BMWのプラグイン・ハイブリッドの最高峰、740eに試乗してきました!〜Toto BMW高速試乗会2

前回記事の523d高速試乗に引き続き、740eの高速試乗をしてまいりました。BMWのフラッグシップたるラグジュアリーセダンにふさわしい、鷹揚ながらスポーティという相反する要素を見事に高次元で調和させた素晴らしいクルマでした。

スポンサーリンク

523d試乗から帰ってくると。

523d M Sportの試乗を終えて満足してToto BMWの所沢ボディショップに戻ってきてニヤニヤと新型5シリーズを眺めていたところ、セールスさんが私に近寄ってきて、こう囁いてくださいました。

「pontaさん、もしお時間あればまだクルマが空いているのでご試乗、いかがですか?」

えっ!本当に?!いいんですか?!と言いつつ、お誘いに乗る気満々です(笑)。スケジュール表を見せていただくと、740e-M2の順で試乗すると待ち時間なく連続で乗れます。

「えっと、じ、じゃあまずは740eで次M2いいですか?」

まずはじゃないよっ!と自分で激しく突っ込んでしまいました。心の中でですけど。この時に私の顔、ものすごく笑みくずれていたと思います。知り合いがいなくてよかったです。

このお願いも快諾していただきまして、まずは740eに試乗させていただけることになりました。

試乗車は740e iPerformance(デザイン・ピュア・エクセレンス)

試乗者は超豪華装備のクルマでした。デザイン・ピュア・エクセレンスという、超高額なオプション装備です。なんかホイールがキラキラしてるなーと思ったんですよね。詳細な装備内容はBMWのHPをご覧ください。

7シリーズ:装備

息子も「このホイールがかっこいい!」と言ってしげしげと見ています。恒例のタイヤチェックを兼ねてパチリ。

なんと20インチホイールです。そして・・・ゴージャスな外見に似合わず、タイヤ銘柄はピレリP ZERO。例えフラッグシップでも、例え豪華装備バージョンでもスポーティさを忘れないところがBMWらしいですね。

その豪華装備の一端をお見せしましょう。まずはアルカンタラのルーフライニング。

恐る恐る撫でて見ましたが、手触り抜群です。

そして、象嵌細工入りのウッドパネル。

Bowers & Wilkinsのダイヤモンド・サラウンドシステム。

インパネも豪華にシルバーで加飾されています。

正にエクスクルーシブな雰囲気です。

そして、試乗が夜であったら!と思ったのが・・・

そう、BMW Laserlight装備だったんです。70km/h以上で走行すると、最長で600mまで先を照らすという、加齢によって視力が衰えている私にとっては夢のような装備ですね。

さて、一通り周囲を見て回った後で運転席に乗り込みます。

こうして写真で見るとよくわかりませんが、とにかくシートがゆったりしているんですよ。M Sportじゃないからサイド・サポートがないとか、そういう理由ではありません。シート自体が大きいんです。ここに座るだけでにわかリッチな気分になれました。

さて出発!乗り心地に驚愕。

ポジション合わせも容易に決まりまして、早速スタートボタンをプッシュ!

ぶるん。

あれ?いきなりエンジンがかかりました。なんで?と思ってメーターパネルの右端を見て見ると・・・なんとバッテリー容量ゼロ!ということは、私に課された使命は「高速試乗がてら充電する」ということですね。わかります。って勝手に決めてますが(笑)。

室内は静粛そのもの。ですが、エンジンの息吹は伝わってきます。そして、視界に広がるボンネットが広い!出発しようと軽いハンドルを切っていくと、その巨大なノーズが横に並行移動して向きを変えていきます。

もう、これは未知の世界です。私、実は7シリーズの試乗はこれで2回目ですが、前に試乗したのは何年も前ですので実質的に初体験と言っていいでしょう。

それにしても・・・これは波の穏やかな大海をゆく巨大空母のような乗り心地ですね。空母に乗ったことはないですけど。これがホンモノの「フラットな乗り心地」というのでしょう。一切のショックは排除され、足元が20インチホイールなんていう巨大なホイールとピレリP ZEROランフラットで武装しているなんて思いもよらない滑らかさです。

そして、実はすこーしだけ懸念していた2L直列4気筒エンジンですが・・・なんの不足もありませんね。250ps以上ありますので、CLARプラットフォームにカーボン・コアも駆使して軽量化された7シリーズには十分以上です。排気音も抑えられていますが、窓を開けるとフラッグシップセダンとは思えないほど戦闘的な音がしていますので、嫌が応にも気持ちが高まります。

ただし。

7シリーズに高級感というか、エンジンに徹頭徹尾滑らかさを求める方にはちょっと不満を感じるところがあるかもしれません。エンジン音をあえてある程度透過させる設定になっているのはBMWファミリーの共通点ですが、7シリーズも例外ではありません。そして聞こえてくるのは、4気筒のビート。排気音はスポーティですが、高級車らしい「シュイーン」という音では決してありません。私は全く気になりませんでしたが、もしかしたら気になる方がいらっしゃるかも知れません。

スポンサーリンク

そうそう、新型5シリーズの時は申し上げ忘れてしまいましたが、この7シリーズにもブレーキ・ホールド機能がついています。これは私が渇望していたものです。

3シリーズにもブレーキホールド機能があればいいのに。ACCが代わりになりますが・・・。

2016.12.07

ちゃんと信号待ちの先頭でもホールドします。当たり前ですが。これは一般道で威力を発揮しますね。ペダルにずっと足を置いておかなくていいのは本当に楽です。

高速巡航で充電!乗り心地もチェック。

スムーズに関越道にたどり着き、早速充電開始です。

まずはシフトレバーを左に倒してマニュアルモードに。そのままですと7速での走行になってしまい燃費が悪くなるので、シフトレバーを手前に引いて8速に入れます。できるだけ実態に即した使い方をしてみようかと思ったんです。

そして、もちろん7シリーズでもステアリングアシストはONです。

まだ出発前の停止している時に撮ったので両側のラインが緑色になっていませんが、このままずっと走っていきました。7シリーズのステアリングアシストは新型5シリーズと違って、前車追従型のステアリングアシストですので、直進性には影響ありませんが、この助けがなくても安定感・直進性ともに抜群です。外乱にも進路は乱されませんしね。

そして右側のメーター、タコメーターではありません。もちろん、ここの表示は切り替えられるのですが、モーターの使用状況がわかるようにこのままで走行しました。バッテリーに充電している時は「CHARGE」のゾーンに針が入り、フル加速の時は右下の「eBOOST」のゾーンに針が入るそうです。ただ、バッテリーにある程度の電力があれば、加速時は大抵モーターアシストが働いている、というのが同乗していただいたセールスさんの弁でした。

530eもこのようなメーターになるのでしょうね。

とりあえず充電はこれでしばらく走行するとして、先ほど523d M Sportと同じルート、しかもできるだけ同じ車線を走っていたのですが・・・まるで違います。

よく、「5シリーズは7シリーズの縮小版」と言われますが、私は今回に限っては全くそうは思いませんでした。M Sportと非M Sportという違いもあるのでしょうが。これはもう「異次元」です。

「本当に同じ道を走っているのか?!」と思うくらい、路面からのショックが一切伝わってきません。ボディは徹頭徹尾フラットに保たれ、正に大海原をいく巨大空母のよう。空母に乗ったことはありませんが(しつこい)。

ただ、やはり大径のP ZEROを履いているだけあって、少しロードノイズが侵入してくるのがフラッグシップらしくないといえばらしくないでしょう。これはタイヤをもう少しコンフォート寄りのタイヤにしてあげればだいぶよくなるでしょうね。

しばらくしたら、後席アームレスト内に仕込まれたタブレットを外していじくり回していた息子がこう言ってきました。

「ねえ、ライトの色何がいい?」

アンビエント・ライトのことですね。「何色があるの?」と聞くと、「えーっと、青でしょ、薄い青でしょ、エメラルドでしょ、(以下略)」と延々と言い出しました(笑)。キリがないので、ここはやっぱりオレンジするに限ると思い、「やっぱりオレンジがいいな。」というと、「僕はエメラルドがいいと思うよ。」じゃあ聞くなよ(笑)。

ですが明るいのでアンビエントライトの色が変わってもわかりません(笑)。

そしてそれに飽きた息子は、今度は「テレビが見たい」と言い出しました。そう、デザイン・ピュア・エクセレンスにはリア・エンターテインメント・システムが装備されているので、モニターが付いているんですよね。ですが中々テレビがつきません。セールスのお兄さんが四苦八苦しているのですが、やはり後席に行かなければいけないようですので、折り返しの川越ICを降りてUターンして戻ってくる時に目についた駐車場をお借りして一旦停止し、後席モニターでの設定を試みました・・・が、どうしてもつきませんでした(泣)。ここは息子には我慢してもらって、帰路に向かいます。

この時にテレビをつけっぱなしにしたまま走り出したのですが、走行すると画面はもちろん消えますが音声は流れ続けますよね。そこで例のB&Wのサウンドシステムの音が素晴らしくいいのに気づきました。私はオーディオのことはよくわかりませんが、きっと高音の抜けが良いので聞こえやすいですし、非常にクリアです。もし今このクルマが我が家に来たとしたら、テレビの一番良い視聴環境は間違いなくこのクルマの中になるでしょう。

さて、相変わらず粛々と歩を進める740eですが、折り返しの駐車場で、航続距離4kmと表示されるくらいまでは充電されていました。うーん、こんなものですかね。もう少し充電スピードが早いといいのですが。ですがこの程度でも駐車場から出る時はもちろんEVモード。これはめちゃくちゃ違和感あります。もちろんネガティブな意味ではありません。だってこの巨大なマスを感じさせるボディが音もなく走り出すんですよ?330eの時にもこの感触を味わって、文字通り鳥肌が立ちましたが、7シリーズではさらに鳥肌が立ちます。

330e試乗!新しい世界を見せてくれる環境対応車

2016.04.24

帰路の高速道路に合流する時にはモーターアシストが加わり、強烈な加速。「740e」と名付けた所以がわかる、怒涛の加速です。本当にちょっとでもバッテリーがたまると積極的にモーターが介入します。もしそれが鬱陶しいといいう方は、「SAVE BATTERY」モードにしておけば、ここまで頻繁に介入しないそうです。

帰りの一般道で、少しだけ、7シリーズ特有の「アダプティブ・モード」を試して見ました。これは、カメラで路面を読んで瞬間的に減衰力を自動で調整するシステムで、一種のセミ・アクティブ・サスですね。メルセデスで言うところの「マジック・ボディ・コントロール」に相当するものです。メルセデスのように、コーナーで内側にボディを傾けましませんが。

結果からいうと、一般道で速度が下がっていたので結局のところCOMFORTと同じで、違いはありませんでした。こんなことなら高速道路で試しておけばよかったと後悔しています。

まとめ

素晴らしい試乗体験を終えてToto BMWさんの所沢ボディショップに戻って来ましたが、興奮冷めやりません。息子もだいぶ気に入ったようで、「電気自動車はやっぱりいいね!」とご満悦です。i3大好きだもんね。これもまあ・・・似たようなものか(笑)。

息子が気に入ったポイントは、走行中に内側だけオープンにしていたサンルーフにもあったようです。確かに、このようにして光を取り入れていると、元々ベージュで華やいでいる室内がさらに明るくなります。

久しぶりの7シリーズ、やはり別格でした。繰り返しになりますが、正直申し上げて5シリーズとは比べものになりません。カーボン・コアの技術が使われているのも7シリーズのみということからもそれはわかると思います。快適性と運動性能をここまで高次元でまとめるとなると、相当なコストがかかっているに違いありません。最高のものを求める方は必ず満足されるでしょう。

ただし、先に申し上げましたように、エンジンの4気筒らしいビートが気になるという方は、740iか、いっそのこと760iにされた方が無難だと思います。

そして、よくクルマ雑誌で言われている、「走行中は一回りボディが小さいクルマに感じる」というのも、よく理解できました。近くで見ると相当なボリューム感なのに、ステアリングへの追従性が非常に良くて、大きなマスを感じさせませんでした。むしろ軽快感すら感じられたのは驚異的です。CLAR+カーボン・コアで軽量化したBMWの努力は完全に実を結んでいますね。これを感じられるのは7シリーズだけの特権です。

さて、いかがでしたでしょうか?さすが7シリーズ!という当たり前のことを体感して確認できて、「さすが」がどのくらい「さすが」なのか、よくわかりました。

興奮冷めやらぬ私を次に待っていたのは・・・さらに興奮を高めるクルマ、M2です。が、長くなりましたのでM2高速試乗記は次回に譲りたいと思います。

では、今回はこの辺で失礼します。ありがとうございました。

スポンサーリンク













9 件のコメント

  • こんにちは。
    5シリーズの試乗記に740eの試乗記、興味深く読ませていただきました。
    pontaさんの試乗記は目線・・・というか目の付け所が私と似ており、本当にためになります。
    (乗ったことないけどpontaさんがいっているのなら・・・)というイメージになりつつあります(笑)
    私も先日740Iを試乗する機会がありましたが、あの巨大なタイヤを履いているにも関わらずの乗り心地には感動を通り越し、ため息が出たのを覚えています。
    新型5シリーズはmスポーツではやはり堅いですよね? ラグジュアリーにしたらどんなか?
    という疑問はいまだに解決できずにいます。(いくつか知っているディーラーでは試乗車はすべてMスポーツ)
    何とか乗って比べたい、でも実際乗り心地が良かったとしても、カッコイイのは言わずものがなMスポーツ。
    あと数か月このモンモンが続くのだろうと思います。
    M2の試乗記、楽しみにしています。

    • GYU POWER様

      いつもコメントいただきありがとうございます!

      いやー、試乗後の興奮冷めやらぬ中記事にしたのですが、今考えてみると恥ずかしいです(笑)。我ながら随分と図々しく乗ったものだなーと、今更ながら呆れております。ですが、かなり貴重な体験でした。

      >乗ったことないけどpontaさんがいっているのなら・・・
      く、空母のことでしょうか?!(笑)そんなわけないですよね。

      7シリーズは5シリーズの縮小版なんて、誰が言ったんでしょうね?私もこの市場まで信じきっていまして、じゃあ7シリーズの存在意義って、「大きくて広い」だけ?と思っていましたが・・・全然違いますよね。あの世界にたどり着くには一体どうすれば良いのか、見当もつきません。

      >いくつか知っているディーラーでは試乗車はすべてMスポーツ
      これ、本当になんとかならないものですかね?ディーラーの方自身でも、「・・・実は私、M Sportは自分では選びません・・・」と言う方も多いのに、試乗車は見栄えを気にしてか、ぜーんぶM Sport。ここでLuxuryを用意しておけば、試乗依頼がたくさん来てビジネスチャンスにもつながると思うんですけどね。Toto BMWさんは、もしかしたらツーリングが出るタイミングでツーリングのガソリンモデルのLuxuryに試乗車を入れ替えるかもしれない、とおっしゃっていましたが、まだだいぶ先ですし。

      >M2の試乗記、楽しみにしています。
      ありがとうございます!いやー、気持ちよかったです。直6の高回転域を存分に堪能して来ました。これは中々できない経験ですよね。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • はじめまして。
    今度、225xeの中古車を購入することになった者で、いろいろ情報収集するうちにこちらのブログへ辿り着きました。すごい情報量で、初めてのBMWオーナーとなる自分にとり大変参考になります。ありがとうございます。
    自分が225xeにした主な理由は、セカンドカーでリーフに乗っていて、その運転感覚と車庫が排気ガス臭くならないことから離れにくくなったためですが、ディーラーと話すと以前にも書かれてましたが「日本での人気がいまいちなのかなぁ」という感じがしました。ゴルフGTEも見に行ったのですがディーラーから「PHEVは値落ちが激しく、新車としてはお勧めできない」とはっきり言われてしまいました。
    納車が楽しみです。引き続き、BMWを愛するpontaさんのブログを楽しみにしております。

    • Tommy様

      初めまして!当ブログにお越しいただきありがとうございます!お礼を申し上げるのはこちらの方ですよ。

      225xeとは、またレアなご選択ですね!ですが、私の中で密かにホットな1台です。バッテリー搭載容量も限られるだろうに、BMWのPHVブラザーズの中ではEV走行距離は長い方ですし、何よりコンパクトで楽しいです。

      >ゴルフGTEも見に行ったのですがディーラーから「PHEVは値落ちが激しく、新車としてはお勧めできない」とはっきり言われてしまいました。
      なんと!ディーラーがそんなことを言ってしまうのですか?!本国のVWの努力が台無しですね。日本って、PHV天国なのかと思っていましたけど、所詮はプ○ウスとア○ア天国だった、と言うことなんでしょうかね。寂しい限りですね。

      リーフにお乗りなんですか!すごい!いいですねー。セカンドカーにピュアEV、憧れます。私もそうしたいのですが、先立つものが(笑)。いかがですか?やはり、リーフもi3同様、アクセルを話すと回生ブレーキが効いてぎゅーっと止まるのでしょうか?それにしても、すごいですね、Tommy様の所有者、先進の環境対応車ばかりになりますね。

      ご納車になったら、ぜひぜひ225xeのことを色々お教えください。当ブログの読者様でコメントいただいた方では初めてです、225xeオーナーの方は。私も非常に興味があります。
      早く納車の日が来るといいですね!

      では、またのコメントお待ちしております!

      • pontaさん、ご返信ありがとうございます。
        実は今はバルフォレスターとリーフの2台体制でして、2台の意味が薄れフォレスターだけを残すつもりだったのですが、ずっと興味を持っていた225xeにいい条件の車が出たもので、決断してしまった次第です。また、以前に2シリーズを見に行った際、それまでのMiniにBMWのグリルを付けただけ?との偏見が一掃され、よくできた車と感じました。これまでは、ロードスター→プジョー→オペル→ボルボと頑なまでにドイツプレミアムを避けていたのですが、BMWのディーラーさんからは強烈なプライド、特にBMWのディーゼルは世界一という思いが伝わってきて興味深かったです。
        新しもの好きでリーフに乗っていましたが、今や既得権益となった深夜電気料金を使えるメリットもさることながら、アクセルにリニアに反応、回生ブレーキ、バッテリーの位置と重さに起因する独特の操縦感覚などから離れがたくなってしまいました。225xeのFR、4WD、FFが切り替わる動きも楽しみです。
        初めてBMWオーナーになるにあたって、特にランフラットタイヤのことがよくわからなかったのですが、pontaさんのブログで勉強中です。音楽好きなのでオーディオ周りをどうするか検討中です。
        これからもブログ楽しみに読ませていただきます。

  • pontaさん
    つづけて2ndのコメントです。
    740e乗られたのですねー、実は1週間前自分も740eを一泊でお借り(330eのて1年点検で代車)しました。
    330eとはステージが違ってました。 あの大きな(一回り違うので)車体を軽快に加速していく瞬間は
    2L?と思えるものでした(サウンドは残念ながらですが)。
    GTIに乗っている方に同乗してもらったのですが、可成りの感動を受けた様です。
    ただ、自分として少し残念なのは、やはり4発のがさつさ(6発の何とも言えないスムーズなフィーリングと比べて、フラッグカーとしての上質感に少し?)、内装はBMW統一に近い安心感はありましたが。 また、もう少し光物を抑えてシックな佇まいになっていたらと、自分としては残念な気がしました。 これは各々の感じることなので、一概には言えないと思っております。ではでは
                                              

    • シャックルキー様

      いつもコメントいただきありがとうございます!2回目のコメントでも、もうご立派な常連様ですよ(笑)。

      330eの点検の代車で740eですか?!豪勢なのか挑戦的なのか、よくわからないですね(笑)。

      >自分として少し残念なのは、やはり4発のがさつさ(6発の何とも言えないスムーズなフィーリングと比べて、フラッグカーとしての上質感に少し?)
      そうなんですよ!あの2Lエンジン、単体ではすごくいいエンジンだと思いますし、パワーも十分、吹け上がりもスムーズなんですが、もう少し遮音した方がいいかもしれませんよね。あと、振動はありませんが、体感的なスムーズさを演出するためにはコストをかけてバランスどりした方がいいかもしれません。

      でも、やっぱり7シリーズですよ。EVモードは本当に鳥肌が立ちました。な、なんだこれ?!と言う感じで・・・。

      内装は私はエクスクルーシブな感じで好みでした。なんだかSクラスに乗っているような気もちょっとしましたけど(笑)。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • 7シリーズの大きさは相当大きいですが、ベンツのSクラスと比べるとおとなしめですから、普通に駐車場などにとめていても、それほど、目立ちません。このクラスになると、Mスポはいらないと思います。330eは試乗したことはあります。740eは試乗したことありませんがpontaさんの試乗レポートで十分。どちらかというと、740iの3000ターボに機会があれば、2回目の試乗をしたいですね。中古が狙い目ですよ~!笑

    • bmwpopo様

      いつもコメントいただきありがとうございます!

      bmwpopo様絶賛の740i、私も試乗してみたいです。と言うか、悪いわけないですよね、あの7シリーズに、あの直6ですから。きっと私が乗ったら全力で乗ったまま逃げたい誘惑にかられることでしょう(笑)。

      ご指摘通り、7シリーズは絶対的なサイズは大きいのですが、メルセデスのようなボリューミーな感じはせず、スマートなのでサイズを感じにくいのはデザインの妙でしょう。M Sportは不要とのご意見にも完全に賛成です。「M7」って、ないですしね。あ、でも今度はM760liが出ますから、それでAMGやS8と戦うのでしょう。こちとらV12でいっ!と言う感じで(笑)。V12って、どんな感じなんでしょうね。乗ってみたいです。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です