新型5シリーズ、日本正式発表!発売は2/11から、お値段は599万円〜

本日、待ちに待った新型5シリーズ、G30が日本で正式発表されました!明らかになった発売日や価格、先進の装備の一部をご紹介します。

スポンサーリンク

ラインアップ

以下、ラインアップと価格を一覧表にしました。

エンジン 最高出力・トルク Standard Luxury M Sport
523i 2L直4 135kw(184ps)/290Nm(29.6kgm) 559万円 745万円 743万円
523d 2L直4ディーゼル 140kw(190ps)/400Nm(40.8kgm) 698万円 768万円 766万円
530i 2L直4 185kw(252ps)/350Nm(35.7kgm) 764万円 789万円
530e 2L直4 185kw(252ps)/420Nm(42.8kgm) 778万円 803万円
540i 3L直6 250kw(340ps)/450Nm(45.9kgm) 972万円 986万円
540i xDrive 1003万円 1017万円

発表当初から中々の充実っぷりですね。

ですが、ちょっと注意が必要です。530eは今年の第3四半期から、523iは第4四半期からで、それ以外が発売日である2/11からの発売開始となっています。

ちなみにBMWジャパンの決算月は12月ですので、ここでいう「第3四半期」「第4四半期」というのはそれぞれ「7〜9月」「10月〜12月」となります。

BMW公式ページなどで色々と案内されていますが・・・

もう、一気に5シリーズのニュースで溢れかえったという感じですね(笑)。個人的に気になった新型5シリーズの特徴を以下で羅列してみます。

軽量化

まずは何と言ってもこれにつきますね。F10と比べて100kgの軽量化とのことですが、BMWの新世代プラットフォーム「CLAR」と高張力鋼板・アルミ素材の多用によって実現しているそうです。

燃費・運動性能ともに効果がある軽量化、双方に十分期待が持てますね。

空力

空力といってもダウンフォースがどうこうというのではなく、空気抵抗を表すCd値です。新型5シリーズのCd値はなんと驚くなかれ0.22。これはメルセデスEクラスの0.23を微妙に上回ってきました。

これまた、高速道路での燃費に効果がありそうですが、他にも風切り音の低減で静粛性にも貢献すると思います。

ディーゼルの燃費

JC08モードで21.5km/Lです。今の所、523dのこの燃費だけが公式ページに載っています。

ボディサイズは明らかに3シリーズよりも大きな5シリーズが、なぜ同じと思われるエンジンを積んでいる現行320dよりも燃費がいいのか?車重の表記がないのですが、もしかして、衝撃的に軽いのか?など謎は深まりますが、かなり燃費がいいことは間違いありません。

運転者支援機能のうち、「サポートステアリング&レーン・コントロール・アシスト」

これは将来的な自律運転車の機能を先取りしているといっていいでしょう。

スポンサーリンク

公式HPの動画ではステアリングから手を離してしまっていますが、これは今の日本の法規では流石にまずいんですよね?でも、そうしてでも走れてしまうほどの機能だということです。

ようやく、BMWの運転者支援もステアリングに介入して、ライバルのメルセデスやアウディと並びました。

xDriveのみに搭載される4WS

これは、なんだか私のようなおじさん世代にとっては昔あった機能が復活している感があります。

4WSといえば、かつてアクティブサスペンションやトラクションコントロールの搭載で1992年のF1を席巻したウィリアムズのマシンFW14Bを皮切りに始まったハイテク競争において、ハイテクがレギュレーションで禁止されるようになる直前、当時ミハエル・シューマッハが在籍していたベネトンで採用しておりました。

もちろんレーシングカーの世界だけでなく、市販車の世界でもプレリュードをはじめとしたホンダ車、R32GT-Rなどに搭載された日産のスーパーHICASなども4WSですよね。

なぜxDriveだけへの搭載なのかよくわかりませんが、これは540i xDriveの運動性能を高めるでしょう。

xDriveも右ハンドル

F10で設定されていた535i xDriveは左ハンドルのみだった気がします。これでようやく雪国の方が躊躇なく5シリーズのxDriveを選べるようになりましたね。しかも4WSもついてますし。そう考えると、別に雪国ドライバーでなくとも、xDriveを積極的に選びたくなってしまいます。

まあ、今の所540i xDriveだけですのでお値段がネックですが。

ワイヤレス・チャージング可能

私はiPhoneですので関係ないのですが、こうした装備でもちょっと遅れをとっていただけに、ようやく標準的になってきたかな、と思います。

天井のルーフライナー

これは一つの記事でしか発見できなかったのですが、どうやら防音素材をルーフライナーと一体化したことで、頭部付近の干渉音を排除しているそうです。効果としてはより静粛に感じ、後席乗員との会話がしやすくなっているとのこと。

言われてみれば、運転席に私・後席に家内と息子が乗る我が家のパターンでは、後席の声がよく聞こないことがあります。というか、かなり聞こえづらいです。もしこうした改良がされているのであれば、地味に嬉しいですね。次期3シリーズでも同じことをしてくれないでしょうか?

CarPlayやAndroidAutoは?

どうもHPには記載がありませんし、特にこれを強調した記事も見つかりませんでした。ですが、AppleのHPを見ると・・・2017MYからは搭載していることになっているんですよね。真相はいかに?

523i Standardの値段!

これだけ他と比べて異常に低いです。要するに「600万円以下から」というアピールをしたかったのでしょうね。ですが、Luxuryとの価格差を見ると・・・相当色々なものをオミットしていそうな感じですね(笑)。ですが、「とにかく5シリーズに乗りたい!」といった方には朗報でしょうし、5シリーズの基本性能は味わえることでしょうから、やはり歓迎すべきことだと思います。

まだまだ気になるところは色々とありますが。

これはやはり実際に見て、触れないとですね。もう興味津々です(笑)。

このG30型5シリーズ、もし私が購入するとしたら、初めてiDrive付きのBMWに乗り換えたF30の320iを購入した時くらい操作に戸惑うのでしょう。上の「気になるところ」にはあげませんでしたが、もちろん7シリーズで採用されているジェスチャーコントロールやリモートパーキングもありますし。

もしかしてそろそろ何かToto BMWさんがしていないかな・・・もっというと、「新型5シリーズ展示しています!」とか書いていないかな、と思って、Facebookのページを見て見たら・・・みんなで恋ダンス踊ってました(笑)。

スタッフみんなで踊ってみました!#恋ダンス #春の選抜入場行進曲

若干揃っていないところもありますが(笑)・・・あれ、難しいんですよね。ドラマのエンディングではガッキーがふわふわした笑顔で踊っているから簡単そうに見えますが、実は動きも早くて大変なんですよ。これだけ沢山の方で揃って踊るって、大変だったと思います。素晴らしい!パチパチ。

あ、ちなみにこの恋ダンス、私は練習しようとしてすぐ挫折しました。

では、今回はこの辺で失礼します。ありがとうございました。

スポンサーリンク













16 件のコメント

  • 新年に初コメント?になりますか。
     私的なことですが、ちょっとバタバタがあり、筆が取れませんでした。今年もよろしくです。
     さて、そうこうしているうちに新型5シリーズがいよいよ…ですね。エントリーモデルの価格はいささか無理やり感もありますが、それよりもこの内容が興味深いですね。まさにEクラスとバチバチに対抗する感じで、このクラスの競合もいよいよ面白くなりましたね。ってか、サイズとか価格的には制約を受ける人も多いでしょうが、まずは実車!見てみたいですね。

    • 桂様

      いつもコメントいただきありがとうございます!こちらこそ、今年もよろしくお願いいたします!

      523i Standardの価格はすごいですね。それでも、売りにしている運転者支援システムたるドライバー・アシスタント・プラスは標準装備だというのですから驚きです。明らかにEクラスに対する刺客としての役割ですね。

      今回のボディの拡大は若干に留められているのも良識的で安心しました。早く実車をみたいですねー。もしかして、BMW Tokyo Bayにはあるんでしょうか?でも、乗って運転しなきゃわかりませんよね。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • 色々驚く設定ですね。
    523iは3シリーズSEの様な位置付けなんでしょうか。523dとの値差がエンジンの差以上なのが気になります。
    523dを見るとstandardとluxuryとの値差はそれなりですから、やはり523i standardは事実上SEの様な気がします。第4四半期まで引っ張るというのは年内での特売的な台数稼ぎの為かもしれませんね。
    3シリーズのLCIでも当初330i出ましたが、330e発売までの繋ぎの様な扱いでした。ツーリングには継続して販売されていますが。530eは330eと違って高出力型にモーターを組み合わせていますから、530iとの差が3シリーズよりも少ないので、同様に切り替わる可能性が高い気がします。そうなると第3四半期も幅広いですが、最短5ヶ月最長7ヶ月の販売となりますね。
    ホームページの各デザインラインの写真のボディ カラーも気になります。
    でも一番気になるのはやはり、luxuryのシートと全モデルのアンビエントライトです。
    ほとんど7シリーズの雰囲気ですね。

    • あっきろ様

      いつもコメントいただきありがとうございます!

      本当に523iのStandardと他のグレードとの価格差はすごいですよね。でもこの素の5シリーズが一番ヨーロッパで走っている5シリーズに近いのでしょうね。

      530iの扱い、やっぱり気になりますよね。価格差はありますが、実質的に530eと比べてしまうとシステム総合出力で同じパワーですので、530iが売れなくなってしまうのではないかと危惧しております。おそらく、ツーリングでは530eはまた用意されない可能性がありますから、それを睨んで、ということなのかもしれませんが・・・。

      ちなみに、530eのエンジンの方はやっぱり523iと同じ、つまりハイブリッドも含めて330eと同じもののようです。でもバッテリーでのEV走行距離が伸びているので、バッテリーの強化はされたんでしょうね。もしかしたらi3で航続可能距離を伸ばした技術を早くも生かしているのかもしれませんが。

      内装はそっくりそのまま7シリーズに通じるものがありますね。アンビエントライトもついに人気の青が設定されたようですし。ですが私でしたらやっぱりオレンジにしてしまうと思います。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • 5シリーズ登場しましたが、価格が高い!! BMWを語るには、5シリーズ以上から!良く言われますので、それぐらいの予算が簡単に捻出できる方が乗る車という事です。523DMで800万円を越え!ガソリンとディーゼルの価格差を見る限りその程度なら、ディーゼルを選ぶ方が多いと予想出来ます。
    ガソリンを選択するなら、540iの3L直6が良いですが、価格が高すぎ!!1000万円越え!
    5シリーズは当面、値引なども渋く、認定中古車などもない状況を考えると、3L直6狙いなら、現行7シリの中古が狙い目ですね。新車価格は高いですが、中古はかなり下落しています。
    7シリーズ 740i Mスポーツパッケージ 
    640.0万円(総額 679.6万円)
    アルピンホワイト
    年式/初度登録
    平成27年(2015年)
    走行距離
    0.8万km
    東京都
    車検 2018/11
    修復歴なし
    ワンオーナー
    かなり魅力的な7シリーズの価格です。良いですね~!5シリーズよりお得感があります。
    5シリーズと比べると少し大きいですが、この大きさをクリアできるなら、良い選択と思います。
    3L直6をまた、試乗でもいいので、乗ってみたいですね!!
    いつもは、ふざけておりますが、今回は、まじめに!!笑

    • bmwpopo様

      いつもコメントいただきありがとうございます!

      おっしゃる通り、ヨーロッパでもBMWといえば5シリーズみたいですね。あちらの企業では部長さんクラスで、やっぱり5シリーズでないと、という方が相当数いらっしゃるようです。そういう意味ではBUSINESS ATHLETEのキャッチフレーズは当意即妙であるともいえますよね。

      740iでこれですか!かなりお買い得感ありますね。あの6気筒m以外に広範な車種に搭載されているので、M140i/M240iもいいかもしれませんが・・・まだ中古でタマがないですかね。340iもすごく良かったですよ。これでしたら以外と安めでいいかもしれませんね。

      bmwpopo様はすっかりあのモジュラー化後の6気筒にノックアウトされていらっしゃるようですね。もしかして、意外とすぐにBMWに、しかも740iあたりに復帰されたりして?

      540i xDrive、宝くじでも当たったらその足で予約に行ってしまいます。4WSはやっぱり私のようなおじさん世代には憧れですからね。

      では、またのコメント、楽しみにお待ちしております!

  • 早く、ニュー5シリーズの実物がみたいですね。私はミーハーなんで、新機能大好きなんですよ。スペシャルサイトができてました(*^_^*)
    http://bmw-new5.jp
    あと私事ですが、218d すごぶる調子がいいです。
    走行距離1500Kmを超えてエンジンのスムーズさが増し、4回目の給油で15Km/L超えるくらい燃費も伸びてきました。ブレーキの効きが良くなったり、いろいろな変化を体感しています。いままで乗っていた国産車ではなかった感覚です。
    明日の一ヶ月点検でオイル交換して、いよいよ慣らし運転も終盤です。
    ではでは。

    • ラックスBMW様

      いつもコメントいただきありがとうございます!

      >私はミーハーなんで、新機能大好きなんですよ。
      ラックスBMW様とは気が合いそうです(笑)。私もクルマに関して、特にBMWに関してミーハーなのは人後に落ちないと自負しております(笑)。

      スペシャルサイト、かなり力が入っていますよね。実はこの記事を仕上げるのに、以上に時間がかかっています。もちろん、スペシャルサイトを何度も見たり、ネット上で一気にあふれた記事を読んだりしてですけどね。

      218d、調子が良くて何よりです!今は慣らし中ということで回転を抑えて走られていると思いますが、そろそろ添加剤を入れて、本線料金所からのフル加速!をやって見られてはいかがでしょうか?もちろん、モードはSPORTで。エンジン内部の正常にも効果がありますし、これも慣らしの一環ですし、「218d」という車名が嘘のように力強い加速をするはずです。

      これからどのくらい燃費が伸びていくか楽しみですね。高速走行の機会には燃費がどのくらいよくなるのかもご覧になって見てください。218dであれば楽に20km/Lは超えるはずです。これから距離を重ねるに従って、乗り心地も良くなり、ハンドリングもこなれてきますよ。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • pontaさんの的確で詳細なレポート、いつも楽しみに読ませて頂いています(^^)
    新型5シリーズ、早く現車を見てみたいですね。個人的にはおそらく写真よりもスマートに見えるのではないかと思っています。

    5シリーズといえば30年ほど昔にE28に乗っていましたが、その前に乗っていたE21(320)と比べてスムーズに回る直6エンジンと、あくまでもしなやかなステアリングフィールに驚いたものでした。当時の話題はエンジンと足回り中心で、オンボードコンピュータが話題になったりするレベルでしたから、新型5シリーズの新機能には改めてビックリしますね!

    • おやにゃん様

      いつもコメントいただきありがとうございます!

      写真と実物って印象が違いますからね。もしかしたらおやにゃん様がおっしゃる通り、実物はもっとスマートに見えるかもしれませんね。テールライトの回り込みなどは幅広感を強調しているらしいですから、以外と縦方向の厚みは気にならないかもしれません。

      オンボードコンピュータは私はすごく憧れましたねー。そんな情報を見ながら走れるのか!すごく効率よく走れるじゃないか!という感じで(笑)。だから今でもオンボードコンピュータの情報を生かして運転したくなるんです、過去に当ブログで書いたように。

      BMWにおいては、未だにエンジンも足回りも話題の中心である・・・と思っています。何かと「自動運転」にスポットを当てがちですが、クルマとしての基本ですからね。特に私のようなオタクにはスペックだけで興奮しますよ(笑)。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • 新5シリーズ、グリルとライトが繋がり、なんか、7シリーズと3シリーズを掛け合わせたようなイメージを感じてしまいます。感じはいいけどなんか斬新な感じがしない。
    でも、BMWは途中でマイナーチェンジをしながら、徐々に熟成と改善を計られるみたいなので、この三年後どう変化するか楽しみです。モデル末期に近づくと装備が色々とついて、値段は上がるがそれでも結果的には良かったりもしますが…。
    でも、私は、BMWは3シリーズで充分ですけどね。

    • 蜜柑山 三郎様

      いつもコメントいただきありがとうございます!

      あの顔がこれからのBMWのアイデンティティになるのでしょうね。私は嫌いではありませんが、やっぱり自分の愛車のクールな目元の方がかっこいい気がしてしまうのはオーナーの贔屓目でしょうか(笑)。

      この5シリーズも最終形はどのような形になるのでしょうね。中身もさることながら、LCI後にどうなっていくのか・・・今はまだ目新しいので何も変わらないのではないかと思ってしまいますが、それでもやっぱり蜜柑山 三郎様のおっしゃる通り別物になっていくのでしょうね。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • 4WSの車に過去に乗っていました。セリかGT-Rです。映画の「私をスキーに連れてって 」でセリカGT-FOURは人気になりました。その後にでた、流線型と言われた、丸い黒いセリカに乗っていました。後ろのタイヤが動くのが、画期的でした。20代の若かりし頃でしたので、車検などしたことがなく、すぐ買い替えていましたが、7年で6台 笑 

    セリカの時も、冬のスタッドレスはミシュランをはいていました。
    覚えておりますが、朝早くに出勤したときに、道には雪が積もっていて、所々、アイスバーンのような道でした。スタッドレスをはいているものですから、調子に乗って、遅いタンクローリーを追い越したら、あらま~!クルクル回って回って、ブレーキ踏んでも、ABSがかかっているのですが、なかなか、とまらず、一度、壁にタイヤだけぶつかり、跳ね返って、止まりました。ヤレヤレ!早朝なので、他の車は、まったく通っておらず、何事もなく、その後は走行して、会社に行きましたが、会社の駐車場にはいるときに、曲がるのですが、それが、今まで、感じたことがないぐらい、くるっとまわり、あれ??とおもいましたが、そのまま仕事に行きました。

    仕事が終わり、車に乗って、走りますが、直進は違和感ないのですが、どちらかに曲がるときだけ、違和感が!!そうなんです。壁にタイヤがぶつかったときに、クルクル回転していたので、4WSで後ろのタイヤが角度がついているときに、衝撃があったので、さらに、角度がついたみたいです。ボディーはまったく傷はなかったです。すこし、スタッドレスのアルミに傷があったぐらい。

    スーパー4WSと名づけていました。笑 よくまがりましたよ!
    近所の修理工場に行ったら、4WSの修理はやったことがないので、調べるねって、調べてもらって、なおしてもらいました。今思えば、ディーラーも近いのに、行かなかった。修理=町工場でした。

    懐かしい、面白い経験でした。セリカGT-Rミシュランで良くスキーに行きましたよ!
    (1度だけアイスバーンの道の途中で止まったので、登らない経験しましたが、噛んだら登りました)

    長々と失礼いたしました。

    • bmwpopo様

      いつもコメントいただきありがとうございます!

      7年で6台ですか!すごいですね。

      セリカ、流行りましたよねー!私もあのWRCを席巻したのを見た時から憧れました。エディ・マーフィが宣伝していたセリカGT-FOURが出た時には、なんとかして買えないものかと夢想したものです。結局インプレッサWRXに行ったので、かなり私には影響があったものと思います。

      雪道での追い越しって怖いですよね。車線内はクルマが走った後ができているものの、追い越しとか車線変更の時って雪の壁をタイヤが超えていきますからね。その時にズリッとずれるのが怖いです。ですが、インプレッサ+スタッドレスはさすがでした。スタッドレスはドライではぐにゃぐにゃですし、すぐにABSが効いていましたが、こと雪道になると「こんなところもいけるのか!」というくらい頼もしかったです。もちろん、bmwpopo様にお譲りいただいたX-ICEとは比べ物にはなりませんけどね。

      4WSとABSとTRCが当時のスポーツカーの3種の神器的な感じでしたよね。早速乗られていたとは、羨ましい限りです。私は未だかつて4WSのクルマには乗ったことがありませんから。

      今回は面白い経験談ありがとうございました。では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • F10 523d乗りです。
    4WSが話題になっていますが、現行(まだ)F10にはアクティブステアとの統合制御で後輪ステアが
    ついているので、これも4WSでは?
    私はE90のアクティブステアが気に入って、アクティブ・・が存続していたF10に乗り継いだ者ですので、新5がデフォルトでアクティブ・・ナシというのは衝撃です。
    というか取り回しタイヘンそう。。 かなり助かってますので

    • maonosuke様

      初めまして!当ブログにお越しいただきありがとうございます!コメントいただきましてありがとうございます!

      ご指摘通り、インテグレイテッド・アクティブ・ステアリングがF10には付いていますね。確かに、これも4WSです。

      アクティブステアリング、私は実は試乗したこともありません。ですので、賛否両論あったは知っているのですが、私はコメントはできないですが、機能的にはいい機能だなと思います。アクティブステアリング、やはり便利ですか。アクティブステアリングは意外と評判が芳しくない部分もあって、BMWも比較的短期間で引っ込めてしまいましたが、最近では他メーカーでも似た機構のシステムが搭載されていますからそれなりに市民権を得たと思うんですよね。ここでBMWがずーっと搭載していたらかなり先行者メリットを享受できたのではないかと思います。「時代がBMWに追いついてきた」と言った感じでしょうか?キザですかね(笑)。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!なんでもお気軽にコメントくださいね!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください