ディーゼル乗りの方はご注意!寒冷地では軽油が凍ります。

「軽油が凍る」・・・この事実、普段雪が降らないようなところに暮らしていると意外と知らない事実だったりします。しかも、最近になってディーゼルの乗用車が普及してきたので、トラブルを未然に防ぐためにも詳しくお話ししますね。

スポンサーリンク

学生の時の体験

スキーに行こう!

遠い昔、私がまだ学生だった頃の話です。

ヒマな学生というのは、長期の休みには遊ぶことしか考えていません(笑)。そしてそのためにバイトに精を出す、と(笑)。

それはいいとして、私も例に漏れず、仲のいいグループでスキーに行くこととなりました。普段からよく飲みに行ったりカラオケに行っているメンバーで気心知れた仲間でしたが、その中には私と同じく「クルマおたく」と呼ばれていたメンツもいました。

当然のことながら「クルマおたく」の我々はクルマ(もちろん家のクルマ)を出す係なのですが、私の仲間は当時としても珍しい、いすゞジェミニのディーゼルを出してきました。彼の家は他にもスバル1000を持っていまして、趣味としてはかなりマニアックな方向だったので私は驚きませんでしたが、他のメンバーはびっくりしていましたね。

そしてお金のない学生のことですから、できるだけ夜中に一般道を走って行こう、でも途中のGSがしまっているだろうから都内で満タンにして行こうということで、まずは満タンに給油したのでした。

これが間違いの元でしたが、その時はそんなことは知る由もありません。

そして意気揚々と出発し、かなりの時間をかけて蓼科に到着、散々スキーを楽しんだのでした。

・・・エンジンがかからない?!どうして?

夜はおきまりの飲み会、ということで、食事前に買い出しに行くことになり、4人ほどの少人数で1台の車で行くことにしました。

もちろん、クルマはもっとも低燃費のいすゞジェミニです。私も彼と一緒に乗り込み、エンジンがかかるのを待ちました。

ですが。

ウンともスンとも言いません。何回試しても同じ。その時は何が起こったかわからないので、これは大変と買い出しどころではなくなってしまいました。買い出しは他の人間にバトンタッチし、JAFの救援を仰いで、我々クルマおたくどもは残ります。

1時間ほど寒空の下待って、ようやくJAFが到着しました。おりてくるお兄さんのなんと頼もしかったこと!我々はJAFの方に症状を伝えました。すると事も無げにお兄さんが一言。

「あー、もしかして東京で軽油入れてきました?それ、軽油が凍ってますよ。」

その時の我々のリアクションですが、みんなで一斉に「え?軽油?凍るんですか?」とポカーンとしていました。

JAFのお兄さんは乗ってきた救援車の排気をエンジンルームにホースで引き込み、燃料のパイプラインを温めます。しばらくそのまま待っていると、お兄さんがおもむろに「ふんっ!ふんっ!」と何かを押し始めました。

我々クルマおたくは何をやっているのか興味津々。それに気づいたJAFのお兄さんは、

「あ、これ、ハンドポンプなんですよ。ディーゼルエンジンはガス欠とかの燃料系のトラブルがあると、こうして燃料を強制的に送り込まないとエンジンがかからないんですよね。」

と解説してくださいました。

何度かハンドポンプを押してエンジンをかけてみるもかからず、またハンドポンプを押して・・・を何回か繰り返し、どのくらい経ったでしょうか、恐らく20-30分くらいたった頃、ようやくエンジンがかかったのでした。

「できればこのままエンジンを切らないで燃料を半分ほど減らしてから、この辺の近隣のガソリンスタンドで給油してください。この辺の軽油は寒冷地用ですので凍りませんから。」

と行ってJAFのお兄さんは去って行きました。

燃料を減らすと言っても・・・

そう、彼、というか我々は、「念のため」都内で軽油を満タンに入れてきたばっかりです。燃費のいいディーゼルエンジンは、燃料系の4分割された目盛りのうち1つ分しか減っていません。

じゃあ・・・減らしに行こうか!という事でドライブに出発・・・したのですが、夜ですので路面が凍結している心配があります。

という事で市街地に出て走り回りますが、これが中々減らないんですよ。ディーゼルの燃費の良さが仇となりました。無駄に低いギアで高回転域まで引っ張ったり(もちろん、滑りやすい路面ではセオリーは逆。なるべくトルクをかけないように走るのが正解です。)と、燃費に悪いことを必死でやったのですが、それでも半分にはまだ遠いです。

ここで諦めて、地元のGSで給油して宿に戻りましたが、その日はもう飲んで騒ぐ気分でもなく、昼間のスキーの疲れもありすぐに眠ってしまいました。

幸い、次の日の朝は、一発でエンジンはかかりました。

スポンサーリンク

「凍る」って何?凍らない軽油はないの?

俗に「凍る」と言われていますが、正確にいうと違います。低温のために軽油の中のパラフィンが析出してフィルターが目詰まりし、パイプラインをふさいでしまうんです。

現在の軽油でも同じでして、冬になると寒冷地用とそうでない地域用とでは軽油が違います。もちろん、寒冷地用の軽油は、低温でもこうしたパラフィンの析出が起きないように対策がされているので、いわゆる「凍らない」軽油となっています。

こちらのページに軽油のJIS規格が記載されていますが、軽油にはこれだけの種類があります。

軽油のJIS規格

つまり、寒冷地用の軽油というのは、「流動点℃」と「目詰まり点℃」が十分に低い、3号軽油または特3号軽油になります。

そして、どの辺りに行けばこの寒冷地用の軽油が手に入るのかと言うことなのですが、高速道路のSAでは何を用意しているか、というのは一つの目安になりますよね。昨年のものなのですが、ご紹介します。

寒冷地仕様軽油 取り扱い状況

これをみると、特3号軽油というのは、ほとんど北海道スペシャルですね。そのほかの地域では、要するに豪雪地帯ですとか山の上で気温が低くなる場所で3号軽油が供給されるということのようです。

燃料の全量が寒冷地用でなければ絶対ダメということではないので、ご安心を。

こういう話をすると、ディーゼル車でウィンタースポーツを楽しみに行くのを躊躇してしまいますよね。でも大丈夫です。上でJAFのお兄さんも言ってましたよね。「半分くらいは寒冷地用の軽油を入れてください」と。

ですので、目的地までの距離にもよりますが、都内ではガス欠にならない程度に入れておけばいいんです。そして、目的地近くでなくても、寒冷地と言っていい地域に入って、燃料が半分程度だったらすかさず給油します。その際に、

「こちらの軽油は3号軽油ですか?」

と一声かけて確認してから入れれば良いでしょう。違ったら、もう少し寒冷地に奥深く入ってから給油するんです。

大丈夫、走っている限りはエンジンルームは高温に保たれますので、凍りませんから。

まとめ

軽油が凍るという事実、普段ガソリン車ばかりに乗っているから知らないのであって、ディーゼルエンジンで走っているトラックドライバーや寒冷地の方には常識だったりします。

ですので、特に難しく考えることはないんですね。大体の燃費と距離を計算して、寒冷地近くで半分を切るように運転していって軽油を入れる、それだけです。

そして給油の際には、「こちらの軽油は寒冷地用ですか?」と確認を忘れないことが大事ですね。「3号軽油ですか?」と聞くとちょっと「おっ!この人知ってるな」と思われるかもしれません(笑)。

ディーゼル乗りにとって、冬支度はスタッドレスとチェーンの準備だけではないんです、というお話でした。

BMWの雪道対策。スタッドレスならランフラット+インチダウンが吉!

では、今回はこの辺で失礼します。ありがとうございました。

スポンサーリンク













10 件のコメント

  • 軽油は現地で!良く言われますね。かなり昔に、パジェロ、ハイラックスサーフなどが、流行ったときに、サーフのディーゼルに乗っていました。よくスキーにも行きました。懐かしいです。今は、スキーに行くこともありませんから、ディーゼルに乗っていても何もかんがえずに、入れていますね。

    • bmwpopo様

      いつもコメントありがとうございます!

      サーフのディーゼル!流行りましたねー。あのクルマ、実は流行に乗っただけではなく本格的なオフロード走行も睨んだ、タフなクルマでしたよね。私も友人のサーフに乗せてもらったことがあるのですが、意外に無骨な感じがしつつも、泥臭さを感じさせず、しかも街中でもいい走りをしていたので羨ましくなった覚えがあります。私自身ではSUVを所有したことがないので一度は所有してみたい気もします。

      都市部でしたら何も考えずに入れても問題ないでしょうね。実際、私がいった時は中々の寒波が来ていて、外でJAFを待っていた時も雪が降っていました。そういう状況ですとやはり凍るのでしょう。

      では、またのコメントお待ちしております!

  • pontaさんいつも有益な情報ありがとうございます。
     この件は全く無知でした。といいつつ、昨日満タンにして、これから福島に出掛ける小生、実質燃費チェックをできる初めてのツーリングになります。
     軽油が凍りませんように(汗)また、今回のツーリング結果を踏まえ、燃費情報をお知らせしますね。

    • 桂様

      いつもコメントいただきありがとうございます!

      いいですね。初のロングツーリングですか!恐らく普通に運転しているだけで色々な気づきもあったりして、きっと退屈なさらないんじゃないでしょうか?燃費も楽しみですね。果たしてカタログ燃費にどこまで迫れるのか、はたまた超えていけるのか、興味が尽きないところです。

      夜はだいぶ冷えるようですが、軽油が凍る温度ではないので大丈夫だと思いますよ。ですが人間には寒い温度まで冷え込みそうですので、風邪など引かぬようお気をつけください。

      では楽しんで、いってらっしゃいませ。お戻りになられましたらロングツーリングのご感想や燃費などお教えいただければ嬉しいです。

  • 自分もこの事実は以前ディーゼルを乗っていた経験で知っていましたが、今回320dに乗り換えるまで忘れてました。
    過去の経験上、最低気温が0度以下にならない地域に行く場合は東京で給油した軽油で凍った経験は有りません。
    実家近くの新潟市内は、いわゆる「湿ったボタ雪」で乾燥しないので、気温もそれほど下がりません(0度以下になるのは、天気が良く晴れた日以外は基本有りません)ので、いつも東京で入れた軽油で燃料が無くなるまで乗っていました。
    安心、という意味ではその地域でのGSで入れるのがやはりいいと思うので、心配な方はそうした方がいいと思います。
    因みに湯沢町近辺へスキーへ行ったときは入れたり入れなかったり、結構リスキーでしたが、入れない場合でも凍ったことはないです。
    が、苗場など標高が高いところへ行く場合は間違いなく給油必須と思います。
    ですので、自分の基準は最低気温が0度を切るか切らないか、で判断しています。

    • 寒梅様

      いつもコメントいただきありがとうございます!

      ご経験からくるご指摘、大変参考になります。軽油も0℃がやはり目安なんですね。

      私からすると、新潟は大変な豪雪地帯というイメージがありまして、どうしても「雪が降るところ」と一括りに考えてしまうんですよね。実は私、小学生の時に父の仕事の関係で青森に住んでいたことがありまして、市内だったのですが、冬は毎朝雪かきをパパッとしてから学校に行くのが日課でした。この時の経験から、「雪が降るところ」では、「いくら前日雪かきしても朝起きたら膝下くらいまでは雪がまた積もって」いて、「すごく寒い」と刷り込まれてしまっています。

      スキー場って大抵標高が高いところにありますし、高速道路も都市間ではかなり人里離れたところを通っていますから3号軽油でないとダメなんでしょうね。ですが、湯沢あたりも凍るかと思いましたが、そうでもないんですね。意外です。

      私もこれからは氷点下になるかならないかを基準に入れようと思います。ご教示いただきありがとうございました。

      では、またのコメント、楽しみにお待ちしております!

      • 一応蛇足ですが、確か自分の住んでいる三多摩地域は冬でも2号軽油だったと思います。
        住んでる所でもたまに氷点下になりますが凍らなかったので、同程度の気温なら凍らないだろうと言う自己判断です。
        氷点下基準はそこから来てますので、参考程度にして下さい。
        自己責任の範囲内で(笑)

        • 寒梅様

          ご忠告ありがとうございます!承知しました。

          三多摩地区には私も実家の関係でよく行きます。関越といい、寒梅様とは行動範囲が重なることが多いので大いに参考にさせていただきます!

  • ジェミニ・ディーゼル、なつかしい・・・。
    私が初めて買った「新車」が初代のいすゞジェミニでした。
    オペル・カデットの双子(ジェミニ)ということで、当時の日本車とはひと味違った、端正でヨーロッパの香り高い小型車でした。巷の噂で、女子大生にモテるというのが購入理由でしたけど(笑)。
    その後、フェイスリフトを受けて1.8LのDOHCエンジンを積んだZZ/Rというホットモデルが登場し、もう、欲しくて欲しくて・・・(笑)。その頃日本車のDOHC搭載車と言えば、トヨタのレビン/トレノとジェミニZZしかなかったと記憶しています。で、とうとうカミさんの抵抗を押し切って買ってしまいました。
    あ、ディーゼルの話でしたね。ジェミニ・ディーゼルの登場は、ZZシリーズと同時期で、数年後にディーゼルターボが出てきたと思います。ZZで夜のバイパスを走っていたら、どこからともなく現れて、ずっと併走するディーゼルターボのドライバーと、顔を見合わせて手を振ったこともありました。マイナーメーカーとはいえ、間違いなく80年代のディーゼル乗用車を代表する名車でした。
    すみません。懐かしさのあまり、ついスレ違いな思い出話を書いてしまいました。
    330eはこのところ遠出の機会もなく、ほとんどEV走行でこと足りてしまいます。それではエンジンの為にならないので、時々マニュアルモードにして3000~4000回転まで回しています。4ヶ月経って通算燃費は21.5㎞/Lを示しています。そろそろヒーターが必要な季節ですし、寒いときはエンジンをかけないと、なんとなく気分が出ません。
    そうそう、今さらですが、二本出しマフラーの外側(左側)は通常の中・低速走行では閉じているんですね(フタがしてあります)。エンジン回転が上がると開くみたいです。初めて知りました。自分では見られないのが残念です(笑)。

    • 夢酒様

      いつもコメントいただきありがとうございます!

      ジェミニZZとはまた懐かしい!いすゞジェミニ、一時期一世を風靡しましたよね。昔のいすゞって、そうとう攻めていた印象です。イルムシャーのチューンをしたハンドリングスペシャルみたいなモデルもありませんでしたっけ?

      なんだかこういう元気なメーカーがなくなってしまってから日本車がちょっと面白くなくなっていったような気がします。

      ジェミニオーナー同士のコミュニケーション、いいですねー!これ、私すごく憧れるんですよ。3シリーズ乗りの間でも広めたいですけど、みんながみんなクルマ好きなわけではないですもんねー。1回だけ、すごくおしゃれにカスタマイズしたミニを見て、ドライバーを見たら上品そうな紳士が乗っていらっしゃったので、たまらずミニを指差して、親指をグッと立てて見せたことがあります。紳士は素敵な笑顔でちょっと帽子のつばに触れながら会釈してくださったのが嬉しかったですね。

      330eのエンジンが目覚ませんか!マニュアルモードにして引っ張っているのに燃費が20km/L超えとはなんと贅沢な!いえ、贅沢していませんよね、ガソリン使っていないんですから。すごいですねー、本当に。

      マフラーのフラップの開閉は、スポーティさの演出ではなくて、排気の抜けをあまりによくしすぎると低速トルクが細くなるからだと思います。逆に高回転域では排気の抜けをよくしないと排気抵抗が出て回りませんから、そのようにしているんでしょうね。

      そうなんです!クルマって、自分で見れないのが悲しいですよね。スタイリングに惚れて買ったのに乗ると見えないとか、残念すぎますよね。私は時々道沿いの商店のガラスなどに映る自車を見てニヤニヤしていますが・・・マフラーはどうやって見ればいいでしょう?カメラをつけて動画を撮影するとか・・・。まあ、頭の中で動いているところを妄想しながら運転するのも一興かと思います(笑)。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください