6シリーズGTの開発風景?!撮影者はなんと当ブログの読者様です!

スポンサーリンク

私は新型車のスパイフォトなどを見るたびに思うのですが、こういうテストってどこでやっているのだろう?と考えたことはありませんか?この度はなんと、当ブログの読者様から大変貴重なお写真を頂きました!これ、すごいですよ。

スポンサーリンク

輸入車の新車テストなんて日本でやってないでしょ?

・・・とお思いになる方もいらっしゃると思いますが、答えは「いいえ、日本でもやっています。」ということになります。

これはもちろん、日本仕様にローカライズを行う上でのテストが大部分ですが、そうでないケースも存在します。

クルマにとって最も大事なのは耐久性。ここでいう耐久性とは、「長持ちするかどうか」ではなく、「過酷な環境に耐えられるかどうか」ということです。

たとえば、2017/7号のCGでは、レクサスLCの開発過程の記事があります。そんなに前から取材していたのかと驚きましたが、酷暑の環境として、夏のデスバレー(アメリカ、気温が50℃にも達する)で行なっていたり、厳冬期の北欧で寒冷地テストをしていたりします。

要するに世界中の過酷な環境でテストするわけです。そして、どこのメーカーだか忘れてしまい、今ソースも手元で探せないのですが、「真夏の東京の渋滞」をテスト項目にしているところもあるそうなんです。世界有数の過酷さ・・・だということですよね、クルマにとって。人にとっても過酷ですが(笑)。

今回頂いた写真はこちら!

だいぶもったいぶってしまいましたが、今回頂いた写真はこちらです。


ご提供頂いた読者様は以前も遭遇したことがおありだそうで、2013年9月の時はこの様な感じだったそうです。

カモフラージュの仕方が全然違いますが・・・2013年の方は、カモフラージュの軽さから2シリーズクーペであることが容易に判別できます。でもこれ、時期的には2シリーズクーペの発表前ですよね?!今調べてみると、2シリーズクーペの発表はドイツ本国で2013年10月、日本発売は2014年2月なんですよ!

改めて今回のテスト車を見てみると、2シリーズクーペとは違って完全防御ですね。これは、完全にブランニューの新型車だと思って良さそうです。後ろ姿から見える異形テールパイプも、新世代のBMWであることを示していると思われます。

それに加え、SUVではない4ドアのファストバックスタイル。となるとGTですが、3シリーズGTはLCIが施されたばかりで、今更完全カモフラージュでテストする意味はありません。

となると、候補はただ一つ。

G30型新型5シリーズをベースとするGT、次期型では6シリーズを名乗ると噂の6シリーズGTそのものではないでしょうか?

いやー、だとしたらこの写真ってすごいです。季節柄、渋滞といっても炎天下ではないのでさほど過酷な環境ではないので、どちらかというと日本向けのローカライズのテストかとおもいますが、もうそんな段階なんですね。

個人的には次期5シリーズベースのGTが本当に6シリーズを名乗るのか、まだ疑念を抱いてはいますが、思ったより開発ペースが早いと感じました。

写真からわかること

まずは上でも申し上げた異形テールパイプ。これはどうもこれからのBMWのスタンダードになっていきそうな感じですね。

そして、お尻周りのボリューム感は、現行5シリーズGTより少しスッキリした様に感じます。カモフラージュ柄のせいかもしれませんが、少なくとも、私は現行5シリーズGTの後ろ姿から受ける、若干鈍重そうな印象というものは薄らいだ様に見えます。

ボディサイドのキャラクターラインは・・・ちょっとカモフラージュでわからないですね。5シリーズの様な「ダブルプレスライン」でシャープな印象を出すのか興味があるのですが。

リアコンビネーションライトの造形は、G30型5シリーズの印象に近いですかね。まあ、これだってダミーかもしれませんが。

GTは「淘汰されない」車種

以前、当ブログでBMWやメルセデスの幹部の発言として、車種の整理に伴って淘汰される車種があることをご紹介しました。

クーペやカブリオレの未来はどうなる?!メルセデスとBMW幹部の衝撃的な発言。

2017.05.18

ここでGTをこの文脈で考えてみると、全体的なxDrive導入の流れの中で、3シリーズGTにxDriveをいち早く設定したBMWは、どうやらGTを一種のクロスオーバーと考えている節が伺えます。

そして、これからも生き残っていくクルマの例としてクロスオーバーが挙げられていたのは、ご紹介した過去記事の通りです。

つまり、GTは「淘汰されない」側なんですね。まあ、この写真が6シリーズGTだったとして、日本でテストしているということは、少なくとも日本にも導入されることはほぼ確実でしょう。

いかがでしょうか?素人なりに色々と考えて予想して見ましたが・・・当たっているかどうかは神のみぞ知る、といった所ですね。

あなたの受け取り方はどうでしたか?

末筆になりますが、改めて今回お写真をご提供頂いた読者様に厚く御礼申し上げます。

では、今回はこの辺で失礼します。ありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク













4 件のコメント

  • 私もPontaさんの見立てに同意です。G30ベースのGTですね。以前のスクープ写真からするとF30系GTの様にロングホイールベースではない様なのでF30に対するF36の様に全高もほぼ変わらずにリフトバックにするのかと思っていましたが、今回の写真を見るにサイドウィンドウがG30よりも立ち気味に見えます。という事は全高もG30よりも高いであろうと予想できます。
    クロスオーバー的な位置づけとしてはそれもありかなと思います。
    というかG30のサイドビューを改めて眺めると、F30に比べるとリアウィンドウはかなり寝ていて、F36のルーフラインに近いものがあります。
    そのままリアウィンドウをハッチにしたら外観の差別化は難しそうです。
    という事で開発中の時期G30系グランツーリスモ、なかなか順当なモデルチェンジの様な気がしてきました。
    因みにドイツ車の昨今のバリエーションデザインの早さはベルリンの壁崩壊が影響している事ご存知ですか?
    旧西ドイツにあったプレミアム御三家は壁崩壊後に東欧諸国にデザインセンターを立ち上げ、現地の若いエンジニアやデザイナーを雇って訓練しました。
    20年以上の時を経てそのデザイン力が身を結び、ドイツ本国でのメイン設計とほぼ同時進行で派生車種の設計が進められるために矢継ぎ早に発売できる様になったそうです。
    E36の頃など派生車種に2年くらいかかるのは当たり前で順次開発するものだから最後の派生車種デビューから2年くらいしたらメインがフルモデルチェンジみたいな事が平気でありましたから、大したものですね。

    • あっきろ様

      いつもコメント頂きありがとうございます!

      ああ、良かったです。おいおい、GTじゃないよ!と突っ込まれたらどうしようかとビクビクしておりました(笑)。こうして考えると、新車開発のスパイフォトを記事にするのって、案外難しいものですね。

      「ベルリンの壁崩壊で新車開発のペースが早くなる」、風が吹くと桶屋が儲かるの類似表現として辞書に載せて欲しいですね(笑)。確かに、東西統一後のドイツは、東ドイツ地域の発展に相当気を配っていた印象があります。私が◯十年前に新婚旅行に行った時も、東ドイツ地域はまだまだこれから感があったものの盛んに工事をしていて、開発に励んでいる様子を目の当たりにしました。実際、雇用面でも西ドイツ企業が積極的に東側の人材を雇用して、東西格差の解消にドイツ一丸となって努力した成果でしょうね。何か、日本メーカーはミニバンばっかり作っている間に遠く引き離されてしまった感がありますが、やはりドイツという国自体の底力は計り知れませんね。教育という国家百年の計を見事に結実させている訳ですからね。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • pontaさんも、カモフラージュ仕様の車にして、写真に撮られましょう!都内ですから、注目です!
    Mpontaが出るかも!と話題になります。

    • bmwpopo様

      いつもコメント頂きありがとうございます!

      いやいや、写真撮られちゃいますから遠慮しておきます(笑)。大体、ここで「お、それいいですね!」って言って中身がF31のツーリングが走ってたらすぐ私ってバレちゃうじゃないですか(笑)。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です