BMWもこれからはEVメーカー並み?!25車種のEV/PHVを2025年までに投入!

フランクフルトショーはさながらEV祭りと化していますね。どこのメーカーも次世代の車としての期待を込めてEV/PHVの投入を一番の戦略として次々に発表しています。我らがBMWもその例に漏れませんが、スケールが違いますね。

スポンサーリンク

今のBMWに25車種もあったっけ?

フランクフルトショーでこのような発表がありました。

【フランクフルトショー 2017】BMW、2025年までに25車種のEV/PHVを投入すると表明

9/13(水) 4:17配信

Impress Watch

写真:Impress Watch

 独BMWは、ドイツ連邦共和国フランクフルト市で開催されている2017年フランクフルトモーターショー(プレスデー:9月12日~13日、一般公開日:9月16日~24日)の初日にあたる9月12日(現地時間)に、同社ブースで記者会見を開催し、電気自動車(EV)への取り組みなどについて説明を行なった。

【この記事に関する別の画像を見る】

この中でBMW Group 取締役会長 ハラルド・クルーガー氏は、「BMWは2025年までに電動パワートレーンを採用する25のモデルを市場に投入する」と述べ、今後BMWがEVやプラグインハイブリッド(PHV)など電動パワートレーンを採用した車両への取り組みを加速していくと説明した。そのうち12車種はEVになるという。

さらに、そのEVのコンセプトカーとして「BMW i Vision Dynamics」を公開し、0-100km/h加速が4秒、トップスピードが200km/h以上、バッテリーによる航続距離が600kmを越える性能を持っていると説明した。そのほかにも「i3」「i3s」「MINI Electric Concept」の3つの新型EVに関しても発表・展示した。

■コンセプトカー「BMW i Vision Dynamics」を発表

今回のフランクフルトモーターショーでは、EU各国がパワーユニットの電動化を進める政策を打ち出したことを受け、各自動車メーカーともEV化へのシフトを急速に進めていることをアピールする場にもなっている。BMWの記者会見も、まさにそうしたトレンドを受けてEVだけを取り上げる記者会見になった。

発表会の冒頭に、ドイツの著名な自動車ジャーナリストであるハヨ・シューマッハ氏とトークショー形式で話を進めたBMW Group 取締役会長 ハラルド・クルーガー氏は、「BMWはディーゼルでズルをしてきた訳ではないが、事件が発覚して以降、社内に検討委員会を立ち上げて、今後どのパワーユニットが最適であるのか検討を続けてきた。その結果、電動パワートレーンの開発を加速していくことを決め、2025年までに25種類の電動パワートレーンを採用したモデルを投入する」と述べ、今後の計画を明らかにした。

ただし、このEVというのはPHVのような一部が電動というモデルも含まれており、純粋に電気だけのパワーユニットになるEVは25車種のうち12車種になる見通しだという。クルーガー氏は「EVはBMWのトッププライオリティ(最優先)だ」とも述べ、BMWがEV化の推進をしていく姿勢を強調した。

そのBMWのEVコンセプトとして公開されたのが、BMW i Vision Dynamicsだ。プレゼンテーションでは、0-100km/h加速が4秒、トップスピードが200km/h以上、バッテリーによる航続距離が600kmを越える性能を持っていると説明されており、BMWによれば、i3とi8という現行製品の間に位置する“4ドアグランクーペ”をイメージしたデザインだということで、今後BMW i Vision Dynamicsのデザインイメージを他のiシリーズにも反映していくと説明されている。

■i3の新エディション「i3s」やMINI Electric ConceptといったEVを紹介

また、BMWは同社がEVとして販売しているi3の新エディション、よりスポーティなモデルとなるi3s、そしてMINIブランドからMINI Electric Conceptという3つの新しいEVも記者会見で紹介した。

i3の新エディションは、従来のi3からフロントバンパーなどが新しいデザインになっており、より引き締まったイメージになっているのが大きな違いとなる。0-100km/h加速は7.3秒で、100kmあたりの電力消費は13.6~13.1kWhとなっている。

i3sはi3をベースにスポーティな外装を採用し、サスペンションを専用品で強化しているほか、専用の20インチ軽量ホイールを備えるなどの特徴を持つ。100kmあたりの電力消費は14.3kWh、モーターの限界領域において、パワーとトルクがi3に比べて最大40%高く、0-100km/h加速は6.9秒となっている。

MINI Electric ConceptはMINIのEVコンセプトカー。モーターなどの基礎部分はi3をベースにしながら、デザインもMINIのイメージを踏襲しており、2008年の「MINI E」でも採用されていたシルバーとイエローを基調とした独特の塗装が行なわれている。

Car Watch,笠原一輝

最終更新:9/13(水) 4:17
Impress Watch

この記事を読んでどう思われましたか?

私は純粋に「スゴい!」と思う気持ち半分、「?」という疑問半分でした。

だって、今のBMWブランドだけで25車種もありましたっけ?しかもそのうち12車種はフルEVというんですから、BMWブランドだけだとダブりが出て来てしまうでしょうね。

これは、MINIやロールス・ロイスも含めたグループ全体で、ということなのでしょうね。

スポンサーリンク

いうまでもなく、原動力はさらに厳しくなる排ガス規制なのですが。

よく、EVを「ゼロ・エミッション」などと言って宣伝する風潮がありますが、これに関しては私は苦々しく思っています。

確かに、排気ガスは出ません。なので大気汚染などを引き起こすこともないでしょう。少なくとも、EVが走る場面に限って言えば。

そう、EVが走る=電気を使う=電力需要が増大する、ということなんですよね。

そもそも、ヨーロッパの排ガス規制ではCO2排出量の削減に重きを置いています。だからこそ、燃費の良いクルマを販売することで彼らは排ガス規制の網にかからないようにしているのであって、決して自らの技術アピールとか、そういう目的ではありません。

手っ取り早く燃費をよくできるのは、ディーゼルとPHV。これならば現状のインフラの範囲でも有効だということで、BMWはトヨタと提携してPHV技術を手に入れたわけです。

ですが、ここで気になりませんか?EVって、本当にエコなの?と。

以前も当ブログの中でご紹介しましたが、EVの使用する電力量って相当なものです。これもそのうち技術の進展につれて使用電力量が下がってくるのだと思うのですが、じゃあ、発電の過程ではどうなんだろうか?と思いません?

EVの購入は時期尚早?早期搭載が期待される「全固体電池」とは?

2017.08.17

EVの明るい未来!公道走行中に充電する技術が現実味を帯びて来ました。

2017.07.25

現在、日本が2011年に見舞われた災害によって原発神話が崩れ、発電はよりコストがかかり環境負荷が高い火力発電が主になっています。風力や太陽などの自然エネルギーの利用へのシフトを進めていますが、まだまだ全面的に移行するような段階ではないのはご存知の通りです。

となると、いきなりEVが増えて電力需要が増えると、今ある火力発電所で足りなくなることだって考えられるわけです。だって、EVの電力って、例えば三菱アウトランダーなんてバッテリーだけで一般家庭1日分の電力が賄えるんですよ?ということは、今ガソリンやディーゼルと言った内燃機関のクルマに乗っている家庭がEVに買い換えると、その時点でその過程の電力需要は単純に考えて2倍になるわけです。

これが各家庭に広まって言った場合、ただでさえ電力需要が逼迫する夏の昼時なんて、EVの充電なんてできないくらいの逼迫度合いになるんじゃないでしょうか?そうしたら、急増する電力需要に対応するために手っ取り早く火力発電所を増やすしかないのですが、これは当然ながらCO2を排出します。

CO2を削減しようとしたのにCO2を吐き出す発電所を作らなければいけなくなる。

本末転倒とは正にこのことです。

しかも、そのうち技術が進展すると、少ない電力量でEVが走るようになるでしょう。この技術の進展は、スマホの例や、以前ご紹介した「全個体電池」などを考慮すると、意外に速そうな気がしています。

すると、今度は電力需要が下がります。ということは、今度は発電所が余るわけです。

こんな無駄ってないですよね。このEV普及当初の短中期的な電力需要の逼迫への対応をどうするのか、ここまで考えなければEVは気軽に普及させられないのではないでしょうか?そうしないと、極端な話ですがEVの充電は夜間に制限され、昼間に充電が切れたらしばらくは乗れないなどという事態だって想定されます。

もっともこうしたインフラは自動車メーカーではなく、国が考えるべきことなのですけど、安易にEVへ走ることは危険だと思っています。

今は珍しいから。

なんだかおばさま口調になってしまいましたが(笑)、今はEVが珍しいからまだそこまでの電力需要の逼迫が問題にならないんですよね。

しかも、EVって効率が悪いです。航続距離を伸ばそうと思ったら、相当に重量があるバッテリーを何個も積まないといけないですし、それが航続距離を落とす原因となるという二律背反を含んでいます。

しかも、それだけ大容量のバッテリーを大量に作ること事態の環境負荷が高いですし、寿命を迎えたバッテリーはどうするのか、という問題もあります。BMWはすでにソリューションを提供していて、家庭用の電源として使えるような提案をしていますよね。

BMW i3を利用した災害対策?!電気自動車の寿命は長い。

2016.06.25

ですが廃棄する場合は・・・と考えると、やはり環境負荷がたかそうです。

やっぱり水素の方がいいのでは?

当ブログではいつも同じ結論を言っているのですが、どうしても水素の方がいいという思いが抜け切れません。

バッテリーは小さくて済みますし、燃料電池車と水素を燃料とする内燃機関もありえます。生産過程・使用過程・廃棄過程のトータルで見たとき、実は一番環境負荷が低いのは水素による内燃機関ではないかと思うのですが、実用化の話は聞こえてきませんね。かなり昔、BMWがHydorogen7を出してからは全くありません。

よく、水素は燃料として危ない、爆発するということを聞きますが、そんなことを言ったらガソリンだってそうです。現にトヨタはそこを克服してMIRAIで水素タンクを積んでいますよね?

ヨーロッパ各メーカーがEVEVと叫ぶたびに、これは目先の排ガス規制しか見ていない戦略なのではないかとしか思えなくなってきている私がいます。

ですが、EVが今後の主力になるのは間違いなさそうです。うーん、やはり私の考え方が何か違うのでしょうか?別に内燃機関にこだわっているわけでもないんですけどね。実際、i3に乗った時は楽しかったですし。

Carly for BMWでのコーディングをミスって入院。代車は驚きのi3でした。

2016.09.14

i3は十分な航続距離を持っているのか?カタログ通り120kmも走れる?

2016.09.15

i3の実用性〜超有能なシティコミューター

2016.09.15

あなたはどう思われますか?EVと燃料電池/水素内燃機関を比較すると、将来的にはどちらなのか?

では、今回はこの辺で失礼します。ありがとうございました。

スポンサーリンク













10 件のコメント

  • ponta様

    今日配信された日経ビジネスオンラインに、以下の記事が載っていました。
    要は、EV転換は単なるエネルギー転換ではなく、将来を見据えたフルオートへの道程だと言うものです。中々の未来志向満載の話で、一度方向を決めたらトップダウンでスピード命で走り出すドイツ方式に、日本のメーカーは立ち向かえるのか?という結論でした。
    ご参考まで・・・

    【ニュースを斬る】
    ドイツ勢、EVシフトの裏で加速するデジタル転換
    「フランクフルト国際自動車ショー」が映す未来
    http://nkbp.jp/2xm9pu5
    ドイツ勢のEVシフトは、ディーゼル不正に端を発した事業環境の急変に突き動かさ
    れているのは事実だろう。ただし、各社の戦略転換が単純に開発資源を従来の
    ディーゼルからEVに再配分しているだけだと見ると、変化の本質を見誤る。

    • keybowBMW様

      いつもコメント頂きありがとうございます!

      なるほど・・・でもでも、内燃機関だって今や電子制御ですし如何様にも完全自律運転にも対応出来そうな気がするんです。

      エネルギーは、貯めやすいものは運びにくく、運びにくいものは貯めにくいと聞いたことがあります。ガソリンと家庭電源を考えると納得できる言葉ですが、この「運びにくい」電気を運ぼうとする所が私には理解できないんですよね。まあ、こう行ったことすら技術の進歩で可能になって行くのだと思いますが。

      やはり私は燃料電池と水素内燃機関の方が本当に環境のことを考えるのであれば正解だと思います。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • pontaさん
    ワタシは、原発反対派です。
    完成されていない施設・モノを作り、あとは後進に任せるみたいな無責任さは、昭和時代の高度成長期の弊害でもあります。原発もその時代の発想ですから、解決しなければならないモノを解決出来ないままで、すでに稼働していますから一抹の不信不安がある訳です。かといって電力不足に対応するには、
    単純明解に原発なんでしょうけど、蓄電とか何とか出来ないものかとはいつも思います。
    さて、話は脱線しましたが、EUの環境保護路線でいよいよきたなという感で一杯です。以前からEV.水素など、各メーカー、色々と次世代型を模索していた中でBMWはこうだという指針が示されたわけで、これはこれである意味サプライズなんですけど…。
    長くなるので、ワタシの結論は、次世代型が安定するまでは、今の愛車に乗って、まわりに「まだガソリン車なの?」言われるくらい乗り続けようと思います。

    • 蜜柑山 三郎様

      いつもコメント頂きありがとうございます!

      これは大変示唆に富んだコメントですね。もし今現在世の中に存在するクルマが全てEVになったとして、その上で電力供給の問題もなんとか解決されたとして、弱った廃棄バッテリーの山はどの様に処理するのか?なんせ、バッテリーといえば、言い方は悪いですが有害物質の塊ですから。これすら後世に託す積もりなのでしょうかね?

      私も蜜柑山 三郎様の様に「まだエンジン付きのクルマに乗ってるの?」と言われるオールドタイプになりたいです。でも、もしかしたらその頃には内燃機関車には重税が課されるなどの理不尽な締め出し政策もありそうで、ちょっと不安も感じます。

      EVだって、走る楽しさのあるクルマである点については一緒です。その点には何ら不安を抱いていませんし、その過渡期に自分が立ち会えた幸運にワクワクもしています。ただ、「これで本当にいいんだっけ?」とも思うんですよね。

      もう一度くらい、EVから水素への流れが来てもおかしくはない気がします。

      さて、どうなるのか?お互いその時をこの目で確かめたいですよね。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • 物事を急速に変えようとすると必ず歪みが生じます。大きなシステムを大掛かりに変えようとする程それは大きくなります。
    ヨーロッパがEVに全力で舵を切ったのはディーゼルが言うほどクリーンではなかったことに対しての対策で、HVやHCCIガソリンエンジン等の技術開発には今更飛び込みたくないというある種逃げの手だと思っています。
    BMWはその中では真面目にクリーンディーゼルをクリーンにしていたわけで、水素エンジンなど他にも手の打ち様は如何様にもあったはずですが、ドイツ最大のメーカーが政府を取り込んで宣言をしてしまったものだから追随せざるを得なくなったというのが実情でしょう。
    私はドイツのこの政策は完全な悪手だと思います。
    是非はともかく原発中心のフランスや北欧三国が言うのとはPontaさんが書かれている様なCO2増加等社会システムに対するインパクトが雲泥の差です。
    また中国はEVシフトを既存の日本ドイツ等のエンジン技術に追いつけないが故と明言している様です。
    とはいえ一旦始まったこの潮流はそうそう止められるものではないのでBMWや日本メーカーも追随せざるを得ない状況というところでしょう。
    電力会社のインフラ対応、新型電池の開発量産、劣化電池のリサイクルシステム、市井の充電対応等それぞれが遅滞なく進まないとやがて大混乱になりそうです。
    まぁ個々人はまだまだ向こう10年くらいは、流行っているからという理由でなく、これまで通りそれぞれのメリットデメリットを勘案しながら車を選んでいけばいいでしょうね。

    • あっきろ様

      いつもコメント頂きありがとうございます!

      そうなんですよね。嫌いではないですが、あの巨人が「次世代はEVだ!」と言ってしまったのが流れになってしまいましたね。BMWは水素内燃機関も開発し、トヨタはFCVを完成させていたというのに。完全に、こうしたライバルを出し抜くための政治的な動きが絡んでいるでしょうが、もっと地球全体規模で本当に問題はないのか?という志の高い人がいなかったというのが悔やまれます。そう、MIRAIの燃料電池の技術を特許申請せずに公開した豊田社長の様な。

      ただ、市場の反応が諸手を上げてEV大賛成!ではなさそうなのもちぐはぐですよね。現に、i3やリーフの中古って驚くほど安くて、需要がないのが明らかです。ヨーロッパでは売れているかもしれませんが、それでもまだまだ少数派。正に「まだ珍しいから」乗っている、という状態では?と思っています。

      どこかでトヨタ-BMW連合が水素で打って出る・・・あ、穏やかじゃない意味になってしまいますね(笑)、水素内燃機関とFCVで大逆転をかますシナリオを描いていて欲しいものですが・・・。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  •  EVが環境にやさしいのかどうかどいう議論はさておき、EUがEVに舵を切ったことは間違いのないことで、そのことが正しかったのかどうかという評価は、われわれが死んでしまった後になされるのかしらんと。すでに何人かの方のコメントにそれぞれ示唆に富む指摘がなされていますが、EV化によって自動車産業以外のメーカーなども参入しうるわけで、これから10年くらいで、どう変わるのか楽しみではあります。
     またMercedesもこの機会についにEV化宣言をしましたね。2022年までにすべてのラインナップにEVまたはPHVをそろえるということで、50車種を並べるとか。いずれにしろ、今後の変化・進展はめまぐるしいものになりそうですね。中国もEV化へ舵を切ったようですし・・・
     いつものようにトピズレですが、翻って我が国はどうなるのでしょうか。PHVはあくまでつなぎの存在でしかないわけで、ハイブリッドのストックが山ほど転がっている、しかもグリーン化税制で優遇している状況下、どんな方向になるのかと。
     まあ日本がEUより早く・・・ということはないでしょうし、個人的にいえば、2040年には車の運転は無理だと思っていますので、いささか高見の見物を決め込もうかと。

    • 桂様

      いつもコメント頂きありがとうございます!

      メルセデスは基本的に底力のあるメーカーですから、今後の激動の時代も確実に生き残り、世の中の新たなベンチマークとなるクルマをずらっとラインアップするに違いありません。

      EVは確かに自動車メーカー以外にとってもかなり大きなビジネスチャンスですよね。これからはEV関連のベンチャーなども雨後のタケノコの如く設立されると思いますし、経済活性化という点では何百年かに一度くらいのビッグウェーブだと思います。

      日本は・・・どうなるでしょうね?HV/ PHV信仰は、主にインフラの観点から衰えそうにないですし、輸入車がEVばかりとなると、消費者の選好がよりハッキリと現れそうですよね。

      確かに、言われてみれば2040年となると私もだいぶ年ですね(笑)。終のクルマはEVなのか、果たして・・・。

      これからの自動車界の変化をきっちりと目のあたりにしてウォッチしていきたいですね。そして最後には、面白い時代を生きたものだと思いながら老後を過ごしていきたいです。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • 主流がEV、EVと言いながら、EVにならない可能性もあるのが、今の世の中です。何がおこるかわかりません。車と違う交通手段が出来て、車がなくなるかもしれません。それは、わかりません。
    人間が進化して、車並みに走れるようになるかもしれません。
    この時代に生きるものとして、開発者ではありませんので、今を楽しむ!pontaさんはtotoさんで次期車を購入する!それが、一番と思います。

    • bmwpopo様

      いつもコメント頂きありがとうございます!

      えっと、最初の方で仰っていることは、素晴らしいです。私はそんなこと考えもしませんでした。EVになっていくのかーと素直に受け止めていましたから。
      ただ、最後の論理の飛躍だけは・・・理解できません(笑)。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です