カー・オブ・ザ・イヤーの栄冠はどのクルマに輝くのか?

ちょっと気が早いですがもうすぐ12月。この季節といえば色々なところで1年が締めくくられ季節です。今年の10大ニュースですとか、忘年会ですとか・・・。自動車業界でも一大イベントがあります。そう、日本カー・オブ・ザ・イヤーの発表です。

スポンサーリンク

今回のノミネート車「10ベストカー」

さて、では早速今年のノミネート車10台を見てみましょう。

  1. スバル インプレッサスポーツ/G4
  2. トヨタ プリウス
  3. ホンダ フリード/フリード+
  4. ニッサン セレナ
  5. BMW M2クーぺ
  6. アウディ A4シリーズ(Sedan/Avant/allroad quattro)
  7. ジャガー F-PACE
  8. アバルト124スパイダー
  9. メルセデス・ベンツ Eクラス
  10. ボルボ XC90

いかがですか?え?M2の字が大きい?気のせいですよ。あなたがM2を選びたいからきっとそう見えるんです。

いいクルマばかりですね。M2危うし!

それにしても本当によくもまあこれだけいいクルマが揃いましたね。結構今年は豊作だったのではないでしょうか?

それにしても、驚くのは10台のノミネート車のうち、なんと輸入車が過半数の6台!日本車危うしです。ノミネートされたクルマを見ても、正直申し上げてちょっと弱いかな・・・と思います。プリウス以外は。

インプレッサは私も大好きなクルマです。スバルの4WDは抜群の走破性を誇りますし、アイサイトの安全性能もピカイチ。かつそうしたパッケージを安価に提供しているところはすごいですよね。

プリウスはまたもエポックメイキングな燃費を達成しましたし、セレナは非常に先進的な自動運転システム「プロパイロット」を搭載してデビューしました。日産が言うところの「同一車線内での自動運転」を実現した、もっとも先進的な車かもしれません。

フリードは・・・すみません。勉強不足なのでわかりません。

そして輸入車でM2は、当ブログの読者さまには言わずもがなですね。ノミネートされて当然、という感じですか。

それにしてもアウディA4とメルセデスEクラスも相当強敵です。これはいちいちご説明申しげなくてもご存知かと思いますが、残る2台のF-PACEとXC90もエポックメイキングなクルマです。F-PACEはディーゼルも日本に導入されていますし、XC90は経済性に優れたガソリンエンジンと、PHVですよね。

もうしてみると、キーワードは「環境性能と自動運転」が共通していますね。

そしてそこから外れる、むしろ古典的なクルマの楽しさを追求し、見事にそれを現代的解釈でまとめあげているのM2と124スパイダー。特に124スパイダーは昨年度のCOTY受賞車、マツダロードスターがベースですので、実質的に2年連続での登場となります。もちろん、アバルトの手が加わっていますので別物との話ですが、いかにライトウェイトオープンスポーツの分野がアツいのか、よくわかりますね。

BMWの近年の受賞歴

大体、インポート・カー・オブ・ザ・イヤーを受賞するのですが、昨年は2シリーズアクティブ/グランツアラー、我らが3シリーズはデビューの年の2012年度に受賞しています。

また、2014年度はインポート・カー・オブ・ザ・イヤーをCクラスにさらわれた代わりに、i3がイノベーション部門賞を受賞しています。

では今年、そこにまた栄光の歴史が加わるのでしょうか?!

前哨戦の結果は?

最近、前哨戦たる「RJCカー・オブ・ザ・イヤー」が発表されました。その結果はすでにニュース等でご存知かと思いますが、ニッサン・セレナが受賞しました。しかも圧倒的な差。

スポンサーリンク

そしてRJCカー・オブ・ザ・イヤー インポートにはボルボXC90。これはアウディA4とまあまあの接戦でしたが、文句なしの一位です。

まあ、RJCは結構マニアックなクルマが選ばれますので、COTYが何になるかの参考にはあまりなりませんね・・・。実際、昨年も全く一致していません(スズキ・アルトとBMW MINIクラブマン)。

個人的な予想ですが。

私は無難にプリウスでくるのではないかと思います。

やはり40km/Lを超えるJC08モード燃費は画期的でしょう。ただ、本当にこれを選んだら、私はすごく寂しく感じます。こんなことを言っては何ですが、

「今や日本車は燃費しか誇るものがないのか」

と。

昨年度、ロードスターが受賞した時は結構感動を覚えたものでした。まあ、ロードスターも歴史のある名車であるので順当とも言えるのですが、そうは行っても、やっぱり日本車はまだまだ元気だぞ!と言う気分になったものです。

でも、プリウスになったらまた逆戻り。正直申し上げて、プリウスのあのデザインはどうしても好きになれませんし、「燃費だけ」と言うイメージが拭えません。最近、タクシーでも増えてきていますが、あの乗り心地の酷さと容赦ないロードノイズはタクシーには向かないのではないかと思うほどです。

いえ、トヨタが嫌いなんではないんですよ。むしろ豊田社長はカーガイとして非常に尊敬し、トヨタに期待もしています。ただ、昔ながらのトヨタの「80点主義」と言いますか、目標とした燃費以外は「このくらいでいいだろう」と言うのが非常に見え見えで許せないんですよ。一生懸命やってそれならまだ話はわかりますが、トヨタならもっとできるはずじゃないかと思ってしまうんですよね。そこが歯がゆくてしょうがないんです。

あ、話がだいぶ逸れましたね。で、インポート・カー・オブ・ザ・イヤー。これは・・・M2!と言いたいところですが、メルセデスEクラスとアウディA4が大接戦の末・・・Eクラスでしょう。ここもやはり自動運転技術が決め手になるのではないでしょうか?

ただの予想ですので・・・

多分外れます(笑)。

ただ、これだけは申し上げておきたいのですが、私はもちろん、気持ちとしてはM2に1票ですよ。理由は

「クルマ本来の楽しみをコンパクトなボディとパワフルなエンジンで表現し、本格スポーツドライビングに耐えうる車にも関わらず比較的安価に提供していることから、自動車の運転の楽しみの原点を楽しめる裾野を拡大した。」

と言うのはどうでしょう?!うーん、でも「安価」と言い切れないのが辛いですね。

M2初試乗!もしかしたらどこよりも早い試乗記

あなたなら、どのクルマに、どのような理由で投票されますか?

COTYの発表は12/9です。この日はニュースから目が離せませんね。

あと、個人的に楽しみにしているのは、私の愛読誌CGの「CG AWARD」です。こちらも機会がありましたら感想をお伝えしたいと思います。

では、今回はこの辺で失礼します。ありがとうございました。

スポンサーリンク













6 件のコメント

  • 勝手ながらpontaさんと小生って、おんなじような価値観を持っているのかなあと思っております。
     と前置きを置きつつ、小生も今年のノミネートを見て、半分以上が輸入車じゃん・・・と思ってしまいました。グローバルレベルでの安全性能を高いレベルでまとめたインプレッサ、アイディアいっぱいのスペースユーティリティを実現したフリード、そしてpontaさんも書かれたように自動運転に近づけたセレナ、それぞれポリシーが見えるクルマですね。
     小生もT社が嫌いなのですが、特にプリウスについては、燃費しかないでしょ・・・って。あの車だけは勝ってほしくないものですが・・・
     残りの6車種には、それぞれのメッセージが見えるということで、やはりこの辺りは欧州車の力を感じます。意外なところで、中身は国産、でも輸入車という折衷案でアバルト124スパイダーになるかも・・・と。これも日本的ですかね(苦笑)
     

    • 桂様

      いつもコメントいただきありがとうございます!

      価値観が似ているとおっしゃっていただき嬉しいです。勝って欲しくなくても勝ってしまうのがプリウスですよね。特に、プリウスの環境性能を評価しないのは、自動車ジャーナリストとして意識が足りない!といったような、全体主義的な雰囲気になってしまわないか、あるいは、そう言う大衆の目を気にしないか、若干不安です。投票結果は公開されますからね。まあ、選考委員の方も海千山千のツワモノ揃いですからそうはならないでしょうけど。

      いえ、アバルト124スパイダー、私もこれがカー・オブ・ザ・イヤーで何か賞をとったら画期的だと思います。実質的に2年連続と言うだけではなく、「アバルト」の名を関したクルマが日本車ベースって、実は日本のクルマ好き限定ではありますが、感動モノだと思うんです。かつてのデボネアAMGとはわけが違いますよね。って古すぎですか。

      燃費・燃費・・・最近、やはり環境性能だけでは息がつまると言う、クルマ好きの本音みたいなものが垣間みえることが多いですよね。MやAMG、RSといった超高性能モデルの販売好調や、ランボルギーニやマクラーレンといったスポーツカー専業メーカーも興隆し、息を吹き替えしてきています。

      そう考えると、M2と124スパイダーには頑張って欲しいですよね。

      ちなみに、本文には書きませんでしたが、ディーラーイベントで本庄サーキットに行った時にいらっしゃった、チーフインストラクターの五味さん、124スパイダーに乗ってらっしゃいました。あの方が乗るんですから、楽しいクルマなんでしょうね。ってプロファイル見ただけでワクワクするんですから当然ですね。

      では、またのコメント、楽しみにお待ちしております。

  • 自動運転を謳うセレナもEクラスの機能には負けてますし、なかなかの出来と噂のインプレッサも同クラス欧州車に並んだレベルの様です。(それはそれで日本車としては画期的ですが)
    ハイブリッドながら従来のガソリン車と遜色ない運転性を実現したと言われるプリウス。とは言え例えば330eほど痛快でもないでしょうから、やはり売りは燃費という事に。
    スペースユーティリティが売りのフリードは唯一ユニークですが、それが従来の車の工夫の域を突き抜けているかというとそうでもない。
    私の感想的には日本車はノミネートされているとは言えインパクトに欠ける印象です。
    個人的には私もM2推しですが、自動車線変更迄出来てしまうEクラスが取るかなと予想しておきます。

    • (元)E46乗り様

      いつもコメントいただきありがとうございます!

      いやー、セレナの痛い所をついてきましたね(笑)。やっぱり、こう言うのをみると、まだドイツ車のアピールの仕方って素っ気ないなぁと思います。JC08モード燃費計測のテクニックもまだまだですしね。

      私も全く同感です。セレナのプロパイロット、ニュースではすごくセンセーショナルに「すごい!先進的!」と行った感じでした。ですがクルマ好きにとっては、「うーんと、BMW7シリーズ・アウディA4・メルセデスでももう似たような機能あるよね。下で足を振るとドアが開く?ドイツ車はトランクならどのクルマもそうやって開きますが?」と言う反応だったのではないでしょうか?

      ちょっと話は逸れますが、最近ちょっと怖いのは、早くも東京オリンピックを睨んで「日本の技術最高!」みたいに思わせるような、メディアによる誘導が始まっているような気がしているんです。これは3.11以降つ続いている傾向と感じていまして、頑張って復興するんだ!の時はまだよかったんですが、最近は無条件に「日本ってすごい!なんでもできるんだ!」と言う風潮になっているような気がしています。つまり、極端に言うと戦前の全体主義に逆戻り、みたいな。「プリウス?燃費だけじゃん」と言おうものなら、「燃費が悪くてもいいの?」とでも言い返されそうな気がします。

      なんかセレナの発表がその権化だったんですよね。私は記事をいくら読んでもそこまでの目新しい機能が見つからなかったのですが、なぜクルマ専門誌でもない記事元がそこまで持ち上げるのか、理解に苦しんだ覚えがあります。まあ、輸入車など、他を知らないからだろうと言うことで無理やり納得しましたが。

      日本の技術が本当に最高なんだったら、カー・オブ・ザ・イヤーのノミネート車の過半数が輸入車であるなんてありえないんですよね。実際、1昨年でしたっけ?「インポート」ではない普通のカー・オブ・ザ・イヤーの方もゴルフに攫われましたし。日本の自動車メーカーは大いに自省を促したいものです。特にミニバン作りに血道をあげている大メーカー達。もっと、世界に通じるクルマを作ってください。

      ・・・すみません。少々熱くなってしまいましたが、要するに(元)E46乗り様の意見に賛成している、と言うことです(笑)。

      では、またのコメントを楽しみにお待ちしております。

  • 順当で、プリウスの燃費、セレナのプロパイロットでしょう。どちらかで決まり!笑
    インプレッサスポーツは、評論家さんの評価が高いですが、自分で、見たこともありませんし、試乗好きなのですが、試乗しにいくこともしていません。予定もありません。私のみんからではない、インターネットの知り合いの方が、インプレッサを見ただけで、購入しましたが、良すぎです。違いますよ!とアツク語っておりましたので、魅力ある車になったのでしょう。

    10台のうち、6台試乗したことあります。(10台と言いたかったですが!!)
    残念なことに、M2クーペはありません。

    輸入車の個人的な感想 笑

    ☆選ばれた輸入車の中では、新型Eクラスが断トツでしょう!期待もされていますし、メルセデスと言えば、Eクラスですから、先進的で素晴しい車です。しかし、庶民では買える価格ではありませんね。新開発の2000ディーゼルの出来がよいとの事ですので、320Dと比べないといけませんね!!

    ☆XC-90の外観や内装が斬新で、これからのVOLVOを象徴するようになるのは間違いないです。XC-90は巨大で上級すぎるグレード!価格も手が出ない。XC-60、V40、V60の大幅な変更を期待したいです。

    ☆アウディA4シリーズ、ディーゼルモデルが無いのが残念です。メーターパネル内に、ナビを設置していますが個人的な感想としては、ナビの目線がメーターパネルになるので良さそうで、見にくい!ナビ以外の表示もたくさんできますが、はじめはものめずらしさでみますが、慣れてくると、みなくなるので、そこまで、必要ないような気がします^^価格は3シリーズよりかなり高くなる。
    試乗好きには、いろいろな車が登場するのは、楽しいです。新型の5シリーズはまだかな??

    • bmwpopo様

      いつもコメントいただきありがとうございます!

      さすがですね。6/10とは、命中率高過ぎです(笑)。

      XC90は凄まじい巨体にも関わらずエコを全面に出した、すごい可能性を秘めているクルマだと思いますが・・・個人的に顔がダメなんです・・・。どうしてもかっこいいとは思えません。。。なんだか、SUVは後発のクルマの方が良い印象ですね。ジャガーF-PACEですとか。あ、もちろん、bmwpopo様のように試乗したことはありませんよ?

      Eクラスでしょうね、やはり。アウディA4はそのバリエーション展開からも魅力的なのですが、やはりディーゼルとPHVを打ち出していないのと、価格面がネックです。Dセグメントであの値段は高過ぎますよね。

      新型5シリーズは、恐らく2017年の夏頃でしょうね。私もすごく楽しみにしています。デザインもいいですし、走りも当然でしょうから。あとは運転者支援がどの程度進んでいるのか、ですね。おそらく、来年のカー・オブ・ザ・イヤーは5シリーズで決まりでしょう。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です