雪でライトが見えなくなる・・・解決法を考えてみました。

現代のクルマの多くが、ライトには省電力化つ明るいLEDライトやHIDライトを装備していますが、こうしたライトは従来のハロゲンライトに比べて暑くならないので降雪時にはクルマのライトに雪がついて全く見えなくなってしまいます。私も体験したので、解決方法を考えてみました。

スポンサーリンク

LEDライトの普及に伴って表面化した問題。

当ブログの読者様でも、後期型のF31(LEDライト装備、ヘッドライトウォッシャーなし)で降雪時に高速道路を走った際に、ライトカバー全面が雪に覆われてライトが役に立たなくなって怖い思いをした、という体験談をお寄せくださった方がいらっしゃいます。

ネットでちょっと検索してみると・・・出るわ出るわ、同じような悩みを持っていらっしゃる方が大勢いるようで、いろいろなところで議論されていました。

突然ですが、LEDライトってかっこいいですよね。元々HIDライトがまずは高級車に装備されて流行り出した時に、そのクールは青白い色が高級感があるということで、ハロゲンでも色温度の高い、青白いバルブに変更するカスタムがは足りました。かくいう私も、当時乗っていたスバル・インプレッサのヘッドライトバルブを色温度の高い、青白いバルブに変えていました。

そしてヘッドライトはさらに進化し、今ではLEDライトが主流になりつつあります。LEDライトは、「暗い」「光が広がらないから広い範囲を照らさない」など、最初のうちは欠点が論われましたが、やはりその省電力性能が故に、バッテリーを少しでも無駄遣いしたくないHVやPHVに対する需要が高かったことから、欠点を解消すべく改良が重ねられて、今ではほぼ克服されてきています。

BMWでも最近売り出される新型車は、SEなどの一部の特殊なグレードを除いて、LEDライトが標準装備になっていますよね。それどころか、フォグライトまでもLED化されています。

LEDは弱い電流でも明るく点灯し、白熱球よりも圧倒的に寿命が長いのが利点です。ですので、発熱量が少ないと言われています。これはちょっと個人的には疑問がありまして・・・まあ、後ほど申し上げます。

雪国にLEDライトは向かない?!

これは・・・自動車メーカーもなぜ気づかないのか、あるいは知っていて我々ユーザーに「こういう白い光が好きなんでしょ?LEDじゃなきゃ高級感がないって思っているんでしょ?」とバカにされているのかわかりませんが、だいぶ前から話題になっている雪国での信号の状況を見れば、冬季にどういう問題が起きるのかは一目瞭然ですよね。大体、1970年代〜1980年代のメルセデスのテールライトがデコボコしているのは、走行中に巻き上げた泥や雪がついて見えなくならないようにするためにあのような形をしていたと聞いているので、自動車メーカーだってテールライトやヘッドライトが見えなくなる危険性は重々承知しているはずです。

当ブログをお読みの方はご存知かと思いますが、その省電力性能とと長寿命を買われて、信号はどんどんLEDになっていっています。ところが、雪国ではこれが冬に大問題を引き起こすんですね。

今までの白熱球の信号は、省電力でない割に逆光などでは見えにくくなるなどの欠点があり、LEDは鮮やかにこの点を解決しました。ですが、冬になると、降雪地域では雪が信号に付着して全く見えなくなるという現象が起こっています。

対策として、ちょっと下に傾けてフラットな信号機を取り付けることで雪を付着しにくくするといったような試みがされていますが、根本的には解決していません。こうなると、白熱球の発熱が欲しくなってきます。

これと全く同じことがクルマのLEDライトでも起こります。いえ、HIDライトも発熱量が不十分なようで、私の愛車、前期型の320dツーリングも、ライトカバーに雪がびっしりとついて氷結してしまいました。

手で払えば簡単に落ちそうに見えますでしょう?ですがこれ、がっちり氷ついていて、多分スクレイパーかなんかでガリガリやらないと取れません。

幸い前期型はフォグライトが旧態依然とした(?!)ハロゲンですので、こちらの光を頼りにはできるのですが、光量はメインライトに大きく劣ります。

そして、ヘッドライトウォッシャーに不凍液を入れていなかったためにあっさり凍りついて出なくなったのは、この時の記事でご報告した通りです。

雪道でのBMW320dツーリングとミシュランX-ICEでの走破性及び燃費

2017.01.14

さて、対策はどうすればいいかな?

まだ試していないのですが、思考実験をしてみました。

ウォッシャー液は不凍液にする

まあ、これはヘッドライトの氷結問題に限らず、基本中の基本ですよね。お恥ずかしい限りです。

しかも、雪が降っていなくても、雪が溶けかかっている道などを走ると、細かい水しぶきに泥が混じります。高速道路で隣をトラックなどが走り抜けたら、頭からたっぷりとこの泥水をかぶり、窓一面に泥水がつきますので、ウィンドウウォッシャーとして考えても必須でしょう。

スポンサーリンク

ですがウォッシャー液の不凍液って、あくまで原液の状態でマイナス何十度といった気温でも凍らないようになっています。ですので、最初に吹き出した時はいいのですが、だんだん雪や跳ねた水で薄まってきますと・・・不凍液でも凍ってしまうようです。

ですので、効果は大きいとは思いますが、決定打とはなり得ない気がします。

マメにお湯をかける

先ほども申し上げた通り、凍りついてしまうと手では落とせません。

となるとお湯でもかけるしかないですよね。ガリガリやって傷をつけたくはありませんし。ですので、水筒にお湯(といってもせいぜいお風呂の温度くらい、40度〜45度くらいですかね)を入れて持っていき、たまに停止した好きに外に出てかけて解氷する、というのは一つ方法としては考えられます。

ただこれも、流したお湯があまりに外気温が低いと凍りますよね。そこに雪がついて凍りついて・・・とイタチごっこの様相を呈しそうです。

解氷スプレーをプシュー!

お湯ではなくて、解氷スプレーをかけるという手がありますね。そちらの方があっという間に解氷できて、しかも手軽です。

こういうやつですね。ただ、こうした解氷スプレーの口コミを見ると、「結局は油なので、ドロドロになる」という意見もありますので、使いすぎると面倒なことになりそうです。

ヘッドライトカバーを温める

これは大掛かりな細工が必要のようですが、そうでもないのではないかと思っています。

チェーンのカー用品店に行くと、ヘッドライトのLEDバルブが売っていますが、ご覧になったことはありますでしょうか?

よく見ると、どれも根元の方に放熱板がついているんです。

つまり、LEDって実は結構発熱しているんじゃないか?その熱で熱暴走しないように放熱しているんだったら、その熱をヘッドライトカバーを温める方向に使ったらどうか?と思うんです。

じゃあどうするかというと・・やっぱりDIYでは難しそうですね。夏はどうするのか?という問題もありますし。

ですが、メーカーレベルではできそうな気がします。これから出る新型車ではなんとかそのような対策をしてくれないでしょうか?

そもそも雪や氷が着かない様にはできないのか?

このように、事後では中々決定的な対策になるものがありません。

じゃあ、そもそも最初から雪がライトにつかないようにできないか?と考えました。となると、先にあげた信号における対策が参考になるのですが、先ほども申し上げたように中々画期的なものはありません。が、諦めずに探していたら・・・一つ発見しました。

ロータス効果

これだけ見ると、例えこの言葉をご存知でも、当ブログをお読みの方はほぼ100%このロータスを思い浮かべると思います(笑)。

いえいえ、そっちではなく、蓮(ロータス)の葉がなぜ水を弾くのか?という研究から生まれたナノテクノロジーです。

ロータス効果

詳しくはリンクで見ていただきたいのですが、これを信号の氷結対策にと提案した高校生がいて、京都大学と共同で研究中なんだそうです。

雪国の信号機 ヨーグルトのふたヒントに研究

なるほど。となると、ロータス効果を使用した撥水剤があればバッチリそうですね。と、検索してみたら、ありました。

さすがに早いですね、SOFT99さんは。早速購入しておきました。ちなみに、SOFT99さんのブログで撥水効果の検証をしています。

超撥水性能を体感してみました!『ガラコミラーコートZERO』!!

2017/1/21追記:早速試してみた結果をアップしております!ぜひご覧ください。

ヘッドライトカバー氷結問題、あっさり解決。「ロータス効果」がスゴイ!

2017.01.21

 

合わせ技で対策がいいかも。

いかがでしたでしょうか?まだ効果のほどはわかりませんが、ロータス効果を利用した付着防止と、ヘッドライトウォッシャーまたはお湯持参、という合わせ技が今の所最強なのではないでしょうか?

うまくいけば、ロータス効果だけでなんとかなる可能性もありますしね。

さて、私がこの効果を試すことができるのはいつのなることやら・・・大体、なんで東京なんて雪がほとんど降らないところに住んでいるのに一生懸命雪対策してるんだ?!という感じですよね。いいんです。だって面白いんです。

では、今回はこの辺で失礼します。ありがとうございました。

スポンサーリンク













9 件のコメント

  • 雪が付着するのを防止する方法が一番でしょうか? それとも、雪道を走らないのが一番でしょうか?笑
    こんなのがあった!!これをライトにもいくようにすれば!!
    http://www.whitehouse.co.jp/hotwasher/product.html

    結論!1年で、使う頻度を考えると、それほど、考えなくてもいいのでしょう^^

    • bmwpopo様

      いつもコメントいただきありがとうございます!

      痛いところを突かれますね(笑)。確かに、私は「渋滞してるんなら渋滞しているところを走らなきゃいいじゃん!」なんていつも言っていますが・・・雪は、雪道は走りたいです。どこか広いところでドリフトして見たいです。

      今日見たニュースでは、北海道で雪道でドリフトできるアトラクション(?)が外国人に人気だそうです。これと同じ精神構造ですね、私。

      このホットウォッシャー、いいですね。これがあれば、前期型でヘッドライトウォッシャーがついている私は大丈夫そうです。ただ、ヘッドライトウォッシャーって、デフォルトではウィンドウウォッシャー3回につき1回しか噴射しないので、Carlyのコーディングで毎回に変更した方が良さそうですが・・・。

      実は私、BMWってウォッシャー液を温めているものだとばかり思っていたんですよ。何と勘違いしたのかわかりませんが、確か何かのクルマでウォッシャー液から湯気が出ていた記憶があるようなkがするんですよねー。気のせいか勘違いかもしれませんけど・・・。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • わざわざわいいですよ〜、また身を呈した実験なんか。
    あ、まだやってない?
    んじゃ、期待して待ってます!\(^^)/

    • 寒梅様

      いつもコメントいただきありがとうございます!

      ふふっ、やりますよぉ。すでに記事をあげてしまいました。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • 出張帰りのリムジンバスから書き込んでます。
    仕事関係での知識から。LEDもライトとして使うくらいの光量にすると自己発熱で素子はかなり熱くなります。でこの熱が寿命を短くするので放熱が必要です。なのでLED電球などは後ろに放熱フィンが付いていたりします。
    ヘッドライトの場合、前面にはいっぱい光を出したいですから放熱は専ら後ろ側になりますね。
    夏も十分冷やしたいので熱容量的には大きな設計になっていると思います。逆に冬はそれが仇になって前まで熱が回らない恐れがあります。
    ライトカバーに熱線みたいなの入れましょうかね。

    • あっきろ様

      いつもコメントいただきありがとうございます!

      ご出張お疲れ様でした。わざわざお疲れのところ書き込んでいただきありがとうございます。

      あっきろ様の技術的なご助言から薄々そうではないかと想像してはおりましたが、やはりそういった関係のお仕事なんですね。

      ヘッドライトカバーもLED信号も、実は一番いいのは熱戦を入れてしまうことだと思っています。ですが、なんだか省電力のためにLEDにしたのに熱戦を入れて電力を消費するなんてちょっとおかしな話ですけどね。これからのPHVや完全電動車を視野に入れると、この熱戦を入れるというのはバッテリーを著しく消耗しそうですので、オプションとしては自動車メーカーも取りたくないのかもしれません。

      なんとか放熱フィンの熱をうまく利用できないものですかね。

      では、またのコメント、楽しみにお待ちしております!

  • 初めてお伺いします。ヘッドライト着雪防止は、当方には積年の課題(大げさ?)で、結構色々試しました。例えば、民生品では、雪かき用ママさんダンプ用滑走剤(アサヒペン)だったり、業務用ではヘルツ化学のパーマシールド等、書き出すとキリが無いぐらい有りますが、アクリル〜ABS樹脂へのコーティング系は、対ヘッドライトだと、2年ぐらいでクモの巣状にヒビ割れてしまい、結果的にヘッドライト交換に…。そこで質問なんですが、このガラコミラーコートを塗布した後、若干白くなると思いますが、その後ヘッドライトへの何かしらの腐食は見られますか?実に興味があります。ヘッドライトウォッシャーだと、容量に限界があるし、いくら解氷ウォッシャー(-60°Cまで対応品)を入れても、ヘッドライトウォッシャーノズル〜カバー周囲が、ウォッシャーを動かすと同時に凝固→破損、の場合も有ります。もしガラコで問題無ければ、今冬使ってみようと思います。使用後も含めた状況を是非是非ご教授下さい。長文失礼しました。

    • もっふん様

      初めまして!いつも当ブログをお読みいただきあありがとうございます!コメントも頂けて大変嬉しいです!

      さて、早速ご質問の件ですが・・・ミラーコートは、効果としては大変素晴らしいのですか長持ちするコーティングではないので、なんら腐食等は見られません。また、塗布しても白くもなりません。写真をよーくご覧いただいても、通常の透明度を維持しているのがおわかりいただけると思います。

      私のように、非降雪地域に住んでいて、たまーに雪が振るところに行くくらいですと、特に長持ち性能というのは気にしないでいいので十分な性能だと思っております。というか、現実問題としてこれ以外の有効そうな解決手段がないので十分出なくても他はないのですが(笑)。

      どのくらい効果が持つのか、その後晴天ばかりでしたので正直申し上げてわかりかねますが、少なくとも表面のロータス効果の凹凸がなくならなければ効果は持続するはずです。ということは、布などで拭くとその瞬間効果が無くなりますが、そうでもしなければ比較的長持ち(といっても○ヶ月というオーダーではなく、○日)するのではないでしょうか?

      これで回答になっておりますでしょうか?

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!なんでも気軽にコメントくださいね!

  • 実用的な実験を拝見し、近頃陥っていた心配事が解決いたしました。
    ありがとうございます。
    …と、申しましても、私自身には余り関係ございません。何故ならば…
    私の愛車のヘッドライトはハロゲンランプだからです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です