BMW3シリーズの冬支度。スタッドレスに履き替え!

ご報告が遅くなりましたが、先週末にスタッドレスタイヤに履き替えました。今更「冬支度」というのもなんですが、天気予報を見るとこれが結構タイミングとしてはギリギリだったようです。

スポンサーリンク

東京で雪の予報!

東京にお住いの方はご存知かと思いますが、今度の週末明けに雪の予報となっています。

まあ、東京で雪の予報といっても空振りに終わることが多いのですが、実は以前どこかで「ことh氏の冬の気圧配置は、数年前に東京に大雪が2週連続kで降った年に似ている」というのを目にして以来、「今年は東京に雪が降る!」と信念に近いものを抱いていました。

何気なく天気予報をみると・・・大変です。なんと、月曜日の雪の予報に続いて、毎日が最適おんが氷点下で、締めくくりはさらに次の月曜までも雪の予報となっています。しかも、天気予報によっては、木曜日は最低気温-7℃!最高気温2℃!と、どこの北国かと思うような予報になっています。

これならわざわざ雪道を探し求めていかなくても東京で雪道ドライブができそう・・・なんて呑気なことをいっている場合ではありません。本当にスタッドレスタイヤに交換しておいてよかったです。

交換は例によってタイヤフィッターさんで。

スタッドレスへの交換は、タイヤフィッターさんで行いました。まあ、スタッドレスをお預けしているので当たり前なのですが・・・。

タイヤフィッター府中店

週末は結構混んでいるようでしたので早めにHPから予約し、13時からの作業予約としました。このお店は以前もご紹介しましたが、待ち時間も退屈しないようになっているので、お子さんづれでも安心です。というか、お子さんを連れていくと帰って喜ぶかもしれません。

ミシュランPrimacy3とBMWはいい相性!

2017.03.25

こちらはタイヤ交換のみでしたら30分もみていれば十分ということで、13じ半には終わるかなー、などと考えていましたが、それにはちゃんとお店がお願いしている通りに予約時間の5分前には到着している必要があります。

私にしては珍しく計画的に、しかも渋滞時間を見込んで、早めに出発しました。

またも驚愕の手際良さ!

ところが予想に反して道がガランガランに空いておりまして、特に急がなくとも予想よりも大幅に早く着きそうな気配になってきました。

私は、知っているところにいくときもカーナビタイムをセットして行きます。これは以前申し上げたかもしれませんが、そうすると渋滞よソックを踏まえた到着予定時間など、きめ細かく状況を把握できて運転の余裕につながるからです。そして何より、カーナビタイムの美点は、その到着予想時間が正確なこと。で、今回はその到着予想時間ですが・・・12時35分を示しております(笑)。これはいくらんんでも早すぎましたね。

結局、信号のタイミングが悪かったりして、到着したのは40分前でした。幸いにも私の前に作業していた車はいないようで、そのまま作業場所に突っ込んでいけました。既にニコニコしたお兄さんたちがスタンバイしておりまして、これからF1のピットインでも行われるのかといったような雰囲気です。

車を降りると、前回も聞かれたあの質問がきました。

「いつも何人くらいで乗ることが多いですか?」

そうです。乗車人数や生記載する荷物の量によってタイヤの空気圧ってきめ細かく変わります。Toto BMWのサービスフロントの方に伺うと、そう神経質にならずとも、ドアに書いてある空気圧の範囲であれば大丈夫とのことでしたが、そのドアに表示してある空気圧自体がかなりきめ細かいですよね。

それはいいとして、我が家はいつも3人ですのでその旨を伝えて空気圧を調整していただくことにしました。今回は家内と息子は用事があってきていませんので私一人ですが。

そして待合室に入りましたが、前回一年ほど前にきた時と何も変わっていません。相変わらず退屈しなそうだな、などと思いながらスマホでのんびりとネットサーフィンしておりました。飽きたら用意してあるPS4でグランツーリスモでもやろうかな、と思っていたんです。

しばらくすると、そこにガラッとドアを開けて作業をしていた方が入っきました。ん?何だろう?何か異常でもあったかな?と思っていたところ、

スポンサーリンク

「作業終了しましたのでご確認ください」

え!?もう?!まだグランツーリスモやってないんですが・・・。

半信半疑で外に出てみると、確かに終わっていました。ピカピカのホイールとタイヤを履いて。

早っ!しかも本当にホイールとタイヤが綺麗です。まるで新品かのように。

この後、一通り傷などの確認をしましたが、そんなものあろうはずもありません。素晴らしい仕事っぷりですね、相変わらず。躊躇なく作業終了のサインをして愛車に乗り込み、動き出した時に13時になりました。13時からの作業予約なのに13時にはもう終わって帰り始めているという・・・。その後も予定があったので余裕ができて嬉しかったですね。

ご参考までに、タイヤフィッターさんに教えていただきましたが、空気圧はフロント/リアを2.4/ 2/6、山の多いタイヤをフロントに持ってきているとのことです。どちらかというと320dは排気量の割にトルクが太いのでリアに負担がかかりますから、山の多い方をリアに持ってきた方が良かったような気もしますが、まあそこまで気にしなくても大丈夫でしょう。3シーズン目になるはずですが特に何も言われませんでしたので、まだまだスタッドレスタイヤとして持つはずです。

Primacy3に慣れちゃってる!

スタッドレスに変えると、いかにPrimacy3が静かだったのか改めて思い知らされます。いや、このスタッドレスタイヤ、ミシュランXI3もスタッドレスにしては静かな方だと思いますけど、ある程度のスピード(50km/hくらい)を超えると「ヒュオーン」というノイズが聞こえてきます。

上の方で「スタッドレスとして持つ」と申し上げましたが、スタッドレスとしては使えなくなってもサマータイヤとしては使えるかな、と思っているんですよね。XI3は高速性能にも優れておりますので十分可能だと思っているのですが、どうやら来シーズンの話になるかもしれませんが、この高周波ノイズはちょっと目立ちそうです。

320dツーリングにスタッドレスを装着!夏タイヤはお預けサービスへ。

2016.11.20

にしても、扁平率も60となって、しかも非ランフラットなのであたりの柔らかさを期待したのですが、実はそこがそれほど体感できないんです。注意していると、首都高速によくある目地段差でタンっ!ときた時のあたりが少しだけ柔らかくなっているのですが、ぼんやり乗っていると全くわかりません。

これはとりもなおさず、Primacy3のダンピング性能がいいんでしょうね。ランフラットの50タイヤと非ランフラットの60タイヤで乗り心地がそんなに変わらないなんて、始めて聞く方は信じられないかもしれませんが本当ですのでしょうがありません。

サマータイヤをランフラットタイヤにしておいて本当に良かったです。

本当に降るのか?

さて、これで雪が降っても大丈夫にはなりました。

ですが雪の予報になっているのは2週連続で月曜日。私は普通に会社があるのでその日はクルマに乗る予定はありません。残念ながら。それどころか、駅にも入れないような中を出社しなければいけないという地獄のようなラッシュが予想されます。

でも、早めに帰ってきてちょっとその辺を軽く流すくらいはしたいかな・・・なんて思っています。わざわざ危険なことをするのか!と怒られそうですけど、こうしておかないと本当にまだスタッドレスとして使用可能かどうかの見極めができませんしね。3シーズン目というのはスタッドレスにとって一つの寿命の目安ですから。

くれぐれも気をつけて運転するようにします。あなたももちろん、お気をつけください。チェーンやスタッドレスなどをお持ちでない場合は、絶対にクルマに乗らないことをお勧めいたします。

ご参考までに、以前お勧めのチェーンをご紹介した時の記事を貼っておきますのでご覧ください。

BMWの雪道対策。スタッドレスならランフラット+インチダウンが吉!

2016.09.30

では今回はこの辺で失礼します。ありがとうございました。

スポンサーリンク













5 件のコメント

  • 久しぶりのコメントになってしまいました。
     小生も趣味で秘湯の宿巡りなどしており、冬場にスタッドレスにしたいなあと思いつつ、実際のシーンの頻度から、電車&レンタカーのパターンで過ごしたりしています。
     ただ、pontaさんの記事を見ていて、長く乗る予定で購入した今の車だけに、スタッドレスの交換をすべきでは…なんて行ったり来たりしているうちにこのタイミングになってしまい、来季かなあと言ってたら、雪予報!
     さらに火曜の朝にクルマがマストな状況になり、慌てて、スタッドレスのレンタカーを予約した次第です。
     来年はやっぱりpontaさんの情報を参考にしていきたいと思っている小生です。

  • ponta様 雪道ドライブでの情報提供・啓蒙活動?、楽しみに拝読しています。
    昨年9月10日にパンク修理でコメントしましたjwalkです。
    私も故郷は雪国でスタッドレスタイヤが急に必要となる場合と、東京での雪中ドライブが好きでスタッドレスタイヤを前車では履いていましたが、320dでは昨年12月に購入装着しました。オークションで探し現物をお店で見て決めました。ponta様がインチダウンと仰っていたのに、225/45R18の、luxury純正オプションホイール+新品ながら2016年製ブリザックのセットで、元々18Rオプションへの憧れもあり、インチアップとなりました。実は9月のパンク後、10月にも反対側後輪がパンクし、早期発見で通常の修理で事なきをえておりRFTの重要性・必要性は身に染みていたのですが、スタッドレスRFTは高価すぎ非RFTとなりました。そのタイヤ屋さんも、短期間の冬タイヤにそこまで費用をかける方は多くないとの言葉に、自分を納得させての決定です。乗り心地は、POTENZA225/50からなので、偏平率が下がっても当たりが柔らかくて乗りごごちが良く、ハンドルが取られて嫌だという家内はハンドルが取られず良いとの感想です。しかしグリップやブレーキは比べるべくもなく、安全運転に徹しています。さてタイヤ屋さんの純正ホイールの入手経路は、実は近所のBMWディーラーで新車購入された方が、ディーラー担当者と一緒に持ち込まれるとのこと。そのため私のホイールもほぼ新品でした。気になるアーチプロテクションモールは、車検基準の改正?を受け、さらに車検は6月なので元の17Rホイールとなるので装着せず、スタッドレスでのツライチを眺めニヤニヤしています。明日の雪の予報は楽しみですが、交通の混乱等も生じるため、皆様の事故等が無いことを祈念します。あとはパンク修理キットを純正とするか、高価なので、その際は夏タイヤも非RFTとするか、夏タイヤは、ponta様と同じにしようと思っているので、安いパンク修理キットで良いか思案中です。また、記事を楽しみにしています。

  • ワタシの住んでいる地域も今週は雪が降るとか。
    いずれにしても、最悪な一日になりそうです。
    ワタシは雪の日にクルマの運転をしたくありませんのでタイヤはサマータイヤしか装着しません。
    ここは、クルマの運転が上手いと自負する頼もしい妻に運転を任せ、彼女のクルマにスタッドレスタイヤを装着して冬の間は乗り切ることにしています。

  • ponta様

    大変大変ご無沙汰です。暫く海の向こうに行っておりました。
    私も先月タイヤフィッターさんでミシュランXI3に履き替えました。今回で3シーズン目に突入し、延べでは12,000Km程走行していたので、お店で「まだ大丈夫ですかぁ~?」と聞きましたら、「まだ今シーズンは大丈夫です」との事で安心して履き替えました。
     
     昨日は都内まで来ていて、夕方に多摩地区まで帰宅したのですが、既に都内でも雪は5cm以上積もっていて、皇居前などは吹雪のようでした。順調に帰路を走っていたのですが、ちょっと欲を出して世田谷区内の近道に入ったところ、普段は大したことのない坂道でスタック!暫く悪戦苦闘していましたが、結局ヘルパーを出して後輪に噛ませ、ついでに積んでいる砂をばら撒いたところ、すんなりと登り切りました。ヘルパーを回収して「嗚呼、やはり大通りを行こう!」と決心したところ、環七の立体交差では何台ものトレーラーが立ち往生しています。みなチェーンは履いているのですが、やはりコンテナが重くて登らないようです。幸い、トレーラーが道路の互い違いに止まっていたので、その間をスラロームの様に摺り抜けて通り過ぎました。これから先は上り坂と判っているのに手前で待たず、結局前の車が止まってしまうと自分も撃沈!と言う車が沢山居ました。
     ドライ路面での安定性などで、私もサマータイヤでそのまま履こうかと思ったミシュランXI3ですが、先日雨の高速でのブレーキ距離が思いの外延びた事から、やはり4月にはPrimacy3に履き替えるつもりです。
    また、素晴らしいミシュランXI3でも、3シーズン目に入ると雪道(特に湿った雪)での駆動力は落ちるのかなぁ~と感じています。今回は近道に無謀に入った自分に後悔すると共に、ヘルパー・砂・スコップ・チェーン(ケーニッヒです)を用意していて良かったとつくづく思いました。雪を舐めてはいけない!
    今朝は早朝に都内に向かいましたが、気温が-3℃で雪が絞まって居た為か、夕べよりも走り易い感じでした。溝が浅くなると湿雪での駆動力は落ちるものの、凍った路面での能力はそれ程低下しないのかとも思います。
    来月にはBMWで始めてスキーに行くので、万全の装備で向かいます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です