フューエルクリーナーの効果は絶大。だけど高いのでコストダウンを考えてみました。

前回記事ではランフラットタイヤと非ランフラットタイヤの乗り心地が近づいていることをご報告しましたが、前日に入れたフューエルクリーナーの効果も感じて運転していました。もちろん、答えは効果絶大!なのですが、やっぱりちょっとお高い気が。ですので代替案を考えていたところ、当ブログの読者様から耳寄りな情報をいただきましたのでご紹介します。

スポンサーリンク

直噴エンジンには必須の清浄剤、ディーゼルはなおさら!

以前も当ブログのどこかで直噴エンジンはスス(カーボン)が発生しやすいので、エンジン内部に汚れがたまりやすいということをご紹介しました。

現在のBMWのスローガン、「Efficient dynamics」を体現するために、エンジンは全て直噴化された上に、これまた素晴らしい制御の8ATがスムーズかつ緻密な変速をすることでエンジンの回転を低回転に抑え、省燃費を達成しているのはご存知かと思います。

ちなみにこの8AT、本当に出来が良くて、BMWの最近のプロダクトにおいて、エンジンのスペックは殆ど変わらないかむしろ最高出力で劣ったりしているのに旧モデルよりも加速性能が良かったりするのは、この8ATのギアリングにもあると言われています。

話が逸れてしまいましたね。直噴エンジンはその特性上、低回転であればあるほどカーボンが多く発生します。ですので、8ATが「あ、今省燃費運転中だな。じゃあエンジンは低回転に抑えるよ!」と賢く判断してシフトアップしていってくれるのは、「エンジン内部へのカーボンの堆積」という観点から見ると、仇になってしまっている部分があるんですよね。

それでもまだガソリンエンジンはいい方です。ハイオクを入れればガソリン自体に清浄剤が入っているので、ある程度はエンジン内部を綺麗に保ちますから。ですが、問題はDPFで絡め取らなければいけないほどススが発生しているディーゼルエンジン。軽油には清浄剤なんて混合されていませんし、自分で掃除するしかないわけです。

前々回の記事で、読者様から衝撃の情報が寄せられました。この記事の一番下のコメント欄のリンクに行ってみてください。これはディーゼル乗りの方にとっては衝撃画像です。

BMW純正フューエルクリーナーの4回目の投入とスタッドレスタイヤの空気圧の調整。

2017.02.11

マツダのディーゼルの写真ではありますが、BMWとだいぶ違う(詳しくは私の返信をお読みください。)とはいえ、BMWも他人事ではありません。ということは、最新のコモンレール式直噴ディーゼルターボエンジンは、エンジン内部を何らかの方法で積極的に清浄してあげなければいけないわけです。

フューエルクリーナーは効果抜群。

フューエルクリーナーは、何度も当ブログでご報告しているように効果抜群です。上のリンク先の写真を見て見ると、フューエルクリーナーでカーボンを除去すると効果が如実に感じられるのもむべなるかな、という感想を持たざるを得ませんよね。

土曜日にフューエルクリーナーを入れて、翌日曜日に走っていても、特にアイドリングストップからの復帰がスムーズになったのが感じられますし、もっというと、走行中に感じられるスムーズで上質なエンジンの周り方は、毎回給油する度にでもフューエルクリーナーを入れたくなるほどです。

ですが、このフーエルクリーナー、1回使い切りでお値段2,000円弱〜3,000円弱。頻繁に入れるにはちょっとお高いですよね。ですが、お値段だけのことはある効果の発現に満足していたので、「もっと安くて代わりになるものはないかなー」と思いつつも真剣に探していませんでした。

ですがここで一つのヒントが。実は先ほどご紹介した読者様のコメントの一つ上の読者様からのコメントで、ワコーズの人気商品「フューエル・ワン」をご購入された方がいらっしゃるんですよね。ワコーズといえば、バイク・クルマ用のオイルなどで知らぬ人はいない有名ブランド。私もかつてロードバイクに乗っていた時にはワコーズのパーツクリーナーを大量に消費したものです。

スポンサーリンク

余談ですが、ワコーズのパーツクリーナーは、本来の用途以外にも使えます。本来の用途というのは、例えばロードレーサーのチェーンの洗浄や、ブレーキ周りの脱脂に使用するのですが、この強力過ぎる脱脂力を持って、夏に出現する全人類の大敵、黒光りするGに対しても効果抜群なんですね。1秒以内の直接噴射でイチコロ。数多の殺虫剤など足元にも及ばぬ強力さです。

あ、大分話が逸れてしまいました。その信頼のワコーズ、私も目をつけていましたが、人気商品「フューエル・ワン」のディーゼルバージョン、「ディーゼル・ワン」というのがあります。

ちなみに、こちらがフューエル・ワンですね。

私、最初は見落としていまして読者様のご指摘で気がついたのですが、ガソリン・ディーゼル兼用ですのでディーゼルエンジンにも使えるようです。

300mlですので、ケチケチ使えば2〜3回くらいはいけるでしょうか?BMW純正フューエルクリーナーは100mlですからね。

そしてこちらがディーゼル・ワン。

むしろ値段が高い!と思われた方、ちょっとお待ちください。どうやらこのディーゼル・ワンは元々業務用で一般用に市販するつもりはなかったらしくて、容量が1000mlもあるんです。

フューエル・ワンもディーゼル・ワンも1回の使用量に制限がありますが、この様に1000mlもあれば4〜5回は余裕で、頑張れば8〜10回は入れられますよね?そうするとBMW純正よりもかなりお安く上がるというわけです。

今度試してみようかな、と思うのですが・・・

幸い200mlの小さいボトルもありますので、お試しには最適ですよね。ですがそちらはお値段がぐっと高くて2,000円強。圧倒的に1000mlの方がお買い得です。ですがまあ、1回のお試しであればいいでしょう。その後のコストダウンには繋がりますからね。

でも何となく踏み切れないのは、私には「純正」の響きが気になるんです。今まで愛用していた純正のフューエルクリーナーはどうやらShellのOEMのようですが、BMWが純正指定していることもあって、入れても何の問題も起こらないことはお墨付きを得ているということになります。

これも以前当ブログのどこかですでに申し上げたかもしれませんが、今や最新式のディーゼルエンジンは超精密機械で、高性能車といってもいいでしょう。ということは、ちょっとした間違い、それがたとえ単なる相性の問題であったとしても、調子が悪くなることだってあり得ます。これが私が純正から離れられなかった理由です。

まあ、レースシーンでも使用されているワコーズなら大丈夫でしょうけどね(笑)。今度気軽に1本購入して試して見て、もしよければお買い得1000ml缶を購入してマメにちびちび、たまに多めに入れようかと思っています。

最後になりましたが、この場をお借りして情報をお寄せくださった読者様に心の底から御礼申し上げるて、この記事を締めたいと思います。

自動車検査員のまー様、寒梅様、ありがとうございました!

では、今回はこの辺で失礼します。ありがとうございました。

スポンサーリンク













6 件のコメント

  • なんと!思い付きのようなコメントを拾って頂き恐縮至極です。
    フューエルワンの効果ですが、人柱たれと言われている様ですので(笑)、昨晩走った感想を述べさせて頂きます。
    まず始動時の音や振動ですが、小さくなった気がします。アイドルストップからの再始動も同様です。「気がします」というのは、自分がそれほど敏感ではなく、なおかつ添加剤入れてるの知らなければ気づかないだろうな、程度のものです。
    回転のスムースさやパワー・トルク感は正直感じるまでに至っていません。
    まだ添加して50キロ程度しか走っていないのと、初めての添加剤ということで効果出るのはもう少し先だろ、と勝手に解釈しています。今しばらく待ちます。
    これがこのまま(あまり効果感じない状態が)続くようであれば、半年後にBMW純正を入れてみて比較してみようかと思います。
    一方のディーゼルワンですが、BMWにも使用していいかはサービスの方にでも聞いてみた方が良いかも知れませんね。アマゾンの商品紹介で「一般ユーザー様の個人使用はお控え下さい。必ず専門家指導の元ご使用下さい」との文言がありましたのでちょっと勇気が要りますね。ググってもBMWオーナーの声は出てきませんでした。
    ここはひとつ、pontaさんが人柱で!(‘ω’)ノ

    • 寒梅様

      いつもコメントいただきありがとうございます!

      >フューエルワンの効果ですが、人柱たれと言われている様ですので(笑)
      なんだか、「ヘッドライト氷結問題」に続いて、私と寒梅様の間で話題になってテストするもの第2弾ですね(笑)。

      フーエルワン。あれだけ高評価のものですから、BMWのディーゼルでも間違いなく効果はあることでしょう。こうした添加剤を入れた時には、ちょっと長め、そうですね、2時間くらい乗って、後半1時間くらいはマニュアルモードで回転を高めにしてあげるといいですよ。そうすると、まずカーボンが高熱で焼き切れて、高回転回すことで吹き飛びます。見たわけではありませんが(笑)。

      確かに、ディーゼルワンは怖いんですよね、ちょっと。素人さんお断り的な感じで。何かトラブルになって高額の修理が必要になったりしたらそれこそ目も当てられないですよね。やはりちょっと躊躇してしまいます。どこかでBMW純正クリーナーをまとめ買いすると安くなるところがありませんかねー。またToto BMWさんのイベントか何かの景品であればいいのですが(笑)。

      では、またのコメント楽しみにしております!

  • トヨタでもピットメニューにオススメの添加剤があります。そういうものは、間違いなく大丈夫と思いますが、それ以外で万が一不調になれば怖いですね。クリーンディーゼルのBMWですから!
    それなら、BSIのオイル交換までの合間に、追加でBMW好きが良くお店などに行き(スタディなど)ご自分の好きなオイルに交換されたほうが良いように思います。

    • bmwpopo様

      いつもコメントいただきありがとうございます!

      やっぱりそうですよねー。ちょっと怖いんですよね。フューエルワンなら大丈夫そうですけど・・・。

      Toto BMWさんのイベントに出かけて景品で大量ゲット!と行きたいところですが、そんな機会も中々ないですし。

      しかも、こうした添加剤もデメリットってありますよね。エンジン内部を洗浄するわけですから、そこで剥がされたカーボン汚れはエンジンオイルに混入するわけですもんね。そうすると、エンジンオイルの劣化が早まることにもなりますから。

      ここは慎重に行きたいと思います。結局はいつも思いつきで入れている私、「あ、入れなきゃ!」と思って慌ててまたBMW純正フューエルクリーナーを購入していそうですが(笑)。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • pontaさん、こんばんは。
    218d アクティブツアラーに乗ってる私も他人事ではないので、調べたところこんな記事が…
    http://kunisawa.net/car/car_latest-information/ディーゼルのスス対策についての第1報/
    マツダのディーゼルは、EGRっていうので排気を再燃焼させてて、そこに煤が溜まるようです。「BMW EGR」でぐぐってみましたが、めぼしい情報はなかったので、BMW のディーゼルはEGRはついてないの
    でしょうか。排気側は高温になって煤は溜まりにくいので、EGRがなければ心配いらないかもですね。

    話は変わりまして、「TDI Tuning BOX」 なるものを付けました。お値段はそれなりですが、トルクアップした効果でしょうか、車のスムーズさがアップしてすごくいい感じです。そのうえ、オートクルーズと相性がよいのか、高速道路の平坦なところでの瞬間燃費は2〜3 L/100Kmとすごい数字がでます。なかなかの優れものですよ。

    • ラックスBMW様

      いつもコメントいただきありがとうございます!

      先に結論から申し上げますと、BMWにもEGRはついています。EGRというのは排気ガス再循環システム(exaust gas recirculation)のことでして、これはクリーンディーゼルを実現するために必須の技術です。詳しくはこちらをご覧ください。
      https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8E%92%E6%B0%97%E5%86%8D%E5%BE%AA%E7%92%B0
      まあ、排気ガスを再度循環して吸気するんですから、ススが多くて当然ですよね。このEGRのバルブにえらくススが溜まるらしいです。方策としては、やはり時々長距離を、そして時に高回転まで回して走る、ということでしょうか。まあ、BMW乗りの方であれば、いちいち意識しなくてもやっていることかと思いますが(笑)。

      サブコンですか!早いですね(笑)。実は私も結構前から興味を持っていまして・・・まだ検討せずに放置しています(笑)。当ブログに登場している海外の友人が、日本に住んでいる時に買った320dにつけようとしていたんですよね。彼はSchnitzerのものを狙っていたみたいですが、高い高い!リーズナブルなものもありますが、あまりに安いものは加熱対策などがしていないという噂ですので、ちょっと怖気付いていました。その点、TDIは安心できそうですよね。これって、原理がよくわかっていないのですが、ノーマル状態とは噴射タイミングなどが違ってくるのでしょうか?ガソリンですと点火時期も変わりそうですが、ディーゼルは自然発火ですからね・・・。ですが、ラックスBMW様がブログでおっしゃっているように、スムーズかつパワフルで燃費も向上ということであれば、これはいいですね。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください