閑話休題〜お盆に東京都内で見るカッコいい他県ナンバーは?

今日も私はお墓参りで東京都内を徘徊していましたが、だいぶ他県ナンバーを多く見る様になってきました。さて、その中で私が「おおっ!」と個人的に思ったナンバーを思いつくままにご紹介します。

スポンサーリンク

二度見してしまうナンバー

まず、誤解を受けない様に申し上げておくと、「カッコいい」というのは「憧れの『品川』ナンバー」とかそういうのではなく、私が見てロマンを感じるナンバーのことです。そのナンバーを見て、「ああ、こんな道のりで走って来たんだろうなぁ」とか、「おっ、こんな所からも来ているのか。」と感じて妄想を膨らませることが出来るので、結構楽しいんですよね。

そんな中でも、確実に二度見するのは、やはり北海道のナンバーです。

「室蘭」ナンバーは時々トラックでも見ますが、今日は珍しく乗用車で「旭川」ナンバーを見ました。お疲れ様です。これ、確実にフェリーですよね。小樽から「さんふらわあ」で来たのでしょうか、そう聞くと大した距離を走っていない様にかんじますが、北海道の広大さを考えるとまず旭川から小樽までだって大変ですよね。

私は北海道の土を踏んだことがないので、余計にすごく感じます。

なぜか多い「湘南」

「湘南」ナンバーは東京からは近いですし、普通の休日でも見かけます。

でも、なぜか今日はすごく多かったですね。湘南エリアと言えばやはり海ですが、東京からたくさんの人が海に繰り出しているのと反対に、湘南エリアの方々は混んでいる海を避けて都内に遊びに来ているのでしょうか?

中国・四国からも!

いや、こちらもすごいですね。「広島」「倉敷」となると、私も走行したことがありますが、山陽道〜中国道〜名神〜新名神〜東名阪道〜伊勢湾岸道〜新東名〜東名と来ているんですよね。長い道のり、お疲れ様です。

そして驚いたのが、「高松」ナンバーの軽自動車がいたこと!これはすごいです。というか、最近の軽自動車はすごいですね。それだけの高速連続走行も苦にならないということですよね。

私はかつて高知に台風の中旅行に行って、宿のすぐそばの鏡川が氾濫していると言う目にあったかと思えば、ランフラットタイヤのパンクを経験したり、何気なく宿をとった祖谷渓で秘境の良さに気付いたりと、思い出深い旅行でした。その時にもちろん高松にも立ち寄ってうどんを食べたり、骨つき鳥を食べたり、香川のうまいものを堪能しましたので、そう行ったことが思い出されます。

マイブーム

最近まで静岡に行っていたこともあって、個人的には「静岡」ナンバーがマイブームです。

合わせて、「伊豆」ナンバーも個人的にすごく好きですね。綺麗な海と心地よい温泉、豊かな自然が反射的に浮かんで来ます。

都内で今日は両方とも見かけました。そしてマイブームの「静岡」ナンバーを見たら美味しいお茶が飲みたくなって、家に帰って早速お土産で買って来ていた水出し煎茶と、「ななや」さんで購入した抹茶あずき大福を食べてしまいました(笑)。

スポンサーリンク

これ、めちゃくちゃお茶の味が濃くて美味しいんですよ。水出し煎茶とよく合います。

お茶なんていつも飲んでるし、どこのでも一緒だろうと思いますでしょ?でも全然違うんですよ。嘘だと思う方は一度静岡にいくか、お取り寄せして試してみてください。お茶の概念が変わります。

日本海側からも!

道中、前を大きなSUVが走っていたのですが、「富山」ナンバーでした。

日本海側の富山や金沢は行ったことがないので、これまた想像力を掻き立てられます。北陸新幹線の開通で金沢までは東京から容易に行ける様になりましたが、やはりクルマ好きとしてはクルマで行って見たいですよね。

この富山ナンバーのSUV、立体交差の多い環七通りをそうこうしている時に見かけたのですが、やはりわかりにくくて迷ってらっしゃるようでした。確かに、東京の道ってわかりにくいですし、ドライバーに優しい構造になっているとも思えません。私だって未だによく間違えますから。

他にも沢山見ましたが。

キリがないのでこの辺にしておきますが、この時期の東京はさながら各県ナンバーの展示会のようです。

元々東京出身の方で、お仕事上の都合でその地方に赴任している方が帰省していたり、お盆休みを利用して東京見物にいらっしゃった方と様々でしょう。

この方々は帰省ラッシュのピークとは逆方向なので渋滞にはまらず比較的スムーズに来られたと思いますが、またお帰りの長い距離を考えると、私なんかは逆にそれだけ長距離運転できて楽しそうで羨ましいなぁなんて思ったり(笑)。

東京都内、空いています!

本当にこの時期の都内を走るのは楽しいですね。都心部なのに殆ど人がいない上に、この様に他県ナンバーを見て妄想を膨らませられるので退屈しません。

しかも幹線道路は非常に流れがよく、今日は全く首都高速も使わなかった上にエアコンは常に付けっ放しと言うのに7L/100km(14.3km/L)と言う、一般道だけにしては驚異的な燃費でした。普段は大体10km/Lから、良くても12km/Lですので、いかに渋滞や流れが悪いことによるストップ&ゴーの多さが燃費に悪いかわかろうかと言うものです。

息子も「あのナンバー、どこ?」と私同様に楽しんでいる様ですし、流れが良いので不満も出ません。

こうした他県からいらっしゃっている方々には是非、東京滞在を楽しんで行って欲しいですね。まあ、私が色々と旅行で訪れた先に比べたら緑も少ないですし、やっぱり人が多くて疲れるかもしれませんが、夏休みのいいおみでを持って帰っていただきたいものです。

いかがでしょう?あなたの住む街にも他県ナンバーが沢山走っていませんか?そんな時は、私みたいにその地方に思いを馳せてみると退屈しないですし、楽しいですよ。

この記事のタイトルに対する回答ですが、要するに、東京近郊ではなく、私がこのように妄想を膨らませることができる他県ナンバーがかっこいい!と言うことです(笑)。

では、今回はこの辺で失礼します。ありがとうございました。

スポンサーリンク













9 件のコメント

  • こんばんは、Eindruckです。
     他県ナンバーですか・・・『福岡』ナンバーは首都圏から見ると、飲酒運転王国&マナー最悪というイメージで見られているのではないでしょうか?実際、福岡では連日飲酒運転による事故・逮捕が絶えません。でももっと怖いナンバーもあるんですけどね。
     本日は、お盆休暇の初日ということもあって、唐津(呼子)へ「ジーラ」に乗りに遠出しました。途中昼食時になったので、呼子の烏賊から予定変更して、「唐津シーサイドホテル」のランチバイキングとなりました。ここのランチバイキングですが、一人2千円ほどで、本当においしい料理が食べられるところで、ふつうバイキングというと、高い不味いが定番ですが、ここのは本当に美味しいです!その後、呼子に行ったところ、なんと乗船待ちが1時間半!しかも海が荒れていて、ひょっとすると、欠航になるかもしれないとのことで、近くの浜玉町へ巨峰狩りに行ってきました。
     ずっとEco-Proモードで走っていたのですが、後席からエアコンが弱いとクレーム。MAXにしたり、AUTOにしたりしながら走行していましたが、325のときよりもAC効かないのは、暑すぎるからか?と思ってました。先ほどPONTA様の過去の記事に、Eco-ProモードではACも制御されているという記事を偶然発見し、そういうことだったか!自分の知識の欠如とはいえそこまで制御するのか!と驚きの連続です。って言うか現行車種にお乗りの方には当たり前のことなのでしょうけれども。明日早速ダイヤルクルクルして確認してみようと思います。遅ればせながら、貴重な情報ありがとうございました。(時代遅れ)
     またしても時代遅れな発言ですが、鍵を差し込まなくてもエンジンかかるのは違和感ありますねぇ。帰りは妻が運転して帰ってきましたが、いつになく緊張していたようでした。娘だけはドアハンドルなぜなぜで施錠開錠ができるのにご満悦でしたが・・・。
      また、分らないことがあったら教えてください。失礼します。
     

     

    • Eindruck様

      いつもコメント頂きありがとうございます!

      早速、新しい相棒とのドライブを満喫されてらっしゃる様ですね。

      個人的には、「福岡」よりも「北○州」や「筑○」を見ると緊張します(笑)。

      Eindruck様が呼子のイカを放棄してまで行くランチバイキングとは、これは美味しいのでしょうね。「唐津シーサイドホテル」、覚えておきます。

      エアコンは夏の間はECO-PRO制御がされない様にしておいた方がいいですよ。これ、意外と知られていないんですよね。既に過去記事をご覧いただいたようですのでここでは詳しくはご説明はしませんが、夏の九州の日差しでしたら必須です。

      娘さん、ドアハンドル撫でて解錠がお気に入りですか(笑)。実はウチの息子もロックとアンロックを時々やりたがるんですよ。あれは便利なだけではなく、ギミックとして面白いですよね。

      キーを刺さないで発進できるのは利点もあるんですよ。例えば、私、お恥ずかしながらキャンプの帰りにキーが見当たらなかったことがあるのですが、とりあえずドアハンドルを握ったらアンロックされ、ボタンを押したらエンジンがかかる・・・これはどこかに埋もれているだけだ!と判断し、そのまま帰ってきました。帰宅後に荷物を整理したら、なんてことはなく、私の手持ちのショルダーバッグの底に埋もれていただけという(笑)。ただ、探し回らなくて済むのは確かです。

      私でお答えできることであればお答えしますので、何なりと!私が無理でも、当ブログ自慢の叡智溢れるコメンテーター陣がきっと助けてくれます(笑)。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • 息子の模試の都合で、娘が1人だけで先に私の実家に向かいました。初の一人旅でワクワクして出かけて行きましたが、行きは最寄りの駅まで車で送ってやりました。
    実はこの記事のタイミングとバッチリという訳でもないんですが、その往復で他府県ナンバー無いかと探しながら運転してました(笑)
    住宅街なので地元だけでしたね。
    残った私達は模試の翌日月曜日に実家に向かいます。いつもは2時間弱の道のりですが、盆暮はだいぶ余分に時間が要ります。
    道中いつもは周囲を走る車のナンバーをチェックしては、あ、この人今から埼玉まで帰るんだ、ご苦労様。なんて独り言(家族は大概寝ています)言ってますね。家族が起きていたら遠方のナンバーの時は話題振ったりもしています。
    北海道は以前E46の時に舞鶴-小樽のフェリーを使って1週間ほどの旅行に行った事がありますが、ヨーロッパやカナダの様に広い景色の所が多くて本州以南とはまた違ったドライブができます。
    是非Pontaさんも320dで走ってみてください。

    • あっきろ様

      いつもコメント頂きありがとうございます!

      息子さん、勝負の夏ですね。私も自分が受験生だった時を思い出します。息子さんに応援している人間がここにも一人いるとお伝えください。

      あっきろ様の、他車ナンバーを見ての感想、私の妄想に通じるものがありますね(ニヤリ)。そのクルマが辿って来た道、これから走る道を想像してほわ〜っとロマンを感じていますから(笑)。

      舞鶴から小樽までのフェリーですか!かなり時間かかりそうですねー!私のところからでしたら、茨城の大洗からか、或いは仙台までは走って行くか、もっと頑張って青森まで行くか、ですね。昔、幼少の頃に青森に住んでいたことがあるので身近に感じますが、さすがに遠すぎですかね(笑)。でも、320dて北海道、行ってみたいです。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • 私の大先輩は、品川ナンバーが世田谷ナンバーになってがっかりしていました。今、ナンバーも地域によって違ってきますね。私の住んでいる地域は、レースで有名な「鈴鹿」ナンバーです。他県に行くと、良く羨ましがられますが、実際地元の人は、田舎なだけで何も思っていません 笑
    日頃、見慣れていない、ナンバーの車を見ると、お!と思いますね。沖縄ナンバーもたまに見ます。
    pontaナンバーはまだ、見ませんね~^^

    • bmwpopo様

      いつもコメント頂きありがとうございます!

      都内でも世田谷ナンバーを見ることが多くなって来ましたね。確かに、人気ナンバーワンの品川ナンバーからの変更ですから、がっかりされたことでしょうね。

      「鈴鹿」、かっこいいです!クルマ好きの日本人にとっては、F1で数々の伝説を生んだ舞台ですからね。私も鈴鹿ナンバーを見るとテンション上がります。なんだか、皆さん運転上手そうで(笑)。

      あと、pontaナンバーは実在しません。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • 何かとネタにされる「尾張小牧」ナンバーを顔とお尻に貼り付けて駆け回っております。やれ「名古屋走り」の元凶は、実は名古屋ナンバーではなく尾張小牧ナンバーだとか、「終わった、困った」ナンバーだとか、散々な言われようです。江戸で見つかると「すわ、尾張様のご謀反か!」と、当局が厳戒態勢を敷くとか(←江戸時代初期の話です)。
    全国唯一の四文字ナンバーということで、なぜこんなヘンテコな文字列にしたかというと、名古屋ナンバーから分かれて新ナンバーを制定する際に、尾張部の各都市で内輪もめをやっちゃったからなんですね。本来なら小牧ナンバーになるところ、尾張の有力都市である一宮市や春日井市が猛反対して、結局妥協案でこうなりました。今ではその一宮市も春日井市もご当地ナンバーをつけることになりましたので、もう「小牧」だけでいいじゃんと。マツコさんもそう言ってましたし(笑)。
    夢酒としては由緒ある「尾張」ナンバーがいいな。または「尾州」とか。そしたら初代尾張藩主・徳川義直公に倣って、大軍率いて(もちろん白葦毛Ⅱを先頭に)お江戸に乗り込みます(笑)。
    すみません、真夏の白昼の妄想でした。

    • 夢酒様

      いつもコメント頂きありがとうございます!

      う、かなり壮大な妄想で、妄想なら自負のある私でもタジタジします!

      「尾張小牧」、そんなにネタになるんですか?確かに名古屋走りは有名ですが・・・個人的には歴史ロマンを感じる、好きなナンバーの一つです。愛知県って、すごい数のナンバーがあるんですよね。一宮・春日井もそうですし。

      でも、私はこの様に旧国名が入っているナンバーって好きです。他には例えばですけど「庄内」ナンバーなんかもそうですよね。もういっそのこと、県名ナンバーじゃなくて全部旧国名にすればいいのに。その方が外国から観光に来る方にも日本の歴史が感じられていいのではないでしょうか?日本人にとっても、その方が夢酒様くらい郷土愛をかきたてる効果もあると思います。地方創生って、意外とこんな単純なことが引き金になるかもしれませんよね。「薩摩」「土佐」「因幡」「伯耆」「安房」「常陸」「越前」「出羽」・・・こんなナンバー、いいですよね。「三河」「相模」なんて今ありますけど、私は好きです。

      ですので、「尾張」または「尾州」、賛成です。「尾州」はかっこいいですねー。ただ、それだけだと愛知県は足りなくなりそうですから、「清洲」のエリアもあるといいのではないですか?

      夢酒様の江戸への上洛の旅は既に一度ありましたが、今度は大軍を率いて尾州家のご威光を存分にお示し下さい!

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • ponta様
    静岡ナンバー=美味しいお茶、光栄に思います。ななやさんのお菓子はお土産に喜ばれますね。先日のご旅行でご案内しておけば良かったのですが、地元でも大人気の「川根大福」なるお菓子がございまして、これがものすごく美味しいんです。要は生クリーム大福なのですが、白とお茶があります。それこそ国一バイパスを東京方面から旗指(島田市)で降りて、大井川沿いを千頭駅方面に向かって走ると「加藤菓子舗」さんがあります。昔はその日に作った分しか売らないとのことで、なかなか手に入らず、どうしても御使い物にしたいときは予約して、一時間ほど川根路ドライブを楽しみながら買いに出掛けました。現在は冷凍にはなりますが、発送もしてくれるようになりましたので、よろしければチェックしてみてください。そして今度寸又峡にお越しになる際は、是非とも寄ってみてください。東京では色々美味しいお菓子があるのだと思いますが、お茶どころからお節介でした(汗

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください