BMWとトヨタの提携がこんなところにも。次期カローラにBMWエンジン搭載予定あり。

ご存知の通り、BMWとトヨタは提携していますが、どうも当初想像していたよりも緊密な提携関係のようですね。それを裏付けるニュースを今回はご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

BMWとトヨタの提携は「Win-Win」?

BMWとトヨタの提携が発表された時、大方の観測は「BMWはトヨタのハイブリッド、トヨタはBMWのディーゼルとダウンサイジングターボが狙い」というものでした。

確かにそうでしょう。日本の自動車メーカーはダウンサイジングターボとディーゼルで出遅れ、ヨーロッパメーカーはPHVでトヨタの後塵を拝していたわけですから。

そして、BMWとトヨタの兄弟車がいつ発表されるのかと思っていたところ、早速噂が出てきたのがBMWのZ5と兄弟車となる、次期スープラです。

BMW Z5の兄弟車?トヨタから出る次期スープラの概要

そして、もっと踏み込んだ提携関係を思わせるニュースが出てきました。それはトヨタが誇る量販車種たるカローラにBMWがエンジンを供給するというのです。

カローラに「BMW製エンジン」搭載の可能性!? 次期型のプロトタイプをキャッチ!

トヨタが世界に誇るベストセラー4ドアセダン「カローラ」次期型の初期プロトタイプをカメラが初めて捉えました。

「カローラ」は1966年から50年もの長期に渡って発売されており、現在では世界中で展開されているグローバルモデルとなっていますが、次期型では大きな転換期となりそうです。

カローラ生誕50年を記念して初代モデルを展示。台数限定の特別仕様車も

次期型では、新型プリウスと同じ「TNGA」(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)プラットフォームを採用し、最新のキーンルックデザインとなります。

パワートレインには、ブラッシュアップされる1.5リットル直列4気筒、1.2リットルダウンサイジングターボ及びハイブリッドがラインナップされる可能性が高いようです。

そしてハイライトは、BMW製パワーユニット搭載の可能性です。カローラ購買層の若返りを図るため、スポーツ力アップを狙って次期スープラ同様にBMW製エンジンの期待がかかります。

ワールドプレミアは2018年の予想です。

(APOLLO)

すでに日産はスカイラインにメルセデスの2L直列4気筒ターボを投入していますが、カローラにはBMWエンジンが乗るんですね。

これは個人的な予想ですと例の318iに搭載している1.5L直列3気筒ターボではないかと思いますが・・・どうでしょう?

個人的にはこの提携関係が逆のような気がして。

なんだかトヨタとメルセデス、日産とBMWの方がしっくりきませんか?どちらかというとスポーティイメージより旦那仕様の車が多いトヨタと、「上がり」のクルマとも言われるメルセデス。一方で、Zやスカイライン及びGTRが牽引するスポーティイメージが強い日産と、言わずと知れたスポーツセダンの代名詞3シリーズを擁するBMW。この組み合わせの方が馴染んで見えます。

まあ、だからどうしたと言われればそれまでなのですが、なんだか自動車メーカーの日独提携を見ていると、自動車の開発も厳しい時代になったんだなあ、と思わざるを得ません。

カローラにBMWエンジンが乗るとどうなる?

がっかりされる方もいるでしょう。

こう言ってはなんですが、カローラって日本では大衆車そのもののイメージで、特にかっこいいと思われるクルマではありません。ですが売れるにはそれなりに理由がありまして、まあ、乗って見て安いクルマなりに装備が充実している様はさすがだと思います。乗って見たことはありませんが、私は乗って見てもいいと思えるクルマですよ。

スポンサーリンク

そんなカローラにBMWエンジンとくると、「BMWも落ちたな」と思う方もいるかもしれません。

ですが、私に言わせればそれは自動車メーカーの真のグローバル化を考えていない発言だと思います。思えば、トヨタは86/BRZの時から外部メーカーとの協業に積極的でした。BMWとの提携も、先に述べたようなパワープラントを補完しあう意図もあったのかもしれませんが、実際にはもっと先をみての提携だったと思います。つまり、自動車メーカーがこれから負担する莫大な開発研究費、それは主に自動運転とEV技術に関わる部分であると思いますが、このリスクは1社で負担するには重すぎるということなのでしょう。そして更に言えば、この流れからいくと、今までのサプライチェーンとは全く違う協業先を探さなければいけなくなってきます。それは、BMWの場合はIBMであったり、イスラエルのモービルアイであったりするわけです。

そう言えば、結構前のことになりますが、ダイムラー・ベンツとBMWがアップルとの提携交渉を中止したことをご紹介しましたよね・・・。あ、ありました。

自動運転に向けて、自動車メーカーの試練

だいぶ前の記事でお恥ずかしいのですが、このころから自動車メーカーの、日本語でいい表現が浮かばないのですが、「struggle」している様子が伝わってきますよね。アップルという自動車メーカーではない企業が、将来の自動車に関してイニシアティブを取ろうとしてきたわけですから。

結局、前回の記事でご紹介したようにBMWはIBMと提携して同社のワトソンを採用するようですが、これがすんなりと行ったのは、 IBMが自動車の世界にあまりしゃしゃり出てこなかったからだろうと思います。

自動車メーカー間のみならず、これからは「敵」が外にもいるわけです。こう考えると、利害を同じくする同業他社なんて、逆に頼もしい味方に見えてくるんでしょうね。

ですが、これはいい流れです。ヨーロッパメーカーと足並みを揃えることで日本車はCVTで陥ったガラパゴス化を防ぐこともできますからね。

と、「カローラにBMWエンジン」でここまで妄想してしまいました。もちろん、経営上の理由はまだまだあるのだと思いますが、根底にある危機感は遠からずとも当たっているのではないでしょうか?

BMWはどうやって高価格を正当化するのか?

これは心配というか、むしろ価格が下がればいいなあと思っているのですが・・・。

カローラはいくらBMWエンジンを搭載すると言っても、価格までBMWと一緒にするわけにはいきません。むしろかなり価格を抑えてこそ価値のあるクルマです。

そうすると、「実質同じエンジンなのにどうしてこうも値段が違うんだ!」という不満はどうしても出てきますよね。

確かに、BMWは日本よりもはるかに高速域をターゲットとしたクルマを作っているので、エンジンだけが高いのではありません。シャシー全体の開発と、手の込んだ作りがコストを押し上げる要因となっています。

ですので、まあそんな不満はBMWには一蹴されてしまいそうですが、せめて量産効果でエンジンのコストは下がって欲しいですよね。そうすればとめどない高価格化にも言っての歯止めがかかるのではないでしょうか?

BMWファンは、BMWエンジン搭載のカローラに乗るのか?

うーん、これは乗らないでしょうね(笑)。いくらBMWがエンジンに定評があると言っても、やっぱりBMWならではのハンドリングや安定性までは備えないでしょうから。大体、エンジンが同じでも吸排気系の取り回しだけで性格が変わっちゃいますから、BMWエンジン搭載のカローラに「駆け抜ける喜び」があるかというと、はっきりとないであろうと思います。

もしかしたら、一時期日本ではやった、ジェミニ・イルムシャーですとかデボネアAMGですとか、ハンドリングbyロータスみたいな形で特別な車種展開をすることがあるのであれば違うでしょうけどね。「カローラ tuned by BMW」とか(笑)。

決してカローラを軽く見ているわけではありません。それだけ同じエンジンでも別物だということを言いたいわけです。F1だって、チャンピオンチームと同じエンジンを積んでいるからと言って早いわけではないですよね?それと同じです。

まとめ

カローラにBMWエンジン、それでも心無い人は「BMW落ちたな(笑)」というでしょう。でもいいと思います。この画期的な提携と、カローラにBMWエンジンが搭載される意味は、この先の自動車の歩みがその重みを将来証明することになるでしょう。

それがどのような評価になるか、私にもわかりません。BMWとトヨタが勝ち組になれば、偉大なる転換点における画期的な出来事の一つとして記憶されるでしょうし、トヨタがBMWに搾り取られるだけ搾り取られて疲弊してしまうようなことになったら、逆にトヨタ凋落の転換点における象徴的な出来事として歴史に残るかもしれませんし、BMWが凋落したとしても同様です。

ただ、そう遠くない将来、自動車メーカーがEVの投入による技術力アピールを狙っている東京オリンピックの年である2020年には、もしかしたら少しは方向性が見えてくるかもしれません。

では、今回はこの辺で失礼します。ありがとうございました。

スポンサーリンク













7 件のコメント

  • 日本ではプリウスやアクアが一番売れていますが、確か世界規模ではカローラとその派生機種が最も売れているはずです。中国向けにはちょっとスポーティ路線でレビンの名がカローラベースの4ドアセダンで復活しているようですし。
    カローラにBMWモジュラーエンジンが採用されるとして、一部のグレードという事になろうかとは思いますが、そこがマーケットとすると大変な市場ですよね。BMW史上一番売れたエンジンという事になるかも知れませんよ。
    事によってはEVに舵を取ると言いつつもエンジン工場増設なんて事になるやも知れません。
    BMWの味にはシャシー、トランスミッション、エンジンマウント、ホイールベースに重量配分など秘伝のレシピがあってエンジンだけではそう簡単に実現できないのではないでしょうか。
    Pontaさんご存知の様にBMWは金太郎飴の様にどれに乗っても同じ様な乗り味をしてますし、トヨタ車は車種、世代毎に全くバラバラな乗り味をしています。
    むしろTNGAにBMWのエンジンときてるにも拘らずしょぼい車だと悲しくなってしまいそうです。

    • あっきろ様

      いつもコメントいただきありがとうございます!

      >事によってはEVに舵を取ると言いつつもエンジン工場増設なんて事になるやも知れません。
      さすが、あっきろ様らしい鋭い着眼点ですね。思わずうーんと唸ってしまいました。私も同意します。一見矛盾しているものの、それが原資となってまたBMWが成長する循環となっていくのでしょうね。

      BMWに限らず、ドイツのメーカーって本当におっしゃる通り、乗り味が各メーカーで統一されていますよね。特にBMWは大から小までスポーティ、 SUVや2シリーズアクティブ/グランツアラーまでもがハンドリングマシンと言えるほどの出来ですから。ですが、カローラがハンドリングマシンになるかどうかというと・・・かなり可能性は低いとは思いますけどね。

      では、またのコメント、楽しみにお待ちしております!

      • 下の桂さんの返信に反応させていただきます。
        かつてのトヨタのスポーツDOHCエンジン、2T-Gとか4A-Gとかはヤマハ製でした。これをトヨタは表に出して宣伝する事はありませんでした。
        が、オーナーや車好きはエンジンカバーに刻まれたYAMAHAの文字を良くご存知だと思います。
        と、この路線でいけばBMW製エンジンをひけらかす事はないかも知れませんね。
        ただ豊田章男社長率いる今のトヨタがどう出るか、
        86などスバル製である事は特に隠そうとはしていませんし(宣伝もしていないですが)、スープラはBMW製という事も公知ですしね。
        そういえば次期スープラ、BMWのラインで作るとなると、オプション付けたりすると場合によっては半年待ちなんてあり得ますよね。待てない人も出てきそう。(最近のプリウスモデルチェンジ後発売初期の待ちに比べたら短いか…)

        新エンジン、カローラではなく、アベンシス辺りでやるとなかなか面白い車が出来てくるかも。

  •  トヨタのこのところの他メーカーとの提携はすごいことになってますよね。
     ルーミーのケースですと、ダイハツ、スバルと提携ですし、86もすでにですよね。ただ、個人的にはどうしてもトヨタの車の思想が好きになれなくて、欧米で評価されているカムリに乗った以外は乗る気になれません。
     pontaさんおっしゃる通り、エンジンはあくまで車の一部でしかなく、シャシーやサスペンション、さらにはボディの剛性や重量バランスなどトータルで実現する乗り味は、なかなか日本人がトヨタ車に求めるコストで実現するものではないと思います。というより、トヨタがコストパフォーマンスの中で
    実現できるものが素晴らしいのだという思わせ方をしていて、国内専用車のクラウンなどのようにグローバルでは通用しない価値観を押し付けてくるメーカーではないかと。
     そんな中で、グローバルで評価されているカローラにBMWのエンジンというのは象徴的ですね。まあ、小生も同じエンジンでこうも乗り味が違うんだということになりそうに思いますが。
     それでもトヨタのブランド力と営業力で間違いなく売れるんでしょうね。

    • 桂様

      いつもコメントいただきありがとうございます!

      トヨタ車の、はっきり言えば80点主義というかユーザーを軽く見ているというか、ああいったところは私も好きになれません。特徴がないんですよね。そして「こういう乗り心地が好きなんでしょう?」「こういう内装が好きなんでしょう?」とちょっとステレオタイプに嵌めて対応するという・・・。お客様のご要望に応えてというと聞こえはいいですが、逆にいうと自動車メーカーとして「この方がいいんだ!」という提案というか啓蒙的なものは全くないですよね。その結果があの長時間座るに耐えないフカフカシートだったり、超人気ミニバンの毒々しい内装だったりするわけですよ。

      と熱くなりすぎてしまいました・・・すみません(笑)。

      どうでしょう、トヨタは果たしてBMWエンジンということを全面に出してくるでしょうか?日産はそこまでアピールはしていませんでしたが、私はトヨタはものすごくアピールするか、全くしないかのどちらかではないかと思っています。トヨタとしては、確かにダウンサイジングターボで出遅れたからということもありますが、他メーカーのエンジンを乗せるということはプライドが許さないところはあるのではないでしょうか?理性ではグローバルで生き残るための戦略とはわかっていても、感情的な部分が邪魔をするというか・・・。ですので、むしろアピールしない方がトヨタがメーカーとしての矜持を捨てていない証左でもあると思えます。

      まあ、せっかくのBMWエンジンですから、つまらないことにだけはしないで欲しいとは思います。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • BMW、TOYOTA、どちらも、世界をリードする車メーカーですから、車業界を引っ張っていくことでしょう。pontaさんが、カローラに乗る日もくるかもしれません。

    • bmwpopo様

      いつもコメントいただきありがとうございます!

      私がカローラに、ですか。意外に思われるかもしれませんが、意外とカローラはいいクルマだと思っています。ベーシッククラスとして過不足のない室内空間と走りdすよね。

      BMWエンジン搭載のカローラはそうはいってもエンジンだけですので、それだけでは興味はありませんが、出来のいい多段式ATと、もっと高いボディ剛性と、フラットな乗り心地でいながら低速でもしっとりした乗り心地のサスペンションなどを積んでくれればいいですよね。・・・ってそれってやっぱりBMWそのものですね(笑)。

      では、またのコメント、楽しみにお待ちしております!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です