BMW3シリーズのフォグライトに驚きの機能!ご存知でしたか?

取扱説明書を何気なく読んでいたら、フォグライトに関して、今まで知らなかった記述が載っていました。個人的には驚きまして、もしかして意外と知られていないのでは?と思いましたので、ご紹介します。

スポンサーリンク

取扱説明書は読みましょう。

私は新しい機器などを購入した時に、最初に取扱説明書を読みません。が、ある程度基本的な操作がわかってから、もっと機能がないかな?と思って所々拾い読みしていっています。

お陰で結構当たり前の事を知らなかったりしますが、まあ、後々アップデートされるので、自分の中では良しとしています(笑)。

今回は、別のことを調べていたのですが、「ライト」の項目を何気なく読んでいまして、フォグライトに至った時に、「え?!そんな機能があるの?」という記述を発見したというわけです。

フォグライトの広配光機能

私の愛車、前期型のF30 /31では、フォグライトがハロゲンとなっております。ご存じの通り、ハロゲン光は全方向に均一に広がる特性を持っているので、ヘッドライトに使用すると比較的広い範囲を照らしてくれるのが利点ですよね。

BMWの3シリーズのフォグライトは、これを生かしてさらに横の方まで照らしてくれます。以前当ブログでご紹介しましたが、オプションのコーナリングライトは、このフォグライトの横まで照らす機能を利用し、ウィンカーを出している方向のフォグライトのみ点灯して、曲がる方向を照らすものです。

私の愛車にはコーナリングライトは付いていませんが、真っ暗な道で曲がる時には手動でフォグライトをオンにして、この機能を使っています。低い位置ですが、かなり横の方を照らしてくれるので、曲がり角のてっぺんに石を置いていたりしてある場合に発見しやすく、非常に重宝しています。

フォグライト・リアフォグライトの功罪

2016.08.18

驚いた機能とは?

まあ、個人的には、正直申し上げてフォグライトにこれ以上の期待なんてしていません(笑)。それよりも、低めの色温度で、地面近くできっちりと光り、自車の存在をアピールできればそれでいいです。もっと言えば、私はフォグライトに「前方を明るく照射する」ことを求めていないんです。それはヘッドライトの役割ですしね。

ところが、取扱説明書にはこう書いてあるんです。

スイッチ位置Aでは、フォグライト点灯時に広配光の補助機能が速度110km/h以下でオンになります。

なんですかこの隠しコマンド?!要するに、私が意識せずに恩恵を受けていたフォグライトの広い範囲への配光は、「ライトスイッチ位置がAかつ速度が110km/h以下」という条件だったから、ということですよね?!

じゃあ逆に、「広配光」ではない時はどうなるのか?実験して見ました。

まずはライトスイッチ位置Aで。

スポンサーリンク


広配光状態でフォグライトを点灯すると、必ずヘッドライトも点灯してしまうのでわかりにくいですが、ここでは横方向への広がりにご注目ください。そして次にライトスイッチ位置をライト点灯の位置まで持っていくと・・・

・・・あまり変わらない気が(汗)。でも、上の方の写真では自転車を超えても明るい部分が右に伸びて言っているのに対して、下の写真では自転車より右側は気持ち暗くなっていますね。

うーん、どうなのでしょう?横に広がらない分正面に強い光が行って明るいのかと思ったのですが、フォグライト単独で比べることができないのでよくわかりませんね。

状況によって使い分けができる。

この機能、一見するとなんの役に立つのかわからないかも知れませんが、結構意味があるのではないかと思っています。

まず、大抵の場合において、そもそもフォグライトを点灯する必要がある場面ってそうないので、普段は「ヘッドライトオート+フォグライトオフ」で済みます。

そして夜間に真っ暗なワインディングや、住宅街を走る時には、必要に応じて「ヘッドライトオート+フォグライトオン」で、広配光機能を使って進行方向を幅広く照らします。曲がり角の先、コーナーの先も照らせますよね。

そして、中々ないですが、濃霧に遭遇した場合。この時、フォグライトをオンにするのはもちろんですが、場合によっては、日中にヘッドライトを点灯すると、その強力な光が目の前で乱反射し、視界が真っ白になってしまうことがあります。

これは、明るい所から暗い方向を見ようとしても見えないのと同じで、ヘッドライト光が目の前で拡散してしまい、手前が明るくなってしまうので奥が見えないことになります。

その時に、「ヘッドライトオフ+フォグライトオン」で、地面に近い位置のみ点灯させれば、自車のアピールもできますし、目の前が真っ白になることも回避できそうですよね。つまり、ヘッドライトスイッチの位置をスモールライトにし、フォグライトをオンにするということです。こうすればヘッドライトが点灯しません。

中々そういう状況には遭遇しないでしょうけど、もし機会があったらお試しください。というか、私も試してみたいです。

まあ、そうはいってもほとんどはオートライトのいちで、必要に応じてヘッドライトをオン・オフするだけで済むとは思いますけどね。

では、今回はこの辺で失礼します。ありがとうございました。

スポンサーリンク













6 件のコメント

  • オプションでアダプティブLEDライトを付けたので、コーナリング時にイン側が明るくなるのはヘッドライトの仕事だと思っていましたが、Pontaさんの記事を見てフォグランプも点いてたりするのかも知れないと思いました。
    今度夜間にハンドルを切った状態でフロントを眺めてみたいと思います。
    それにしても芸が細かいですね。

    • あっきろ様

      いつもコメント頂きありがとうございます!
      あっきろ様の4GCは、LEDのフォグライトですか?この広配光機能、もしかしたらその特性から考えるとハロゲンのフォグライトだけかもしれません・・・ちょっとよくわからないですが。
      HIDライトって記事の写真の通り、ロービームの時の上方のカットラインが真っ直ぐ揃っているんですよね。つまり、上方へ光が拡散しないので、対向車を幻惑しない様になっています。この特性はハロゲンでも同じです。ただ、これがLEDライトだとこのカットラインがきちんと出ないみたいなんですよ。つまり、上方に光が漏れるということですね。
      何が言いたいのかと言うと、LEDフォグだと、これがいい方向に行くかも知れないということです。つまり、下の方についていて、カットラインが綺麗に出るハロゲンのフォグライトはあまり上の方を照らしませんが、LEDフォグライトだと比較的上の方も照らすのではないか、と。そして、もしLEDフォグでも広配光だと、ハロゲンの様に路面近くを照らすだけではなく、比較的高い位置も照らせるのではないかと。
      そうだといいんですけどねー。ご観察なさった結果、お待ちしております。
      なんにせよ、アダプティブLEDライトは羨ましいです。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • 今乗っている車は、LED自動というのがあり、ハイビームが基本になります。ロービームに自動で切り替わるシステムがついています。ハイビームの状態でも、部分的に遮光をこまめに制御しているみたいです。先行者、対向車、歩行者には、まぶしくないように制御する。実用的にはつかえそうです。

    ただ、運転手からは、メーターパネルでは、ハイビームになっていますので、大丈夫かな?と心配になります。前車に本当に近くなると、メーターパネル内でもロービームに切り替わりますが、普通に走っていると、対向車がきても結構、ハイビームのまま走行しています。1度もパッシングのようなことはされたことはありませんので、部分的に上手に遮光されているでしょう。関心します。はじめ街灯などでもあかるい所から、暗いみちにはいると、常時ハイビームなのですが、視界があかるくなるのが、わかります。これをみると、制御しているのがわかります。コーナリングランプも照らす範囲が動くので、体感出来ます。
    電子ブレーキシステム、オートホールドなどで、サイドブレーキが自動になると、サイドブレーキの存在もわすれます。ハイビーム、ロービームも、同じようになるでしょうね。

    • bmwpopo様
      いつもコメント頂きありがとうございます!
      ハイビームアシスタントは憧れの機能の一つです。
      最近になってようやく、「ライトはハイビームが基本!」と騒がれる様になりましたが、まだまだ浸透していない様ですね。特に、高速道路の街灯がない区間を走行している時はハイビームでないと危ないと思うのですが・・・。
      コーナリングライトも含めると、最近、ようやく自動車メーカー各社とも「視界の確保」に重きをおく様になって来てくれて嬉しい限りです。私はど近眼なので、もちろんコンタクトレンズを装着しているものの、夜になると視界の確保に気を使います。定期的な休憩はもちろん、目を潤すための目薬などは必需品ですね。
      まあ、手っ取り早くナイトビジョンというのもありますが、まだまだオプション価格がお高すぎますしね。BMWレーザーライトもそうです。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • フォグがそんなことになってたのですね。
    今度試して見ます。
    過去に書かれていたホームライトはe46の時から使ってました。隠れキャラ探し楽しいですね。
    今後も楽しみにしてます。

    • aroma様

      初めまして!当ブログをご覧頂きありがとうございます!コメント頂き大変嬉しいです!

      取説にはそう書いてありましたが、実際には中々気づかない程度です(笑)。ただ、このフォグライトの照射範囲の横への広さは秀逸でして、暗い夜道でも路肩をバッチリ把握できます。ですので、私は暗い山道で対向車がいない時などは積極的に点灯していますね。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!なんでもお気軽にコメントくださいね!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください