今年1年の試乗のハイライトは・・・。

気づいたらもう大晦日ですね。なんだか今年はやたらと1年が早く過ぎたといいうか、年末バタバタしたこともあり年末気分に浸らないままにここに至っています。さて、今年もありがたいことに色々な車に試乗しましたが、自分なりにハイライトを考えてみました。

スポンサーリンク

まずは何と言ってもALIPNA D3!

もう、これは間違いありません。誰がなんと言おうと今年のベスト試乗車は文句なくALPINA D3です。

ALPINA D3に試乗してまいりました!こんなすごいクルマが世の中にあったとは。

2017.07.30

印象は上記記事と重複するので避けますが、このクルマはw足しにとって本当にカルチャーショックでした。まさに私の理想のクルマはこれだ!と思いましたね。すでにモデル末期となっているF30系ですが、ALPINAであればまだこれから10年は戦えます。

そして、私が試乗する際に評価の基準となるのはやはり現在の愛車320dツーリングなのですが、そのクルマがベース(形だけですが)ということで、さらに我が愛車への愛着を強くさせてくれたという、嬉しい副作用(?!)までついていくるというものでした。今でも目を閉じてあの時のことを思い出すと、感動が蘇ってきます。

M2との楽しい日々。

あと、M2を短い時間とはいえ代車としてお借りできたのは本当に貴重な経験でした。

M2が、ついに我が家のガレージに!

2017.05.22

BMW M2をフツーに乗ってみる(一般道編)

2017.05.23

BMW M2をフツーに乗ってみる(高速・軽いワインディング編)

2017.05.24

BMW M2に乗って家族みんなでドライブ!

2017.05.25

これも今でも感触を思い出せるくらいの強烈な体験です。

このM2の個体は以前下ろしたての新車の時に試乗したものと同じでしたが、台車としてお借りした時にはエンジンの感触がさらに滑らかになっていて驚愕しました。BMW伝統の直列6気筒エンジンの底力というか、伝説はまだ健在であることを強く感じましたね。

そもそも、Mのような刺激の強いクルマですと、短い試乗時間ではその刺激の部分のみを強く意識してしまい、生活の相棒として使用するにはどうなのか?という点まではわからないことが多いです。ですが、このようにある程度の時間乗ったことでMは日常使用に耐えるということは確認できましたし、容易に秋のくるものでもないことも、いや、それどころかきっと生活を彩る存在になってくれるであろうことすら発見できたというのは大きな喜びでした。

もちろん、この結論はM4でもM6でも変わらないと思います。この2台はそれこそ限られた時間の試乗でしたが、このM2体験がなければ、この2台だって日常の相棒として素晴らしいクルマであることが想像できなかったかもしれません。

M4 Competiton、高速試乗して参りました!

2017.05.27

BMW M4試乗!とにかく気持ちいいしカッコいい!

2017.09.17

5シリーズ、やっぱりよかった。

そしていち早く5シリーズ、しかも523dに試乗できたのも、タイミングがよかったとはいえ嬉しい経験でした。しかもその後、530e・540iまで高速試乗できたのは本当に嬉しかったですね。

新型5シリーズ、試乗してきました(かなりフライング)!〜上質さを極めたミドルクラスサルーン

2017.02.04

新型5シリーズ、高速試乗してまいりました!〜Toto BMW高速試乗会1

2017.03.04

記事にも書いてありますが、もう圧巻の出来です。F10も素晴らしいクルマでしたが、G30系になってからここまで飛躍的に上質感が上がるとは思いもしませんでした。そういう意味では、私の想像を超えたクルマでしたね。新世代プラットフォームCLARの威力で軽量化も果たしていますし、これはすでにEセグメントのベンチマークの座をメルセデスEクラスから奪い取ったのではないでしょうか?

スポンサーリンク

そしてマセラティ!

BMWではないのですが、マセラティの試乗も個人的にはハイライトです。

BMW X5ディーゼルとマセラーティ・レヴァンテを乗り比べるという贅沢!〜レヴァンテ試乗編

2017.02.26

マセラティ試乗にお邪魔してきました! 〜 グラントゥーリズモ編

2017.12.03

マセラティ試乗にお邪魔してきました! 〜 レヴァンテ・ディーゼル編

2017.12.05

実はレヴァンテに最初に試乗した時(X5との乗り比べ試乗)、すでにレヴァンテの魅力にやられていたのですが、マセラティ幕張さんにお邪魔して試乗させていただいた時には、最初の記事で指摘していた直進性もLKAをはじめとする高度運転支援機能に助けられて見事に改善されていたので、ますます欲しくなってしまいました(笑)。しかもディーゼルモデルはそれと気づかぬほどの静粛性(外からも)を実現していて、むしろガソリンモデルよりも上質な印象でしたね。

そして世代としては旧世代に属することになるのでしょうが、グランツーリスモにも見事にノックアウトされました。何でしょうね、Mとは違って声高に主張するアスリート、という感じです。あ、意味わかりませんよね?(笑)Mって、クルマに詳しくない人からすると「フツーのビーエム」と何が違うのかよくわからない、という感じのアンダーステートメントなクルマであることはご高承の通りですが、マセラティは見るからに「スポーツカー」と見られるスタイリングと、本当に声高に主張する排気音、あのマセラティ独特のいい音ですが、Mとは決定的に違うんです。

これも普段から当ブログで申し上げていますが、BMWが大好きな私でも、BMWがどの程度の立ち位置にいるかというのは、たまに他メーカーのクルマに乗って見ないと見失ってしまいます。そういう意味ではメルセデスやアウディなども乗りましたが、やっぱり根本的にはそのクルマが持っている「文化」が同じなんですよね。でも、マセラティのように、目指すところは「走る楽しみ」というところはBMWと共通しているのに、「文化」が違うというのは、本当に衝撃的でした。

今年1年、ご愛読いただきありがとうございました!

最後になりましたが、2017年もたくさんの方にご愛読いただきましたこと、この場をお借りして御礼申し上げます。

最近、コメントへの返信が滞っておりますが、全てじっくりと読ませていただいておりますし、この休み中に一気呵成にご返信申し上げるつもりでおります。

本当に今読んでいただいているあなたの存在こそが私の支えです。読んでくださる方が少しでもいらっしゃる限り当ブログは続けていきたいと思っています。

また、私がこうして試乗車を振り返って「楽しかったな〜」とニヤニヤできるのも、Toto BMWさんをはじめとして、現在はqマセラティ幕張にいらっしゃる前担当のUさんのおかげです。試乗に祭してお世話になった全ての方々にこの場を借りて御礼を申し上げます。

では、今回はこの辺で失礼します。来年も当ブログをよろしくお願いいたします!

 

スポンサーリンク













12 件のコメント

  • どのクルマも試乗されるので、プロ目線でない率直な感想が聞けるので楽しみではあります。
    そして試乗記の続きは、購入記も期待しています。
    冗談はさておき、良いお年をお迎えください。
    来年も楽しみにしています。

    • 密柑山 三郎様

      いつもコメントいただきありがとうございます!

      まあ、プロ目線ではない代わりに私の主観というか好みがはっきりと出てしまうので万人向けではないのかもしれませんが、むしろ私みたいな「フツーの」人間が乗ってどう感じるのか、ご参考にしていただけると嬉しいです。

      こ、購入記ですか・・・えーっと、今のところは当ブログのデビュー記事で我慢しておいてください(笑)。私自身でも時々あの記事を読んで、購入した時のドキドキ感を思い返したりしているんですよ(笑)。次は一体いつになることやら(遠い目)。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!今年もよろしくお願いいたします!

  • 振り返ると、2017年はBMWディーラーで1度も試乗をすることはありませんでした。試乗どころか、BMWディーラーに行くこともありませんでした。ニュー5シリーズの実物も見ていませんね。笑
    蜜柑山 三郎と同じく、購入記を楽しみにしています。車検前にぜひ!
    コメント書いているうちに、2018年になりました!!
    本年もよろしくお願い致します。

    • bmwpopo様

      いつもコメントいただきありがとうございます!

      何と何と、BMWディーラーに一度も行きませんでしたか!5シリーズは最近街中でみる機会が一気に増えてきましたね。やはりお得感が高い523dや530iが多いですね。

      購入記は・・・今のところデビュー記事で我慢しておいてください(笑)。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!今年もよろしくお願いいたします!

  • Ponta様、並びにPonta様のブログをお読みの皆様。
    あけまして、おめでとうございます!
    今年も皆さまの様々な記事・コメ楽しみにしています。
    年末28日、接触事故を起こしてしまい最後の最後にケチがつき、悶々としております。
    糸島にJA売り上げ全国1位の『伊都彩々』という市場があり、そこの駐車場待ちのとき、妻を路上に降ろしている間に、前のクルマが移動していて、スペースが空いたところに、後続の高齢者マークの『軽』が割り込んできて、右バンパーに接触!こちらも車間を詰めるために、発進したところだったので、気づいた時には軽が右から割り込んできたところで、ブレーキが間一髪間に合わず・・・。
     腹が立つのが、「停車して人を降ろしていたから追い抜いた。自分は悪くない100:0だ!」と同じことの繰り返し。からっきしお話しになりません。
     警察呼んで事故処理し、お互いの連絡先を交換して、その場を離れました。(その頃に妻の正月の買い出しは終了していました)帰宅してから保険屋に連絡。ところが、自分の保険会社は事故担当がきちんと対応してくれたのですが、その担当の話では先方の保険屋は年末休暇で事故対応が休みとのこと!こんなことあるんですか?もし、人身等の重大な事故だったらどうするのか!休み明けには先方の記憶も(こちらの記憶も)薄れ、まともな過失割合が出せないのでは?
     年末から正月にかけて、非常に暗澹たる気持ちで、今『なまさだ』を見ています。
     因みに、板金代は行きつけの板金屋に翌日見積もりに行って予想通りの2諭吉で、免責条件から自腹となります。今回学んだことは、「休日等の高齢者マークの『軽』には気を付けよ」ということでした。
     今年もよろしくお願いいたします。今年の春休み休暇に横浜に帰省するかもです。その時にはTOTO BMWにいってみようかなと思います。

    • Eindruck様

      いつもコメントいただきありがとうございます!

      それはそれは・・・災難でしたね。まあ、こう言っては何ですが、駐車場にいるんだから当然注射しますよね?人を降ろすだけだったらわざわざ駐車場には入ってきません。それで先方のおっしゃる言い訳というのを考えてみると、何とも浅ましい駐車場争いをする人だなあ、としか私には思えません。

      世の中、本当にいろんな人がいますね(ため息)。どこか遠い星の人だと思って諦められる話であればいいですが、実害を受けて悶々となさるEidruck様の心中、察するに余りあります。早く解決できるといいですね。

      「休日等の高齢者マークの『軽』には気を付けよ」・・・全く同感です。よく「年末は事故が多い」と言いますが、なぜ事故が多いのか、よくわかります。高齢者マークに限らず、普段運転していない人が運転しているので見ていてハラハラするクルマばかりです。私の自宅近くの高規格の幹線道路でも、当然制限速度は一般道上限の60km/hなのですが、信号が比較的長くない区間でも40km/h以下でノロノロ走るクルマなどがいて驚くばかりです。用事があって乗らなければいけないのはわかるのですが、運転も一緒で、いかに普段乗る用事がないとはいえスキルを維持するための努力はするべきなのではないかな、と最近とみに思うようになりました。

      帰省の際にはTotoさん言って見られるといいかもですね!私がご担当さんにお電話をいただいた時は、「お正月は混みます・・・普段乗られない方の板金とかで・・・」とおしゃっていましたが(笑)。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

    • はじめまして!
      蜜柑山 三郎というモノです。
      年末から新年にかけて気の毒なコトで心中お察しします。
      さて、相手側の老人も、クルマが動いているのだから過失はないとは言えません。老人も前方不注意、安全運転義務違反の嫌疑があるからです。
      あくまで、結果論ですが免責で自腹切るなら、その場で五分五分にしてお互いのクルマは自分で直し、多い少ないは互いに言わない。を伝えて泣き別れにした方が良かったのかも…。でも腹立たしいですね。

  • 初めてコメントさせて頂きます。いつも楽しく拝見させて頂いております。
    昨年5月にラグジュアリー、メディテラニアンブルーの登録済未使用車を大幅値引き交渉して、念願のBMWオーナーとなりました。
    登録が2月なのでそろそろ1年点検を考えなければなりませんが、Pontaさんは良いディーラーとお付き合いされていますね。私はBMW Tokyoで購入したのですが、試乗のお誘い等の案内は来たことがありません(笑)
    定期点検のみのお願いではTotoさんは嫌がりますかね?出来ればそれを機にTotoさんとお付き合いが開始出来ればと思っているのですが、、、

    • 330e様

      いつも当ブログをご覧いただきありがとうございます!コメントまでいただき大変嬉しいです!

      この度は330eオーナー様になられたとのことで、本当におめでとうございます!330eに試乗した時のことはよく覚えておりまして、他の3シリーズとは違う、上品かつスポーティな感触に大変感銘を受けたのを覚えております。当ブログ常連コメンテーターにも330eオーナー様が何人かいらっしゃるので交流が始まるといいですね。

      Toto BMWさん、点検からでももちろんいいと思いますよ。過去に記事で書きましたが、私の知人のBMWオーナーも車検から付き合いを開始しましたが、それまでのディーラーと違ってそれはそれは丁寧に対応していただけたそうで、驚いていました。「こんなに違うんだ。」と言っていましたね。これも当ブログでなんども申し上げていることですが、いくらBMWが好きでもいいディーラーさんから購入できないと安心してクルマライフを楽しめません。そういう意味ではToto BMWさんのようなディーラーにお世話していただいている私は本当にラッキーだと思っていますし、むしろToto BMWさんにお世話になることでそれに気付かされたという面もあります。

      今はX3の試乗車があるようですのでフラッと立ち寄られてみるのはいかがですか?1年点検間際であれば、きっとそこでお申し出なされば予約できると思いますよ。

      では、今後とも当ブログをよろしくお願いいたします!またお気軽にコメントくださいね!またのコメント、楽しみにお待ちしております!

  • Pontaさん、読者の皆様、明けましておめでとうございます。
    昨年中は色々な話題でここで好き勝手書かせていただき、日々の活力になりました。
    昨年はようやくF36が納車となりしばし途切れていたBMWライフを再開できました。これからも途切れず長く続けていけたらなと思います。
    今年もよろしくお願いします。

  • 今年も楽しませて頂きまして、本当にありがとうございます。来年も宜しくお願いします

  • pontaさん、pontaさんブログ読者の皆様
    あけましておめでとうございます。
    昨年は、タイヤ交換の情報を探している中、多くの方がランフラットに否定的なことを書かれている中、ランフラットの意義(メリット)を発信されている方はいないかと探しているときに、pontaさんのブログに辿り着きました。お蔭で、迷いが吹っ切れ、ピレリP-Zeroのランフラットに交換することが出来ました。ありがとうございました。
    試乗の方は、愛車の点検時に、ディーラーが代車で貸してくれるF30に何回も乗せてもらいました。流石に、他社の輸入車の代車はありません。今、乗ってみたいのは、アルファロメオのジュリアです。なかなか、代車が置いてあるディーラーがないので、ぜひ、pontaさんに試乗してもらい、試乗記を投稿いただけないかなぁ…と期待しています。
    今年一年、pontaさんと皆さんにとって良い年になりますよう願っています。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です