寒冷地でのディーゼルエンジンのかかり方

考えてみたら、寒冷地でのディーゼルって、他にもガソリンエンジンと違う挙動をする点があります。これはディーゼルの構造的なことから仕方がないのですが、エンジンがすぐにはかからないことがあります。

スポンサーリンク

グロープラグ

グロープラグってご存知ですか?

ディーゼルエンジンには装備されていますが、ガソリンエンジンにはありません。

「あれ、ディーゼルって断熱圧縮での自然着火だからプラグってないんじゃないの?」

と思われた方、鋭いです。

ですが、このグロープラグは、点火するためのものではありません。どちらかというと、電熱線と言った方が近いと思います。

また昔語りになってしまって恐縮ですが、私が学生の頃、ケーキ屋さんの工場でアルバイトをしておりました。そこで支店や卸先に配送する仕事をしていたのですが、運転するのは当然保冷車のトラックです。

保冷車も大小2台ありまして、小さい方はガソリンエンジンでしたが、大きい方はディーゼルでした。クリスマスの時期などはこのトラックにデコレーションケーキなどを満載していくわけです。積むのも気を使いますが、運転も異常に気を使います。何せ手作りのデコレーションケーキですので、ちょっと強いブレーキを踏んでしまうと、職人さんたちが徹夜で作った何百個というデコレーションケーキがおじゃんです。

気を使うどころか、すごいプレッシャーですよ。

で、ディーゼルのトラックですが、このクリマスの時期には朝一でエンジンを始動しようとしてキーを捻っても絶対に一発では始動しません。寒いと断熱圧縮しても自然着火に十分な温度まで上がらなんですよね。

ですので、儀式が必要です。まずはキーを捻ってONの位置にします。するとメーターパネルにグロープラグを模った警告灯が点灯するので、それが消えるまで10-15秒ほど待ちます。この間、グロープラグが電気の熱でエンジンを温めるわけです。警告灯が消えたのを確認してからキーを捻ると始動します。

現代のBMWのディーゼルエンジンでは?

現代のBMWにおいては、エンジンスタートはボタンを押すだけですね。一応、ブレーキを踏まずにエンジンボタンをプッシュすればONと同じようなステータスにできますが、どうすればいいのでしょうか?

結論から申し上げると、普通にボタンを押すだけで大丈夫です。そもそも、東京都内の冬くらいの気温ですと、全く気にすることなく通常通りに間髪入れずにエンジンがかかります。

You Tubeで探してみるといくつか動画があります。中でも一番わかりやすいのがこの動画ですね。

BMW F30 320d Cold Start -35C

-35℃って、相当極寒ですね。クルマにビッシリついている雪ですとか、いかにも寒そうです。-35℃って、あれですよね、バナナで釘が打てる(@モービル石油)とか、濡れたタオルを振り回したら凍るとか、そのくらいの温度ですよね。

そして、そんな気温にも関わらず、わずかなタイムラグのみであっという間にエンジンが始動しています。私のアルバイトのトラックと比べるのもなんですが(笑)、隔世の感があります。

スポンサーリンク

まあ、日本では北海道の内陸の山の方でもなければ滅多に-35℃なんていう気温にはならないと思いますので、日本ではほぼほぼ瞬間的にエンジンがかかるでしょう。

そして、始動するときのメーターパネルをよく見ると、グロープラグが作動している警告灯がついた後に、自動的にエンジンがかかっていますね。

この警告灯、もちろん日本仕様にもあります。私のクルマでエンジン始動直後にタイミングを合わせて撮った写真がこれです。

img_0500

ものすごく撮影に苦労した割にはあまり見栄えのしない写真ですね(泣)。この警告灯のうち、シートベルト警告灯の左隣、なんだかエンジンを横から見たような形の警告灯がそれです。上のYou Tubeの動画でもこれが点灯していますね。通常のエンジン始動時は、あっという間どころか、真っ先に消えます。

だから撮影に苦労したんです・・・。

寒冷地でエンジンスタートボタンを押してすぐにエンジンがかからなくても慌てないで!

この例は極端ですが、もしかしたら寒波が来ている時などにスキー場にいたら、エンジン始動がちょっと遅れることがあるかもしれません。

ですがその時は慌てないで、ブレーキを踏んだまま、ほんの1拍の後にエンジンがかかりますのでご安心ください。

これも知らなかったら「故障?!」とびっくりしてしまう場面ですよね。ちょっとしたことなんですが、知っていると知らないとでは大違いです。

もう一つ、冬に入る前に知っていた方がいいことがあるのですが、次回の記事でご紹介することとします。

BMWの雪道対策。スタッドレスならランフラット+インチダウンが吉!

ディーゼル乗りの方はご注意!寒冷地では軽油が凍ります。

では、今回はこの辺で失礼します。ありがとうございました。

 

スポンサーリンク













4 件のコメント

  • 私の乗っていた、ハイラックスサーフのディーゼルは、グローランプが常に、コイルの絵みたいなのが点灯。キーをひねってグローランプが消えてから、エンジンをかけるのが日常でした。2秒ぐらいかな??すぐ消えますが1年中同じ方法です。よく、車に乗ったと同時にエンジンをかけて、スタートしていく人がいますが、ガソリン車であっても車には、良くないでしょうね。周りにそういう人いますが、良く故障しています。笑 

    • bmwpopo様

      いつもコメントいただきありがとうございます。

      そうですよね。ちょっと前のディーゼルって、エンジンスタートの儀式が必要でしたよね。ガソリンエンジンだって、もっと昔はチョークを引いてエンジンを始動して、冷間時のアイドリングを調節していたんですよね。実は私のアルバイト先にはもう1台、かなりくたびれた軽のワゴンがありまして、これがチョークを引いてかけるエンジンだったんです。工場から直接近隣に配達するときはこれに乗って行くのですが、チョークを引きすぎてもエンジンがかかりませんし、閉じすぎてもかからないという、某テレビのイライラ棒のような加減を必要とする気難しいクルマだったんです。

      bmwpopo様おっしゃる通りで、現代のクルマは電子制御とはいえ、基本はこうした時代のクルマとは変わっていないんですから、エンジンのかけ始めはそーっと扱わないとダメですよね。なんだか、私も初心を思い出しました。

      では、またのコメントを楽しみにお待ちしております!

  • pontaさんトピずれですが、ロングツーリングの結果報告をさせていただきます。
     変則日程で、前半が510km、うち約100kmは数キロの家族の送迎の繰り返し、高速が途中時速2km/hという渋滞1時間を含む、350km、残り60kmが地方の一般道で、16.1km/lでした。
     後半が528kmで、高速が430km、地方の一般道が80km、都内が18km程度で20.1km/lという結果でした。概ね満足です。基本Comfortで走行しました。9速ATの効果で、高速で非合法に入るぐらいの速度では1300回転という状況でした。

     高速道や地方の一般道では、ディストロニック・プラスに助けられました。特にステアリングアシストのおかげで、何もしないで走れるくらいの気分になってしまいそうになりました。ただ、軽快感はBMW320dの方が上だろうなあと・・・まあ、ないものねだりですが。
     今までの車と疲労感がまるで違い、pontaさんが長距離を走りたくなるのがよくわかりました。
     また折に触れ、レポートしますね。

    • 桂様

      おかえりなさい!お疲れ様でした。そんなお疲れのところ・・・いえ、もしかしたらお疲れでない?・・・早速のレポありがとうございます!

      Comfortで20km/L超えですか!さすがメルセデス、老舗ならではの実力を大いに発揮しましたね。ディストロニック・プラスも大いに貢献した上での燃費ということでしょうか。

      ステアリングアシストは羨ましいですねー。そこまで至れり尽くせりですと、私、渋滞の時に寝てしまうかもしれません(笑)。

      この、往路と復路の燃費の差を行程とともに見てみると大変興味深いですね。まさにディーゼルの特徴が出ていると思います。つまり、一定の軽負荷状態ではきょういてきに低燃費ながら、発進加速の頻度が多くなるとそこまでの低燃費は発揮しなくなるというのが、如実にわかります。それでも16km/L超えているのですから、相当燃費がいいですけどね。

      軽快感は・・・どうでしょう、最近のメルセデスはアジリティを旗印に相当運動性能を向上させていますから、BMWもうかうかしていられないレベルになっているのではないでしょうか?実際、私はW204にちょっとだけ試乗した時にも、市街地程度ですとBMWと同じくらい思い通りのラインを辿れるので感心した覚えがあります。

      疲労感は逆にメルセデスの方が少ないかもしれませんね。是非是非、桂様もいい黄瀬tになりましたら、今度はゆったりと東北周遊くらいのロングツーリングに出かけられて見てください。ディーゼルなら給油の頻度が減るので、本当に楽ですよ。

      では、本当にお疲れのところありがとうございました!またのコメント、楽しみにお待ちしております!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください