーも懐かしいです。
    さてゴルフから3シリに乗り換えたばかりの私ですが、やはり現行型でさえ個人的志向からすると大き
    さを感じます。新型はさらに大きくなるでしょうから、いささか気の早い話ですが、次は1シリかな、
    と漠然と考えております。FFでもいいから、是非BMWらしい車好きの琴線に触れる車に仕上げて欲し
    いと期待しています。前は新型に憧れましたが、今はむしろ熟成の進んだモデル末期のBWMを狙いた
    いですね。(新しいものを求め続けるのも気疲れしてしまいます。歳のせいかなぁ。)

    • 赤字代理人様

      いつもコメント頂きありがとうございます!

      インスパイアお乗りでしたか!カッコいいですねー。密かに憧れていました。あの頃のホンダは良かったですよね。

      次は1シリーズというお気持ち、私も同意です。3シリーズだって、クルマに詳しくない人に「これ、5シリーズ?」なんて聞かれてしまうほどの大きさなんですから。ディーラーの担当営業氏も言っていました。今や、5シリーズは昔の7シリーズ並、3シリーズは5シリーズ並だと。

      最近はあまりに新機軸が多過ぎて、もういつ買えばいいのかわからないですよね。いっそのこと現行のFRの1シリーズを後3年くらい引っ張ってくれれば、最終型に食指が動くのですが。

      だは、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • 最近は、BMWとご縁がありませんので、試乗もしたことありません。新1シリーズ、新3シリーズが登場しても見に行くことはないかもしれませんね。pontaさんが見に行く(購入する)ので、良しとしましょう!
    1シリ&3シリ 2台持ちが良いですよ^^

    • bmwpopo様

      いつもコメント頂きありがとうございます!

      試乗の鬼のbmwpopo様らしくもないお言葉ですね。まあ、そう仰らず冷やかしでもご覧になってもいいのでは?と思いますが。

      1シリーズと3シリーズは若干キャラというか用途がかぶり気味なので、2台持ちは勿体ないですよ。Z4と1シリーズとか、良くないですか?

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • 1シリーズ、3シリーズよりも、インスパイア/ビガーの方に反応してしまいましたが、私、2台目の車でインスパイアに乗っていました。
    とは言っても、インスパイア/ビガーの時代ではなく、おそらくその次のインスパイア/セイバーの時代のインスパイアです。
    ビガーの時代より、一回り大きくなってしまっていました。それよりも、インスパイアで初めてオプションでナビを装着し、とても便利になったなぁということを覚えています…
    当然のことながら、HDDではなく、CD-ROMでした…

    脱線してすみません…

    • ゆっきー様

      いつもコメント頂きありがとうございます!

      おお!かつてインスパイアに乗ってらっしゃったんですね!あの時代のホンダは正に「先進的」なイメージで、トヨタや日産といった従来からの大メーカーができないことを矢継ぎ早に行って、クルマ好きに支持されていた覚えがあります。そうそう、最初のうちはカーナビもCD-ROMだったんですよね。それが今やスマホでできるんですから、技術の進歩もすごいものです。

      だは、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です