8シリーズにはカブリオレも!ソフトトップがカッコいいです。

当ブログで断続的にご紹介しているBMW8シリーズ復活の噂ですが、すでにカブリオレの開発にも取り掛かっているようです。意外と早いですね。

スポンサーリンク

8シリーズはラグジュアリー路線

まずはこちらの記事をご覧ください。

悲願のカブリオレも登場!20年振り復活のBMW8シリーズ次世代型を再捕捉

clicccar 12/7(水) 14:33配信

clicccar.com(クリッカー)

BMWのフラッグシップクーペとして、1990年から1999年まで生産されていた『8シリーズ』。

【この記事に関する関連する別の画像を見る】

『M1』以来のリトラクタブルライトの採用や、V型8気筒からV型12気筒までのエンジンラインナップは強烈なインパクトを放ちましたが、日本国内では使い勝手の悪さなどから、人気はイマイチでした。

その「8シリーズ」が2019年に復活というニュースをお伝えしましたが、「カブリオレ」も設定されることが確定的となりました。

カブリオレは初代8シリーズにも設定予定でしたが、諸々の事情から発売が断念されているため、20年ぶりの悲願の達成となります。

「8シリーズカブリオレ」は実質「6シリーズ カブリオレ」の後継モデルとなりますが、ライバルをメルセデス「Sクラス カブリオレ」に設定するため、よりハイスペック&ラグジュアリーなクーペ/カブリオレが予想されます。

エクステリアは2013年に公開された「ピニンファリーナ・グランルッソ・クーペ」を彷彿とさせる、ワイドなキドニーグリルやアグレッシブなデザインのヘッドライトを持つ可能性が高ようです。

パワートレインは、3リットル直列6気筒DOHCターボや4.4リットルV型8気筒DOHCターボのほか、ハイエンドモデルにはV型12気筒エンジンもラインナップされます。

初代モデルでは、販売面でライバルのメルセデス「SL」に大きく水を開けられましたが、「カブリオレ」を擁するこの次世代型では負けは許されないでしょう。

(APOLLO)

さてさて、ようやくダウンサイジング一辺倒ではなく、心踊る予測記事がでてきましたね。

ぱっと見、プロポーションは現行の6シリーズカブリオレに似ていますが、顔つきなどはどうやらだいぶ違ってくるみたいですね。それはそう、今度の仮想敵はあのラグジュアリー極まるメルセデスのSクラスカブリオレですから。

正直申し上げて私、メルセデスのSクラスカブリオレはすごく好きです。罷り間違って宝くじなんぞ当たってしまったら買いに行ってしまいたいくらいに。

それにしても、一時期はカブリオレといってもメタルトップが流行りましたよね。メルセデスのR230型SLに始まって、SLKに波及し、現行SLとSLC、それにBMW335iカブリオレもそうです。

これからのカブリオレは全てメタルトップ化していくのかと思いきや、最近はオープンといってもソフトトップの方が多いような気がします。現行BMW6シリーズカブリオレもそうですよね。

なんででしょう?推測できる理由は、ソフトトップでも十分な耐候性を確保できるようになったことと、メタルトップの移動(クローズ⇄オープン)における重量バランスの変化が嫌われたなどが考えられます。

個人的には「カブリオレ」という語感はなんとなくソフトトップを連想させるので、私はソフトトップの方が好きですね。ボディカラーとソフトトップの色を選んでコーディネートを楽しむこともできますし。

全然ダウンサイジングしていない!

注目すべきは搭載予定エンジンの予測です。3L直列6気筒、4.4LV8、そしてV12と、久々に思いっきりダウンサイジングしていないエンジンのラインアップです。

スポンサーリンク

何度も申し上げていますが、クルマ好きの本音としてはやはりマルチシリンダーのエンジンを高回転まで回して乗りたい!というのがありますよね。ですが石油資源の枯渇の危機が叫ばれている現状を考えていると、ヨーロッパ各国が目指し、BMWも目指し、そしてトヨタも発表したように、「脱内燃機関」を図るしか、私たちの大好きなクルマが生き永らえる道はないようです。

ですがそうした一種の閉塞感のような状況を打ち破ってくれる予測ですよね。Sクラスクーペ・カブリオレをターゲットとする高級GTとしてのBMW8シリーズ、どんなゴージャスな装いと、あっと言わせる技術で出てくるのか、まずはクーペの2019年のワールドプレミアが待ち遠しいです。

8シリーズの開発テストをキャッチ!次期6シリーズは?

個人的にはV12が気になります。きっと、M760Li xDriveに搭載される、新開発の6.6LV12をブラッシュアップして搭載してくるのでしょうね。そして、7シリーズがそうであるように、このカブリオレもxDriveとなるのでしょう。

V12という贅沢の極みのようなマルチシリンダーエンジンを粛々と回して、オープンで海岸線をのんびりドライブなんてできたら最高ですよね。

両極端

BMWの最近発表するクルマはなんだか両極端ですね。1.5L3気筒を6シリーズに搭載すると言ったかと思えば、かたや8シリーズではV12という。

ですが8シリーズだって、BMWが販売する以上はEURO7の排ガス規制対象です。あまりに売れすぎて排出ガス量がトータルで増えたら、BMWは1台あたり高額な罰金を支払わなくてはいけなくなり、これは経営を揺るがします。

でも・・・きっと大丈夫ですよ。だって、M760Li xDriveだって2300万円オーバー。より贅沢な8シリーズのV12はもっとお値段も高くなり、2000万円台半ばから後半になってくるでしょう。おいそれと購入できるクルマではないので、絶対数としては少ないまま推移すると思います。

ですが、BMWが本気を出して作ったラグジュアリークーペ・カブリオレが市場に投入されたら、現状でメルセデスがSクラスとSLで一人勝ちの状況は変わるに違いありません。というか、確実に現在のSクラスとSLに乗っている方のうちの何割かは8シリーズに乗り換えるでしょう。

自分ではとても購入できるようなクルマではありませんが、私のようなBMWファンの憧れとして頂点に君臨するような素晴らしいクルマであることを期待したいですね。

それと同時に、6シリーズのGT化にも期待しています。

次期6シリーズの一端が垣間見えた。GTでエンジンはダウンサイジング。

では、今回はこの辺で失礼します。ありがとうございました。

スポンサーリンク













9 件のコメント

  • 次期ZシリーズのZ5もソフトトップに戻りますね。
    案外次期4シリーズ カブリオレもソフトトップに戻るかも知れません。理屈で言えばメタルトップは剛性が増しますが、重量も高い位置で増えるので屋根無しでしっかり剛性が確保できれば、ソフトトップの方がオープン/クローズによる運動性能の変化は少ないでしょうね。
    マツダロードスターのRFが発表されましたが、サイドのピラーは残したデザインです。あれは重心変化の最小化も狙っているのかも知れません。
    かつての8シリーズですが、結構好きでした。
    使い勝手が悪かったという事ですが、当時はクラウンがまだ5ナンバーの時代ですからね。今はそれほど嫌がられない気がします。
    この年末ジャンボから始まったプチの方、すごく興味あります。普通の車の費用にこれを足すとちょうど6、7、8シリーズにオプション付けたくらいの額になりますから。
    普段宝くじは買いませんが、今回はちょっと触手が動きかけています(笑)
    p.s.今回から名前をみんカラ名と揃えたいと思います。(元)になった愚かな経緯も分かると思います。

    • あっきろ様

      いつもコメントいただきありがとうございます!

      なんと!(元)E46乗り様のご正体はあっきろ様だったんですね!みんカラのブログ、私も拝見しておりました。320dの試乗のところで、「あ、やっぱり赤もよかったな・・・」と思ってました。購入時に赤か、今のインペリアルブルー・ブリ(略)で迷ったものですから。

      ソフトトップ、いいですよね。なんだか昔の幌馬車のようでロマンがあります。一方で、私はもっと手軽なポルシェのタルガトップも好きなんです。911を買うならタルガ、と買えもしないのに決めています(笑)。

      Z5もソフトトップですか。いいじゃないですか!Z系はもっとロードスター寄りでいいのではないか?とかねがね思っていたので、むしろ私としては歓迎です。

      かつての8シリーズはバブル紳士御用達のクルマでしたが、私も好きでした。ああいったクルマで使い勝手というのも変ですが、そこはそれ、まだまだ日本のモータリゼーション文化が成熟していなかった証拠なのではないかと思っています。

      実は宝くじのプチ、私も興味あります(笑)。手軽でいいですよね。テレビCMも赤ちゃん怪獣がいっぱいで可愛いですし。当たったら・・・次期3シリーズのEV購入資金としてとっておきたいです。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております。

  • メルセデスコネクションで、S550カブリオレを試乗したことがありますが、
    まさに『このままずっと乗っていたい』と思わせる一台でしたね。
    .
    贅を尽くした、余裕のある乗り味、等々、言葉にするとありきたりなのですが、
    あの運転していて、とにかくリラックス出来るあの感覚は何なんでしょう?
    贅沢とはこういう事を言うのだろうなぁ…と、つくづく感じました。
    .
    ソフトトップも、中から見ればカブリオレとは思えない内張りで、
    遮音性も全く文句なく、開けるのが勿体ないぐらいでした 笑
    それでもあえてオープンにしてみると、これまた贅沢なんですね 笑
    .
    大排気量を、暴力的なトルクやパワー感に使わず、
    あえて『余裕』に割り当てるあの感覚は、
    ダウンサイジングターボではちょっと味わえないな、と思いました。
    .
    2200万円という価格は確かに高価ではありますが、
    それだけのお金を出して、初めて得られる世界がある、と知った試乗でした。
    .
    翻って、我らのBMWですが、
    V8ターボを搭載した750iを試乗した際(この時は助手席)
    こちらもまた、贅沢な乗り味で、やはりマルチシリンダーはいいなぁ…なんて、
    わかったことを言ってしまいました 笑
    .
    次期8シリーズは、
    Sクラスカブリオレオーナーが気になってしまう一台になってほしいですね!

    • CMO様

      いつもコメントいただきありがとうございます!

      Sクラスカブリオレ、試乗できるんですか!知りませんでした。これは・・・是非行って私も乗ってみたいです。そわそわしちゃいます。でもちょっとこの週末は無理かな・・・。

      Sクラスカブリオレの実車を初めてみたのは、日本ではまだ売り出してすぐの頃でした。この「すぐ」というのは本当にすぐで、確かまだ1日か2日しか立っていない頃だったような気がしますので、並行輸入車とかだったのかも知れませんが、AMGで、野太い排気音を響かせながら首都高速の谷町JCTから一の橋JCT辺りを外人さんが運転していました。これがもうかっこよくてかっこよくて、一発で虜になりましたね。

      次期8シリーズのカブリオレは、このように私を、いえ、私のみならずBMWファンではない人も一発で虜にするくらいオーラのある車であって欲しいですね。そして、MでもALPINAでも出して欲しいです。それこそ、究極のオーラを放つクルマになることでしょう。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております。

  • カブリオレ いいですねぇ~!バイクのフルフェイスヘルメットに較べると、360度何処を見てもフルオープンな景色が最高です。個人的にはAピラーの立っている方が頭上の開放感があって好きなのですが、最近のものはやはり空力的にも寝ているので、私の身長だと真上がフロントウィンドーのフレームと言う車が多くて悲しいですね。(特にプジョーはそうでした)
    個人的にはE30カブリオレが好みなのですが、E36でも維持し切れなかった事を考えると、これは老後の楽しみに取っておこうかと思います。
    カブリオレで唯一閉口したのは、大雨の時の乗り降りでした。レインモールがしょぼいので、ドアを開けるとザザッ!と滝が流れる為、手拭は必需品でしたね。それでも一度経験すると病みつきになります。冬の露天風呂状態でのドライブが私のお気に入りでした。

    • keybowBMW様

      いつもコメントいただきありがとうございます!

      オープン、いいですよねー!うちの息子も実はオープン大好きでして、「お屋根が開くクルマだよ」というだけでそちらを向くくらいです(笑)。そしてi3やMINIも大好きなので、息子の好きなクルマはMINIのコンバーチブルなのではないかと。メルセデスの試乗に行った時に一瞬行方不明となったので慌てて探してみたら、スマート・カブリオの運転席に座ってニコニコしてましたので、これもいいかもしれません。

      突然ですが、ファーストガンダムの第1話で、アムロが自宅からフラウ・ボウと避難する時に小さな二人乗りのEV(エレカというらしいですけど)のオープンに乗っているじゃないですか?ああいうのにも憧れるので、スマートカブリオも予算さえ許せば息子だけでなく私も購入したいですね。多分そんな嬉しいことにはならないんでしょうけど。

      フランス車はメタルトップのルーフをできるだけ小さくするためにフロントウィンドウがかなり突き出したオープンが多いですよね。keybowBMW様おっしゃる通り、プジョー307CCや207CCはいずれもそうなっていましたね。ついでに、ルノー・メガーヌのグラスルーフ・カブリオレも結構突き出ていたように思います。こういうのは、潔くソフトトップにすればよかったのに、と思いますね。フィアット500みたいに。

      >ドアを開けるとザザッ!と滝が流れる
      大変失礼ながら笑ってしまいました(笑)。すごく生々しく伝わってきますが、これこそオープン乗りでなければ語れない体験談ですね。伊達なオープン乗りには痩せ我慢も必要、ということになるでしょうか?

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • カーオブザイヤーが決まりましたので、pontaさんが、記事にされるでしょうね^^
    V12良いですね。異次元のエンジンです。これから大きなエンジンは希少価値になりますから、今、少しでも乗っておくのは、良い選択かもしれません!3L直列6気筒は、現実的に所有してみたいです。

    • bmwpopo様

      いつもコメントいただきありがとうございます!

      完全に先読みされていますね(笑)。ですが、この結果は私としてはいい結果だったと思っています。すでに燃費だけが求められるものではないということですよね。

      V12エンジン、憧れますよねー。内燃機関がなくなる前に一度でいいから所有してみたかったです。つまりは内燃機関がなくなる前に所有できなさそうということです(泣)。

      今更ですが、6.6LV12ということは、BMWこだわりの「1気筒500cc」ではないですね。おそらくあの3L直列6気筒を並べたモジュラーユニットだと思うのですが、もしかしたら違うのでしょうか?いずれにしても、3L直列6気筒もいいエンジンですもんね。なんとか現実に所有してみたいですね。6気筒ディーゼルもX5だけでなくもっと拡充してくれればいいのに、とも思いますが。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

    • bmwpopo様

      いつもコメントいただきありがとうございます!

      完全に先読みされていますね(笑)。完全に私の予測を外しましたが、これはこれでいい結果だったと思っています。

      V12エンジンは憧れますねー。内燃機関がなくなる前に、一度でいいからV12を所有してみたかったものです。ところで今更ですが、6.6Lということは、BMWが推し進めている1気筒500ccではないですね。私はこれもモジュラーエンジンで、あの3L直列6気筒を2列並べたものかと思っていましたが、仮にそうだとしても、こだわりの「1気筒500cc」ではないのはなぜだかよくわかりませんね。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください