320iの存在意義とは?BMW3シリーズの車種選びに迷ったらお読みください。

クルマを選択する時、許される予算の中でできる限り「いいクルマ」を選びたいと思うのは人の常ですよね。特に3シリーズを選ばれる方にとっては値段が抑えられた318iにするのか、ある程度充実装備の320iにするのか悩ましいところだと思います。そこで318iにエントリーモデルの座を譲った320iがラインアップでどんな役割を果たしているのか、考えてみました。

スポンサーリンク

相変わらず人気の320i

3シリーズがBMWの屋台骨であることに異議がおありの方はいないと思いますが、その最量販モデルたる3シリーズの中でもさらに最量販車種としての地位を欲しいままにして来たのが320iです。

エントリーモデルということもありますが、 値段が比較的抑えられているわりにオミットされている装備がさほど「気にならないもの(TVチューナーなど)」であったことにより、消費者の購入意欲を刺激したものと思われます。

実際、私の前のクルマはF30の320iでした。私が購入したタイミングは320iが日本に導入されて間もなかったこともあり、当時のToto BMWさんの担当セールス氏が、ディーラー間の激烈な争奪戦を制して一番売れ筋であるアルピン・ホワイトの320iを引っ張って来てくださいました。

その当時は、先行して導入された328iの価格が高かったこともあり、320iの導入が諸手を挙げて歓迎されていた時期でした。 メディアによっては「328iの存在意義は何?」とまで言っていた程です。今では考えられませんが、320iのデザインラインが500万円くらいで購入出来たんですよ。まあ、ACCなどはついていませんでしたが。

318iが導入されても「320iはいらない!」とはなっていませんね。

ところが、昨年9月に318iが導入されても、同様に「320iの存在意義は?」という議論にはなっていません。これは単純に考えると、320iの導入時と大分違う状況と言えるでしょう。

これは320iと328iが「『同じ』エンジンなのにパワーが違うだけでこんなに価格差があるなんて!」という誤った認識が蔓延していたことも原因です。確かに一つ一つのパーツは同じかもしれませんが、圧縮比からして違っているエンジンですし、第一、装備されていた内容が全然違います。例えば、私が絶賛しているサーボトロニックが328iでは標準であったりとか。ただ、さすがにドイツ車的ヒエラルヒーを適用して50万円もの価格差はやり過ぎだったとは私も思います。以前当ブログでもご紹介した通り、二酸化炭素排出量がより少ない=燃費が良いクルマを売っていくための、「環境対応プライシング(勝手に命名)」が充分浸透していなかったせいもあるでしょう。

そういう意味では、318iの日本導入のタイミングは良かったと言えます。そもそも3シリーズの価格がどんどん高くなっていく中、かつBMWとしては満を持しての投入となった3気筒エンジンが受け入れられやすい状況だったと言えます。

私が以前当ブログでご紹介した通り、318iは3シリーズの美点を素直に味わえる、エントリーモデルにふさわしいクルマです。

ですが、正にこの「3気筒エンジン」がネックになっているのも事実の様で、やはり拒否反応を示す方も多い様です。また、昨今のBMWの売りであるACCなどの運転支援デバイスも装備されていません。

正にここが、3シリーズを選ぶ際に堂々巡りを繰り返してしまう点ではないでしょうか?

320iの魅力とは?

現在の3シリーズのラインアップを見ていくと、ざっくりとですが318i/ 320i/ 320d/ 330e/ 340iですね。

この中で、330eは言わずと知れたPHVであるという魅力があります。当ブログにもオーナー様からその奥深い魅了を感じさせてくださるコメントをたくさんいただいておりまして、そのうちまとめ記事をご紹介しようと思っています。

そして340iは「どうしてもBMWは6気筒じゃなきゃ!」という人か、あるいは「クルマに過剰を求める方」向けです。はっきり申し上げて、3シリーズのボディこのパワーはtoo muchです。ですが過剰品質のクルマというものでしか味わえない魅力があるのも確かで、実は私もその魅力は好きだったりします。でも、如何せんお値段がかなりお高いです。

では、318iはどうかと言いますと、320SEよりも「素」の3シリーズだと思います。その「素」の魅力は当ブログでも以前お伝えした通りですね。

318iに試乗!〜 3シリーズってこうだ、と素直に思えるベーシックモデル

2016.10.15

3気筒でしかも136psなんてアンダーパワーにすぎると思いますか?本国ではさらにアンダーパワー、100ps強の316iもあるんですよ。つまり、運転の上手なドイツの人にはそのパワーを思いっきり引き出して走れるわけで、十分なわけです。ですが、日本では装備が簡素化されていて商品的に見劣りするのも事実です。

では320dはどうか。これはまさに当ブログのテーマですので詳細は省略しますが、かなり燃費が良く、個人的には3シリーズのラインアップ中ではベストと考えています。何よりランニングコスト(つまりは燃料費)が安く上がりますし、図太いトルクを生かした常用域での加速感は、まるで大排気量ガソリンエンジン者に乗っているかと錯覚するほどです。一方で、静かになり振動もガソリンエンジンと遜色なくなったとはいえ、「ディーゼルアレルギー」の方にはどうしても許せないものがあるでしょう。

スポンサーリンク

すると、ディーゼルを肯ぜない方にとっては320iは実に魅力的なモデルとなります。過剰に過ぎず充実した装備に、アンダーパワーを感じさせないエンジン。実際、アンダーパワなんかではありません、184psもあるんですから。E90の323iの前期型のマイナーチェンジ版に私は乗っていましたが、その馬力は190psでした。マイナーチェンジ前はというと177ps。つまり「320i」という名前に惑わされていますが、E90でいう323iくらいのパワーはあるわけですよ。しかもトルクの太さは段違いですので、323iよりもはるかに力強い加速をします。あの323iの線の細いながらも高回転まで周りたがるエンジンも私は好きでしたが。

今までは消去法で見て320iの魅力が光り輝きましたが、ラインアップを見て積極的に320iを選ぶ理由もあります。4気筒とは思えないほど洗練された回転フィールを持つエンジン、それでいてちゃんとパワーを絞り出すので素直な加速感が身上です。B型ユニットになってさらにこのスムーズさには磨きがかかっていて、まさに「モーターのような」BMWエンジンの感触を取り戻しています。

そして、手元にオプションの価格表がないのではっきりと数値でお示しすることはできませんが、320iが一番ラインアッップの中でお得です。318iとの価格差以上にパワーと装備が充実していますが、逆に340iを見てもそこまでの価格差が正当化されるほどのものは得られないと思います。

経済学では「限界効用」という言葉があります。限界効用というのは、まあざっくりいうとその時点での満足度を示すとここではお考えいただいて結構ですが、効用の曲線というのは2次関数の曲線の片側が寝たような形になっています。そして限界応用はその曲線の接線の傾きです。つまり、値段との関係で限界効用を考えると、値段が高くなればなるほど効用の上がり方が緩やかになります。これを「限界効用が逓減する」と言います。どういうことかというと、例え100万余分に出しても、200万円のクルマよりも300万円をクルマを購入した時の満足感の上がり方を期待して、さらに100万円出して400万円のクルマを購入しても、同じような満足度の上昇は望めないということです。

何が言いたいのかというと、320iはこの限界効用が高い部分の価格帯に属しているクルマだということです。もちろん、満足度というのは人それぞれですので限界効用は個々人で違いますが、少なくとも3シリーズを購入しようとする予算で考えると、という話で捉えてください。

逆に340iは限界効用がかなり低い価格帯のクルマといえます。そして318iは限界効用が高いです。そりゃあそうですね。3シリーズが欲しい方が3シリーズを買うか買わないか、ということで考えると、買ったほうが満足度は高いわけですから。

ですので、ディーゼルはどうも、という方には320iが一番満足度が高い選択肢となるわけです。いや、経済学的にはですよ。

そして、実際のところどうかというと、私は十分その期待に答えてくっるクルマだと思います。320iは日本に置ける戦略車という位置付けでしたし、今でもそうであると思いますので、本当に戦略的な価格付けがされていると思います。手軽に3シリーズの素の魅力を味わいたければ318iでもいいのですが、320iはそれに加えて、BMWの先進技術も味わえるクルマなんですね。それはACCなどが標準装備となってくることからもわかっていただけると思います。もちろん、エンジンからタイヤに至るまで、BMWの技術の粋を極めて作られていることはいうまでもありません。

320i、いいですよ。

私も以前乗っておりましたが、本当に魅力的なクルマでした。私は途中でどうしてもディーゼルのしかもツーリングが欲しくて乗り換えてしまいましたが、キャンプにいくという趣味ができなかったら今でも320iに乗っていたことは確実です。東京から高知まで旅行に行ったこともありますが、高速道路のロングツーリングも楽々こなしましたし、燃費も良好でした。

これから3シリーズを購入してみようかなぁという方、まずは318iと320iで迷うという方もいらっしゃると思います。そんな方の参考になれば幸いですが、最後はあくまで「自分の感覚」を大事にしていただくのがクルマ選びで失敗しないコツです。

どうしても表面的なパワーなどのスペックに目を奪われて決めきれなくなった時にこの記事を思い出してみてください。ご自身の限界効用をお考えになって理論的に選ぶのもよし、ご自身の感情に任せるのもよしです。

ただ、エモーショナルなBMWのクルマですので、もう1度だけ言わせていただきますと、最後はご自身の肌感覚でお決めください。

この記事を読んでいただいた方が幸せな選択ができることを心の底から祈っています。あ、オプションに関しては、ちょっと今となっては古いかもしれませんが過去にこのような記事を書いていますので合わせてご参考までにお目通しください。

BMW3シリーズを買うなら欲しいオプション、ビミョーなオプション

2016.08.28

では、今回はこの辺で失礼します。ありがとうございました。

スポンサーリンク













18 件のコメント

  • 320iは、スタンダードと云う表現より同義語なのですが、標準という表現があっている感じがします。
    全てにおいて、過不足のない造りはなかなかなものだからです。ただし、赤外線カットガラスでないのはご愛嬌ですが…。
    どこに行っても、片意地張らず、しれっと、スマートに自分の行きたいところへ自由自在に、相反しますがチョットだけ気取るなら、最高の相棒ではないでしょうか?これは、3シリーズ全般に言えるのではありませんか?また320iが一番BMWらしい感じがします。
    最後に、このクルマ320iは「駆け抜ける喜び」よりも「しれっと流す喜び」のが似合っている感じがします。

    • 蜜柑山 三郎様

      いつもコメントいただきありがとうございます!

      個人的には、私も蜜柑山 三郎様と同じように、「320iこそが3シリーズどころか、BMW全車種の中核モデルだ」と思っています。いえ、同じどころかもっと偏狭にそう考えています(笑)。

      生活の中に、出しゃばることなく溶け込んでいるけど、いざとなればエレガントにもスポーティにもなりえる万能車ですよね。

      「しれっと流す喜び」ですか!ニュアンスはわかりますが・・・喜んでBMWが使ってくれそうなフレーズではないかもしれませんね(笑)。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • ハズミで330eに乗り替える前は320iでした。この白葦毛もずいぶん楽しませてくれました。LCI前でしたが、やはりトルクフルで良く回る好エンジンでしたし、燃費もまずまず良かったです。名古屋~東京無給油往復も余裕でこなしました。2年、1万5000キロで別れることになったときは、もっとチカラを引き出してやれば良かったと、少し胸が痛んだものです。
    さて5月19日、かねてより勝手に宣言していた330eによる名古屋~東京無給油往復ドライブ、やってきました。
    天気晴朗ナレドモ紫外線頗ル強シ 各員一層奮励努力セヨ
    いずこからか聞こえ来るponta様の激励を受けて
    「白葦毛Ⅱ号よ、今日は頼むぞ」
    「おう、まかせとけ、ヒヒーン」
    とは言いませんが(笑)。
    さて、結果はいかに?
    もったいぶるほどのことかと言われそうですので、先に答えを書きます。
    その前に、決めごととして一般道はAUTO+COMFORT、高速はECO PRO。制限速度なるべく遵守。エアコンは原則禁止、ただし窓開けは許可する。あとは気分と成りゆきで(笑)。もちろんスタートは満タン、満充電です。
    コースは自宅→小牧IC→(東名)→(新東名)→(東名)→東京IC→(環8)→(世田谷通り)→世田谷区某所→(世田谷通り)→(狛江通り)→(甲州街道)→(新府中街道)→国立市某所→(大学通り)→(甲州街道)→国立府中IC→(中央道)→小牧IC→自宅
    全走行距離712㎞を無給油で走り切り、無事帰宅しました。うち一般道は40㎞弱です。
    そして燃費はきっかり20.0㎞/L。ということは燃料タンクの残量は5Lほど。ボードの航続可能距離は75㎞でした。愛馬はOK行けるよと言ったものの、正直結構ハラハラしました。やはりあと10Lタンク容量が欲しいです。
    まあしかし、こんなことは二度とやってはいけませんね。不安なら給油すべきです。
    いくら行けそうでも何が起こるか分かりません。万一高速道路上で電欠&ガス欠になったら目も当てられません。皆さんに迷惑かけるし。いい歳こいて何やってるんだかと顰蹙買うこと必至。BMW乗りの矜持に関わりますから。
    と深く反省した上で、新たな発見もありましたので、お許し頂ければこの欄で随時ご報告したいと思います。キャベジン、いやドクターろくむし様のご意見も伺いたいですし。330eの「まとめ記事」はもう少しお待ち下さい(笑)。

    • 夢酒様

      いつもコメントいただきありがとうございます!

      私が掲揚したZ旗も心の目で見ていただけたようで何よりです(笑)。

      えー、行程を拝見して思ったのですが・・・思いっきり私の生活圏というか行動範囲と言いますか、かぶってます(笑)。中央道の一部をのぞいて、ほとんどの道路が光景まで目に浮かびます。特に東京都内は。ああ、19日お休みを取ってでもクルマでうろうろしておけば白葦毛Ⅱのご尊顔を拝見できたのに・・・。

      世田谷通りと狛江通りは流れが悪くていい燃費が出にくいですが、それでも全体の行程の長さから大きなロスにはならなかったようですね。大学通りから甲州街道に出るところもしかりです。南武線の踏切が邪魔ですし、国立市って、市内に入るとものすごく区画された広い道が続くのに、アプローチがしにくいんですよね。あれは、余計な通過交通が入ってこないようにわざとそうしているらしいですが。

      無給油走破達成おめでとうございます!「330eで(できれば無給油で)行こう!東京〜名古屋往復プロジェクト」の完遂を心からお祝い申しあげます!これは330eのポテンシャルの高さが示されましたねー。これはもう一概に「近距離中心ならPHV、長距離ならディーゼル」と言っても色々な注釈をつけなければいけなくなりそうです。例え愛車には郷土の英雄にちなんだ名前をつける(ほど愛情を注ぐ)とか。御殿場からの下りはうまく利用できましたでしょうか?帰路の中央道でも、長野道の分岐の後は結構下り坂が続いた記憶があるので、そこでもまた充電できましたか?

      ああ夢酒様のこれからのご報告が楽しみで仕方ありません!あの、無理なさらない範囲でぼちぼちで結構ですのでお教えくださいね。330eまとめ記事はそれまで待ちます!

      では、またのコメント、楽しみにお待ちしております!

      • 思い切りponta様のお地元に踏み込んだようで・・・。実は小金井方面へ北上して件のラーメン屋さんへ寄ろうかとも考えたんですが、その先の道が不案内なのと時間の関係で断念しました。それに、まさにponta様の聖域を荒らすことになりますので(笑)。
        結果的には燃料をキープできたので正解だったかと。
        世田谷通りと狛江通りの流れはそれほど悪くなかったですよ。狛江通りの国領駅手前で工事渋滞が発生していましたが、それ以外はまあこんなもんでしょという感じでした。
        国立駅の変わりようには驚きました。あの赤い三角屋根はどこへ行っちゃったの? なんかフツーの駅になっちゃったなと。風情よりも利便性ということなんでしょうが、ちょっと淋しかったです。大学通り沿道のお店も記憶のまま残っているのは西友と紀ノ国屋くらいかな。あと喫茶白十字!よく入り浸りました。
        そして大学通りを渡る歩道橋。アレは昔かなり物議を醸したようですが、今も残っているんですね。もっとも私が国立をネジロにしていた40何年前よりずいぶん汚れてしまいました。また住宅街にも雑木林が点在していたのが、今ではすっかり・・・。そうそう、南武線の電車も昔を思うと綺麗になりましたねえ(←いつの話?)。
        たしかに国立はクルマではアプローチしにくいですね。当時、悪友が遊びに来たとき、なんだかスカした街だなあとブツブツ言っていました。小ぎれいだけどどことなく排他的な?雰囲気を感じたんでしょうか。でも私は好きでしたよ。一橋大の構内を、ここの学生でもないのに我が物顔で闊歩したりして。
        おっと、返信のつもりが際限のない思い出話に(汗)。肝心なレポートはもう少しお待ち下さい。ひとつ書いておきたいのは、――もし私のような企てをなさる方がおられたらの話ですが――当日は我慢しなくてもエアコンは不要でしたが、これからは絶対必要です。燃費よりカラダです。愛馬の給油はしなくても、自分にはペットのお茶3本とポカリスエット2本を補給しました(笑)。そして燃料の残量が不安だったら即給油と。当たり前のことですけどね。
        それと一日中ドライブするにはサングラスがマストアイテムです。私はUVカットの透明グラスをかけていきましたが色付きにはかないません。かなり目に来ました。ガイシャにグラサンでは何と思われるかという心配よりも、目の保護がはるかに大事だと思いました。これも当然ですね。

        • 夢酒様

          いつもコメント頂きありがとうございます!

          いえいえ、聖域なんてないですよ(笑)。まるしゅう、せっかくだから行って頂ければよかったのですが、ちょっとあの辺まで来ると燃料がギリギリ過ぎますよね。

          夢酒様のおっしゃること、大変大事なことをおっしゃっていると思います。運転に際しては、不安やストレスとなる要素は極力除いて、リラックスして運転に集中するのが一番の安全運転ですから。

          サングラスに関してもおっしゃる通りです。私も当ブログで過去にサングラスはマストアイテムだとオススメしたことがありましたが、今よりもかなり弱小ブログでしたので反応も薄くて(泣)。その記事にも書いていますが、私は偏光レンズのサングラスをオススメします。そして、トンネルですぐに頭の上にあげ、出たらすぐ下げたりできる様に、スポーツサングラスがいいですね。私は昔から持っていたオークリーのサングラスに、TALEXという国産メーカーのレンズを組み込んでいます。

          まあ、確かにBMWに乗ってスカしたサングラスをかけていると感じ悪く見えそうですが、これも「運転時の良好な視界の確保の為」ですから。

          では、またのコメント楽しみにお待ちしております!続編楽しみにしております!

  • 4シリーズもほぼ同じと考えた上で書きますが、BMWはこの限界効果の設定が結構絶妙です。私が欲しい装備がほぼ揃っていたのは430iでした。最低限の足らずはサンルーフくらい。420iとの値差は当時110万ほど。
    オプションを盛っていって満足いく装備にするとindividualカラーまで含めて差額は10万を切りました。かなり悩みましたね、自動車税はどちらも同じですし。結局パドルシフトとハイパワーと19インチとスライド式アームレストよりもサンルーフとアダプティブLEDライトとハーマンカードンとシャンパンクォーツに軍配が上がりましたが。値段が固まってくると同価格帯の330eも躍り出てきて大混乱でした。
    そもそもグランクーペ自体が当時セダンの45万円高、ツーリングとは23万円差でしたから、漫然とBMWを買おうと思っただけならば車種から決められない事になりそうです。
    それでもやはり320iは3シリーズの基本中の基本、コアな部分だと思います。なんか迷ったら320iにしておけと言いたい。そこから乗り込んでいくと自分の生活にはディーゼルが合っているとかツーリングボディが良い、グランクーペが良い、PHEVが良いんだ、やっぱり6気筒が…と自然となって来ますから。
    予算はあまり無いけれど何としてもBMWに乗ってみたいという方は318iに。それ以外で3シリーズがいいけれど何が良いかわからないというなら320i。そして乗りながら長く乗るか、見えてきた好みのものに乗り換えるか、バリューローンで3年間悩んでくださいと。

    • あっきろ様

      いつもコメントいただきありがとうございます!

      いやー、素晴らしいバイヤーズガイドをありがとうございます!なかなか豪快ですよね(笑)。あっきろ様の4GC、相当に豪華装備で羨ましい限りですが、そこまで決められるのもやはり大変だったんですね。確かに、パワーよりシャンパン・クオーツ、完全に同意します。クルマはかっこが良くてなんぼですから(きっぱり)。

      そういえば、私が320dツーリングに乗り換えた考え方も似た感じ、というか全くこのパターンでしたね。私は320iに乗っている時に、ガソリン車なのに燃費がいいので満足していましたが、ガソリン価格の高騰時期と重なっていたこともあり、燃料代が安ければもと走れるのになあ、キャンプするようになったからやっぱりツーリングが欲しいな、と思ってたどり着いたというわけです。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • pontaさん、初めまして。
    3月にE90-320i(156psバルトロ)からF30-320i Sportに乗り換えた、ジャンキーオーヤマと申します。
    いつも貴ブログで勉強させていただいてます。USパッドの件など、大変参考になります。
     さて、ブログの論客様の愛車でも少数派?の320iですが、私も乗り換えのときにはiとdで少し悩みました。
     当初はdも考えましたが、色々な記事、ブログを読み漁り、わざわざTokyo Bayまで交通費を払って比較試乗しに行き(笑)、
    ガソリンエンジンとディーゼルエンジンの根本までもう一回勉強し直し、自分の運転スタイルや 走行距離等を散々検討もした結果、
    「やっぱりiでいい」という結論になりました。
     グレードは、革シートやエアロ/大径ホイールには最初から興味がなかったので、Standardを考えていたのですが、318追加に伴って
    320i Standard/SEがカタログ落ち! 318iとの価格差調整の為とは言え、「ジャパンはん、なんてことしてくれるんや〜(T_T)」。
     まぁ嘆いていてもしょうがないので、自動的に候補はSportに。F30導入当初に比べて50万円以上も上昇した価格に(320が530万!)
    少々眩暈がしそうでしたが、年度末ということもあって、担当セールスさんが色々と頑張って下さり、無事契約・納車となりました。
     2017年モデルになって、iDriveがG系モデルと同じ、EVOにバージョンアップされていたのは、嬉しい誤算でした。
     320iを契約した後、ネタのつもりで318iにも乗ってみました。私たち夫婦とセールスさんの3人乗車でも、陸橋などの坂道を
    苦もなく走る様にホント驚きました。3気筒の音や振動も、私にはほぼ気になりませんでした。一瞬「318iでも良かったかな・・・」
    とも思いましたが、色々走って2ヶ月たった今では、320iで良かった、自分に合ってたと思って(言い聞かせて?)いる所です(笑)。
     320iは「BMW4気筒セダンの基本」として、今後も存続すべきモデルだと思います。かつてE36-318iにも乗っていた経験もあり、
    ボディとエンジン性能のバランスがとても良くとれたグレードだと思っています。尤も、今はディーゼル押しのBMW、次の3シリーズで
    320iはどういう位置づけになるのでしょうね。新型5シリーズのグレード展開を見ながら、ちょっと心配しています。

    • ジャンキーオーヤマ様

      初めまして!当ブログをいつもお読みいただきありがとうございます!320i購入記、大変興味深く読ませていただきました。

      E90の156psバージョンからお乗り換えですと、進化具合が如実に感じられたのではないでしょうか?あのクルマは、エンジンも気持ちよく、ステアリングが重い分高速では楽で、いいクルマでした。現代の基準では燃費では苦戦しそうですが・・・。

      そう言えば当ブログ自慢の叡智溢れるコメンテーター陣、320iは少数派ですね。いらっしゃることはいらっしゃいますが。まあ、コメンテーター陣の愛車がなんだか実際の販売比率とリンクしていないのは、私も薄々感じていましたが(笑)。320iが平凡だとか、つまらないとか言うことではありませんのでお気になさらないで下さい。

      もっと少数派なのがSportですよ!私もSportですが、やはりLixuryかM Sportが多数派ですね。Sport、いいと思うんですけどねー。

      318iもいいクルマです。私も、今のラインアップから選べ、但しディーゼル以外から、と言われたら318iと320iで迷うと思います。どちらもそれぞれの長所がありますからね。

      ジャンキーオーヤマ様の運転パターンには、きっと320iが合っているからこそ、その様なご選択をされたんだと思います。BMW Tokyo Bayでご試乗された上で悩み抜いた結論なんですから、それはもう間違っているはずがありません。自信をお持ちになっていいと思います。

      320iは、永遠の「ミスター(ミス?)3シリーズ」だと私は思います。少なくともE36くらいから、320iは3シリーズの、ひいてはBMWの中核モデルであり、過不足ないスタンダードモデルの象徴的な意味すら持った名前だと個人的には思っています。

      結局は5シリーズも最量販モデルは523iになると思います。もちろん、ご高承の通りこの名は日本だけで、本当は520iですが、つまりはこの4気筒2Lエンジンは、6シリーズ以外全てのシリーズに積まれている、BMWで最も生産されているエンジンなんですよね。

      と言うことは、このエンジンで、BMWが手を抜いていることはあり得ないと言えるでしょう。だからこそ、このエンジンはバリューフォーマネーで、直球ど真ん中のBMWエンジンなんです。

      次期モデルでは、もしかしたら320iは上級グレードになるかもしれませんね。316iがエントリーモデルで、318iが中核モデル、とか。ただ、そうするとブランドイメージというのも崩れてしまいますから、容易にはできないでしょうが、土壌は整っていると思います。

      また是非お気軽にコメント下さい。当ブログをこれからもよろしくお願いします!

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

      • ご返信、ありがとうございます。
         そうですね、E90からF30への乗り換えで、その進化具合は確実に感じられました。
        車オンチのうちのカミさんでも運転してわかるぐらいですから(笑)。
         E90のバルトロって少々ガサついて回る印象があったのですが、F30のエンジンは
        かつてのスムーズさを結構取り戻しています。あまりアクセル開度が多いと、直噴の
        ノイズが少し耳に入ってきますけどね。「カーグラフィックTV」で松任谷正隆さんが
        アルピンホワイトの320i Sport(正にウチのクルマ!)の助手席で、
        「BMWのエンジンはこの音をしてなくちゃダメなんですよ、たとえ4気筒であっても」
        とのコメントに、正に我が意を得たり!でした。
         Sport、いいグレードだと思います。蜜柑山 三郎さん仰る「しれっと流す喜び」を
        一番体現している仕様ではないでしょうか。スポーツシートはいい具合に身体を
        ホールドしてくれるし、M Sportほど眼尻釣り上げて走る必要ないし(笑)。
        外観も適度に抑制が効いて穏当ですしね。もし「Sportをみんなに普及させる会」
        なんてのがあったら、私ゃ速攻で会員登録させていただきます(笑)。

        • ジャンキーオーヤマ様

          いつもコメント頂きありがとうございます!

          おお!松任谷さんがそうおっしゃっていたんですか!不覚にも知りませんでした。なんだか嬉しくなりますね。松任谷さんもBMWは結構お好きな様ですので。

          Sportを普及させる会ですか(笑)。とかくM Sportでもない中途半端なと思われるSportですが、私は2台連続Sportです(笑)。以前当ブログのどこかの記事にも書きましたが、ディーラーのご担当さんにも、Sportが一番疲れませんよね、スポーツシートでしっかりホールドしてくれるし、乗り心地は固くないし、とおっしゃって頂きました。そして、これは正に私がSportを選ぶ理由でもあります。

          ジャンキーオーヤマ様、これから協力してSportの良さを普及させてまいりましょう!

          では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • もし次3シリーズを買うことがあるなら、318i/ 320i/ 320d/ 330e/ 340iの中から、どれにするか?
    まず、個人的には、一番はじめに320d、330eが落選します。新車なら、パワーもある320iかな!しかし、最後には、中古の340iになるでしょう。笑 先日、輸入車を中心に扱っている楽しそうな社長さんの中古車屋さんに、340iの中古が入荷されたばかりでした。プライスはまだ、あたらしいので、それなりにしておりましたが、良かったです^^
    今となっては、BMWは高級すぎて、手が出ません。pontaさんの523d所有ブログ見て、楽しみます。

    • bmwpopo様

      いつもコメントいただきありがとうございます!

      これ、3シリーズ好きには堪らない質問ですよ。私はもしどれか貰えるという前提でしたら・・・ああそれでも迷う!320dは今乗っていますし、318iでブン回すのも面白そうですし、320iて「しれっと流す(@蜜柑山 三郎様)のもいいですし。330eの未来感、乗り心地の良さも捨てがたいですし、340iのとんでもない上質感も捨てがたい・・・。

      やっぱり320iツーリングでしょうね。ディーゼル以外なら。

      えっと、最後の一文は車種をお書き間違えの様ですよ〜(笑)。もはや恒例行事化した感もありますが・・・。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • 「330eで(できれば無給油で)行こう!名古屋〜東京往復プロジェクト」(←このタイトル気に入りました)のご報告です。
    5月19日、全国的に晴。東京の最高気温は24℃の予想。絶好のドライブ日和、というか天気予報で決めた決行日です。
    330eの燃料タンクはバッテリーに圧迫されて41Lしか入りません。日常使いでは十分ですが、高速道路を使用するロングドライブではどうなのか。満タン、フル充電でどれくらい連続走行ができるのかを確かめたいと、無謀にも思い立ったのが本プロジェクトです。
    高速走行ではほとんどエンジンを使うことになりますので、これにモーターを組み合わせて燃料消費が仮にリッター15㎞なら600㎞しか走れません。名古屋~東京往復約700㎞には全然届かない勘定になります。そうすると最低でもリッター18㎞は走ってくれないと困ります。
    この場合、途中充電は頭から外します。330eは高速SA等での急速充電には対応していませんし、運よくルート上に普通充電スポットがあっても時間がかかると思うからです。
    さて、スタートは午前7時ジャスト。あまり朝早くから動くと途中でバテるかも知れないので(笑)、普段通りの活動開始時間です。そして書き忘れるところでした。夢酒は66歳、世間で言う前期高齢者です。過剰な自信は禁物と心得ていますが、年寄りをなめんなよという気概?は持っています(キッパリ)。
    前置きばかりですみません。とっとと出発します。
    まず小牧ICまでの一般道はデフォルトのAUTOとCOMFORTです。高速へのアプローチでほぼフルアクセル、待ってましたとばかりエンジンがかかります。流れに乗ったところでECO PROにして東名~新東名を100㎞/h弱で巡航。エンジンは1500回転ほどで粛々と。いい感じです(笑)。
    過度なエコ運転をするつもりはありません。ドライブを楽しむのが本来の目的です。ですがムダは省きたい。反対側の窓を少し開ければエアコンを入れなくても涼風が車内をうまく回って快適です。風切り音がややうるさいのは我慢。むやみな追い越しはしないと決めて走行車線をキープです。
    流れがやや悪くなり80㎞/h以下まで落ちるとエンジンが停止してモーター走行に。速度が上がれば再びエンジン復活。これをくり返すうちに少しずつバッテリー残量が落ちていきます。AUTOでは回生システムからの充電はしていますが、エンジンによる充電はしません。SAVE Battery(以下SBとします)ではエンジン走行しながら充電しますが、燃費が多少悪くなります。先を考えると選択に迷うところです。でもここはAUTOのままクルマまかせで走ります。ろくむし教授が実験走行?された際、AUTOに入れっぱなしが燃費の上でもいい数値を出したとの談話が頭に入っていたからです。
    そしていよいよ御殿場からの下り坂にさしかかります。さあ惰走です。ちなみに惰走とはセーリングのことダソウです(笑)。
    ダジャレを言っている場合ではありません。なんだかクルマが多くなったと思ったら大型トラックにブロックされて、速度が70㎞/h以下まで落ちてしまいました。ウチの愛馬はこの速度からのセーリングは苦手みたいでして、トラックの後ろを観念したようにトロトロ走るだけです。
    とはいえ、これまで随所でセーリングと思しき現象がありました。ECO PROではタコメーター下に表示されるCHARGEとePOWERの間を「針」が行ったり来たりしますよね。アクセルオンでePOWERに、オフとブレーキ時でCHARGE側に振れますが、アクセルを抜いたとき「定位置」で針がピタリと止まることがあります。つまりエネルギーの消費もチャージもせずに「惰走」している状態だと思われます。エンジン走行中はタコメーターの針がストンと落ちるのでそれが分かりますが、下り坂70~80㎞/hでモーター走行中にアクセルを抜いても発生します。ろくむし様が体験なさったケースとは異なりますけど。
    実はこれらについては正直まだ確信が持てません。というのは惰走(セーリング)中で「針」が止まっていてもバッテリーレベルが1%増えることが何度かあったからです。だとすれば回生システムが働いているはずなんですが・・・。もしかしたら私が何か勘違いしているのかも知れません(汗)。
    ということで残念ながら「御殿場コース」はそんな結果でしたが、復路の中央道下り坂で威力を発揮することになります。
    ソウコウしているうちにバッテリー残量が30%を切ったので、都内の一般道走行に備えてSBに切り替えます。そして東京ICの少し手前で90%まで充電しました。我ながらグッドタイミングです(笑)。
    11時35分、東京ICを降りたところで走行距離は343㎞、ボードの燃費は19.6㎞/L。計算上17.5Lを消費しました。燃料計の針は真ん中までまだ余裕があります。行けそうだという気がしてきました。
    長々と失礼しました。以下次号です。

    • 夢酒様

      いつもコメント頂きありがとうございます!
      プロジェクト名をご採用頂きありがとうございます!少し当ブログのタイトルを意識して見ましたが、お気に入り頂いたようで嬉しい限りです。

      いやー、拝読していて私までドキドキして来ました(笑)。

      しかも、「復路の中央道の下り坂で威力を発揮」って・・・めちゃめちゃ続きが気になるじゃないですか!

      ろくむし様の「モニターで当選したi3を神戸まで受取りに行こう!」ドライブがかなり参考になった様ですね。SBにするタイミングがバッチリだったこともさることながら、事前にろくむし様の体験談があったのは良かったですね。

      朝7時と言うことは、東京IC通過が大体昼前くらいですかね?良かったです、厚木〜海老名SA〜大和トンネルの渋滞に引っかからなくて。しかもこれから一般道というところで90%充電完了なんて、匠の技ですね。

      確か、以前頂いたコメントでは平均燃費がもっと良かった様な・・・あの、アップダウンの激しい中央道でどの様にしてこれ以上の燃費を出されたのか気になります!往路もさることながら、この夢酒様のコメントは全国の330eオーナー必読ですね!

      では、次号を楽しみにしております。あ、もちろんそれ以外でもお気軽にコメントいただければ嬉しいです。次号は気になりますが、ご都合に合わせて頂いて大丈夫ですよ。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております。

  • 「330eで(できれば無給油で)行こう!名古屋〜東京往復プロジェクト」完結編です。
    東京ICを降りて世田谷区某所に寄り道した後、国立まで一般道を走ります。どうやらご挨拶もせずにponta様のテリトリーど真ん中に踏み込んだみたいで、大変失礼しました(汗)。
    一般道ではCOMFORTで走ります。ECO PROにしないのは、一般道は高速道路よりもはるかに危険が潜んでおり、万一の危機回避のためには俊敏な加速を必要とする場合があると思うからです。走り慣れていない道なら尚更です。まあクセというか精神安定のためでもありますけど。
    話を戻して、エアコンを使わなければ90%充電で25㎞は行けるだろうと皮算用していたところ、東京ICからちょうど20㎞、甲州街道を新府中街道へ右折する交差点でバッテリー切れでした。あとはそのままAUTOで行くことにします。
    国立市に到着して駅前の駐車場に入ったのが午後1時15分。367㎞を走って平均燃費は20.3㎞/Lまで持ち直しました。再出発を午後2時ジャストと決めて、街を散策しながらしばし青春の思い出探しをするジジイです。
    ここから実質帰り道となります。大学通りを南下して甲州街道へ出ると正面に谷保天満宮が。交通安全祈願をと思いましたが、反対側からは入りにくそうなので心の中でお参りしてそのまま国立府中ICへ。
    中央道に乗ってからはECO PROに。談合坂SAを通過したところで燃料計はちょうど1/2を指し走行距離は410㎞。その先はどんどん上り坂に。アウトバーンのような(アウトバーンを走ったことはありませんが)風景の中を爽快に駆け抜ける白葦毛Ⅱ。しかし燃料計の針はじわじわと左へ傾いていきます。恐るべし!中央道(笑)。いや笑ってる場合ではないかもと、かすかに不安がよぎります。
    諏訪ICを越え岡谷JCTから先は下り坂になるのでここからが勝負です。スピードを抑えてSBで充電しつつ、随所でセーリングを使って走っていると、お急ぎのクルマがバンバン追い越していきます。たぶん「ビーエムのくせにトロトロ走ってんじゃねーよ」と思われてるんでしょうが、もちろんペースは崩しません。
    ところがここで問題発生です。ワタクシちょっと疲れてきました。330eは乗り心地も直進安定性もどっしりとしてストレスを感じることはありません。Mスポのシートは腰と上体をしっかり支えてくれます。窓を少し開けているため風切り音を立てますが、ラジオや音楽をかき消すほどのものではありません。またcinturatoP7の走行音は思いの外静かで、中央道のざらついた路面でも気になりませんでした。一皮むけたのか、それとも私が鈍感なのか。ま、後者でしょうけど。
    問題は目です。5月の眩しい陽光を浴び続けたのが夕方になってこたえてきました。しまった、サングラスが必要だった・・・。迂闊でした。仕方ない、リフレッシュのため小黒川PAで長めの休憩を取ることにします。ここまで565㎞を走行し平均燃費は18.5㎞/L。燃料計は残すところ1/4です。愛馬に聞いてみます。
    「おい、アブラは持ちそうかい?」
    「えーと、ウチまであと150㎞弱ってとこ。今のところ航続可能距離が190㎞くらいだから、たぶん行けるッスよ」
    「えらくアバウトだな・・・」
    いや、アバウトなのは乗り手の記憶だからです(苦笑)。振り返ってみると、BMWのボードが示す数値はもちろん、アナログ燃料計も正確無比でした。情報はちゃんと伝えてるからね、ということですね。
    午後5時、小黒川PAを後にします。飯田ICを過ぎ恵那山トンネルを抜けると急な下り坂が待ち受けています。ここをセーリングで走り抜けたあと、次の恵那峡SAでしばし考えます。ゴールは近い。バッテリーは残り少なく、燃料計の針は(4分割の)最後の目盛りを大きく割り込んでいる。給油するか、それともこのまま行っちゃうか。愛馬の出している答えは「OK行けるよ」です。よし、このままAUTOで行くことにしました。
    多治見ICを過ぎ、最後の難所、内津峠を越えれば小牧JCTまで一気にセーリングです。そして東名に入ったところで燃費表示を見ると・・・おお!20㎞/Lを超えていました。小牧ICを降り国道41号線に入ったところで今度はタイミング悪くバッテリー切れ。燃料計の針は残り2ミリ?くらい。でもここまで来ればこっちのもんです。
    午後7時45分、帰宅。全走行距離712㎞、平均燃費20.0㎞/L。ボードの残り航続距離は75㎞。燃料タンクに約4Lを残しての帰還でした。なお全行程エアコンは使っていません。
    ようやった、白葦毛Ⅱ号。ようやった、ワシ(笑)。
    いやいや、本当は笑うところじゃありませんね。BMWの車両情報や計器が正確なことはよく分かりましたが、たとえゴール間近でも油断は禁物です。市街地ならまだしも、高速道路では万全の対策をしておかなければ安心なドライブはできません。結果オーライではなく、警告灯がついたら即給油すべきでした。それにしても、あと10Lタンク容量が欲しい・・・。
    さて、これでプロジェクト完了ですが、お気づきのようにeDRIVEのモードは基本的にAUTOで通し、必要と思うときだけSBにしました。M/Sモードは使わずACCも一部区間で使っただけです。これらを駆使すればどうなるんでしょう。どなたかお試し下さい(笑)。そしてセーリングについては正直まだ謎な部分があります。
    応援して下さったponta様、貴重な情報を提供して下さったろくむし様、本当にありがとうございました。長々と失礼いたしました。

    • 夢酒様

      詳細なレポートありがとうございます!さらっと書かれてらっしゃいますが、最後は気が気ではなかったでしょうね。試乗会で担当セールスさんに夢酒様のお話をしたら「それはすごい!すごいですね!運転もうまい方なんじゃないですか?」とおっしゃっていました。

      白芦毛II君もよく頑張りましたね。ぜひ、燃料添加剤でも飲ませてあげてください(笑)。

      なるほど、中央道の下り坂ではかなり頭脳戦を展開されていたんですね。そのうち、慣れてくると自然にそういう運転ができる様になって、白芦毛II君が名実ともに名馬として330eの頂点に君臨する日も近いかと・・・もちろん、夢酒様という名手あってこそ、ですが。

      サングラス、必須ですよね。私はもう夏用の濃いサングラスに切り替えています。夏の高速道路は路面の照り返しのみならず、前者のクローム加飾からの強い反射光など、普段はあまり意識していない雑光が、目にかなりダメージを与えますからね。この機会に、ぜひご検討ください。

      それにしても本当に良かったですねー、「330eで(できれば無給油で)行こう!名古屋〜東京往復プロジェクト」の大成功と、夢酒様及び白芦毛IIの無事のご帰還を、改めて心からお祝い致します。

      おめでとうございます!そして、お疲れ様でした!

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です