318iに乗って嬉しいサプライズ!「街乗りにぴったり」なんて言葉に騙されるな!

思い立ったらいてもたってもいられないのは私の悪い癖です。前回記事で予告した318iですが、もう軽く乗っちゃいました(笑)。早速、私の印象をご報告します。

スポンサーリンク

まずは概観から。

改めてご紹介致しますが、今回代車としてお貸し頂いたのは、318i Standard、アルピン・ホワイトIIIです。


明るいうちに撮っておきました。私は特別仕様車の話題の度に「白・黒・シルバーはやめて!」と言っていますが、それでもこうしてみると、アルピン・ホワイトIIIの清冽なカラーにハッとさせられます。

ここで恒例のタイヤチェックです。

サイズは前後とも205/60R16、銘柄はブリジストンのTURANZA ER300 RFTです。まあ、普通のコンフォートタイヤですね。

では、室内を見てみましょうか。

Standardだからといって特に簡素な感じはしませんね。なんだかE90に通じるものがあります。

ステアリングは私のSportよりもリムが細いです。そして、ホーンボタン周りのシルバーの加飾はありません。

でも、センターのエアコン周りはグロスブラック。

恐らくこれがあるので簡素すぎない印象なんでしょうね。

思いもかけない鋭い出足

運転席に乗り込んでエンジンをスタートさせますが、室内は静粛なままです。少なくとも遮音が簡素化されているということはなさそうです。

そしてガレージをソロソロと出てアクセルに軽く足を乗せた時でした。

「あれ?こんなに力強かったっけ?!」

318iに試乗!〜 3シリーズってこうだ、と素直に思えるベーシックモデル

2016.10.15

そうなんです。以前試乗したM Sportの印象と違ったんです。かなり元気な出足で驚きました。ただ、これは後でわかったのですが、非線形のスロットル・・・ではないですね、非線形の開度が原因ではなさそうです。

これで1.5Lとは俄かに信じがたいです。メルセデスのC180といい、最近のダウンサイジングターボは本当によく出来ていますね。街中で流れをリードするなど簡単なことでしょう。

メルセデス・ベンツCクラス、試乗して来ちゃいました。そしてタイヤ調査にも進展が。

2016.11.26

夜の首都高速へ。

そのまま首都高速を目指します。実はそんなに長く乗るつもりはなかったのですが、あの出足の良さで好奇心に火がついてしまいました。そして、夜でも苦にならないと思ったのは、LEDライトの明るさもあります。

これ、真っ白で眩しいくらい明るいですね。色温度が高過ぎて若干コントラストに欠けるキライはありますが、遠くまで見通せる明るさは抜群ですね。よく、LEDライトは、光が直線的過ぎるので、照らしている所以外が見えにくいと言われますが、個人的にはそんなことは全く感じません。いい感じの光の広がり具合です。

まるで前輪が路面に食い込んでいるかのような回答性。

首都高速って、結構アップダウンが多いです。ダウンはいいのですが、アップの方は非力なエンジンだと速度をキープしにくいのも事実。318iの最高出力は100kw(136ps)、最大トルクは220Nm(22.4kgm)。現代の基準から考えると若干非力に感じるスペックですが、よく考えるとちょっと前のNA2L級のトルクがあるんですよね。

実際、首都高速のアップダウンでのスピードキープに関する私の心配は杞憂に終わりました。ただし320dのキープの仕方とは違います。320dでは大抵、ギアをキープしたままディーゼルならではの大トルクで低回転のまま速度をキープしますが、318iではすかさず自動的にシフトダウンして、エンジンの回転が跳ね上がります。

ですが、この場面でも室内は静粛です。エンジン音が聞こえてくるのは、大体4,500rpm以上からです。これ、ちょうど最高出力の発生回転数(4,400rpm)くらいなんですね。

そして、一般道でも感じていたのですが、首都高速で明らかになりました。

すごく乗り心地がいいです!タイヤのハイトが高いせいなのか、首都高速の継ぎ目も優しくいなします。静粛性の高さと相まって、かなり快適性が高いです。

リムの細いステアリングは少し大径に感じられ、快適性の高さから、何だか自分が優雅なリムジンでも運転しているような錯覚に陥りました。

スポンサーリンク

コーナーに差し掛かるまでは、ですが。

318i Standardのような乗り心地の良いクルマでコーナーをスムーズに抜けるには、まずはキチンと前輪に荷重をかけなければいけませんよね。

そう思って、基本に忠実に、ブレーキングを若干残しつつステアリングを切り込んだ時でした。

ギュイン。

決して素早くステアリングを切ったわけではありません。なのに、前輪が路面に食い込んでいるかのような回答性。

鼻先が軽いなんてものではありません。M Sportに試乗した時は気付きませんでしたが、これ、スゴく楽しいです。この後、調子に乗ってギュインギュイン楽しんでしまいましたが、逆に考えると、ディーゼルエンジンってやっぱり重いんだな、ということですよね。

ただ、この場合は318iの回答性の鋭さが群を抜いているのであって、ディーゼルの回答性が鈍いということではありません。

やっぱり318iはStandardでいいかも!

もちろん、デザインラインでもM Sportでも318iならではの楽しみは味わえるとおもいますが、快適性と回答性の鋭さを両立しているこのStandardが楽しくてしょうがありません。

リムが細いステアリングを駆使し、エンジンを高回転に貼り付けるべく、シフトレバーを左に倒してスポーツモードにするとかなり爽快なドライブフィールを味わえます。

ただ、一つだけ難点を挙げるとすれば、やはりエンジン音ですかね。

外で、しかも後ろから聞く分には野太い排気音にチューニングされているのですが、回した時の音は・・・やっぱり軽自動車の音を連想させます。あんなに割れそうな音ではなく、もっと柔らかい音ですが。野太い排気音の方は窓を閉めている限り室内には全く侵入して来ないので尚更です。

排気音の方をもっと室内に透過させればいいのに・・・あるいは、i8のようにスピーカーで排気音を増幅して室内に流せばいいんですけどね。でも、そんなことをしたら318iのもう一つの良さ、「購入しやすさ」が損なわれてしまいますね。

燃費を気にしない走りでしたが、可能性を感じる燃費でした。

あんなにエンジンを回しまくったのに、40分ほどのドライブでは10L/100km(10km/L)でした。

意外と落ち込みが少なくて驚きましたね。大人しく走れば街中でも12km/Lくらいは軽いのではないでしょうか?

318iと320dでは値段が違いすぎますので比較する方もいないとおもいますが、そうは言っても318iはハイオクなのが不利ではあります。正確な燃費は測っていないのでなんともいえませんが、320dで車両価格の元を取ろうと思ったら相当の距離を走らなければいけないことでしょう。カタログ燃費で比較すると、

318i:17.2km/L
320d:21.4km/L

そして、記事を書いている日現在の燃料の全国平均価格は

ハイオク:138.5円/L
軽油:105.6円/L

ここから、1kmあたりのコストを計算すると、

318i:8.1円
320d:4.9円

その差は3.2円/kmです。ここで、318iと320dの価格差は、同一グレードで比較すると、

318i:4,460,000円
320d:5,320,000円

本当なら装備も揃えて比較すべきなのでしょうがここではご勘弁頂きまして、ざっと計算する事にさせて頂きます。価格差が86万円ですので、320dを購入して燃料代で元を取ろうと思ったら・・・なんと268,750km!も走らなければいけないことになります。

しかも、自動車税の金額も318iは320dに比べて年間5,000円安いです。ここはもう少し安くてもいいのではないかと思いますけどね。

つまり、318iはトータルで一番お得な3シリーズの最右翼ということです。

安全装備も万全でお買い得

318iが追加されたのはLCI後ですので、BMW自慢のドライバー支援システムはほぼフル装備です。

レーン・チェンジ・ウォーニングも付いています。

これ、ちゃんと死角にクルマがいる時には見易くオレンジに光っているので非常にいいですね。ドライビングに集中できます。

スイッチもあるんですね。一番左側のがそうです。

私の320dツーリングはLCI直前なので、レーン・ディパーチャー・ウォーニングと、衝突回避・被害軽減ブレーキの二つしかスイッチがありません。

これで446万円はかなりお買い得、戦略的な価格と言えますね。まあ、絶対的には高いですが。

ただ、ACC(アクティブ・クルーズ・コントロール)が付いていません。普通のクルーズ・コントロールはついていますが、ここだけが惜しまれる所ですね。

2017/6/13追記: 読者様からのご指摘で、ACCは318iにはオプションでも用意されていない事が判明しましたので、当初文面より修正しております。

「素」の3シリーズはよかった!

いやー、318i Standard、期待に違わぬ楽しさでした。

クラシカルな3シリーズの良さが正常進化しているのがよくわかるクルマですね。実はこれ、普段320dツーリングに乗っているとそこまで感じないんです。ディーゼルだからというのもありますが、装飾を廃した素顔を見ることで、3シリーズの「成長」を感じました。

これはいいです。これで山道なんて走ったら相当楽しいですよ、きっと。しかも、私が感じたように、まるで自分の運転スキルが上がったかのように感じるであろうこと請け合いです。

もちろん、その快適性を生かして都市間高速での長距離移動だって、日本の速度域であれば簡単にこなせるでしょう。

「街乗りにぴったり」というのは、郊外のワインディングロードでも速度制限が100km/hだったり、アウトバーンでの標準速度が130km/hであるドイツでの話です。まっすぐな高速道路ですら100km/h制限のわが国では、必要にして十分ですね。

最低グレードだとか、直列3気筒だとか、その様な理由で乗らないでいると勿体無いです。むしろまず318iに試乗して、ご希望の3シリーズに試乗すると、ご希望の車種がどの様な性格を持つのか、よくわかるかもしれません。

長くなりましたが、ここまでお付き合い頂きありがとうございました。

では、今回はこの辺で失礼します。ありがとうございました。

スポンサーリンク













12 件のコメント

  • こんばんは。Eindruckです。
    318iの代車レポート拝読させていただきました。私の試乗のときもそうだったのですが、かなり走り出しがドーンと出るんですよね!いいですよねこの車!今年12年目なので、来年は自動車税15%アップは確実だから、何とかそれまでに2か4の橋渡しで318iにしたいんですけどね。(今日、それとなく乗り換えの話をしたところ、簡単に却下でした!「お金どこから出てくるの!」泣)
     あと、車両価格についての考察ですが、確かに3気筒エンジンのクルマに400万円後半の値段は『うーん?』と思うかもしれませんが、車両重量で考えたらどうでしょう?鉄の塊1.5tでいくらみたいな・・・。そう考えると、エンジンは車のパーツの最重要な部分ではあるけれども、それがすべてではなく、他の様々な部分の方が相当なウエイトを占めているわけで、例えば同じ3シリで6気筒エンジンが半分の3気筒エンジンになったからと言って車両重量が半分になるわけではないのだからと考えると、納得感があるような無いような?こじつけですね。

    • Eindruck様

      いつもコメントいただきありがとうございます!

      この試乗記、勝手気儘に感じたことを書いておりますが、やはりどうしてもEindruck様のことが思い浮かびまして(笑)。

      Eindruck様の325iももうそんな年になりますか。325iなんてまだまだ現役で走れますし、現在でも燃費はさることながら第1級の楽しさを持っていると思うのですが、本当におかしな税制ですよね。

      確かに、3気筒に400万円台は高いです。エンジンにフォーカスしておいた記事を書いておいてこういうのもなんですが、クルマの価値ってエンジンだけではありません。やはりクルマとしての走る・曲がる・止まるの基本性能がどれだけの余裕を持ってしっかりと対処されているか、ですとか、根本的な快適性や操縦性の良さをもたらすボディ剛性の確保などを考えて行くと、結構お金がかかる作りをしているのは間違い無いですよね。

      重さで考えるとは(笑)。日々奥様をご説得なさる手段を考えてらっしゃるのが伝わってきます。これは面白い観点ですね。ただ、むしろこれからはCLARなど、「軽さ」にお金を払って行くことになるような気がするのですが・・・。

      やはり、道具としての総合的な完成度の高さを訴求して行くのが良いのでは無いでしょうか?さらに、所有する喜びというのは女性にも、ジャンルこそ違えどわかっていただけるはずですので、その方面で行くのも良いかと。その過程でもし、私の記事がお役に立てたら嬉しいですが(笑)。

      もし奥様を予算的なことでご説得できるのであれば、118dや218dアクティブツアラーとかもいいかもしれませんよ。特に118dはもっともっと増えて然るべき実力を持ったクルマだと思っています。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • かつて4気筒の3シリーズが318iのみで2L以上は6気筒だったE36やE46の時代、318iの利点として6気筒より軽いフロントによる回頭性の良さが謳われていました。(いや今でも言われますね)
    3シリーズの主流が4気筒になった現在、3気筒の回頭性の良さが叫ばれるのはとても面白いですね。
    E46がLCI前後でM Sportが設定された頃、M Sport用の太いタイヤは318iでは力不足だとよく言われました。
    もしかしたらPontaさんが試乗したM Sportも前後違サイズの18インチなのでそれと同じ状況と言えなくも無いのではないかと。
    デザインラインは17インチが標準ですからまた違った印象を受けるだろうと思います。(中間的?)
    惜しむらくは318iは全てのデザインバリエーションでACCの設定がオプションにすらありません。
    3シリーズの醍醐味とライトなフロントによる回頭性の良さは味わえますが、BMW(ジャパン)の想定する所の3シリーズというキャラクターからは少し外れているという事かも知れません。
    とは言え3シリーズの末弟、装備はACCが無い事を除いてPontaさんが明記された装備以外にもエアコンも2ゾーン式ですし、自動防眩ミラーや後席エアアウトレット、照明付きバニティミラー、メモリー付き電動フロントシート、スピードリミッター機能や前後アームレストも標準装備です。オプションならサンルーフまでも選べてしまいます。必要にして充分な装備ですから、Pontaさんは既に味わわれましたがBMWの良さは十二分に満喫できるはずです。価格もこれだけの装備にも関わらず、E46の318iとの価格差は15年で50万円も無いくらいです。
    拡充された装備分を差額で買ったと考えれば実質値上げしてないくらいのリーズナブルさだと思われます。ただ車種がかなり増えてしまった今、初めてのBMWとしてのお勧めはと聞かれた時、装備たっぷりの1シリーズか一クラス上の3シリーズかはたまたX1か勧める方も悩んでしまいそうなところが唯一の困りもんです。

    • あっきろ様

      いつもコメントいただきあ理がとうございます!

      まずはACCに関するご指摘ありがとうございます。早速余分な文言を削除し、公開と同時に結構な読者様にお読みいただいていたので削除した旨も追記しました。

      今回のコメントもさすがにあっきろ様らしいコメントで脱帽です。E46は所有しておりませんでしたので私には比較することができませんが、現行318iはそう考えるとリーズナブルと言っていいのでしょうかね。絶対的には高いですが。

      確かに、今回の試乗車はほとんどオプションも付いていない、素の状態の318i、しかも元々素に近いStandardですから、普段意識することのない、F30のE90からの連続性を感じながら乗っておりました。

      3シリーズ好きの私としてはなんの不満もないです。しかもこの代車、まだ走行3,400kmほどの新車でして、室内には新車のかほりが(笑)。新車のニオイっていいですよねー。納車直後からの蜜月や、モーターショーのワクワク感を思い出して高揚しました。

      走りにはなんの不満もありません。強いて言えば、関越の関越トンネルに向かっての長〜い登りがきついかな?という程度です。関西の方ですと・・・私は旅行で通り過ぎるので詳しくありませんが、宝塚トンネル付近の登りでは、意識して踏み込まないと行けないかもしれませんね。ですが踏み込めばかるーく爽快に吹け上がりますから、スピードはキープできるはずです。私が昔乗っていた1.8Lの初代プリメーラなんて、レインボーブリッジに向けての登りでもスピードをキープできませんでしたから、同じ「1.8L」と言っても隔世の感がありますよね。いや、実際に隔世してますが(笑)。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

    • あっきろさんこんばんは。
      先回のあっきろさんからのコメントを機に、pontaさんの記事だけでなくコメント欄までくまなく見るようになりました。
      皆さんの興味深いコメントが、自分にとって貴重な情報になります!

      上記にありますように、初BMWを考えている自分にとってはまさに!という状態になっています。
      値段だけもそうですが、運転した感じでは118dがもの凄く印象深くて選びたいし、
      高いけど荷室の広さとズッシリとした安定感では320dツーリングだし、
      高いけど見た目の大きさからくる存在感と運転する目線の高さによる快適性ではX1の18dだし。。。
      どれをとろうかと悩んでおります涙
      悩む時間が勿体無いのですが、やはり悩みます!

      • エスポさん、こんばんは。
        後から思えば悩んでる時間が一番至福の時ですよ。
        次いで納車までの待ち時間。本国オーダーになってしまうと最低3ヶ月くらいは待たないといけません。思う存分悩んでください(笑)
        今ならまだ318i CLASSICも間に合うでしょうし。
        自分の生活パターンに一番似合うモデルが長く付き合っていくには大事だと思いますけれど。
        とはいえ買って乗ってみたら、目から鱗で生活パターンが変わってしまうなんて事も無きにしも非ずですから、そうでないといけないなんて事もありません。好みで選ぶのもありです。
        勿論納車直後も幸せな時間ですが、徐々に日常になっていきますからね。
        その代わり手に入れた後は折に触れ、いい物買った感が味わえます。毎月の支払いだけはしないといけませんけど。

  • 318iの価格がリーズナブルと思うのですから、BMWに乗られている人は、本当に凄いと思います。国産車乗りからすると、価格が高すぎて、候補にもなりません^^pontaさんは、3シリーズでもさらに上級な320dですし、ついていけないですね。次期車も、523dですし!さらに、ついていけません。

    • bmwpopo様

      いつもコメントいただきありがとうございます!

      いや、確かにそうですね。感覚がおかしくなっています。絶対的には高いですよね。ですが、今や高嶺の花となっている3シリーズにしては、まあ、リーズナブルに見えます。実際、価格差は装備内容やエンジンを考慮してもお得だと思います。

      えっと、次期車が523dっていう振りですよね?この前段。ですが次期車は523dではありません!(笑)あ、ほら、こぐま様がメモとっちゃってるじゃないですか!もう、やめてください(笑)。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • レポありがとうございました。アルピンホワイトもなかなかでしょう(笑)。
    Standardの控えめさ、これみよがしさがなくていいですよね。オーナーの生活に従順な感じで。
    BMWのベーシックモデルを私はよく「素うどん」と表現します。余計なの(トッピング)がなくて
    毎日食べて(乗って)も飽きない存在という意味です。318iは正に必要充分、そんなモデルですね。
    100km/hが日常なドイツの交通事情でも走れる318なのだから、日本の道路で余裕綽々なのは当たり前。
    だから今の日本で320以上のグレードは「それ以上の余裕」のための、ある意味自己満足なのかも(汗)。

    • ジャンキーオーヤマ様

      いつもコメントいただきありがとうございます!

      なるほど!素うどんですか!関係ないですが、たまたまボディカラーが白いこともあってすっと私の中で失われたピースがはまるように違和感のない表現でした。

      318iはさしずめ、素うどんは素うどんでもしっかりとしたコシがあって食べ応えがある讃岐うどんといったところですかね。決してやわなうどんではないでしょう。

      >Standardの控えめさ、これみよがしさがなくていいですよね。オーナーの生活に従順な感じで。
      BMWのベーシックモデルを私はよく「素うどん」と表現します。余計なの(トッピング)がなくて
      毎日食べて(乗って)も飽きない存在という意味です。318iは正に必要充分、そんなモデルですね。

      そうですよね。なんだか、これまた白いボディカラーから受ける印象ですが、出しゃばらない普通のクルマを演じているように見えます。本性は知ったものにしか明かさない、みたいな。その本性を解き放つとドライバーはこの上なく運転に没頭できるという、悦楽をもたらしてくれるのですが、それ以外の時は従順であくまで控えめ、という感じですね!

      これは本当に言い得て妙で、痛く感心して拝読しました。勉強になります!

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • お疲れ様です!
    前回投稿した時は、既にBMW純正のディーゼル燃料添加剤を通販で購入&投入して、燃費気にせずぶん回しておりました、Fペース乗りのこぐまです。
    元々、ちょい乗りメインで、月の走行距離が100km程度なのでDPF再生の事などを考えると、ディーゼルよりは間違いなくガソリン車に乗った方が良いとは分かっているのですが、アダプティブ(可変)サスペンションのMOPが付いていて、車検の入れ替えまで納車が間に合う車両が試乗車上がりのディーゼルしか無かった兼ね合いで、結果的にはスポーツディーゼルを楽しんでおります……(^_^;)
    それにしても、記事の通り、ここまで変わるのか!と言うくらい変わりますね。試乗車と言う事で、手元にくるまで7070km走行しており、7350kmで投入、現在7410kmですが、スムーズに回るっ回る~!楽しくなっちゃいますね。常時Sモードで平均燃費は9.3km/lですが……前車のゴルフ7Rが丁寧に乗っても7kmくらいだったので、燃料単価からもお財布に優しいです。
    あとは、ドラポジが決まれば問題無いのですが、ランバーサポートが付いて無い……んです……ジャガーもOP盛らないとダメなんですね。試乗車上がりなので、これもどうしようも無く後付けランバーサポートで頑張って、ようやく落ち着いてきた感じです。

    318i、ベーシックな中に3シリーズの良さが凝縮されている感じで、発表後から気になっておりました。ベストカーだったと思いますが、水野さんがべた褒めしてましたし。ただ、新車価格だと、320xdriveの新古車、試乗車上がりが狙えてしまうと言う……新車にこだわらなければ程度の良い認定中古車でも十分楽しめると思います。

    pontaさんの次期車は523d、と……・°°・_〆(・o・ ;)メモメモ

    • こぐま様

      いつもコメントいただきありがとうございます!

      Fペースでも添加剤の効果をご実家にただけたようで何よりです。そう伺うと、本当に私もご紹介できて嬉しいですし、よかったなーと心から思います。ありがとうございます!

      ランバーサポートに関しては以前記事を書かせていただきましたが、考えようによってはこの記事に書いたように、イェンピュールとかを買って代々のクルマに持ち込んで使っていく、というのも手だと思いますよ。
      http://ponta01.net/normal-or-sport

      他にも、ドライビングポジションの合わせ方は、BMWのスポーツシートに関しての物にはなりますが、もしかしたらご参考になるかもしれませんので、こちらの記事をお読みいただけるといいかもしれません。
      http://ponta01.net/sportseat

      あ!bmwpopo様のおっしゃっていることは嘘ですよ!私は523dは買いませんし買えません!

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください