2018年10月から採用される新燃費基準「WLTP」って何?

今の車の燃費はJC08モード燃費という基準で測定され、カタログに表示されているのはご存知の通りです。この燃費表示、三菱自動車の燃費計測不正問題で一気に注目を浴びましたが、不正に減税していたことは問題とはいえ、私は正直申し上げて燃費表示としては大した問題だとは思いませんでした。だって、目安にはなるかもしれませんがあまりに実燃費とかけ離れていますよね?

スポンサーリンク

建前と本音

普通は逆に言いますね。

ですが、あえて逆に申し上げたのは、いわゆるカタログ燃費であるJC08モード(建前)と実際に乗って初めてわかる実燃費(本音)の順番に合わせてあえてこう申し上げたかったのです。

このJC08モード燃費、元々はそれ以前の10.15モード燃費に変わって登場しました。10.15モード燃費って、今すぐには具体的な測定方法を見つけられなかったのですが、あまりにゆっくりと加速し、非現実的な低速で走るという試験方法だったことから、より現実に近付けるために登場した基準です。

当然ながら10.15モードよりもJC08モードの方が大体1割程度燃費が悪くなりました。

ところが、JC08モードも現実とは程遠い燃費を叩き出します。計測方法が決まっているため、その計測方法に合わせたギア比を設定したり、エンジン特性をチューニングすることで、結局はかなりの低燃費数値を出せます。しかも、国産メーカーにはJC08モードで低燃費を出すための技術を持ったドライバーがいるということですから、輸入車にとっては一種の「非関税障壁」ですよね(笑)。

では2018年10月から導入されるWLTPによって実燃費に近くなるのか?

そもそもWLTPって何?

WLTP(Worldwide harmonized Light vehicles Test Procedure)というのは、ヨーロッパ主導で世界中の排出ガスと燃費の計測基準を統一すべく定められたものです。日本では監督官庁たる国土交通省や、経済産業省が主導して導入していますね。Phase1からPhase3まで分かれていますが、2018年はPhase2の最終年にあたるので、本格的に計測区方法が統一されるとされているPhase3よりも前となりますが、通常温度での測定方法はPhase1で統一されているので特に問題にはならなさそうですね。

このWLTP、ヨーロッパが主導しているだけあって平均速度が上がるそうです。アイドル時間、つまりアイドリングストップ時間も少なくなって、ある意味厳格な測定方法と言えます。

で、どうなるの?

国交省の試算ですと、意外とJC08モード燃費と変わらないそうです(笑)。ですが、PHVやHVに関しては大幅に表示燃費が落ちるという見込みもあるようです。

なんか調べるとイマイチな感じがします。

燃費表示の計測方法を統一するというのはいいのですが、調べれば調べるほど日本では最高速計測モード(130km/h)がないなど、なんだか骨抜きにされている印象を受けます。

スポンサーリンク

逆にPHVやHVの燃費が落ちるというのは、誇大な燃費表示を防ぐ目的もあるのだと思います。BMWだって、最初に330eなどのPHVのニュースが流れた時って、50km/Lの燃費!という報道もあったやに記憶しています。あまりに現実離れした数値に、そんなことあり得るの?!と私は驚きました。ただ、当ブログの読者様の情報によると、走行パターンによっては実現可能な気もしていますが・・・。まあ、それも「充電する電気代はかかっていますからね。」というのは、330eオーナーの読者様がご指摘なさっていた所です。

ですが、こうした一部車種に不利な方法を採用することで、技術の進展に水をさすようなことにはならないかと心配です。どういうことかというと、極端な例ですが、「アイドリングストップしてもあんまり燃費は稼げないから廉価グレードでは省略しようか」とか、「PHVやHVに不利になったから、そこまでバッテリー容量を大きくしてEV走行が少しでも長くできるようにしなくていいや」といったようなインセンティブがメーカー側で働きはしないか、ということです。もちろん、排気ガスの排出量では有利なのは間違いないのでそんなことにはならないと思いますが。

結局、新しい燃費基準になってもカタログ燃費はあくまで目安に過ぎないということですね。

やはりヨーロッパ風に、市街地燃費と高速燃費と複合モードの3種を表示すればいいのに。

私は未だにこう思っています。例えばある2台のクルマを比べて見て、市街地燃費は同じでも高速燃費がこっちは悪いな、などとなれば、クルマの性格もわかって面白そうじゃないですか?

そして、最近よく流行っている、二酸化炭素排出量の表示。これも導入すれば環境性能がわかるのでいいですよね。大体燃費がいいクルマが二酸化炭素排出量が少なくなりますので、そのうち二重に表示する意味があるのか、という批判も起こりそうですが・・・。

そして、さらに日本では問題のNOXやPMなどの大気汚染の原因となる排出物の量も表示すればいいのにと思っています。そうなれば、クルマ選びも多様化しそうですよね。例えば、燃費が多少悪くても、大気汚染物質の排出が少ないクリーンな排気の方が選ばれるとか、それでも燃費命で選ぶのか、という観点もできるかも知れません。

EVやPHVの基準も同じく統一されるんですよね?

今って、結局EVモードで走行できる距離もJC08の走行モードで測っていますよね?これもおそらくWLTPの走行モードで計測するようになるでしょうから、その際に航続可能距離がどうなるかというのも興味が湧きますね。PHVに厳しい基準のようですので、軒並みEVやPHVの航続可能距離が少なくなれば、逆にEVやPHVの航続可能距離競争は激化して、こちらは逆に技術革新のスピードが上がるかもしれません。

そうなれば環境にとってはいいことですので歓迎ですが・・・果たしてどうなるでしょうか?

では、今回はこの辺で失礼します。ありがとうございました。

スポンサーリンク













8 件のコメント

  • 私も燃費不正問題は消費者には直接関係ない問題だなぁと思っていました。勿論あの会社が信頼を再び落とすには十二分でしたが…。特に消費者があの値を盲信して大損したというわけでもないですし。むしろ節税出来た分得したとも言えます。ユーザーに追徴課税されたら、それこそ大問題になっていたでしょうけれど。

    10.15モード以前は10モード燃費と60km/h定値走行燃費の併記式でしたね。
    電気製品の消費電力も複雑な制御をしているものは状況毎に瞬間消費量は変わるので単純機能のものより表現は難しくなります。
    結局製品の性能のとある切り口を横並びで判断する基準ですから万能ではないわけで性能全体を表現しきれるわけでもないですね。
    なのでPontaさんのおっしゃる通り複数の切り口を並べた方が性能を把握し易くなるので私も賛成です。

    • (元)E46乗り様

      いつもコメントいただきありがとうございます!

      いやー10モードと60km定地燃費、懐かしいですねー!これには私は煮え湯を飲まされた思い出があります。

      まだクルマに乗り始めの頃、よくわからなくて、60km/hで走行したら本当にこの燃費で走れると思っていました(笑)。こんな燃費、逆立ちしたって出ることはないと気づいたのはしばらくしてからです。ですがその後も、そういう燃費表示方法があるのだから、60km/hあたりで走るのが一番燃費がいいと信じ込んでいたのは内緒です。でもこれって、今にして考えれば目安としては10.15モードやJC08燃費よりも良かったように思います。

      実際、60km/hで走り続けるのは定速走行なのでですので燃費はいいですが、クルマによって一番燃費の良い速度域って違いますよね。かつてはカタログにエンジンの効率曲線が書いてあって、そのグラフでいちばん曲線が下に凹んでいるところを、できるだけ高いギアで走ればいいのではないかと思って頑張っていたのですが、最近はカタログでそうした効率曲線を見ることも少なくなりましたね。

      燃費の表示方法にご賛同いただけて嬉しいです。私たちはまだまだ少数派かもしれませんが、ユーザーの声が反映された燃費表示方法に変えていって、真に目安になる燃費表示が実現することって・・・あるんでしょうかね?ちょっと先の見通しは暗いと言わざるを得ませんが・・・。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • 以前(10年度ほど前)は、輸入車の表記燃費と実燃費の差が小さく、
    表示上の燃費はあまり良くなくとも、実燃費が意外とイイよね、という感覚でしたね。
    .
    最近は、表記燃費が国産車と同じように、
    見た目だけの燃費がよく、実燃費はそれほどでもない、という状態に
    なってきてしまったのは残念なところであります。
    .
    弊員のAH3も、表記上は16.5km/Lだったと思いますが、
    これは正直言って達成出来る気がしません。笑
    いや、究極的にエコラン&高速道路のみを走れば達成可能かと思いますが、
    そんな条件の燃費を語っても意味がないのは言うまでもありませんね。
    .
    新方式で、
    高速なら14-15km/L、郊外なら12-13km/L、街乗りなら10-11km/Lと言われれば、
    私には若干厳しいですがw、まぁなくはないかな、という感覚であります。
    .
    そんな形になっていけばいいなぁ、と思う今日この頃です。

    • CMO様

      いつもコメントいただきありがとうございます!

      おっしゃる通り、輸入車はカタログ燃費と実燃費の乖離が日本車に比べて少ないですよね。これは輸入車が日本の燃費測定なんぞは最初から考慮していないエンジン特性とギア比の設定にしていることもあるのでしょうが、「燃費計測用ドライバー」がいなかったというのも関係あると風の噂で聞いたことがあります。本当かどうかは確かめようがないですが。

      でも、日本車よりはマシじゃないですか?ほら、あそこを走っているプリ○スですとか、あっちのア○アなんかより、Activehybrid3のカタログ燃費の乖離の方が全然マシですよ(笑)。

      なんとかActivehybrid3でカタログ燃費を達成したいですね。まずは当ブログでご紹介しているガソリン用の添加剤を入れて、清浄効果が高いと言われBMWの添加剤と同じ効果があると言われる清浄剤の入ったシェルのハイオクを入れて1回燃料を満タンから空にして燃焼系を洗浄してから高速道路での定速走行とECO PROモードを使えば、18km/Lくらい行きませんかね(笑)?

      いずれにしても、燃費表示は消費者目線では乖離が大きすぎて目安にすらならない状態が続いていますよね。クルマの特性を把握しやすい、複数の走行モードでの燃費表示が実現して欲しいと、切に願わずにいられません。このままだと、輸入車を購入するときは、本国のサイトを見て比べるのがいいかもしれないですよね。

      Actibvehybrid3、パワーがあってついついアクセルを踏みたくなりますが、一度燃費チャレンジもされて見て、どういう時に燃費良く走れるのかのパターンを掴まれるといいと思いますよ。燃費チャレンジもお試しください。あ、もちろん、結果は教えてくださいね(笑)。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております。

  • 燃費については、公的なものとしては今のところアメリカ環境保護庁のものが一番実感に近い数字になるかと思います。 

    例えば、CMO様のAH3だとcity:25MPG(10.6km/L)、highway:32MPG(13.6Km/L)、combined:28MPG(11.9Km/L)となっていて、この数字はe燃費サイトで報告されている11.83Km/Lと殆んど変わりません。残念ながらponta様の320dはアメリカでの販売がないようで載っていないため、328iのcombined:27MPG(11.5Km/L)と328dのcombined:36MPG(15.3Km/L)から寸法を測るか、あるいはベンツとかアウディあたりの近いモデルが載っていればそれを参考にするという手もあるかも知れません。

    一方、「燃費」といえば必ずでてくるプリウスの場合は、city:54MPG(22.9Km/L)、highway:50MPG(21.2Km/L)、combined:52MPG(22.1Km/L)で、これはe燃費の26.55Km/Lとは差がありますが、先代モデルだとcombined:48MPG(20.4Km/L)に対してe燃費では21.38Km/L(EPAの場合、日本より平均速度が高いと思われ、それがプリウスには不利に働く分の差が出ているようです)となり、現行モデルよりは差は小さくなっていますから、現行モデルもサンプル数が増えるとEPAと近い数字になってくる可能性はありそうです。

    EPAの測定方法がどのようなものなのかは語学力に乏しいのでよく知りませんが、それでもJC08モードよりは余程「そんなもんだろうな」という数字になっているので、おそらく実際の走行により近い方法を使っているのだろうと思われます。

    下記のURLでメーカーと車種を入力して出てくる数字に0.425を掛ける(1.609を掛けて3.785で割る )とKm/Lになります。御参考までに。
    http://www.fueleconomy.gov/feg/findacar.shtml

    • ワンタッチ機能オフ男様

      いつもコメントいただきありがとうございます!

      すごいですね!私はMPG(Miles Per Gallon)は換算が面倒でやる気も起こりませんでしたが、km/Lへの換算係数を教えていただきまして、これからはちょっと違う目で見れそうです。mileは大体1.6kmというのは覚えていましたが、gallonは・・・。
      実はYouTubeでよくアメリカのモータージャーナリストのレビュー動画を見るのですが、燃費はMPG、居住性の評価ではfeetとinch(これはまあなんとか換算できます)、荷室容量はcubic feetで言われて、どのくらいなのか見当もつかなくて途方に暮れていました(笑)。私もワンタッチ機能オフ男様を見習って、今度はcubic feetのLへの換算係数を出して見ますか。というか、Google先生に聞けばいいんですね。今調べて見たら1cubic feet=約28.3Lでした。

      おっしゃる通り、この表記は実燃費に近いような気がしますね。PHVがいたずらに低燃費だけで表示されないのもいいポイントです。これからはこちらも参考にしたいですが・・・なんと!320dはないのですか?!うーん、ガソリンが水より安いアメリカですからディーゼルはやはり不人気ですね。

      ですが、今回も大変貴重な情報をお教えいただきありがとうございました!またのコメントを楽しみにお待ちしております!

  • 実燃費を、国道、高速、山道など、走って、レポートしているのがありますが、このようなテストをランダムに選ばれた一般人も交えて、結果の平均をとる!剥離のない燃費になると思います。その審査員に、pontaさんがなる!そうすると、新型の車にたくさん乗れます^^良いですね~!燃費ジャーナリストのpontaですと名乗れる日も来る!

    • bmwpopo様

      いつもコメントいただきありがとうございます!

      燃費ジャーナリストですか(笑)。確かに、いろんな車に乗れて楽しそうですが・・・MやALPINA、他にもAMGなんかに乗せてもらった日には逆にストレス溜まりそうです(笑)。「思い切り踏みたいです・・・(泣)」みたいな。

      というか、一度燃費計測したドライバーに、まさに自分のクルマそのものを運転してもらってどのくらいの燃費を記録するのか知りたいですよね。と同時に、現役レーシングドライバーにも乗ってもらって、サーキットでどのくらいのパフォーマンスを発揮できるのかも知りたいです。BMWがそういう機会を作ってくれれば楽しいですけどね。当ブログでもご紹介した、Toto BMWのサーキットイベントなんかは、レーシングタクシーを体験できたので、そういう意味では非常にいい経験でしたね。今でもあの時の320iツーリングラグジュアリーのことを思い出すと、すごいなあ・・・と一人ポーッとしてしまいます。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です