BMW X1や2シリーズアクティブツアラーの後席足元はなぜ広いのか?

BMWとしては初のFFとして鳴り物入りでデビューして人気を博している2シリーズアクティブツアラー、そしてFFベースに衣替えしてこれまた大人気を博しているX1。この2車種の人気は値段が比較的抑えられていることやスタイリングの良さ、手頃なボディサイズ、そしてやっぱりBMWという走りなど色々あるかと思います。今回は、後席足元にスポットを当てて見ました。

スポンサーリンク

1シリーズよりも足元は広大!

X1や2シリーズのツアラー系の試乗記を読んでいるとよく「室内が広い」といっているのを目にします。その理由として、あげられているのが「FFだから」というのがお約束になっていますよね。

これ、本当です。X1も2シリーズツアラー系も、ボディサイズに似合わぬ広い室内を確保しています。それは、3シリーズに乗っている私が「3シリーズなみ」と形容してもいいほどです。

ですが、「FFだから」の一言で片付けるのは真実の一面しか伝えていなくて、私は反対です。それを言うなら、「全長が短い割に広い室内を確保している」とちゃんと言わないと、読んだ方が誤解してしまいます。私の手元にカタログがありませんので、室内長などの詳しいスペックはわかりませんが、全長がX1で4455mm、2シリーズアクティブツアラーで4350mmと、3シリーズの4645mmという全長を考えると不思議なくらい足元のスペースは不満がありません。

ちなみに、1シリーズは全長が4340mm。ちょうどアクティブツアラーと同じくらいですが、FRレイアウトのために室内長も犠牲になっていて、身長175cm(公称値)の私が適切なドライビングポジションを取って後席に座ると、膝は全席背面には触れませんが、余裕は手のひら1枚分といったところです。

ところが2シリーズアクティブツアラーやX1の後席に座っても膝周りの余裕は拳縦に一つ分はありますし、足元はもっと広いです。膝周りの余裕は確かにFF化によって得られた室内長の長さの恩恵でしょう。

では、足元は何が原因なのでしょうか?両方とも、私が後席に座っても足が伸ばせるんですよ。

その秘密は前後席共にアップライトなポジションを取ることにあった。

X1にしろ2シリーズアクティブツアラーにしろ、前後席とも3シリーズなどよりもかなりアップライトなポジションとなります。

「アップライトなポジション」というのは、つまり座面が高めということでして、必然的にシートバックも起こし気味になり、かつシート位置も前の方にずれます。

さて、これだけでも後席足元に十分な余裕ができますが、ここまではまだ膝周りの余裕です。では、以下の写真を見てください。まずはX1の後席足元です。

まだちょっとわかりにくいですかね。ではもう一つ、2シリーズアクティブツアラーの足元の写真です。

スポンサーリンク

・・・これもちょっとわかりにくいですか?むしろX1の方がライトで照らされていて見えやすかったですね。

どういうことかというと、前席がそもそも高い位置に付いているんです。先ほど、「アップライトな姿勢」と申し上げましたが、そのためにはもちろんシート自体がが高くなります。

そして、前席というのは、大抵左右2本のシートレールに設置されています。そのシートレール自体が盛り上がった床に取り付けられていて、その間はえぐられて後席足元と同じ高さになっているんですよね。

もうおわかりですよね。ここに足を入れれば、後席にダラっとした姿勢で座って足を伸ばせるんです。

定番の工夫ですね。

クルマにお詳しい方はご存知かと思いますが、これって後席足元を広くするための定番の工夫です。

じゃあ、どの車もそうなっているかというと、必ずしもそうではありません。私の3シリーズツーリングでは、前席の下に足元は入りますが、伸ばせるほどではありません。これは座面の高さも関係ありますけどね。3シリーズの後席の座面もちょっと高めになっていますが、X1や2シリーズアクティブツアラーほどではありません。

BMW3シリーズの居住性って、結構真面目に煮詰めてあると思います。

2016.09.03

ところが、中には前席足元に足が入らないクルマもあるので注意が必要です。購入するときは必ず、「自分のドライビングポジションに合わせて後席に自分で座ってみる」ことをしないと、これに気づかず後悔することになるのでご注意ください。

ところで、私は過去記事で、「将来的には、クルマの形ってX1やX2などのコンパクトSUVもしくは2シリーズアクティブツアラーのような形になるのではないか?」と述べました。

X2は21インチホイールで武装した武闘派。

2017.05.09

それは、アップライトな姿勢で座りつつもよじ登るほど高くはなく、低床化してシート取り付け位置が高いがために最小の路面占有面積で最大の居住性を得られるから」というのも理由の一つです。もちろん、なぜそうなるかというのは上で説明した通りですね。

これはおそらく、メルセデスのBクラスなどでもそうなっていると思います。あまり街中で見かけることはないのですが、こういうクルマの可能性ももっと注目されてもいいのではないかと個人的には思います。

ただ、もちろん全てのクルマがこのようになることを望んでいるわけではありません。そうすると、クルマとしてはかなりつまらなくなってしまいます。ミニバンと一部の人気HV車、そしてトールボーイの軽自動車に三極化した今の日本車の状況をご覧いただければ、私の言わんとしていることはおわかりいただけるかと思います。

今現在X1や2シリーズツアラー系をご検討中の方、ぜひ今度ご自分で後席に座ってみてください。また、ご家族に「中が狭そう」と言われても一度お乗りいただければわかっていただけると思います。

では、今回はこの辺で失礼します。ありがとうございました。

スポンサーリンク













12 件のコメント

  • 私も今日ディーラーに行く用事があって展示車にX1のFashionistaがあったので、短時間ですが触ってきました。
    BMWのFFベース車に共通しているのは、おっしゃる通りアップライトなシートポジションですが、駆動方式から来るパッケージングによってステアリングシャフトがFR車に比べて立っています。
    以下はあくまで私見ですが、一般的なFF車でスポーティさを売りにしている車はステアリングシャフトにフレキシブルリンクを介す事で低いシートポジションとシャフト取付位置とのギャップを解消していると思われます。BMWは駆け抜ける喜びの具現の為にはそれを良しとせず、直線的に引き出しているのではないでしょうか。(リンクが全く無いと言っているわけではありません、軸がずれているか、いないかという意味で)
    その場合、従来然としたポジショニングを取る(ステアリングシャフトの取付角度を水平寄りにする)にはシート位置を後方に振らなければならず、FFのメリットとも言える空間効率の良さを捨てなければなりません。
    何の為にFFモデルをわざわざ用意するのかという観点から考えれば、BMWとしてこの選択肢はありません。AudiはまずFF有りきが背景にあるのでA4以上の車種はFR車にある様なスタイリングと操舵性を両立させるべくこれを選択している気がします。
    なのでBMWのFF車はアップライトが前提として存在するのではないでしょうか。
    必然的にシート座面を高い位置に設定する事になり、軽量化などの観点からもシート下を大きくえぐり、後席の足元空間が広がる。
    過去にアクティブツアラー、今日X1の運転席に座った感覚と3シリーズ4シリーズの運転席に座った感覚の違いからそんな事を考えました。
    次の1シリーズはアクティブツアラーとの差別化もあって、若干FR寄りな設計をしてくるかもしれないななどと新たな妄想を重ねているところです。

    • あっきろ様

      いつもコメント頂きありがとうございます!

      なるほど!確かにBMWが考えそうなことですね。今の所は背の高いクルマばかりがFFですが、FF化されることが確実視されている1シリーズではどの様な空間になっているのか、これはかなり見ものですね。室内空間確保の為にFF化されるという命題は1シリーズでも同様なはずですから。
      ただ、あっきろ様おっしゃる様に、FRっぽさを演出する可能性はありますね。またその為に凝った機構を搭載してくるということをやりかねない様な気がします(笑)。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • 昨日から我が家にi3がやってきました(^^) さっそくblogをみんカラのほうにアップしたのでよろしかったらご覧いただければと。
    床の高さ、シートの取付高についてのお話、興味深いですね。たしかにBMWは「駆け抜ける悦び」ってことで、どちらかというとシートは低くしつらえてありますよね。これは逆に同乗者、とくに年配の人たちからすると「シートが低くて乗り降りしにくい」という苦情の根源にもなってしまいますよね(涙)
    じっさいワタシの嫁さんもワタシの愛車に乗りたがりません(^_^;) 「椅子が低くてなんか気持ち悪い」んだそうです(苦笑)ちなみに我が家の嫁さん号はトヨタの現行型ポルテ。絵に描いたようなFFワンボックスのミニミニバンってヤツですね。FFで室内のフロアは完全にフルフラット、荷室をやや短くしてでもリアシートの居住性を向上させているので、ハッキリ言って後席の広さときたら・・・そんじょそこからのセダンなんか相手にせず、ン千万するようなストレッチリムジン並です(爆) さらにシートはレールからかなり下駄を履かせて高い位置に取り付けられているので、シート下の空間にも足は入れ放題です(^_^;)
    ということで、ナイスなタイミングでFRでもない、FFでもない・・・というかエンジンすら付いていない(厳密には発電用の2気筒エンジンがリアにちょこんと付いてますけど)完全EV専用設計のi3が手元に来たので、さっそくリアシートの様子をチェックしてみたのですが・・ボディの形状からしてきっとアップライトなシート取付になってるのかと思いきや・・・フロントシートの取付はF30と似たような感じ、、つまりはけっこう低く、というか見た感じでは「できる限り低く取り付けよう」としている感がありありとしていますね。足先を入れたらそれでおしまい、っていうぐらいの空間しかないです。
    でも膝前の余裕はけっこうあるので、意外と普通に座れる感じですね(^^) これならきっとリアシートの住人から長距離走行時に文句が出ることは少ないかも、です。
    ただリアドアはご存じの通り観音開きで、フロントドアを開けてからではないと開けられず、またフロント、リアともにドアが閉まった状態からはリアシートの住人は自力でリアドアを開けることができません(汗)
    具体的にいうと、リアシートに座った人が外に出るには、フロントドアを開けて、しかるのちにリアドアを開けるようになるわけですが、フロントドアをリアシートに座った人が自力で開けられない(フロントドアのオープナーに手が届かない)んですよ。
    なので・・・2ドアクーペのリアシートなどに座ると「万が一のときに自力で脱出できない」って考えると恐怖感を抱いてしまうワタシのようなニンゲンにはちょっと恐怖感を感じてしまうかも、です(^_^;) リアドアのウインドウは開けることのできないはめ殺しですし余計です。
    (2ドア車のリアシートに座ると落ち着かない、っていうのはワタシだけかなぁ?? 狭さじゃなく、閉塞感がダメなんですよ、、閉所恐怖症の一種かな??)

    あ、それと全然今回のネタとは関係ないのですが、耳寄りな話題をキャッチしましたのでご紹介いたします。DRLのことなのですが。
    ご存じの通り、BMWのDRL(デイライト)は日本の法律でNGが出たということで今までは厳密には違反、っていうことになってましたよね。
    これが明るさの面でも法改正でクリアとなったこと、さらにLCI後の各車のデイライトの形状が「ヘッドライトよりも上にデイライトが取り付けられていてはいけない」という法律もクリアできるものとなったことを受けて正式に5月納車分からはデイライトが純正で点灯するようになっているようです(^o^)
    ただし、自力コーディングでDRLを点灯できるようにする場合にはたいていiDriveの画面でDRLのオンオフができるようなボタンを出せるようにしますけども、5月から納車開始となるメーカー純正装備のDRLにはこの選択ボタンがなく、DRLは常に点きっぱなしという状態になるようですね(いわゆるUS仕様)。
    日本の法律ではDRLは「オンオフができてはいけない」ってことになってるからこのようにしてるのでしょうね。
    ついにBMWでもDRLが点灯できるようになった、というのは嬉しい反面、自力でDRLを点くようにしてた人たちにしてみればちょっとだけ寂しいかも、ですね(苦笑)
    あ、ちなみにこれは未確認情報ですけども、今までに納車されているクルマでもディーラーにて有料でコーディングしてDRLを点灯するようにしてもらえる、という話もあるようです。
    ただこれも前述のように法律との絡みからLCI後のヘッドライトのエンジェルリング(ヘッドライトの上に回り込んでいない、LEDタイプのヘッドライト)のクルマでないとできない可能性が高いですね(^_^;)
    またこれを機に、ディーラーさんでコーディングに対する規制が強化されるかも、みたいな噂も聞こえてくるので、このへんはちょっと注意した方がいいかも、ですね(^_^;)(^_^;)(^_^;)

    • ろくむし様

      いつもコメント頂きありがとうございます!

      確かに、3シリーズは座面が低いですよね。過去記事でも申し上げたことがありますが、X1や2シリーズツアラー系なんぞに試乗した日には、さて帰ろうと自分の愛車に乗り込む時に「ドスン!」とシートに腰を下ろす形になってしまいます。

      それなのに1度乗り込むと安心感もありますし、何よりカーブで体が安定していますよね。スポーツカーが車高が低いのもむべなるかなといった感じです。

      i3の後席は、正直私にはちょっと狭いです。以前過去記事でも申し上げましたが、私が懸念する、と言うか不満な点も同様に後席ドアですね。横にかなり広いスペースがないと後席の乗り降りがしにくいです。これが前後共観音開きドアだったら話は違うと思うんですが・・。

      DRLの話、実は近々記事にしようかと思っていました(笑)。以前も記事にしたことがありましたが、いよいよ標準装備されたので、私もCarlyで久しぶりに試してみようと思っているのですが、まだできておりません。

      i3との生活をしばらくお楽しみくださいね。また、何か気付きがありましたら教えてください。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  •  直前Bクラスに乗っていた小生、足の悪い母の対応という意味もありましたが、やはりスペース効率の良さは選択した大きなポイントでした。
     pontaさんよりかなり背の低い小生とはいえ、リアシートで普通に脚が組めるのは乗客には好評でした。また、それでいてラゲッジも大きく、この便利さはスタイルを無視すれば得難いものと思いました。
     といいつつ、今日の記事見て思い出したのが、そもそもアップライトなドラポジってゴルフあたりがハシリだったかなと。そして、小生が最初に3シリーズのオーナーになったときに、BMWの推奨するドラポジを知り、それまでの日本での一般的なドラポジがいかに運転席を後ろに引き、寝そべるようなものだったかに気付いたことを思い出しました。この点で言えば、シートベルトの法制化が進んだ頃に、某お笑いタレントの明○家が、タモリと話していて、「シートベルトをすると、シートから背が離れて運転しにくくて危険なのに、法律で義務付けるのはおかしい亅ということを言っていたことがありました。最近の国産車はよく知りませんが、シートの設計が、背もたれを倒すことを前提にしているようなものが多かったのも事実で、すごく違和感を感じたことを覚えています。
     ハイトな車が多くなるのはスペース効率の観点からいうと自然な流れではあるでしょうが、といってpontaさんのおっしゃるように、かつてのビスタ某のようなあまりに色気のない車ばかりになることがいいのか?とも。
     やはり、車に乗る時にわくわくしなくなる、実用品だけの機械になるのは寂しい気もしますね。
     長くなりましたが、知人のアクティブツアラーを見て、相変わらずBMWのパッケージングは絶妙と思いました。

    • 桂様

      いつもコメント頂きありがとうございます!

      記事中にさり気なく、いえ、あからさまにBクラスを登場させて桂様のお出ましを願っておりました(笑)。

      Bクラス、現行タイプが発表された当初は私の愛読誌CGでハンドリングが酷評されていました。私は試乗したことはありませんが、そこはそれメルセデスのことですから、今も同じはずはありませんよね。そう考えると、Bクラスや2シリーズツアラー系というのは非常にユーティリティに優れた、ある意味最強の実用車なのではないかと思います。実際、桂様がご満足されていることが私の中では何よりの証拠です。

      日本車のあの運転席の作りはいつ見てもため息しか出ません。どうしてシートがこんな形をしているのか、どうしてペダルがこんなに軽いのか。ものすごーく離れたポジションで寝そべって運転するのが一番合うポジションですよね。それか、ペダルが異常に寝ていて、逆にハンドルを抱え込むくらい近づいて上から踏まないといけない様になっているかという、どちらかの両極端です。後者は女性に多いドライビングポジションを想定しているとおもわれますが、ある程度メーカーが「正しいポジション」を強制する様にしてもいいと思います。本当に、かつてはあんなに魅力的なクルマが日本車でもたくさんあったのに・・・と思うと暗澹たる気持ちになります。

      パッケージングに関しては、メルセデスとBMWは不利なFRレイアウトでFFのライバル達に対抗するために苦労を重ねて来ているので、その辺りの知見が蓄積されているのでしょうね。アウディに乗るとFFにも関わらず狭すぎる後席にびっくりしますが、そのためにボディサイズを拡大し、ライバルたるメルセデスやBMWも拡対抗して拡大し、と肥大化の原因となっていると厳しい目で見ています。そろそろアウディもVWで培ったパッケージングのノウハウを生かして欲しい所です。

      ちょっと熱くなってしまいました(笑)。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • 今はどの車をみても、広く感じません 笑
    足もとの余裕の広さは、7シリーズ、ベンツSクラス、レクサスLSをみても、狭いな~と感じます^^
    前の席の下に足を入れる必要もありません。届きませんから!!笑
    アクティブツアラーは家族向けのコンセプトの車ですから、室内を広くつかえるのは、メリットですね。
    3シリーズではなく、アクティブツアラーを購入していたら、どうなっていたのでしょう。車の購入って面白いです。

    • bmwpopo様

      いつもコメント頂きありがとうございます!

      確かに、今お乗りのクルマですとおっしゃる通りでしょうね(笑)。新しい高級車として注目されているジャンルですが・・・すみません、どうしても興味が湧きません(笑)。

      ですが、さながらビジネスクラスといった所でしょうかね、心地よいことには間違いないのは想像に難くありません。

      もし、bmwpopo様がアクティブツアラーをご購入されていたら・・・どうでしょう?想像がつきません(笑)。ですが、bmwpopo様の今までのコメントを拝見していると、クルマのネガよりもポジを見られる方の様ですから、結構気に入られていたのではないでしょうか?

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • お疲れ様ですm(__)m
    先日も別記事で書きましたが、X1試乗時の外見から想像できない後席の広さは驚きでした。自分のドラポジでも十分後席のクリアランスが有りましたから。
    将来的に「もう2人乗りで十分」な状態にならない限り、後席のスペース(ゆとり)は考えますよね。
    それはそうと、今週末は早くも1年点検でドック入りです。あっという間です(走馬灯ww)。
    代車がアクティブツアラーとかだと良いなぁと、密かに思ってます。

    • 寒梅様

      いつもコメント頂きありがとうございます!

      そうなんですよ。X1の後席、広いですよね。さらにスライドまでできるんですからかなり優れものだと思います。

      代車、3GTはいかがですか?って勝手にマイブームをオススメしてますが(笑)。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • ponta様
    昨年、X1の18dを選択しましたが試乗では118dの方がFun to Driveと感じました。ただ使い勝手、ユーティリティがX1の決め手となりました。自転車の前輪を外して積み込むのですが320dツーリングより余程楽々です。
    ステアリングシャフトが立ち気味なのはご指摘の通りですがドラポジは自然で全く違和感がないどころか長距離でも疲れは少ないです。友人も前期高齢者となり後席の居住性は結構大切と感じています。
    Standard仕様のエアコンはマニュアルでして右側のダイアルを赤、白、青のところに(ここらへんかな)と合わせて温度調整を行います。前車のように左右別に0.5度づつデジタルにて設定出来るのと比べると大分時代が下ってしまった感があります。なおフロントの接近警告センサーもついてません。
    ponta様のアドバイス通り早速、ETCのマイレージサービス登録しました。ありがとうございます。

    • よっちゃん様

      いつもコメント頂きありがとうございます!

      よっちゃん様は大変本質を見極めたクルマ選びをなさったんですね。私もコメントを拝読して気付きましたが、装備の使い勝手もさることながら、ご自身の用途をしっかりと踏まえてX1を選ばれていることは素晴らしいと思いました。私だったらそこでルーフキャリアを選択して118dに行っていたかも知れません。ですが、本当に安全なのはやはり室内積載ですもんね。

      ETCマイレージサービス、ご登録なさったようで何よりです。自転車を趣味にしているとあちこちの山に走りに行きたくなるでしょうから、かなり恩恵を受けられると思いますよ。還元額の取りっぱぐれがないよう、がっつり還元してもらいましょう!

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください