BMW 320dにリコール!製造期間を考えると・・・あれ?ウチの該当しちゃった!

本日何気なくネットを見ていたら、320dのリコールのニュースが出ていました。製造期間を見てみると、私の愛車の登録期間んおちょっと前くらいということで、見事に該当しそうです。もしかして・・・と思ったら、ビンゴ!でした。

スポンサーリンク

リコールの内容

2017.6.30

【リコール】BMW 3シリーズ のディーゼル、燃料が漏れるおそれ

BMWの日本法人、ビー・エム・ダブリューは6月30日、『3シリーズ』のディーゼル車、「320d」に関するリコール(回収・無償修理)を、国土交通省に届け出た。

今回のリコールは、燃料装置の燃料供給ホースの不具合が原因。ディーゼルエンジンの燃料装置において、燃料供給ホースの製造が不適切なため、ホースの厚みが均一でないものがある。

そのため、燃料の圧力の変動よって、燃料供給ホースが損傷し、最悪の場合、燃料が漏れるおそれがある。なお、不具合は14件発生。

リコールの対象となるのは、2014年4月12日から、2015年5月13日までに生産された車両。合計4461台が、リコールに該当する。ビー・エム・ダブリューは、「燃料供給ホースを良品と交換する」と説明している。

(レスポンス 森脇稔)

あれ?私の320dツーリングの登録日は2015/5です。これは見事にヒットしているかも?!と思って調べて見ました。

リコール等検索

以前、当ブログの記事でご紹介したように、私は車検証の写しをスマホに入れておりますので、車台番号はすぐにわかります。

早速打ち込んでみると・・・あたりでした。

早速Toto BMWに連絡!さすが対応が早い!

早速コンタクトをとりました。忙しい土曜日であるにもかかわらず迅速に対応してくれまして、もう部品を抑えてくれたそうです。

ただ、セールス氏のお話によると、まだ部品が揃っていないとのことでして、翌日に来るそうです。ですが作業は1時間程度とのこと。「その間、何か試乗でもして待っていてくださいますか?」と。

というわけで、またお楽しみが増えました(笑)。

それにしても燃料漏れとは穏やかではないですね。

まあ、穏やかでしたらそもそもリコールではなく「サービスキャンペーン」で済ましているでしょう。リコールの時点で穏やかではないですが、既に14件発生しているんですもんね。

スポンサーリンク

4461台の対象車中、今まで14件発生した、ということでしょうか?まあ、最初は件数が少なくてもこれから経年劣化が進んで来ると、発生件数もどんどん増えていくでしょうから、まだ少ないからといって安心はできません。

まあ、燃料供給ホースって普通はライフタイムに渡って交換しないものだと思います。ここで新しい良品に交換したからといって、得するとか、将来安泰だとかいうものではありません。ただ単に、まだ起こっていないけど、将来起こり得る可能性があったトラブルを未然に防げた、ということでしかありません。しかもそのトラブルだって、本来は起こらなかったはずのものです。

ですが、ある面ではこのような不具合が表立って起こったおかげで発見された、ということも言えます。保証が切れた頃にこんなことが起こったら・・・いや、さすがに無償修理扱いになるかもしれませんが、それでも漏れた燃料に火がついて・・・となったら生命の危険すらありますよね。まあ、軽油は燃えにくいのでそう簡単に車両火災には至らないとは思いますが、相当に大ごとです。

不具合が発生した方も驚かれたと思います。まあ、目で見てすぐわかるほどジャバジャバ漏れたわけではないでしょうけど。点検か何かで発覚したのでしょうか?それとも、駐車跡に何かオイル染みのようなものができている、ということで点検してもらって・・・とかでしょうか?何れにしても、本当に心中をお察しします。

私も標準よりは年間走行距離が多い方ですので、早めに対応した方が良さそうです。

ディーゼルエンジンは寿命が長いと言われています。折角長く乗れるんですから、面倒がらずにちゃんと交換しておきましょう。該当しそうな方はぜひ上のリンクから車台番号を入れて検索して見てください!

災い転じて福と・・・なるでしょうか?

 

ですが、これでまたToto BMWさんに行って試乗する口実ができたというか(笑)。これが私にとっては一番の「福」です。何があるのか、今から楽しみですね。単純なものです(笑)。何があるのかな・・・などと今から思いを張り巡らせています。5シリーズのツーリングですかね?

まあ、いずれにしろ、また当ブログでご報告させていただきます。

では、今回はこの辺で失礼します。ありがとうございました。

スポンサーリンク













4 件のコメント

  • 私の320dツーリングの登録日は該当するかも!そうだ!すでに車がないのでした^^
    リコールで堂々と、ディーラーに出向くのですから、ぜひ、次期車の視察に^^
    まずは、pontaさんの乗られている車の査定から!

    • bmwpopo様

      いつもコメント頂きありがとうごいざます!

      該当しましたか!こういう場合って、どうなるんでしょうね。つまり、bmwpopo様のクルマは既に次のオーナー様の手に渡っていると思われますが、そういう場合はいいとして、ちょうど中古車として展示さえている最中の場合のことです。BMWの認定中古車として並んでいるのであればまあ安心かと思いますが、いわゆる「街の中古車屋さん」に並んでいる場合は・・・そこまではケアされなさそうですね。ということは、中古でご購入された場合は、一度リコール情報検索で車台番号を打ち込んで、何か必要なリコールがないか確認して、もしあったら対策済みがディーラーか懇意の整備工場に聞いて見るのがいいかもしれませんね。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • E46の時は14年の車歴の中でリコールやサービスキャンペーンが数件あったように記憶しています。
    その前車の国産車も10年以上乗りましたが、一件はリコールがあったような気がします。
    数万点に及ぶ部品を使う自動車において、製造者観点で見ると、モデル製造中又は後に数〜数十ppm以上の不具合が発生した場合、原因解析結果が設計起因であったり、もしくは製造工程起因であるが不具合流出対策が困難であったりするとリコールやサービスキャンペーンとなる再設計が行われると思います。
    BMWなどの輸入車だけでなく国産車も結構な率でリコールやサービスキャンペーンをやっています。全く設計もしくは工程に問題のない製品というのはどれだけ慎重に設計してもかなり難しいと考えて寛容に構えるしかないですね。
    勿論設計者はそれに甘えてはダメですが。

    • あっきろ様

      いつもコメント頂きありがとうございます!
      も、もしかしてあっきろ様は設計者?のお立場の方?なのでしょうか?大変示唆に富んだ内容で熟読してしまいました。

      私は日本車に乗っていた時にはリコールを経験したことはありませんでした。ですが、電装系が次々にトラブルに見舞われ、それはそれはヒドイ目に会いましたね。それこそ、もうこのクルマ別のと取り替えて!と思うくらい。パワーウィンドウが開けたら最後閉まらなくなることが数回、なぜかオーバーヒート気味になると思ったら電動ファンが動いてなかったこと2回、パワーアンテナが下がらないトラブルも数回、全て同じクルマで起こったことです。挙げ句の果てには、交換したばかりのバッテリーが上がってしまって、なぜかと思ったらオルタネーターの不具合と。まるで昔のFIATのような・・・FIATが、「Fix It Again Tony」の略だと揶揄されていた頃の、です。でも、こういうのは重大な結果を招かないのでリコールにはならないんですよね。

      BMWでリコールというのを初めて経験しましたが、最初は驚きました。そんなに重大なトラブルが起こる可能性のある不具合があるのか、と最初は思いました。ですが、今回もそうであるように、リコールって、重大な結果になりかねない可能性が少しでもあるとやっているんですよね。実は対策しなくても大丈夫かもしれない、みたいな。

      自動車の部品の数、ゼロからの組み立ての手間というのは考えると、いかにオートメーションが進んでいるとはいえ、数点の不具合品が混ざることはどうしても起こり得ることだと思います。それが、重大な結果を及ぼす部品である場合がリコール、というわけですよね。そう考えると、隠されるよりもオープンにしている方が安心だと思うようになりまして、今ではリコールと聞いても動じなくなりました。

      今回のリコールも、もしかしたら私のクルマのものは交換不要かもしれません。もちろん、その場ではわからないでしょうけど。でも、可能性があるから、完全にその可能性がないものと交換するというのは、ある意味で私にはラッキーだとも思えるんですよね。

      まあ、不具合が自分のみに降りかかってないのでこんな呑気なことを言っていられるのですが、もし自身に起きていたら、それこそがっかりするでしょう。それは、上記の経験から容易に想像できます。

      海外では「機械は壊れる」という文化だと聞きます。日本は「壊れない機械」を作って一時期世界の家電市場を席巻しました。徹底した商品管理で、今までの常識を覆すことが可能だと示したんですよね。ですので、これから益々高度化していく社会の中で、こうしたリコールなども減っていくことを祈っています。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください