ミシュランPrimacy3の減り具合から寿命を考える。

愛車の1年点検が終わってM2に別れを告げ、愛車320dツーリングが点検から戻って来ました。一番気になるのは、Primacy3がどのくらい保ちそうか、ということです。

スポンサーリンク

点検メニューは全てサービスインクルーシブで対応

自宅まで届けて頂いたので私はM2お別れの瞬間には立ち会えませんでしたが、我が家のガレージは見慣れた愛車が止まっていました。

やっぱり、なんだか落ち着きますね。M2が我が愛車だったらまた違うのでしょうけど、思わず笑みがこぼれます。

さて、先に申し上げておきますと、今回の点検費用は0。全てサービスインクルーシブの範囲内のものしかやっていません。

一応、預かって頂いている間に有料メニューはどうするか、お電話いただいたんですけど、とりあえず今回は辞退しました。どんなものがあったか、さらっとご紹介しますね。

フューエルクリーナー投入

当ブログで再三再四「効果絶大!」と評価しているフューエルクリーナー投入をもちろん今回も進められました。が、今回は辞退です。

BMW純正フューエルクリーナーの4回目の投入とスタッドレスタイヤの空気圧の調整。

2017.02.11

「え?あんなにオススメしてるのに入れなかったの?!」

と思われるかもしれませんが、前回ワコーズのフューエル・ワンを入れてからというもの、今度はディーゼル・ワンを試してみたいと思っているからです。こちらの方はいずれ投入した感想をご報告できればと思っています。

フューエルワンを320dに投入!BMW純正フューエルクリーナーとの違いやいかに?

2017.03.07

2017/6/19追記:実際にディーゼル・ワンを試した印象はこちらの記事でご報告しております。

BMW 320dにディーゼル・ワンを入れた印象。純正フューエルクリーナーと比べてどう?

2017.06.19

マイクロフィルターケースカバー洗浄

サービスインクルーシブでマイクロフィルターは交換してもらえるのですが、さらにこのケースカバー洗浄をすると効果があるそうです。

うーん、そうは言ってもなんだか正直よくわかりません。試してみてもよかったのですが、そもそもエアコンの風量も特に落ちていなかったので、必要性を感じず、今回はパスです。

カーナビの地図データアップデート

確かに、私の320dツーリングの地図は古いです(笑)。M2のカーナビはもちろんちゃんとアップデートされていて、首都高速中央環状線がちゃんと湾岸線まで伸びていましたが、これもカーナビタイムを使っているので不要ですね。

ドライブレコーダー取り付け

こんなことまでオススメしてくれるんですね。

確かに、私はドライブレコーダーに録画された「ヒヤリ・ハット」動画などをYoutubeで見ているので、有用性は理解しています。

スポンサーリンク

ただ、純正のお高いのをつけるのはどうも・・・ということで、これもパスしました。

Primacy3の残り溝は?

装着以来、約1,800kmを後にしたPrimacy3ですが、残り溝から寿命を考えて見たいと思います。

それがですね・・・迂闊なことに、交換当初の高い空気圧のまま調整していなかったので、タイヤの真ん中だけ減ってしまっていたようです。すっかり忘れてましたね。

で、結果はどうだったかというと、フロントタイヤは残り溝7mm。リアタイヤは6.5mm。新品は7mmです。

この結果、いかがでしょう?確かに、リアタイヤの方が減りが早いのは以前お伝えした通りですが、ここまで違いますかね?フロントタイヤは寿命は計測不能(笑)、リアタイヤはスリップサイン(1.6mm)まで約20,000kmという計算になります。

これは・・・過去記事でこんなことを言いましたが、前後のローテーションはやはり必須ですね。そうでないと、またもS001と同じ短寿命に終わってしまいます。

BMWのFR車でタイヤローテーションって必要なの?

2017.04.17

今年冬タイヤに変えて、次に夏タイヤにする時に忘れずにローテーションしたいと思います。

ところで、ETC2.0の再セットアップはどうなったのでしょう?

実は、今回点検に出すに当たって、「ETC2.0の再セットアップが必要だと思うのでお願いできますか?」と伝えておりました。

ETC2.0って、BMWでは使えるの?〜付いているだけでは使えない場合が!

2016.09.06

点検結果が入っている書類一式の中に、ETC2.0の再セットアップの案内が入っていました。

既に一年前に終了した「再セットアップサポートキャンペーン」の案内も入っているのですが・・・。もしかして、特定の場所でしかできないんですかね?まあ、これは後で電話でもして聞いて見ましょうかね。

なんとなく、320dツーリングの室内に乗ってしまいました。

点検から戻って来た320dツーリング、出かけもしないのに室内に乗ってしげしげと見回してしまいました。

見慣れた光景が広がっていますが、なんだか新鮮なような、ホッとするような(笑)。でも室内の横幅の余裕や、後席の広さ、そして当然ながら何よりトランクルームの広さが全く違います。

また320dツーリングとの生活が戻って来ますが、何だかコレで出かけるのが待ちきれない自分がいます。この週末は既に予定が入っているのですが、それは当ブログでご報告できると思います。

では、今回はこの辺で失礼します。ありがとうございました。

スポンサーリンク













13 件のコメント

  • ディーゼルワンのレポートお待ちしております。
    kureのスーパーディーゼルトリートメントも気になります。

    • echigoya様

      いつもコメント頂きありがとうございます!

      あ、あまり需要がないかと思っていましたが・・・ご期待に添える様に頑張って書きます!ただ、もう少しお待ちくださいね。ちゃんと効果がわかる様に、十分エンジンを汚して(?)から投入しようと思っていますので。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • 慣れた自分の車が一番しっくりくる!良いことですね。人間の体はすぐ慣れるので320d用の体にすぐなります。私も、今、代車にのっていますが、慣れました。これでいいです??笑 
    ミシュランの寿命は考えてもその通りいかないので、だめになったら、購入!でOKです。大事なのは、このタイヤが自分に良かったのか、良くなかったのかです。もちろん、購入は車の購入です。笑

    • bmwpopo様

      いつもコメント頂きありがとうございます!

      本当ですね。人間の体って現金なものです(笑)。

      bmwpopo様のコメントにはいつも元気づけられます。そうですよね。考えた通りになんて行きませんもんね。気を楽に持っていきます!ありがとうございます!

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • 耐久性のレポートありがとうございます。
    これくらいなら、まぁ、上出来ではないでしょうか?
    ところで、私も後、三カ月ほどで1年点検があります。愛車もサービスインクルーシブが付けてありますが、ディーラーのサービスに同じ事言われそうですね。非常に参考になりました。

    • 蜜柑山 三郎様

      いつもコメント頂きありがとうございます!

      まあ、確かに上出来ですかね。ただ、ディーゼルの大トルクには驚かされます。そんなにタイヤを減らす勢いで路面を蹴立てているのか、と改めて感じ入りましたね。

      もうすぐ点検ですか。愛車にリフレッシュしてもらういい機会ですので、じっくりお預けしましょう。そうすれば、代車を楽しめる・・・かも知れません。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • こんにちは!
    以前は118dを考えていましたが、すっかりpontaさんの影響から320d狙いに変わりましたエスポです。
    本当に点検がサービスインクルーシブで済むということが分かったり、とにかくpontaさんのブログから得られる情報がありがたいです。

    ここで質問させて下さい。
    320dツーリングの中古車を考えた時、2015年式以前と以降では何か性能面で違いはあるのでしょうか。
    また、走行距離は悪くて何万キロ以内にしておくべきでしょうか。
    慌てている訳ではないのですが、年内中に購入をする予定でおりますので、
    是非ご意見をお願い致します!

    • エスポさん、初めまして。コメント欄勝手に常連のあっきろと申します。Pontaさんから詳細あると思いますが、先回りでコメントします。
      BMWはイヤーモデル制をとっていて毎年何かしらちょこちょこ変わるのですが、2015年の9月に一般的な表現で言うところのマイナーチェンジ、BMWの呼び方としてはLCI(Life Cycle Impulse ライフ スタイル インパルス)と呼ばれる大きな仕様変更がありました。
      大きな変更点としては前後のライトがLEDになりました。変更前はフロントがキセノン+電球ウインカー(オプションでアダプティブLEDの場合あり)、リアも全面ライン状の導光板装飾された電球式からLEDテールランプに変わっています。
      そしてエンジンがモジュラータイプ(1気筒500ccの組み合わせ)の新世代に変わっています。320はテールパイプが一本から二本に変更になりました。
      安全装備では車線変更時の後方接近車警告のレーンチェンジウォーニングが標準装備になりました。
      これ以上書くとPontaさんの出番が無くなるのでこのくらいにしておきますね。
      良い中古が見つかる様お祈りしています。

      • あっきろ様

        私の返信が滞っている間にありがとうございます!

        エスポ様

        まあ、ほぼあっきろ様の仰る通りです。320dだけは新世代のエンジンは少し遅れて導入されていますね。新しい2Lディーゼルターボはさらに燃費よく、さらにパワフルになっていますよ。

        あと、LCI後のモデルでは、ヘッドライトウォッシャーがオプション?になっているようです。当ブログでもご紹介しましたが、これは冬に雪の中を走行すると困る事になりますが、そうした機会がない方には特に問題ないですね。
        LCI後のモデルでしたら、もしお好きでしたらメディテラニアン・ブルーというボディカラーを見てみてください。本当に綺麗な、濃い青系のメタリックです。LCI後の新色で、当ブログ常連コメンテーターの寒梅様の320dツーリングはこの色だそうです。

        中古って、たくさん見た方が目が肥えていいと思われがちですが、結局は「これだ!」とビビっと来るものを選んだ方が後々いいと思うんですよ。何より、楽しめますからね。

        良いご縁があるといいですね。

        • pontaさん
          ご返信ありがとうございます!!
          実は過去の記事から影響受けまして、サイドミラー用のガラコにハマっております。
          サイドミラーはもちろん、運転席と助手席の窓ガラスにも吹きかけ、雨の日の視界を確保出来ています。
          それと、内窓ガラスをキレイにするスプレーも使っています!
          これは本当に拭き後が残らずでスゴイです。
          私は新潟県在住なのでヘッドライトカバーの氷対策も今年やってみます。
          と、話がズレてしまいましたが、ガラコがあればヘッドライトウォッシャーがなくても、
          新潟の冬でも困らなさそうですね。
          実際に見た320dはどれもブラックだけでしたのでホワイトだったり色々と見たいなーと思っておりました。
          なのでpontaさんオススメのメディテラニアン・ブルーも絶対に実車を確認しておきます。
          色々と教えて頂きありがとうございます!

          • どうも、寒梅です。
            一点だけ捕捉をと思い、書き込みます。
            あっきろさんの仰る通りLCI後の意匠変更はその通りなんですが、エンジンだけ2016年5月下旬発売以降が新モジュラーエンジンです(自分が新エンジン変更直後のタイミングで購入しました)。よって2017MYであれば新エンジンとみていいと思います。ここは販売店さんにも確認して下さい。具体的には2016年6月登録車以降はおそらく新エンジンです。見分け方は、そうです、マフラーが1本か2本か、です。
            この新エンジンと旧エンジン、何が違うかというと若干パワーとトルクが上がっています。数値上では僅かなのでおそらく体感では分かりません。ただ静粛性は向上しているはずですので、もし新旧聞き比べ出来るようであれば社内外で体感してみるといいかも知れません。
            その辺のこだわりがなければおそらくLCI後でもMYで価格差があると思いますので、気に入った方を選ばれればいいかと思います。

      • あっきろさんへ
        初めまして、こんにちは。まさか自分のコメントに常連のあっきろさんからお返事があるとは思いませんでしたので、
        驚きとともに嬉しさもなぜかあります!
        詳しい事を教えて頂きありがとうございます。

        エンジン性能のモジュラータイプについては、、、モジュラーの意味がよく理解出来てないんですが性能が良くなったと解釈しました!
        ということは、2015年9月以降のモデルが最新の性能を持った中古車ということになるんですね。
        やっぱり新車だと大幅な値引きがあっても総額が手を出しにくい額なので中古車を狙っていこうと思っていますので、
        あっきろさんから教えていただけた貴重な情報を活かして探しまくってみます。

        • びっくりさせてすみません(笑) 恐ろしい者ではありませんので仲良くしてやってください。
          ざっくり1気筒500ccのボア&ストローク固定のシリンダーを組み合わせて3気筒なら1500cc、6気筒なら3000ccとしているのが今のモジュラーエンジンです。ピストン、ピストンリング、コンロッドが、例えばガソリン車では全て共通化できるので、管理費含めた部品コストがかなり削減されます。後は開発費も。とはいえ車内の事情という奴なのでユーザーがどれほどその恩恵を享受できているのかはわからないですけどね。
          それでもそれぞれの持つ特性や乗り味は作り分けている様な気がするのでそれぞれの良さが味わえるのは流石なんでしょうね。
          モジュラー化される前のエンジンもその排気量ごとにしっかり作り込まれているのでどれを買われても後悔はないと思います。中古車は一期一会、縁が大事ですからね。しっかり知識を持って1台1台を見てピンとくる物を選んでくださいね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください