夏休みにキャンプ。寸又峡へドライブ!

台風が近づく中、唐突にとった夏休みを利用して久々にキャンプに来ました!行き先は寸又峡、吊り橋と温泉で有名な静岡県の秘境です。

スポンサーリンク

静岡の秘境、寸又峡

寸又峡ってご存知でしょうか?これで「すまたきょう」って読みます。

SLで有名な大井川鐵道の、SLの終着駅「千頭(せんず)」の近くで、結構な秘境です。

実は私、大の秘境好きなんです。高知に旅行に行った時は、四万十川を見たいというのもさることながら、源流の方に行ってその秘境感をたっぷりと味わいました。

その代償として、ランフラットタイヤのパンクを経験した時のことがこの記事です。

いや、この時は本当にどうなることかと思いましたが、ランフラットタイヤの性能とタイヤ館さんの的確な指示で事なきを得ました。

最近、少し仕事で忙しかったこともあり、今回は癒しを求めてまたも秘境に繰り出したというわけです。

朝から渋滞。

出発前日の昨日もちょっと遅くなってしまったので、キャンプというのになーんの準備もしていませんでした(笑)。

ですが台風が近づいて入ることもあるので、天気に大いに不安があったので、予めテント泊は諦め、バンガローのある場所を予約しておきました。

バンガローってキャンプ場の予約の中では真っ先に埋まるのですが、奇跡的に空いていたのがこちら。

池の谷(池の谷)ファミリーキャンプ場です。

というわけで、荷物の中で一番の大物のテントがないから楽勝!と思いきや。

結局こんな状態です(笑)。

朝から東名は渋滞中。しかも新東名も事故渋滞。

さすが8月の最初の週末、まだまだ夏休みの宿題にも余裕があるからでしょうか(笑)、私が起床した時点で既に渋滞が始まっています。

まあ、私にはカーナビタイムという力強い味方があるので、慌てず焦らず、ゆっくりと準備して出かけました。全く荷物の積み込みをしていなかったのでどうなるかと思いきや、意外と早く、9時前には出発です。

我が頼もしい味方、カーナビタイムは首都高速を示さず、一般道で横浜青葉を目指すよう指示しています。なるほど、言われてみると首都高速も渋滞だらけ。これはお金を払っても時間を買うことはできなさそうです。

素直にカーナビタイムに従って行くと、途中でいきなり喋り出しました。

「横浜町田インター付近の渋滞が緩和されました。今より5分以上早いルートが見つかりました。」

おお!なんかすごいですね。私がどこに行きたいのか、どうしたいのかよくわかってくれています。信号待ちで渋滞情報を見ると、東名は真っ赤。これは一般道を行けというのでしょう。

案の定、私の予想は当たり、しかも国道246号線をそのまま行くのではなく、空いた裏道を通って行きます。意外と早く横浜町田インターに到着し東名に乗りましたが、少しの渋滞の後順調に流れ出しました。

ところが、しばらくしてイヤーな表示が。

「御殿場JCT〜長泉沼津 事故渋滞2km」

えー!頼みの新東名で渋滞とは。しかも事故渋滞ですのでこれから延びそうですし、通過にはだいぶ時間が見込まれます。

仕方なく東カーナビタイムの言う通り、東名をそのまま走り続け、清水インターで降りるルートをとりました。

酷道?

最初の内はバイパスを走ったりしていたのですが、山の方へ向けて曲がってから、段々道が細くなって行きました。

これは・・・あの高知の時の酷道、国道439号線(通称ヨサク)に勝るとも劣らない狭さと曲りくねり具合です。

こんな時はドライビング・パフォーマンス・コントロールをSPORTにして高回転を保ち、しかもすぐにエンジンブレーキがかかるようにしておくに限ります。

1時間以上、パドルシフトも駆使してこの難所を切り抜け、ようやく千頭駅に到着しました。ここまでくればキャンプ場まではもうすぐ。ここで既に2時近かったので、遅い昼ごはんを取ることにしました。

トーマスが走ってる!

千頭駅ではトーマスフェアがやっているのは知っていました。遠くから見ると、蒸気が上がっているのが見えます。

そしてよく見ると、なんとオレンジ色の客車を引いている水色の機関車から蒸気が。この客車は・・・もしかして、アニーとクララベル?!と言うことは、先頭はきっとトーマスです!

スポンサーリンク

慌ててそちらの方に向かってみると、ちょうどトーマスのあたりはシートがかかっていて見えません。ですが、そのさらに先の方にはカメラを構えている人がちらほら。早速私もクルマを路肩が広くなっている箇所に止め、撮影することにしました。

すると5分も経たないうちに、「ポーッ!」と発車の合図が。そして・・・来ました!

いやー、ラッキーでした。客車は満員でしたね。ただ、息子は既に「トーマス?わーい!」と言う年齢は過ぎてしまっているようで、意外とクールな反応でした(笑)。

買い出しの後は川遊び

さて、実は辿り着くことに気を使っていたので、私達、今日の晩御飯すらありません(笑)。

しかしここは秘境。BBQの具材を買おうにもスーパーなんてものは無いので、30分以上離れた所まで買いに行かなければなりません。しかも途中はまたもあの「酷道」ばりの難所があることが予想されます。

ですが、息子は川遊びをしたそう。それには一刻の猶予もありません。

ですが案ずるより産むが易し。行ってみれば、多少はそう言う箇所もありましたが、ほぼ広い道で信号もほとんどなく、余裕で5時前には帰って来れました。

清流

この池の谷ファミリーキャンプ場には、キャンプ場利用者しか行けない河原があって、川遊びが出来るようになっています。

買い出しから帰ってくるなり水着に着替えて息子と繰り出して見ると・・・流れもそこまで早くなく、水量もさほど多くなくて浅い、川遊びには最適な川でした。

何より、水と景色がキレイ!

気持ちいいです!私も水の中に入り、設営の時にかいた汗を流しました。

いやー、冷たくて気持ちいい!

定番のBBQの後は焚火。

川遊びを堪能した後は、買って来た肉と野菜でBBQです。

結構な勢いでみんなでがっつき、お腹が満たされた後は、この暑いのに息子の要望で焚火(笑)。

焚火に浮かび上がる我が愛車。いいものですね。

ちなみに、バンガローの中はこんな感じ。

うちわで顔を隠していますが息子登場です(笑)。まあ、家族4人でしたら広々使える室内ですね。私はこのEVAフォームマットの下に、いわゆるインフレータブルマットに空気を多めに入れて敷いています。こうすると、家の布団のように快適なんですよ。

あ、私のブログ道具のMacbook Proも写っています。なんとこのキャンプ場、Free Wifiが飛んでいるので利用登録さえすれば使えるんです。ブログもかける環境ですよ。

もちろん、携帯の電波も入ります。

いいところに来ました。

買い出しの便は悪いですが、このキャンプ場は今時珍しく直火OKですし、設備もキレイです。シャワー室なんて、こんな秘境とは思えないほど。私は川で水浴びしたので入りませんでしたが。

ちょっとバタバタしたので写真は撮っていませんが、炊事場もキレイですし、トイレももちろんキレイです。

しかもお値段もお安いです。バンガローって、だいたい1泊1万円くらいは取られるのですが、ここは5,000円。施設利用料とかもだいぶ安いので、他のキャンプ場の半額以下で済みます。

いいところ見つけました。ここはリピートしたいですね。

ちなみに予約は、川根本町の役場にかけて行います。バンガローは満杯でしたが、テントサイトはまだだいぶ空きがありまして、これはかなり穴場だと思います。

さて、短い旅行の予定ですが、まだ始まったばかり。明日はどこに行きましょうか。この辺りには「夢の吊り橋」と言うのがあって、吊り橋を渡り切ると夢が叶うと言われていますが、そう言うところに行って見るのもいいですし、ただただ絶景を楽しむのもいいですね。今日走ったり道も相当気持ちいい眺めでしたが、何せ急いでいたので堪能できていません。

まあ、流れに任せて、自由に、ゆる〜く行くことにします。

では、今回はこの辺で失礼します。ありがとうございました。

スポンサーリンク













10 件のコメント

  • ponta様
    近くにお越しのようですね。
    良いところを見つけられました。
    川根路ドライブをお楽しみください!

    • 黒檀様

      いつもコメント頂きありがとうございます!

      そうでした。黒檀様は地元ですね。お邪魔しております!

      いやー、静岡の伊豆半島以西は今まで通り過ぎるばかりで、葵区のキルフェボンにわざわざ行っただけでしたので、すごく新鮮です。いい所ですね〜。自然がいっぱいで!

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • 夏休みの楽しそうな雰囲気が伝わってきます。
    せっかくの夏休みアクセスできるとは言え自然を満喫して電脳系はほどほどに。って言わなくてもわかってらっしゃいますね。

    • あっきろ様

      いつもコメント頂きありがとうございます!

      いや、おっしゃる通りです(笑)。ただ、この池の谷ファミリーキャンプ場、余りにいい所なのにマイナーで情報も極端に少ないので、どうしてもいち早くご紹介したくって。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • 自然を満喫し疲れを癒し、家族孝行して、本当に一石二鳥ですね。続きを楽しみにしています。

    • 蜜柑山 三郎様

      いつもコメント頂きありがとうございます!

      自然というのは本当にいいものです。心が洗われて、もう帰りたくなくなりますよね。

      返信が遅れたので、今は既に旅行後ですが、拙い旅行記、お楽しみいただければ嬉しいです。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • 「トーマス?わーい!」 まだ、若いかな??笑
    大井川鐵道は、レアな私鉄が走っていますので、SLも良いですが、地元の近鉄特急が現役で走っているのが気になります。笑

    • bmwpopo様

      いつもコメント頂きありがとうございます!

      私、SLのイメージが強すぎて最初はどういうことかわからなかったのですが・・・なるほど、確かに近鉄、南海に東急と、各地の私鉄車両がそのまま走っているんですね。なんだかんだ見たことある電車だなーと思っていました。

      古い電車が現役で頑張っているのを見るのはいいものですね。去年の島根旅行での一畑電車も同様でしたが、大井川鐵道はカラーリングもそのままですからね。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • ponta様
    いつも楽しく拝見しております。
    池ノ谷ファミリーキャンプ場、8月後半に行ってきましたよ。良いところを紹介していただきました。平日ということもあり、利用者は何と我々家族のみ。お陰で子供が大声で騒いでも気にすることなく、またきれいなシャワー室も好きなときに利用できました。正直、暗くなってからは少し寂しかったです。プライベート感の強い河原は雨の後であったので、水が多くて流れが早く、堪能することが出来なかったのが少し残念でした。キャンプ場入り口直前の道は狭くて、繁忙期、利用客の車ののすれ違いはどうするのだろうと思いましたが、それ故遅めのチェックイン、早めのチェックアウトの時間が設定されているのでしょうか。
    さて、テント以外はほぼ一通り積んでトランク満載、お尻が下がり気味の320dでしたが、流石です。安心してドライブを楽しむことが出来ました。我が家でテントもとなると、確実にルーフキャリアが必要になりますね。今後の検討課題です。ここはリピートしたいですね。ありがとうございました。

    • 黒檀様

      いつもコメント頂きありがとうございます!

      行かれたんですね!池の谷ファミリーキャンプ場!穴場的でいいところですよね。こじんまりとしているのがまたいいです。
      確かに、あそこにひと家族だけだと結構寂しいかも知れません(笑)。私の時はもう一団体いましたのですが、大人の団体でしたので非常に静かでした。
      キャンプ場って、結構道が狭い所が多いです。私のお気に入りの無印良品津南キャンプ場も、山の麓から15分ほど登って行くのですが、途中ガードレールのない狭い道が続きますし、結構大きなキャンプ場なのですれ違いが発生するんですよね。待避ポイントはあるものの、慎重に行かないと必ず悲惨な目にあいます。

      川遊びができなかったのは残念でしたね。ですが、あの景色を楽しめただけでもいいリフレッシュになりましたでしょう?あそこは私もかなりお気に入りで、リピートしたいです。何と言ってもお安いですしね。

      息子もだいぶ楽しかったようで、帰って来てからも「川根茶、川根茶」と言って、普段は飲まない緑茶をよく飲んでいます。こういう風に、自然と行った先の事を学んで行ってくれるのって、嬉しいですよね。
      テントは大きさにもよりますが、後席足元に積むという手もありますよ。後席住人にはその上に靴を脱いで足を伸ばして貰うといいです。ちなみに私はシュラフを息子の足元に置いて、足を伸ばさせていました。息子くらい小さいと、かえって楽みたいでしたね。

      いやー、でも私がオススメしたところに行っていただいたなんて嬉しいですよ。しかも黒檀様もお気に召されたようですので、いつか偶然ご一緒することがあるかも知れませんね。
      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください