スタッドレスは4輪全てに装着すべし、という当然のこと。

スポンサーリンク

スタッドレスは必ず4輪とも履きましょう!ってよく冬の度に聞く言葉ですよね。ですが、なんで毎年毎年同じことを繰り返し言うのか、不思議に思いませんか?

スポンサーリンク

それは4輪ともスタッドレスにしないクルマがいるから。

なんとも当たり前な回答ですみません(笑)。なんでわざわざこんなことを話題に持ってきたかと言うと、今日私は残念な光景を見てしまったからです。

なんだか今日はいつになく勤め先の前にタクシーがいっぱい溜まっていました。おそらく2月も近づいて商売的に閑散期に入ってきたのでしょうね。次期サマータイヤの選定過程に始まりスタッドレスを履いてからと言うもの、他のクルマの足元が気になって仕方がない私は、興味深くタクシーが履いているタイヤの銘柄を見て見ました。といっても遠くからですよ。いちいち近寄ってまでは見ません。不審者扱いされてしまいますので。

スタッドレスタイヤとサマータイヤって、横から遠目で見てもすぐ分かりますよね。スタッドレスはなんだか刺々しい感じがしますが、サマータイヤってつるんとして見えます。すると、4輪ともスタッドレスを履いているクルマはなんと10台中3台!そのほかは後輪だけスタッドレスで前輪はサマータイヤだったんです。

後輪スタッドレス、前輪サマータイヤだとどうなるか。

ちょうど分かりやすい動画を発見しましたのでご覧ください。動画は国土交通省が啓蒙のために作成しているものです。

ちょうどFRで試しているのでBMW乗りにはいいですね。

これで見ると、まあ当ブログをご覧の読者様はご存知か、簡単に想像がつくように、FFでは後輪が踏ん張れずにオーバーステアからスピンモードに、FRでは超アンダーステアに陥りました。

そして、「サマータイヤでもチェーンを履けば大丈夫だろう」と言うのも幻想であることがわかりますね。要するに、前後のグリップバランスが崩れるので、駆動輪だけスタッドレスの時と同じことが起きるわけです。

そして下り坂の制動距離を見ると、もう怖くてしょうがないですね。制動距離が2倍くらいに伸びています。これ、下り坂の先に信号があって赤信号だったら確実に交差点に飛び出しているレベルですね。

制動時は前輪に荷重がかかるので、前輪にサマータイヤを履いたFR車は特に危ないですね。これはチェーンでも同じ状況かと思います。もちろん、FFでは止まるかもしれませんが、リアタイヤが不安定ですので、下手をすると前輪を軸にクルッと回ってしまう可能性もありますね。

タクシーのクルマはほとんどFRですよね。

最近ではプリウスやプリウスαなどのタクシーもかなり増えてきていますが、大多数はクラウンコンフォートですよね。と言うことはFRです。

東京都内で雪が降ることは本当に稀です。ですが平成26年豪雪の時の東京都内の阿鼻叫喚っぷりを記憶している私としては、なんでそもそもサマータイヤで雪道を走れると思うのか不思議である上に、プロであるはずのタクシードライバーですら駆動輪にしかスタッドレスを履かないのか理解できません。

プロだから大丈夫だろう、とお思いかもしれませんが、プロでも物理法則には逆らえません。荷重が抜けているとかではなくて物理的にグリップしないんですから、現役F1レーサーでもどうしようもないですよね。たとえフェルナンド・アロンソやルイス・ハミルトンでもサマータイヤで雪道は走れません。彼らだって、レース中に雨が降ったらレインタイヤに変えますでしょ?

私が思うのは、プロだからこそ4輪にスタッドレスタイヤと言う基本中の基本を忠実に守り、一般ドライバーのお手本になるべきだと言うことです。

東京では、雪が降ると、それこそ平成26年豪雪の時もそうでしたが、バスや宅急便のトラックはみんなサマータイヤにチェーンを巻いて走ります。それだと、トラクションは確保できるかもしれませんが、クルマの基本性能の「走る」以外の「曲がる・止まる」にはまだ大いに疑問がありますよね。もっとも、そうならないようにバスやトラックはスピードを落として走っていますが、タクシーって決まったルート以外、雪が深く積もっている住宅街も走ります。東京も結構坂が多いですが、そういうところに来た時にはどうするんでしょう?私ならそういうタクシーには乗りたくありません。

もちろん、コストの問題がかなり大きいことは承知しています。が。

冬場の安全性を売りにするタクシー会社があったっていいのではないでしょうか?東京で雪が降ると、一気に公共交通網が麻痺します。そんな時に頼るのはタクシーしかない、という方も多いでしょう。

それなのに下り坂で止まりきれずにゴツン!なんてやったら、それこそプロとして面目無いじゃないですか。ですので、できれば4輪ともスタッドレスタイヤを履くように徹底してほしいものです。この国土交通省の啓蒙動画も、そうした思いで作られたのでしょう。

ちなみに私は、個人の車でスタッドレスを駆動輪にだけ装着しているクルマって見たことはありません。もしかしたらいるのかもしれませんが、それだったら金属チェーンを持っていた方がよっぽど経済的なような気がしますね。

しかも、最近では激安のアジアンタイヤがあります。値段が頭一つ抜けて高いブリジストンはさておき、他の一般的なタイヤメーカーのスタッドレスの半額以下で買えることもあるようです。しかも、性能もなかなかいいとの評判です。こうしたタイヤを導入すればコストの問題は解決しますよね。また、思い切ってオールシーズンタイヤを導入すると言うのも手です。

オールシーズンタイヤの可能性

2017.01.04
オールシーズンタイヤ自体は少し割高ですが、夏冬でタイヤを変えるよりは安く上がるのではないでしょうか?

スタッドレスを履くまでもないし・・・チェーンは装着が面倒だし・・・

そんなあなたに良い手があります。雪が降ったらクルマに乗らないんです。

これは決してふざけて言っているのではありません。当ブログでは、「渋滞が嫌なら渋滞しているところを走らなきゃ良い」と言う考え方ですから、よっぽどのことがない限りは、雪が降っても乗らないようにしましょう。

でも外せない用事があって、どうしてもクルマでなければ行けない!と言うのであれば、スタッドレスやチェーンを買ったと思って、そのお金でタクシーに乗れば良いんです。あ、もちろんちゃんと4輪スタッドレスを履いているタクシーですよ?

個人レベルでは、中々保管場所やコストの問題もあって、特に東京ではそこまでの冬の備えをする人の方が少ないでしょう。現に私も、特にスタッドレスやチェーンを持っていませんでしたが、そう言う時に雪が降っても乗りませんでした。そのような方の方が大多数だと思うんですよね。

だからこそ、公共交通の一翼を担うタクシーにはちゃんと雪への備えというものをして欲しいのです。私は今年はすっかり冬準備をしていますが、東京で雪が降っても乗ろうと思いません。だって、周りがサマータイヤだったら、自分がいくらスタッドレスで走っていても事故に遭うかもしれないじゃないですか?

いかがでしょうか?私もそうでしたが、クルマに冬準備がなくても普通に過ごせてしまう東京では、どうしてもこうした点がおろそかになりがちです。「飲んだら飲むな」は当たり前ですが、「(冬準備をしていない場合)雪なら乗るな」も標語に付け加えて欲しいですね。

では、今回はこの辺で失礼します。ありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク













8 件のコメント

  • pontaさん
    ご無沙汰しております〜すっかり年も明け 中々コメントを入れるタイミングが無く〜 昨年は貴重なアドバイスの数々 ありがとうございました!
    さて 今回の 雪が降ったら車に乗らない、、大爆笑でした!ごもっともです!
    実は昨年末ギリギリにサマータイヤの消耗に伴い442m 19インチに手を出してしまいまして タイヤはポテンザs001 これではもちろんチェーンなど付けられません!ですので私もその昔から東京での雪は車に乗らない派でした〜 だっていくら気をつけても他の車が滑ってきますからね。 ですので後輪スタッドレスのタクシーは不思議でしたね〜 怖いったらありゃしない 笑
    今回のサマータイヤ、コンチから久しぶりのポテンザへの交換でしたが やっばウエットでの操縦性はs001 とっても良いですね! 見た目のイメージもすっかり変わりました。ただ..プロテクションモールをどうするか..? 悩みどころです
    今年もよろしくお願いします!

    • char様

      お久しぶりです!またコメントいただけてすごく嬉しいです!

      おおおお19インチいってしまわれましたか!せっかくですのでプロテクションモールは剥がしてしまいましょう(笑)。ディーラーにお願いすると綺麗にやってくれますよ。このくらいはタダでやってくれるでしょう。

      >今回のサマータイヤ、コンチから久しぶりのポテンザへの交換でしたが やっばウエットでの操縦性はs001 とっても良いですね!
      ううう、次期サマータイヤをミシュラン・プライマシー3に決めた決心に揺らぎが出てしまいます・・・。そうなんですよ。S001は本当にいいんです。ただ、もう少し持ちがよければ・・・ですので私はスポーツ性は妥協してプライマシー3にしたんですよねー・・・・。

      まあそれはいいとして、雪の時は本当に無理は絶対に禁物ですよね。これはダメだと思ったら引き返す勇気も必要だと思っています。クルマを運転していて止まって引き返すって中々意識に出ないですけど、これは雪の時だけは常に頭の片隅に置いておかないとですね。自戒の意味を込めて。

      では、今年もchar様のお役に立てるような記事がかけるように頑張って参りますのでよろしくお願いします!またコメントくだいさいね。楽しみにお待ちしております。

  • 今シーズンは、雪、雪、雪が降っています。本日も雪です。仕事は大雪の為はじめて休業にしましたが、今後も、大雪の場合は、無理することなく、お休みにするように決めました^^ 
    pontaさんも言われていますが、大雪の時は自分が4WDやスタッドレスであっても、他の車がいろいろな走り方、装備をされていますので、まったく意味をなさない場合も多々あります。坂道の途中で止まった車がいれば、動きませんから! 国道なども渋滞していますし、追突などされた時には、最悪です。

    pontaさんに怒られそうですが、FF+TRC(トラクションコントロール)の技術の力で、滑らず登る^^止まらないけど!

    • bmwpopo様

      いつもコメントいただきありがとうございます!

      そちらの方は大変なようですね。さすがに雪だ雪だと喜んでいられない状況のようで・・・。大変でしょう。お察しします。

      おっしゃること、激しく同意します。昨夜来、岡山ー鳥取県境の米子道や国道で数百台の車が立ち往生していることがニュースになっていますが、これこそまさにbmwpopo様が表明されているご懸念を如実に表していますよね。米子道は私も夏に島根旅行で通った道ですので、なんだか他人事とは思えずにニュースを見ていますが、私のイメージですと、鳥取って結構雪が降る地域で、特に大山あたりなんて豪雪地帯ですよね?それでも、おそらく雪への対策が十分でなかった方が何人かいただけでこうなるのですから、坂の多い地形であり、かつ立体交差の多い東京で雪の日に何の備えもなく出ていくなど、無謀以外の何物でもありません。警察や自衛隊の仕事を増やすだけです(笑)。もっとも、雪道で滑り止め(チェーンかスタッドレス)を装備して走っていないクルマからは罰金を取る方向で検討中らしいですから、そうした光景もそのうち見れなくなるのでしょうけど。

      >FF+TRC(トラクションコントロール)の技術の力で、滑らず登る^^止まらないけど!
      bmwpopo様の今のおクルマは重いですからね。滑り出したら感性がついて中々止まりにくいと思いますので、ご注意くださいね。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • お寒うございます。プチご無沙汰しておりました。
    「雪なら乗るな」――私はまさにそのクチです(笑)。
    幸い当地(名古屋市近郊)は積雪が滅多になく、あっても年に1~2回。今月中旬にそこそこ積もりましたが、昼頃には道路(日陰以外)はすっかり消えていました。
    加えて自由業の強み?で、雪の日は勝手に休業できますから、スタッドレスいらずです。すみません。
    そんな私が言うのもナンですが、くれぐれも事故を起こさぬよう(巻き込まれぬよう)お気をつけ下さい。
    1月生まれのくせに寒さには滅法弱いので、この時期はクルマの走行距離も伸びません。従って330eも1日せいぜい10㎞程度しか走らないことが多いです。
    とはいえ、こんな時期こそエンジンに火を入れたくなるものでして、サイドミラーごしに排気管から白い湯気が上がっているのを見ると、なんだかほっこりします(←ちょっと変ですかネ)。実際ヒーターも、電気ですぐ暖まるものの、電気だけの場合とエンジンでお湯を沸かした場合とでは、かなり暖かさが違うような気がします。エンジン走行中は、まるで電気ストーブと石油ファンヒーターを同時に使用しているような感じなのですが、気のせいでしょうかね。
    そんな訳で通算燃費は21.6㎞/Lと、0.2ポイント落ちました。ただし何度も申し上げていますように、PHVの「燃費」ほどアテにならないものはありません。そもそも普通のエンジン車やHVの「燃費」の概念が、まったく通用しないからです。
    最近ようやくご近所にもバレて、「燃費はどれくらい?」と訊かれますが、答えようがありません。まして高速燃費の方が悪いなどとは理解を超える話ですよね。

    • 夢酒様

      お久しぶりです!いやー嬉しいです。またコメントいただけて。

      結構そちらの方でも降ったようですね。強い冬型の気圧配置ですので、東京はからりと晴れ上がってばかりでつまらないのですが、そんなことも言っていられない状況の場所もあるようで、全国のBMW乗りの方々の心配をしておりました(笑)。あ、もちろん豪雪の地域の方全員の心配もしておりますよ。

      >くれぐれも事故を起こさぬよう(巻き込まれぬよう)お気をつけ下さい。
      ありがとうございます。調子に乗って事故を起こさないように十分注意いたします。以外とBMWに乗っていると、雪道ではゆっくり走っても免罪符になっているようです。「FRか。しょうがないね。雪道に弱いからね。」みたいな感じで。そんなことはないんですけどね。要するに、終始グリップして走るか、多少滑っても素早く(DSCが)修正しながら走るかの違いだけです。

      あ、1月生まれということは最近誕生日だった?あるいはこれから来る?わけですね!お誕生日おめでとうございます!

      1日10km程度ということは・・・ヒーターでも使わないとエンジンの出番すら中々ありませんね(笑)。

      >エンジン走行中は、まるで電気ストーブと石油ファンヒーターを同時に使用しているような感じなのですが、気のせいでしょうかね。
      いえ、気のせいではないと思います。最近どこかで見た記事でモータージャーナリストの方が書いていたのですが、BMWの暖房は日本車のと違って、赤外線に当たっているかのように芯から温まると言っていました。全く同感です。私も今年、豪雪の湯沢に初めて行った時、地元の方の真似をして、高速で除雪作業待ちの間外に出て素早く雪を払い落として車内の戻った時、なんだかシートヒーターがついているかのような錯覚を覚えました。温風でシートが温まっていたんですね。ディーゼルの私のクルマでさえそうですので、さらに電気ヒーターもある330eではもっとぬくぬくとしていることでしょう。寒さに弱い夢酒様にぴったりですね。

      >PHVの「燃費」ほどアテにならないものはありません。
      難しいですよね、確かに。きっと、充電にかかった電気代も含めて、トータルコストがいくらかかったのか、それを1kmあたりに換算するといくらなのか、という方式でもなければ意味をなさないように思います。

      あ、でもプリウスなどはやっぱり高速燃費はさほどでもないらしいですよ、やっぱり。これがPHVに足しして正しい認識をしていれば、さもありなんで済むのでしょうけど、従来の内燃機関オンリーの考え方に縛られていると「高速の燃費がカタログ燃費に届かないとはどういうことだ!」ということになりそうですね。

      早く暖かくなって330eでまた怒涛の加速を楽しめるようになるといいですね。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

      P.S.お名前の方は僭越ながら私の方で修正させていただきました。

  • びっくりしました、チェーンを駆動輪に付けるからスタッドレスも駆動輪だけって発想なんですね。
    逆に目から鱗です。スタッドレスが出る前からずっとチェーンでやってきて頭に染み付いちゃったんでしょうかね。スタッドレスって四輪全てに装着する事以外考えた事もなかったです。
    タイヤが原因で車無くしちゃだ身としてはとても恐ろしい考えです。
    この冬は西日本も結構雪がちです。まだ間に合うかわかりませんが、やはりミシュラン スタッドレス探してみようと思います。

    • あっきろ様

      いつもコメントいただきありがとうございます!

      いよいよ納車の日が近づいていますが、いかがでしょうか?楽しみですね。私が楽しみにしてどうする!という感じですが・・・。

      後輪だけスタッドレスという発想、びっくりしますよね。私も「前輪は?曲がるときグリップしないけどどうするんですか?」と聞きたかったです。言われてみればあっきろ様の言う通り、チェーンは駆動輪にしか巻かないからというところからきたんでしょうけど、とりあえず私は乗りたくはないですね。えらく前後のグリップバランスが崩れて非常に危険だと思うのですが・・・。

      X-ICEはドライでもいいので、おすすめです。冬の間中ほとんどを雪の上で過ごす、という北海道のような地ならやはりBLIZAKKなどがいいのだと思いますが、そうでない場合にはドライでもしっかりグリップするX-ICEの方が安心できますよね。まだ在庫があるところもあるようですので、見つかることをお祈りしています。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です