320dツーリングの荷室の本領発揮!天気のいい日は河原でデイキャン!

「デイキャン」と言われても何のことだかわからない方もいらっしゃるかもしれませんが、要するに「昼間のみのキャンプ」のことです。もっと平たくいえば「バーベキュー」ですね。

スポンサーリンク

実家に集合して河川敷でデイキャンプ!

この件は結構前から(と行っても1ヶ月ほど前ですが)計画されていました。その日が天気かどうかもわかりませんが、意外とGWって天気に恵まれることが多いですよね。特に私は気にしていなかったのですが、当日になって見ると、関東地方はまあ見事に晴れ渡り、暑いくらいの陽気。

そして気合の入っていることに朝9時に実家に集合でした。幾ら何でも早すぎるだろ・・・と思いつつ遅刻するのも嫌でしたので、前日のうちに荷室に主要な荷物を詰め込み、渋滞を見込んで早めに家を出ましたが・・・拍子抜けするくらいに近郊までは空いています。よくよく見て見ると、下り線はあまり混んでいないんですね。

ちなみに主要荷物を積み込んだ状態の荷室はこちら。

これで6人がけのテーブルと、椅子5人分、焚き火台、ダッチオーブン、そして焚き火テーブルを積み込んでいます。キャンプブログではないのでここの道具の詳細は記しませんが、これにあとはクーラーボックスを積むなど余裕のスペースの空きがあるのはおわかりいただけるかと思います。

床面が平に成型されているので積みやすく、床面積も広めに確保されていますので本当にこういう時に使いやすいです。セダンでも容量的には十分でしたが、床面に凹凸があるのでちょっと積みにくかったんですよね。

実は私も「河原でデイキャン」を甘く見ておりまして、「まあ、この時間なら余裕で場所もとれるだろう」くらいに思っていたのですが・・・現地に到着してびっくり。立ち並ぶタープ・テント。もう、びっしりです。しかもとことん甘く見ていた私は、木陰が簡単に確保できるだろうとの見込みでタープも持ってきていません。あ、タープっていうのは要するに「屋根」です。天幕と申し上げた方がわかりやすいでしょうか?あの、運動会で来賓の方が座る所に貼ってある屋根みたいなやつですね。

これです。この手前の屋根みたいやものですね。

ですが逆にみなさんがタープやテントを持ち込んでいることもあって、逆に木陰は空いているという不思議な状態で、運よく木陰をゲットできまして、上の写真でも写っているテーブルや椅子、そしてバーベキュー台を設置します。が、駐車場から人力で運んできたので既に汗だくです。私はサイトまで直接入れるオートキャンプ場にしか行ったことがなかったのですが、実はオートキャンプ場も全てがサイトまで車で入れるわけではありません、そういう時のために台車が売っているのですが、当然ながら持っていませんので、参加者全員で運んだというわけです。

木陰でも暑い中デイキャンプは結構ツライ(笑)。

木陰を確保した私たち一行は敷物を広げてくつろぎスペースを作り、テーブルと椅子をセッティングします。ここで大活躍したのが、何を隠そう我が息子。

率先して椅子を広げてセッティングを手伝ってくれています。私がテーブルを広げて後ろを振り返ると、既に2つ目の椅子を広げている所でした(驚)。キャンプに連れて行っているとはいえ、率先して働く姿は本当に頼もしいものです。ですが手を挟んだようで流血してしまうというハプニングがあり、終盤に戦線離脱しましたが、天晴れな働きぶりでした。

スポンサーリンク

息子の頑張りで設営は素早く終了し、後は焼くだけですが・・・予想以上の気温に一休みしてから、ということになり、冷たいお茶を飲んでいると、もう復活した息子が「お腹空いたー」と訴えました。まだ10時半だよ?!と言いつつも、ダッチオーブンでローストチキンを作ろうと思っていた私は早めに準備に入ろうと炭をおこしだしました。

するとここでも息子が大活躍です。炭火がうまく起こせるかどうかって、大学生のバーベキューとかで結構大事な見せ所だったりしますよね?まあ、慣れてしまえば簡単なのですが、着火剤を下において、真ん中付近が空洞になるように炭を山の形に積んでいけば放っておいても火はおきるんです。もちろん、その過程で空気を送り込むことは必要ですが。

そう、息子はこの「フーフー」を積極的にやり出したんですね。それどころか、その前に種火の段階で重宝する細かい木切れも拾ってくるという気の利きよう。痛みに弱い都会っ子かと思ったら意外とこういうところはアウトドア男子なんですよね。

おかげで早くも炭火の着火に成功し、息子がまたその炭火をフーフーして育ててくれたおかげで、ダッチオーブン料理に早く取りかかることができました。

それにしても暑い!炭火でフーフーし、ダッチオーブンの近くに夜だけで熱気が襲ってくるので相当に暑いです。ですが無事仕込みが終わって、後は出来上がるのを待つだけ。その間に焼き物の方も始まって・・・。

まあ、その後は飲んで食って、ですね。もちろん、運転者はアルコールは飲みませんが、ソフトドリンクでも人数が集まって屋外にいるだけでそれなりに盛り上がるものです。瞬く間に大量に平らげ、後はお片付けという段階になりました。

片付けも息子が大活躍。

終盤は息子は敷物の上で寝っ転がっていたのですが、お片付けの段階になると何も言わないのにいそいそと起きてきて、先ほどどと同じように椅子を畳み出しました。

先ほど手を挟んでいたので心配だったのですが、淡々と周りのオトナに教えながら畳んで行っています。これには私も驚愕。いつからこんなお利口さんになったんでしょう?私がダッチオーブンの油分だけ拭き取ってケースにしまい、振り返ったら全ての椅子が折りたたまれて棒状になって立っているんですから(笑)。仕事が早いな(笑)。

これを駐車場に止めた車まで持っていくのですが、ここでも息子が率先して運ぼうとします。本当に今日はどうしちゃったんだろう?というくらいでしたが、明らかに無理な量を持って行こうとするのでさすがに止めて(笑)、私が持ったりしました。

そしてクルマに到着して積みこむときも手伝ってくれるんですよね。息子にしてみると、こうした行為の一つ一つが「キャンプ」なんだと理解したのはこの頃です。嫌な顔一つせずに嬉々としてやってくれているんですね。

いやー、本当にキャンプって男の子を成長させます。

そして、荷室への積み込みもおかげであっという間に終わり、御一行は私の実家でくつろぐことになりました。

帰路も渋滞なし。大活躍の息子に感謝!

この時期、外が遅い時間まで明るいので騙されてしまいますが、気づいたらあっという間に7時近く。そして解散の流れになり高速道路で帰ってきましたが、またも幸い私の利用区間は全く渋滞していませんでした。

おかげで燃費もよく走れまして、今日の燃費は5.1L/100km(19.6km/L)。確かに高速道路メインだったとはいえ、そんなに長い距離を走ったわけではないのにこの燃費は望外の好燃費です。しかもエアコンを使用してこの燃費ですので相当いいと言えます。その原因の一つと思われるPrimacy3は、特に首都高速で快適性をの実に見せつけました。いわゆる都市間高速から首都高速に入って段差が多くなりますが柔らかくやり過ごし、またも後席が静かに・・・寝てます、息子も家内も(笑)。本当にPrimacy3に変えてから後席の二人がよく寝ますね。まあ、息子は大活躍でしたから、というのもあるでしょうけど。

帰ってきてから、起こした息子に言いました。

「今日は大活躍だったね。パパはびっくりしたよ。こんなにできる様になって本当にすごいし、みんなよりも早くお手伝いしてくれたおかげで本当に助かったよ。ありがとう。」

と言ったところ、

「うん、僕手を怪我したけど頑張ったんだ。またキャンプ行こうね。」

連れて行ってあげるさ!

という親バカで今回は失礼いたします。ありがとうございました。

スポンサーリンク













10 件のコメント

  • キャンプが、一番の癒しでしたね。
    車とは関係のない話ですが、奥様、御子息のファインプレーがpontaさんのこの癒し効果を高めている感じですね。
    今度、私も家族を連れて三重県のパールロードと英虞湾(あごわん)が一望できる横山展望台へ行こうと思います。
    ところで、我が愛車もそうですが、3シリーズほどこういったシーンに欠かせない存在だと思います。

    • 蜜柑山 三郎様

      いつもコメント頂きありがとうございます!

      息子の成長ぶりには驚かされます。オトナ達の間でちょっと格好をつけたかっただけかも知れませんが(笑)、もしそうだったらそう思う様になったこと自体も成長ですし、率先して設営をして一番頑張っていたのは事実ですので。こういうのを見ると、自分もシャンとしなきゃ、と思わされます。

      英虞湾って、近くに有名なグランピングのできるところがありませんでしたっけ?私はその辺りは地理が不案内なので勘違いかも知れませんが、一度行ってみたい場所です。

      おっしゃること、すごくわかります!3シリーズって、なんだか様になるわりには仰々しくないですし、「ちょっと愛車で走りに来た」っていうのが似合いますよね。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • 子供の成長は一番の癒しですね。
    経験というのは決して馬鹿にしてはいけないと思います。
    息子さん今までのキャンプで経験値を存分に積み上げたんでしょう。
    最後のPontaさんからの褒め言葉、最高のご褒美だったでしょうね。ボーナスとしてキャンプ計画しないといけませんね(笑)
    Primacy3本当に良さそうで良いですね。
    グランクーペ、まだ2000kmに届いてないですが、既にCinturate7のロードノイズが気になりまくっています。グリップに関しては全く文句ありませんが、あの音だけは…。
    まだ新品タイヤゆえ慣れるしかないんですが、次は是非ミシュランにしたいです。

    • あっきろ様

      いつもコメント頂きありがとうございます!

      そうですね。私も、思えば息子くらいの年の頃に経験したことって結構今でも身についています。その頃は青森のど田舎に住んでいたので、主に雪関係のスキルですが(笑)。

      息子には、春先くらいから「キャンプ行こうよ!」と目を輝かせて言われています。ただ、花粉症がもう少し収まってからにしようね、ツライだけになっちゃうからね、と言い聞かせています。

      Cinturate7も一皮剥けて、ある意味で本領発揮ですね。決してあたりが固いわけではないのですが、元々がピレリってノイズには無頓着な印象がありますので、そういう意味ではピレリらしいタイヤなのかもしれません。

      Primacy3 は本当にいいです。あっきろ様のエレガントな4GCには間違いなくピッタリだと思います。もっとも、あっきろ様がタイヤ交換をなさる時期には新しいタイヤが出ているかも知れませんが・・・Primacy4とか?!

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • キャンプは、お腹が弱い人には厳しい環境です^^出来れば、人ごみのキャンプ避けたいところです。
    息子さんは、大人の仲間入りできて楽しかったでしょう。これから、pontaさんが、息子さんの指導のもと、動かないといけなくなりますよ!笑
    最後に、お約束の!523Dツーリング、荷物たくさん積めますよ!!息子さんのボーナスに^^

    • bmwpopo様

      いつもコメント頂きありがとうございます!

      そうですね。特に今回の場所はトイレが非常に遠かったらしい(私は行っていないのですが)ので、bmwpopo 様がもしいらっしゃったらかなり過酷な状況だったかも知れません。

      いや、本当ですよ。息子にあれしてこれしてという前に、息子がちゃんと設営の順番をわかって自分が何をするのが一番いいのかわかって動いているんですから驚きです。振り返ったら椅子が広げられている、帰りも振り返ったら椅子が畳まれているというのは私としてはものすごく有能な助手がいるようで、楽ができました。

      息子のボーナスに523dは高過ぎですよ(笑)。荷室容量は確かに3シリーズツーリングより広いですが、やっぱりその分ボディサイズも大きいですからね。取り回しを考えると躊躇います。いえ、そんなことより、まずもって高くて買えません(笑)。危うくのせられる所でした(笑)。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • 自分は、以前話した那須でのんびり裏庭で坊主と物の使い方(ノコギリ、熊手、スコップ、ハサミ等)を教えつつ焚き火の火付け教えたりやってました
    pontaさんの息子さんも自分のキャパが広がって嬉しいのではないでしょうか

    今回、初めてX3で荷物満載(屋根にバイク×2・ゲートにバイク×2の4台)で行きましたがX3のトランク容量や使い勝手でう〜んってシーンが多かったですね
    特にテールゲートの手動切り替えがあればもう少し使い勝手が良いんですが
    今後、パッキングや積載を色々アレンジしていかないとって思ったりしてます

    • life4wonder様

      いつもコメント頂きありがとうございます!

      もしかして、マウンテンバイクかロードバイクがご趣味なんですか?実は私、体型に似合わずかつてロードバイクに乗っていました。余り本格的に走るというより、移動手段としての意味合いの方が強かったですが・・・。

      X3の荷室、今ひとつご納得されてない様ですね。テールゲートの手動切り替えというと、途中で止めたい、ということでしょうか?
      ご参考までに、私の3シリーズツーリングも電動テールゲートですが、ナンバーの上の取っ手を握るだけですとiDriveで設定した高さまで自動で上がりますが、取っ手を握ってそのまま手で引き上げると電動がキャンセルされて、手で引き上げた位置で止まりますよ。また、テールゲートが動いている最中でも、止めたいところで止める方向に力を入れると、そこで止まります。

      確かに、テールゲートにバイクを積んでいるのに一番上まで上がっていってしまったら、おろしにくいですもんね。

      X3も荷室容量の小さいクルマではありませんから、要は荷物を積む順番などをちょっと変えるだけで結構イケるのではないでしょうか?ただ、ツーリングにはある、ガラスハッチの単独開閉が使えないですからね。うーん・・・。

      きっと、何回か積んでいるうちにカタチが出来上がってくると思います。3シリーズツーリングでだって、あれだけ積んでキャンプに行けるんですから大丈夫ですよ。頑張って試行錯誤してみてください(笑)!

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • ponta様
    ご無沙汰しております。
    息子さんとのキャンプ、健康的でいいですね!
    実は、私の子育て持論として「よく親とアウトドアで遊んだ子供は、素直に育つ」と言うのがあります。
    我が家も、子供が幼稚園の頃からキャンプを良くしました。私が山岳部だった事もあり、普通よりはハードな環境でのキャンプで、トイレは地べたに溝を掘って両側に板を渡し、シートで囲った「自称手作りボットン便所」
    普通に考えたらドン引きされそうですが、まだまだキャンプが流行り始める間際だったので、今のように洗練されたキャンプ場も無く、その代わりに自然に囲まれた静かなひと時が過ごせました。
    スキーも3歳から始めたり、アルプスを縦走したりしましたが、一緒に遊んだ時間が、私にも子供にも良い関係を築く助けになったと思っています。
    最近は歳のせいかハードな遊びはしませんが、孫も入れての三世代キャンプを計画しています。まだ、ちょっとグランピングには抵抗が有りますが・・・(笑)
    こんな場面では、ツーリングの荷室は使い易いのですが、「思ったよりも詰めないなぁ~」と思うこともあります。車体の大きさの割りに奥行きがさほどではなく、天地もGTやXシリーズの方が高くていいですね。等と色々考えていますが、悩むのも楽しみの一つです。
    取り留めの無い話で、申し訳ありません。

    • keybowBMW様

      いつもコメントいただきありがとうございます!

      すごい!すごいワイルドなキャンプですね!というか少し「サバイバル」の域に片足突っ込んでいますね。さすが山岳部、サバイバルの知識が豊富にあってこそできることですね。私などが真似しようとしても危ない目にあうだけになりそうですのでやめておきます。

      アウトドアで遊ぶと素直に育つ、ですか。これには非常に共感するところがあります。うちの息子も、純粋すぎるくらい素直に育っていますので(笑)。

      アウトドア遊びには、荷室がいくらあっても足りないんですよ。私も持論をご紹介すると、「アウトドア趣味のある人は、自分のクルマの荷室にちょっとだけ積めないくらいの量の道具を欲しがり、かつ揃える」という(笑)。
      私も前はセダンで行けていたのでツーリングなら余裕でしょう、とたかをくくっていましたが、最近はなぜかそこまで余裕を感じなくなっています。夏は余裕ですが、秋口など寒い時期のキャンプでは毛布などかさばるものばかり増やしてしまって(笑)。

      GTは床面積が広いんですよね。ディーラーさんで伺ったのが、「ゴルフバックが4つ積める、唯一の3シリーズ」が3GTということでした。床面積が広いぶん、高さが稼げる部分も広いので、フル積載した時にはGTの方が積めるかもしれませんね。どうなんでしょう?そういえば、いろんなクルマに乗られている当ブログのコメンテーター陣にもGTオーナーがいらっしゃらないので、わかりませんね。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください