BMWのACCって、もしかして学習している?それとも、ただの慣れ?

以前、当ブログでもアクティブ・クルーズ・コントロール(ACC)のことは色々な記事でお伝えしましたが、その中で、「今まで認識していた前車を突然認識しなくなり、飛び出す時がある」とお伝えしました。ところが、最近ではめっきりそうしたことがないんです。もしかして、学習していっているのでしょうか?

スポンサーリンク

最近ACCを使うたびに感じていたこと。

ACCの弱点に関しては以前も記事にしていますが、最近感じていたことがあるんです。

BMWのACCの弱点?!

2016.07.24

この記事では、停止中にバイクなどが動き出しても、さらにその前車を認識せずに加速する現象をお話ししていますが、停止中に限らず、この現象って結構ありました。

例えば、ACC使用中に、直前のクルマが車線変更していなくなったものの、さらにその前には別の車が走っているケースなどです。こうしたケースでは、以前では前車がいなくなった途端に加速を始めて、みるみるうちにそのさらに前のクルマに近づいていって、ブレーキを踏むことが多かったんですよ。

それが、最近では高速道路走行中に、追い越し車線を走行中に同じような状況に遭遇しても、ちゃんとさらに前のクルマを認識して、加速しないんです。それも「一拍おいて」とかではなく、直前のクルマが車線変更しても前車認識マークが消えないまま、次に追従するクルマ、つまりさらに前のクルマを認識し続けてくれているんです。

薄々感づいてはいたのですが、この週末の八景島ドライブで確信に変わりました。

以前とは明らかに挙動が違っています。

もしかして学習している?

ガンダムのコンピューターじゃあるまいし、この時代のクルマでそんなことはあるまいと思っていたのが、薄々感づきながらも意識の俎上に強く上がってこなかった理由です。

これはまだディーラーさんにも確認していませんので確かなことは申し上げられないんですが、そうは言ってもATだって「学習する(といってもアクセルを深く踏む人がドライバーなら高回転まで引っ張るようになる)」ので、ACCも学習しても・・・まあ、おかしくはないのかな、と。例えば、私は上記のような状況で加速し出した際にはいつもすぐにブレーキを踏んでいました。そこで、「あ、この人は直前のクルマが車線変更していなくなってもすぐには加速しない人なんだな」と学んで、しばらく加速せずに待っている間に、さらに前のクルマを認識し・・・というパターンしかないと思うのですが、こうして文字にしてみると、「そこまで高度な制御してるんだっけ?」と思うのも確かです。

ですが実感として、確かにACCが期待しない動きをすることは、「ほぼ」なくなっていると感じています。ただ単に私がコツをつかんだのか、あるいは慣れただけなのか・・・いえ、慣れただけというのはないでしょうね。実際に「そうならない」のですから。

でも相変わらず「曲がっていっていなくなったクルマ」がいなくなったのを認識するのはワンテンポ遅い。

Toto BMWさんに行く時などに、「ラーメン街道」の異名をとる新小金井街道を走っていると、横道がたくさんある住宅街であるために、頻繁に右左折クルマに出会います。このような時も私はずぼらでACCをオンにしていることがあるのですが、左折していなくなって、前にもクルマがいない、ようし加速!・・・と思ってもそのタイミングで加速した試しがありません。

スポンサーリンク

これは別に悪いことではないのですが、結構横の方まで認識しているようです。感覚的には、認識の横幅は、自車+クルマ半分くらいは余裕がるように感じます。ですので、前車に追従して止まるときも、真後ろではなく、そのくらいオフセットして追従してもちゃんと停止してくれます。

もし学習してくれていたらすごいことですが・・・

誰でも、新しい機能を使い始めた当初は違和感を感じるものです。私だって、ACC使い始めの頃は、わかっているはずなのに「自分がアクセル操作から『完全に』解放された」気になって、先頭を走っていて赤信号になった時に止まらないので焦ったものでした。

今ではそういう場面では必ず自然とブレーキを踏みますし、むしろ「ACCをすぐ解除する」操作に慣れてきているように思います。ということは・・・ACCが学習しているのではなく、私が学習していることになるのですが、あまり自覚がありません。

もし、多少なりともACCが走行パターンを学習していたらすごいことですよね。AIが搭載されるはずの自律運転車ではもっと学習するでしょうから、完全自律運転にしても、あたかも自らが走行しているのと同じような走行パターンで走ってくれることが可能になるわけです。

実は、個人的には自律運転で一番大切なのはここなのではないかと思っています。つまり、今までゆっくり目の運転をしていた方が突然キビキビ運転する自律運転車に載せられたらリラックスして乗って入られませんし、逆に今まで流れをリードするような走行パターンだった方が、一般的な運転をする自律運転車に乗せられても、ストレスが溜まるだけです。

そして両者とも、行き着くところは「自律運転って言ってもこんなものか。これだったら自分で運転した方が気楽でいいや。」となることです。これではせっかく自律運転で事故の大幅な提言を図ると言っても、結局は人が運転しているので一向に減らない、ということにもなりかねませんよね。

その一方で、学習させるためには自分の運転の好みを教えなければいけない=好みの自律運転車に仕上げるためには、しばらくは自律運転を封印して自分で運転しなければいけないというジレンマはあるような気がします。

何れにしても、ACCにはもっと成長してほしい。

もし、もしですよ、本当にACCが学習して言ってくれているのなら、これからもさらに色々な走行パターンでACCを使用することによって、よりACCの弱点が潰していけるということですよね?本当にそうなのかどうか、確信が持てませんが、今度ディーラーを訪れた時にでも聞いて確認してみようかと思っています。

それまでは、一応「学習している」と信じて色々な走行パターンを覚えさせる努力だけでもしておきましょうか。と言っても、要するに状況が許す限りACCをオンにして、ドライバーたる私が楽をするということですけど(笑)。

あなたはどちらだと思いますか?自分が慣れただけ?それともACCが学習している?

では、今回はこの辺で失礼します。ありがとうございました。

スポンサーリンク













10 件のコメント

  • ACCの学習・・・もし本当ならすごいことですね。
     小生もディストロニックプラスに慣れてきて、最初の頃は高速専用みたいな感じでしたが、近ごろは幹線での使用も増えてきました。ただ、やはり細かい道路については、車線変更しての割り込みや微妙な自転車などへの対応がいやで使用していないケースが多いですね。
     このところ、立て続けに側方を通過する自転車に反応して自動ブレーキがかかったことがあり、安全のためと思いましたが、ビックリするシーンも・・・前よりこの辺の反応は敏感になっているように思います。
     ACCと単純には比較できませんが、依然として停車時のブレーキングのタイミングとか、発進時や前走車が車線変更や右左折でいなくなったときの挙動などは自分のペースと違うため、ついついブレーキングしてしまうことが少なくないですね。ディーラー情報等判明しましたらまた教えてください。

    • 桂様

      いつもコメントいただきありがとうございます!

      うーん、私も確信を持っては言えません。どちらかというと、私がただ単に慣れただけで、さらに言えばACCの弱点の記憶がこびりついているだけかもしれませんし・・・。ただ、随分と便利に使えるようになって、誤作動で驚く場面が最近なくなったのは確かです。

      ディズトロニックは優秀そうですね。メルセデスの場合はレーダーの位置もいい(あの、クーペ顔のスリー・ポインテッド・スターがレーダーそのものですよね?)ので、BMWよりも前車の認識性は良さそうです。そういう点ではアウディも下についているんですよねー。BMWの3シリーズでいうと、フォグライトの位置にあるんです。しかも2つ。なぜこの位置を選んだのか、デザイン上の配慮が一番大きいのでしょうが・・・。

      私もACC利用時でも積極的に自分で介入して操作しています。ECO PROモードで本線料金所から前車に続いて行くと、間違いなく置き去りにされますしね(笑)。やはり、自分の感覚というのはどうしても機械の真似できないところです。AIが底を補ってくれるのか、しばらく自力で運転しているとその人のコピーのようになれるのか・・・ここはひとつ、私は大いに興味を持って見ています。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしておりまず!

  • 最近一般道では、1車線で定速の流れの時にしかACC起動させていません。その方が楽しいというか、やっぱり運転してるっていう気になりますよね。
    もちろん高速などでは大いに活躍してくれています。
    話題の学習の件ですが、特に意識したことはないですね。交差点での左折車認識の解除は、自分の加速のタイミングと違うのでACC起動時はその時だけアクセル踏み増すなどしています。安全考えれば、まあこの部分は人の判断でヨロシク、的な部分なのかも知れませんね。
    いずれにしても「快適にクルーズするための装置」と思うので、学習してくれればそれに越したことはないですが、そうで無くても割り切って「そういうもんだ」の意識でいれば、今までのクルマに比べても必要十分な装置と思います。
    因みに高速で前走車を認識すると減速しますが、そのタイミングでウインカーを出すと減速せずに追い越し車線に行けます(前走車は捕捉したままです)。なので、自分は前走車との距離を見ながら認識した時点でウインカーを入れて車線変更しています。

    • 寒梅様

      いつもコメントいただきありがとうございます!

      そうですよね・・・やっぱり寒梅様はそうお感じになられますか・・・。いえ、私も確信があるわけではないんです。なんだか最近ACCのドッキリが全くないよね、と思ってよくよく観察していて、「もしかして?」と思ったんです。

      正直言って、いくら「自動運転」に肩亜足を突っ込みつつあるACCといえども、さすがにそこまで高度ではないと思っています。でも・・・自分の慣れだけ、でもないような気がするんですよね。実はiDriveのアップデートをした時(だいぶ前ですが)にでも、プログラムが変わったのかな?とも思ったのですが・・・。

      まあ、学習しようがしまいが、現状で「ドッキリがない」ことの方が重要ですよね。確かに、寒梅様がおっしゃる通り、今までの車に比べたらはるかに楽な訳ですから。

      >因みに高速で前走車を認識すると減速しますが、そのタイミングでウインカーを出すと減速せずに追い越し車線に行けます(前走車は捕捉したままです)。なので、自分は前走車との距離を見ながら認識した時点でウインカーを入れて車線変更しています。
      あ!これ、私も同じような運転しています!私の発想は、走行車線を走っていて前走者を認識するとスピードが落ちるので、そこからまた加速をすると燃費が悪くなる、というケチな理由からなのですが、空いている高速道路をそうこうしている時などは、ACCで前走者を認識した瞬間に追い越し車線に出ています。そうすると、一定のスピードのままで走行できますし、減速してまた加速するというGもかかりませんので、疲れない運転ができます。

      寒梅様の320dツーリングと私の愛車、色も似ていますのでこの運転の特徴で読者様に私に間違えられそうですね(笑)。今の内に謝罪しておきます。ご迷惑おかけします。申し訳ありません。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

      • 前にpontaさんがプログラム書き換えして、アイドルストップが改善されたって話ありましたよね?
        それが頭にあったので、この件もその時のアップデートがそうさせたんじゃないかなとは、実はチラッと頭によぎりました。
        前にもお伝えの通り、LCI後の自分の車輌がpontaさんの言う様な挙動をした事が無かったもんで…。
        あ、あとACC使用時の車線変更の話ですが、これってウインカー入れると前車捕捉中にも関わらず加速しますよね。自分はウインカースイッチとデパーチャーウォーニングが連動して、『コイツは車線変更したいんだな』とクルマ側が認識してそうしているんだと思っています。
        これはこれで、クルマ任せの加速なんで楽ですね。

        • 寒梅様

          いつもコメントいただきありがとうございます!

          >この件もその時のアップデートがそうさせたんじゃないかな
          寒梅様がそこまで覚えていてくださったことに感激しました!本当に嬉しいです!今ではすっかり慣れてしまって、また「もうちょっとどうにかならないものかなあ。こういうところは日本車の方がはるかに優秀だなあ」なんて(笑)。

          >あとACC使用時の車線変更の話ですが、これってウインカー入れると前車捕捉中にも関わらず加速しますよね。
          おお!そうなんですか?私は車線変更の時はACC設定中でも必ずアクセルを踏んで加速しているので気づきませんでした!そんなことしないでもちゃんと
          加速するんですね。これはすごいですね。本当に優秀です。BMW関係の方が口を揃えて「実はもう『自動運転』は技術的には可能なんですよ」と豪語するのもわかりますね。ACCですら(というと失礼ですが)、ここまでドライバーの意図を汲んでくれる(?)んですから。

          今度早速試して見ますね。

          では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • ACC高速では本当に楽です。ただ、それほど、おかしな挙動を体感したことはありません。もちろん、無理にACCに頼る必要もありませんので、速度が落ちて加速するときは、アクセルも踏みますし、急な割り込みなどで認識されないようなときは、ブレーキを踏みます。人間が補助すればいいだけと思っています。BMWのACCはかなり優秀だと思います。今は国産車ですが、同じくACCがついていますが、急な割り込みなどが入ってきた場合に、車を認識したらBMWなら強いブレーキがかかると思いますが、私の今の車は、プリクラッシュの警告がプププププ!となり、解除されます。これは、だめです。
    レーダークルーズで速度対応して!と思ってしまいます。

    最近は、ブレーキオートホールドを重要視していますので、レーダークルーズは飽きました。笑
    320Dと違い、足が楽です。

    • bmwpopo様

      いつもコメントいただきありがとうございます!

      いやー驚きました。
      >急な割り込みなどが入ってきた場合に、車を認識したらBMWなら強いブレーキがかかると思いますが、私の今の車は、プリクラッシュの警告がプププププ!となり、解除されます。
      これ、ものすごく危なくないですか?!確かにそういう時は自分でブレーキを踏め!ということなんでしょうし、それはそれで正しいんですけど、BMWのように予めブレーキをかけてくれてもいいじゃないですか?そう考えると、BMWのACCって、bmwpopo様おっしゃる通り、すごく優秀でよくできているんですね。
      そういえば、かつてはスバルのiSightも、信号待ちで何秒か経つと勝手に発信する仕様になっていると聞いたことはあります。これも危ないですよね。むしろBMWのように3秒間はすぐ発信できるように待機して、その後長期停車に備えてアイドリングストップする、が一番正解な気がしますし、人の生理にあっていると思います。

      なんだかいつも使っていると当たり前になってきてしまいますが、本当にBMWのACCは優秀なんですね。逆にいうと、別メーカーの車両に乗り換える場合はかなり気をつけなければいけないことになります。これはこれで非常に危険ですので、ある程度この辺りの挙動は標準化する必要があると思うのですが・・・。

      ブレーキホールドは・・・まあ、いいです(笑)。新型5シリーズや7シリーズに試乗した時に便利さは思い知りましたが、先頭でないときはACCオン、先頭のときはPに入れてハンドブレーキを引いて耐え忍んでしますから(笑)。
      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • シフトパターンが学習されるので、それによって間接的にACCの特性が変わっているのではないでしょうか。勿論ACC自体が学習する事も考えられますが。

    • あっきろ様

      いつもコメントいただきありがとうございます!

      あっきろ様らしい、鋭いご指摘ですね。読んだ瞬間、「なるほど!」と膝を打ちました。

      確かに、それはあるかもしれませんね。ですが、今まで加速していたところで加速しないというのはどうもシフトの問題だけでもないような・・・私はむしろ加速は鋭くする方ですので、その方向で学習すると、「勢いよくとびだす」ような気がします。

      うーん、一体なんなんでしょう?やっぱりただの慣れなんでしょうか?早く改名したくなってきました。まあ、慣れにしてもいいと思いますけどね。要するに、「慣れればドッキリはなくなる」ということですし、bmwpopo様のコメントを読む限りでは、BMWのACCは某国産メーカーよりも優れていると思われる点がありますから。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください