東名の事故に思う 4 〜追越車線って高速道路だけですよね?

さて、前回記事の最後で予告した、私が感じているもう一つの違和感、追越車線についての記事となります。これは、以前から非常に気になっていたのですが、今回の事故へのSNSでのコメントを見て、一度はっきりとさせたいと思っていたことでして、お付き合いいただければ幸いです。

スポンサーリンク

追越車線をずっと走り続けてはいけない、そりゃそうです。

東名の事故でのSNSのコメントで、煽り運転いついで多い意見が、「追越車線」に関するものでした。どういう流れかというと、要するに煽られる側にも原因がある→追越車線をずっとちんたら走り続けるな!ということです。

確かにその通りです。私も長距離運転をしているときに、100km/h制限区間で追越車線をずーっと80km/h強で走り続けるクルマを見ると、走行車線に避けはしないのかとイライラすることがありますし、特に東京は名古屋・大阪といった大都市圏近郊ではそういうクルマが非常に多いです。高速道路を走っていると必ず、走行車線に1台もクルマがいないのに追越車線を走行し続けるクルマをよく見かけますが、私には見えないクルマでも見えているんでしょうか?(笑)

そして私がコメントの中で一番怒りを禁じ得なかったのがコメントがこういうものでした。

「いろんな人が走っているんです。走行車線に戻るのが億劫な人だっているでしょう。」

コメント全文を読む限り女性のコメントのようでしたが、怒りを禁じ得ませんでした。前半部分はいいです。色々な人が、それぞれに色々な事情を抱えて走っています。ですが、後半部分は全く同意できません。あえて言いますが、こんな考え方の方にはすぐにでも免許証を返上してもらいたいです。

高速道路で追越車線をずっと走るのは「通行区分帯違反」という立派は道路交通法違反です。

しかも、「いろんな人が走っている」というのであれば、なぜ走行車線に避けないのでしょう?スピード違反は周囲も迷惑に巻き込む危険な運転ですが、巻き込まれないために、少しでも事故のリスクを減らすために、そうしたクルマにはあえて危険な左からの追い越しをさせることなく、さっさとやり過ごすのが防衛運転というものではないでしょうか?自分が居座り続けることで、事故を誘発しかねないことに気づいていないのでしょうか?このコメントをした方も、いつか今回逮捕された犯人のようになり得ますよね。

本当にこれには怒りを禁じ得ませんでした。自分の足で走っているならともかく、クルマでちょっとみらを見て安全確認し、ウィンカーレバーを操作してステアリングをほんの少し切るのが「億劫」だなんて。

ええっ?!一般道で「追越車線」?!

SNSのコメントを読んでいると、私が「また来たか」と思うコメントがやはり出て来ました。一般道で片側複数車線がある場合の一番右側車線を追越車線であると認識してコメントしている方が多いんです。

これ、前々からネットで見て気になっていました。一般道で追越車線はないという認識です。

大体、おかしいですよね?だって、一般道の右側車線が追越車線だとしたら、右折車はいつでも追越車線から右折レーンに行かなければ行かないことになります。どんな低速車でも、です。これって、重大な事故を誘発することになりますよね。

さらに、都市圏ではトラックなどの騒音が大きい大型車は中央寄りの車線を走行するように指定されているところもあります。沿道が住宅街の場合に多く見られます。騒音対策のようですが、効果があるかどうかと言われると個人的には効果はないのでは?と思っていますが、一般的には低速車であるトラックを中央寄り、つまり右側レーンを走行させるというのと右側車線が追越車線というのは矛盾します。

さらに、以前、新聞だかネットだか、どのメディアかを記憶が定かではないのですが、首都高速では右側からの合流や右側への出口分流があるので、走行車線と追越車線の区別はない、ということを目にしたことがあります。首都高速か警察かのどなたかにインタビューしていた、半ば公式見解と取れる信ぴょう性の高いインタビュー記事だったのですが、この理由づけを見ても、右折レーンが存在するような一般道において、右側車線が追越車線ということはあり得ないですよね。

実はこの勘違いも大きな問題。

ただの勘違いで終わりそうなことですが、これが実は問題を引き起こしている場合もあるようです。

この東名の事故に関連してSNSに自分の体験談を投稿している方、非常に多いのですが中にはこの勘違いが元でトラブルになった疑いがあるものもあります。

ずっと(一般道の)右側車線を走っていられるとイライラする、ですとか、(これまた一般道の)右側車線を走っていたら煽られた!ですとか。

そもそも右側車線は追越車線ではないので、煽る方も勘違いしている可能性がありますし、イライラしている方も勘違いしている可能性があります。実際問題として、右側車線は流れが左車線より早いですが、これもこうした勘違いから来ているかも知れません。

スポンサーリンク

日本では一般道は追越車線ではないですが、国際的にはどうなんでしょうね?私も海外で運転した経験はありますが、新婚旅行でドイツに行った時は、アウトバーン以外の道路では特に左側(中央寄り)車線の流れが早いということはなかったように思います。ですが、車線数に関わらず追い越しの頻度が日本と比べ物にならないほど高く、その際には「追い越しは中央寄りから」というのがどこの道路でも徹底されているように感じました。

日本では、「追い越しは右側から」というのは教習所で教わったので常識としてご存知かと思いますが、私が印象的だったのが、私が受けた学科の授業では「追い越し」と「追い抜き」は違う、ということを強調していたことでした。

その時の教官によると、「『追い越し』とは前方のクルマを追い越して、そのクルマの前方に車線変更して入ること」、とのことです。この場合に、左側から追い越すと違反になる、とのことでした。

そして「追い抜き」に関しては、元々違う車線を走行している、速度の違うクルマ同士が、横を通り過ぎていき、そのまま車線変更をしないこと、と説明され、これは左から「追い抜き」をしても違反ではない、ということでした。

この時は驚きましたね。なにせ、免許を取得する前からドライビング本を読み漁っていた私とすれば、右側からしか早いクルマは来ないものだと思っていましたから。左側から来ることもある、というのは危ないように思いました。

ですがまあ、左車線の方が流れが早いときまで「追い抜き」を禁止すると流れが悪くなってしまうので、当然といえば当然ですかね。

随分と脱線してしまいましたが、一般道ではいくら右側車線の方が流れが早いからと行って、追越車線ではない、ということ、そして、それが意外と間違えられているがためにドライバー同士で意思疎通というか、認識の齟齬が起こってトラブルに発展する例もあるようですので、お気をつけくださいと申し上げたかっただけです。

パッシングライトで煽られるのが嫌だ!ムカつく!という方ほど後方にはご注意を。

人はどうしても闘争本能があるので、追い越されること自体が気に入らない方もいらっしゃると思います。そもそも自分は法定速度の上限で走行しているのに、その自分を追い越していくなんて許せない!という正義感もあるでしょうが、スピード違反の謙虚は警察にお任せしましょう。

自分が嫌な目に合わないためには、私がいつも当ブログで申し上げていることですが、「譲り合い」の気持ちが大切です。スピードを出して後方から迫って来るクルマがいたら、速やかに走行車線に避けるのが一番なんです。無理して割り込むことはありませんが、「あ、お急ぎなんだな。もしかしたらトイレを我慢しているのかもしれない」ですとか、「遠くに住む親御さんがご危篤で先をお急ぎかもしれない」とポジティブに考えて、まずはご自身が事故に巻き込まれないようにしましょう。

私ですか?私は強面のメルセデスSクラスとかが後ろから猛スピードで迫って来た日には、相手には聞こえないのに「あああごめんなさい〜今すぐどきます〜」と口に出して言って速やかに走行車線に避けます(笑)。できる限り、追いつかれる前に。家族は後席で苦笑(嘲笑?)していますが。

だって、そこで「ここは100km/h制限だ!そこを100km/hで走っているんだから文句ないだろ!」って頑張っても、なんの意味もないですよね?そこで煽られて嫌な思いをするよりも、上で書いたような気持ちを持って、事故を起こす可能性が高いクルマからはできるだけ速やかに離れる方が精神衛生上もいいと思いませんか?

繰り返しますが、「譲り合い」です。前回記事で書いたパッシングライトも、煽っているのではないですからいちいち腹を立てないで走行車線の列が途切れたら左に寄って先に行かせてあげましょう。競争なんかしてはいけません。自らを危険な状態に置く意味なんてないですからね。

「譲り合い」こそが事故撲滅の決め手なのでは?

うーん、なんだかいつにも増してまとまりのない、自分が言いたいことだけ吠えている自己満足な記事になってしまいました(笑)。

ですが最後にこれだけは。「譲り合い」の精神を今回の犯人が少しで持っていたとすると、PAでわざわざ通行の邪魔になるようなところにも駐車しなかったでしょうし、そうなると今回のトラブルから事故への流れの原因はなかったと思われます。

そう考えると、あらゆる交通事故を防ぐ一番の手段は「譲り合い」の気持ちを全ての人が持つことではないでしょうか?交通弱者である自転車にや歩行者は言うに及ばず、逆に自転車や歩行者も、です。権利を振りかざすのではなく、自分の領域が侵害されない限りは譲り合おうじゃありませんか。

日本では「他人に迷惑をかけるな」と教育されますが、一方で「お互い様」という言葉もあります。路上で出会う人に再び相見える可能性は限りなく低いですが、それでも「お互い様」です。知り合いだけに限らないでほしいです。

ちなみにインドでは、はっきりと覚えてはいませんが「生きている限りは誰かに必ず迷惑をかけているのだから、他人にも寛容であれ」と教育されるそうですよ。「お互い様」に似ていますが、知っている人だけというニュアンスで誤解を与えない点で優れてているように思えて、私はこちらの教えの方が好きです。さすがは哲学の国ですね。

では、今回はこの辺で失礼します。ありがとうございました

スポンサーリンク













11 件のコメント

  • こんばんは。
    いつも楽しく拝見させて頂いております。

    少し気になったことがありましたので…
    一般道での定義についてです。
    一番右端は追い越しや右折のために空けておくという風に教習では教えています。基本的には走らないということです。複数車線あれば、左から順に速度が遅い車線ということで、やはり一番右端は追い越しや右折のために空けておくとなっています。

    そして、追い越しと追い抜きも少し引っ掛かりました。
    追い越しとは、車の進路を変えて前の車の横を通り過ぎること。追い抜きとは進路を変えないで前の車の横を通り過ぎることです。進路を変えるとは簡単に言うとハンドルを切るということです。つまり、同一車線上に遅い車がいたとして、隣の車線に移って…という、この時点で追い越し確定です。そのまま横を通り過ぎようが、遅い車の目の前に帰ってこようが追い越しとなります。

    • かっつん様

      はじめまして!いつも当ブログをご覧いただきありがとうございます!今回は貴重なご意見をいただきありがとうございます!

      一般道の右側を空けておくのは知りませんでした。いわゆる、「キープレフト」というやつですかね?実は私の通った教習所のコースは何と二車線の道路が一箇所もなくて、通っている時からそれもどうかと思っていたのですが、こういうところで理解不足を露呈してしまうとは思いもしませんでした(汗)。キープレフトも、例え中央線がない道路でも左寄りを走る、としか言われませんでした。

      追い抜きに関しては、当初「車線変更を伴わず前走車よりも前に出ること」と書こうと思ったのですが、流石にそれではわかりにくすぎると思ってあのような書き方にしたら、蛇足がついてしまったということですね。すみません。おっしゃる通り、最初から違う車線にいて、最初から最後まで車線変更せずに横を通り抜けて行くだけのことと理解しております。

      でも、やっぱりこれってよく考えたら危ないですよね。どうにかして「速いクルマは必ず右しか通らない」という様にした方がいいように思うのですが・・・まあ、一般道ではそうも行かないケースが多々あるでしょうしね。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております。なんでもお気軽にコメントくださると嬉しいです!

  • こんばんは
    ここの所のpontaさんの記事を拝見していて 頷きやら微笑みやら pontaさんに1票ですね 笑 同感でございます!
    以前にテンション高くお怒!ですねと〜
    でも ここの所の世間及び道路交通などなどは譲り合いの気持ちなど まーったく感じられる事など無く 我こそ先、ここに居て何が悪いの〜 汗 しか見られません。やられたらやり返す 何で私が我慢しなけりゃいけないの〜 笑 ばかりすね。
    国民が幼稚になったのでしょうか? あえて 笑
    選挙を見ても思います。 久くよその国では運転をしてませんが やはり良いイメージしかなかったかな〜
    立てた腹はわが心に飲まねばならず..

    • char様

      いつもコメントいただきありがとうございます!

      本当に・・・自己中心的なクルマが増えましたね。これは、個人的には多様性を認めない文化や、まるで運転している実感のないお座敷ミニバンが増えたことが関係しているに違いない!と思っています。

      意外と、平日の首都高速なんかは皆さん模範的なマナーで走っている方が多い印象です。ところが休日になると、合流地点での合流の仕方自体もなってないクルマが多いので、渋滞も伸びますよね。あれ、なんで合流するポイントがどんどん手前になるのでしょう?なんで合流を終えて速やかに加速しないのでしょう?

      渋滞を短くするのも長くするのも、たった1台が原因になる事って多いと思うんです。だからこそ、ドライバーには責任感が求められると思っています。別に運転が上手い必要はないんですよ。要は「気配りと譲り合い」ができるかどうかだと思っています。

      これは渋滞だけではありませんよね。事故の動画を見ていると、必ず「あ、無茶するな・・・」と思ったところでドン!とやっています。沸点の低い方も中にはいらっしゃるでしょうが、出来るだけ多くの人が笑顔で運転できる環境を協力しあって作って行きたいですよね。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • 本文からお借りしましたが、「ここは100km/h制限だ!そこを100km/hで走っているんだから文句ないだろ!」の人は一昔前と比べ確実に増殖していますね。
    ある一点から見た決まり(法律だったり)だとかコンプライアンス?と呼ばれるものに異様なまでに執着し、「俺が法律だ」のごとくふるまう正義のヒーローはどこかの研究所で洗脳でも受けたんでしょうか?(そう考えているだけならまだしも他人にもゴリ押しするヒーローも多し)
    案外そういう人と話しをする機会があったとして、ルールの解釈も曖昧だったりその人の道程経験値から生まれた幻想ルールだったりするのでまたまた面倒くさい(笑) 恥ずかしいかな私の会社(同業他社の社員)には多めです(笑) 今日もグイグイ来てます(笑)
    仕事も社会もなんでも白・黒はっきりさせたがる流れのなかで自分を守るがために頑なになる理由も理解できるのですが、対、他人には柔軟な考えに脳みそを使いたいと思っている今日この頃です。仕事の愚痴になってしまい申し訳ありません。インドの哲学、ちょっと興味深いですね!機会があったら学んでみます。

    • GYU POWER様

      いつもコメントいただきありがとうございます!

      本当におっしゃる通りですね。私も常々そう感じております。なんだか、社会全体から「おおらかさ」がなくなっていっているというか。

      私も好き勝手なことを当ブログで書いていますが、いつかそういった方のコメントで炎上したりするのではないかと思っています。

      他人に自分ルールをゴリ押しする方は困りますねー。頼むからアンケートでもとって、賛成者が多い場合だけにしてくれ!と言いたくなります(笑)。今の世の中、ダイバーシティ&インクルージョンですよ。多様性を理解し、受け入れなければいけない世の中なんですからねぇ。

      インド哲学、興味はありながらも学んだことは私もありません(笑)。ですが、本文に書いた言葉だけでも、その奥深さが想像できますよね。より現実的で、日本のように観念的ではない教えが多そうな気がしています。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • ツッコませて下さい。
    道交法20条1項のキープレフト規定があるんで,公安委員会指定の「追越車線」ではないとしても,一般道(や首都高)の一番右側の車線を「走行車線」感覚でずっと走り続けることは,道交法上は原則アウトっすよ(そのような規定が実態とマッチしているか否かは別問題ですが)。少なくとも道交法に関しては,「煽る方」「イライラしている方」の勘違いではないかも?です。

    • 045様

      はじめまして!当ブログをご覧いただきありがとうございます!また、貴重なご意見をいただきありがとうございます!

      上の方でもツッコまれていますが、キープレフトってそういうことだったんですね。教習所で教えてくれれば・・・。

      たしかに、規定がマッチしていない事ってありますよね。最近改正されましたが、実は右折車線があり、Uターン禁止ではない交差点で、右折信号でUターンすると信号無視だったらしいです。このように、実は法整備ってちゃんとされているんですよね。でも、原則左車線を走るという規定が残っているということはそこに何か一定の合理性があるという事なのでしょうか?どうも、交通容量を増やすために二車線にしているはずなのに実態に合わない気がしますが・・・本気でこれを守らせたいなら、全てとは言わないまでも、交差点にはもれなく左折専用レーンを作って欲しいですよね。そうでないと左車線を走っている時の追突リスクが減らないですから。

      045様おっしゃる通り、「道交法上は」アウトでも、実際には取り締まらない事で死文化しているんでしょうね。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!なんでもお気軽にコメントくださいね!

  • 道交法の自己解釈は案外多いと思いますね。
    我が家の近所にも内角45度くらいの円弧を描くR100くらいのカーブがあるんですが、数年前にその内側にマンションが建ちました。マンションの南面が円弧の終わりで東西に真っ直ぐな遊歩道がありますが当然車は入れません。マンションの駐車場入り口は円弧のもう一方の端から円の中心方向に伸びる私道から入りますが、建物のエントランスはカーブに面しています。
    マンションが建って何が起こったかというとカーブ内での臨時駐車です。送ってきた住人を降ろす、家族をピックアップする、荷物を降ろすなど酷い時には数台連なって停まっています。カーブ内は駐車禁止ですから、この人達は法規を忘れているか確信犯かのどちらかでしょうね。
    道路脇には歩道があって車道との境には植込みがありますからどうしても死角ができますし、いつか重篤な事故が起きそうな感じです。
    法規は免許を取る為の関門ではなく全員が運用していかなくてはルールですからね、免許取得したら後は知らんでは駄目ですよね。
    私も忘れているとか勘違いしたままなんてのがあるかも知れません。自戒の意味も込めて書いていますが、少なくとも免許の更新時にもらう法規の書かれた本は処分する前に一通り目を通しましょう。

    • あっきろ様

      いつもコメントいただきありがとうございます!

      おおおお、危ないですねー!今すぐにでも重大事故が起こりそうな状態じゃないですか!

      まあ、かくいう私も一般道の右側車線は追越車線じゃないのでは?と思っていたので同類ですが、改正があった時には必ず改正内容をチェックしています。もちろん全てではなく運転に直接関係がある部分ですが、それでもいつも結構な量あるんですよね。

      免許の更新といえば、そういえば今年は更新の年だったような気が。いい機会です。冊子をじっくりと読んでみたいと思います。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • 私も320dMスポに乗ってるものです。
    いつも楽しく拝見しております。
    とってもためになっていますm(__)m

    主様はじめここに意見を書き込まれてるような方々で溢れてくれたら、
    この国の道はとっても走りやすいのです。

    でも現実は違いますよね。
    パッシングの本質は、輩どもやデレデレ走るじーばー様には理解・認識はされていない現実。

    今の道路状況って、
    人を傷つける危険な乗り物って感覚がないのと、
    これって人に迷惑?ってチョットだけ考える事をしないバカがほとんどだと思います。

    どんなバカ下手でも操れてしまうほど、
    車の性能が良いんでしょうね。
    あとATだから。

    この世にMTしかなかったら、
    たぶんこのような論争はこんなに多くは無かった思います。

    下手とじーばー様が車に乗らないから。

    でも自分も仕事の軽トラ以外は、
    もうATじゃないと購入気はありませんが(汗。

    私の地域はとてつもない田舎です。
    そんな土地柄、あまり320を煽るって事はしてきません(笑。
    ですが田舎ほど輩の絶対数は増えます。

    頑張ってる軽とかハイエース・ベルアルとかの輩軍団に、
    田舎が抱える大問題の高齢化によるじーばー様軍団の多い事。

    煽りというより、
    通常時の運転が危ないんです。

    ですから私は基本、前後左右に車がいない様なポジションを取ります。
    それが一番安全だと思っています。
    だから常に全方位の安全確認をしています。

    追い越しもしますし、先の道路状況を見越したら止まって先にも行かせます。

    都会と違って信号があまりないので一台抜くか抜かないかで結構差が出るんです(笑。
    都会はまたすぐに信号だから先を急いでも結果は変わらないっぽいですもんね。

    地位柄の差も色々ありますよね。

    都会の方は絶対に無理でしょうが、
    田舎はチョットだけ無理すれば自分だけになれるんです。

    安全を確認してのプチ無理ですが(汗。

    自分しかいなければあとは犬猫の飛び出しを気にするくらいです。
    子供が飛び出しそうな地域はそもそもスピード出しませんしね。

    車が好きで運転が好きなこちらにいらしている様な方が、
    いくらどんなに頑張って安全運転やスマートな運転をしていても、
    結局バカ(下手)が近くにいてバカ通りの運転をされたらもーどーしょーもないですよね。
    (被害は軽減できるんでしょうが)

    私はバイクにも載っていますので、
    事故への意識はかなり高いです。
    バイクは確実に身体に影響が出ますので。

    バカ(下手)軍団がもう少しだけ後方(だけではないけど)確認をしてくれれば、
    もっと道は安全で快適になりますよね?

    ちなみに私は追い越や待ってくれてたりした際、
    有難うとすんませんの意味で毎回4灯を出している派です。

    長々とすいません。

    本当にいつも楽しんで拝見させて頂いております。
    失礼致します。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください