BMW3シリーズはなぜパーキングブレーキはハンドブレーキなのか?

突然ですが、3シリーズって、パーキングブレーキはハンドブレーキですよね。高価なお金を出してBMWを買ったのに、旧態依然としたハンドブレーキがついていてがっかりする方も多いと聞きます。ですがこれにも一応理由があるんですよ。

スポンサーリンク

今やハンドブレーキは少数派。

日本車でも今時ハンドブレーキの車って見ません。パーキングブレーキは大抵足踏み式か、電動のボタン式のブレーキとなっています。

そして実は、BMWでもパーキングブレーキが旧態依然としたハンドブレーキなのは、なんと1/3/4シリーズと、2シリーズのクーぺだけなんですよね。

それだけで安っぽいと見られてしまうハンドブレーキ。BMWはなぜこれを採用し続けるのでしょう?

手動式の方がいいところもある。

実は私は、クルマの操作系って、なんでもかんでも電動にするよりも、手動の方がいいシーンもあると思っています。

もちろん、それだけでコストが上がるですとか、故障する可能性が大きくなるとかありますが、妄想力逞しい私の考えることはそんなものではありません(笑)。

例えば、パワーウィンドウ。

今時のクルマでは、よほどのことがない限り、自家用車として購入しようと思ったらパワーウィンドウではない車を探す方が難しいくらいですね。もしかすると、お若い方は一体何を言っているのかわからないかもしれませんが、昔はレギュレーターと言って、ハンドルをクルクル回して窓を開けていたんですよ。

今のパワーウィンドウは単純にこのクルクル回す動作をモーターで代替したものです。ワンタッチで全開になったり全閉になったりして、パワーウィンドウは確かに便利です。

さて、ここからが私の妄想ですが、例えば深夜、街灯もなく暗い道を走っていたとします。橋にさしかかりましたが、運転を誤って川の中に落ちたとしましょう。この時点で電気系統はアウトですよね?水圧でドアは開きません。そうすると、窓から脱出しなければいけなくなりますが、パワーウィンドウですともう開きませんよね。ですが手動でレギュレーターをクルクル回せば開きます。

極端ですが、こういうことを考えると、手動も捨てたものではありませんよね。したがって、現代のクルマではこのような状況に備えて、緊急用ハンマーを積んでおくといいかもしれません。

私もずっと買おう買おうと思っていながらまだ入手していません。いい機会ですので購入しておきます。

これがなくても、窓を割る場合には、例えば靴下(女性ならストッキング)などに小銭をありったけ詰めて即席ハンマーを作って窓を割る、というてもありますので、頭の片隅に入れておくといいですよ。ついでに申し上げておくと、クルマの窓ガラスを割ろうと思ったら、フロントガラスではなくサイド・リアウィンドウを割ること。フロントガラスは割れません。そして、窓ガラスの角のところを強く叩くと、割れます。真ん中を叩いても割れません。

ところがこれが極端でもないんです。それがハンドブレーキである理由。

実はBMWの主張するところによれば、パーキングブレーキがハンドブレーキであるのは、仮に運転者が運転中に意識を失ったとしても、同乗者がハンドブレーキを引くことで車を停止されることができるから、というのが理由なんです。

スポンサーリンク

ですが・・・それであればボタン式でもいいのでは?という疑問が湧きます。運転席足元の足踏み式パーキングブレーキでなければ可能ですよね。

私は正直に申し上げて、これはもっともらしい後付けの理由だと思っています。その証拠に、ではなぜ他のシリーズではボタン式パーキングブレーキなのか?といいうことです。

これは単純にコストをケチったとしか思えないのですが・・・いかがでしょう?

他にもハンドブレーキが手動の方が良いところ。

1/3/4シリーズ及び2シリーズクーぺというのは、BMWのラインの中でも、比較的スポーティに、振り回して遊べるクルマです。実際にやるかどうかは別ですが。

ハンドブレーキが手動であれば、昔ながらのハンドルをぐっと切り込むと同時にハンドブレーキのリリースボタンを押したままぐっと引いて後輪にだけブレーキをかけてくるんと回る、スピンターンができます。

このスピンターン、私は若い頃にスキー場の広大な駐車場がガラガラだったので一度ためしてみたことがありますが、雪の上ですと簡単に回りますね。もちろん、普段の運転でこのようなテクニックを使うことはありませんが、万が一の時、例えばどうしても追突を防げない時に、後ろからぶつかった方がシートのバックレストがあるからマシだ!と言ったような場合の、緊急回避テクニックの一つとして、覚えておくことは有用でしょう。

また、街中で暴漢に追われた時には、「ミッションインポシブル ローグネーション」のように、ハンドブレーキを引いて後輪を滑らせ、暴漢の乗るバイクを蹴散らすこともできるかもしれません。ご職業がスパイの方は、ご検討ください。

決してふざけているわけではないんです。

本当に極端かつ非日常的な例ばかりで申し訳ありませんが、私はこれ、ふざけているわけではないんです。

何でもかんでも自動化されてしまう事って、日常では大変便利なことではあるのですが、非日常の極限状態ではマイナスになることもありうるということを申し上げたいんです。

クルマに乗っている限り、事故に巻き込まれるリスクも完全にゼロではないですし、いつ何時想定もできないような事態に陥るかわかりません。その時に、すべてが電動・自動ですと、電源がなくなった瞬間に身動き取れなくなるようでは困るんですよね。

そういう意味で、メーカーにはせめて代替手段を用意していてほしいものです。最近のBMWですと、衝撃を受けたら全ドアロックが解除され、ハザードランプが点滅するようになっていたり、さらにはコネクテッドドライブの機能の一つ、「SOSコール」もありますので、そういった意味での対策はされているとは思いますが・・・。

私は、今のままの手動のハンドブレーキでもなんら不便を感じませんし、安っぽいとも感じておりません。むしろドライバーによる操作をあくまで主とするBMWらしいと思って歓迎していますし、むしろ今時貴重なものと思っております。

ですが、次期型では流石にボタン式に変わりそうですね。今現在ハンドブレーキのクルマは、ここ2−3年のうちにモデルチェンジを控えていますから。

中年のノスタルジーと笑われるかもしれませんが、それはそれで少し寂しい気もします。

では、今回はこの辺で失礼します。ありがとうございました。

スポンサーリンク













8 件のコメント

  • こんばんは!
    ご無沙汰しております。
    自分もハンドブレーキ派ですね。
    慣れの問題だとは思いますが、ボタン式は心配になってしまいます。
    ただそれ以上に、ハンドブレーキを引くという操作も車を運転する喜びの1つのファクターになってます。アナログ人間と言われてしまいそうですが。。
    あと、タコメーターもアナログの方が好きです。
    だって、乗り込んだ瞬間タコメーター見たらワクワクしませんか笑
    なので、個人的にはデジタル化しても、アナログも選択肢として残して欲しいなと思う今日この頃です。
    明日はいよいよ5シリーズのワールドプレミアですね!
    楽しみだな〜

    • K様

      お久しぶりです!いつもコメントいただきありがとうございます!

      アナログ派なんてとんでもない!やっぱりハンドブレーキを最後に「ぎっ!」と引かないとなんだかしっかりと止まった気がしませんよね(笑)。

      私もメーターはアナログ派です。デジタルのスピードメーターは数字がチラチラと動いて落ち着か人ですよね。時計もそうですが、アナログの方がパッと見たときの感覚がわかりやすいです。特に運転している時って、情報を素早くインプットしなければいけませんから、パッと見るだけでスピードそのものだけでなく、針がスピードメーターのどの位置を指しているかで余力がどのくらいあるのかの情報も同時に得られるという点で、アナログが優れていると思っています。
      コントロールディズプレイにスポーツ表示をさせた時にもアナログメーター的に表示されるのも、上記のように余力も一目でわかるからなんだと思っています。

      5シリーズは、デザインの系統としては7シリーズと同じようにしてくると思いますが。楽しみですね〜!私の関心は、7シリーズと5シリーズのデザインと技術を見て、3シリーズがどうなるのか妄想する元にあるのですが、自動運転もステアリングから手を離している動画があることを考えると、一つ進んだものになりそうですね。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • 私の知り合いの女性に、マニュアル車だけ運転できて、従来のサイドブレーキ手動じゃないと、乗れない変わった人がいます。運転歴数十年です。pontaさんや、他の方のように、好きだからなどとは、全く違う理由です。そういう方が、国産車で、次の車の購入を考えると、まず、マニュアル車+サイドブレーキ、さらに、運転姿勢に注文をつけるので、ほぼないです。笑

    私は、どちらかというと、電子ブレーキ賛成派です。通常運転の際の、オートホールドが欲しいです。
    ACCもそうですが、1度使うと、無い車は、乗れないぐらい、便利な機能になります。
    オートホールドも、慣れてしまうと、停止時に、ブレーキ踏まなくなることでしょう。
    ベンツなどは、強くブレーキを踏むと、ホールドになり(メーターパネルに点灯)、弱いと、ホールドしないという、ドライバーの操作で判断出来るというのも優秀です。

    3シリーズのハンドブレーキは、理由はあるのか、わかりませんが、コストダウンだけのものと私も、思います。5シリーズは、電子ブレーキですから!

    今後、電子制御は増えるでしょうが、何かあれば、重大な内容につながるトラブルも考えられるので、便利な一面、怖い面も隣り合わせというのが、どの車に、言えるでしょう。代表的なのは、自動運転!これは、人間が、ある程度、運転したい気持ちがありますね。駈けぬける喜びがありませんから!笑

    • bmwpopo様

      いつもコメントいただきありがとうございます!

      随分とレーシングスピリットに溢れる女性が身近にいらっしゃるんですね(笑)。でも、そういう方の気持ち、なんとなくわかります。でも・・・確かにクルマ選びが至難の技ですね(笑)。ですが。ご友人にぴったりな素晴らしいクルマがあるじゃないですか!320iのMTですよ。

      ブレーキのオートホールドは、私も欲しいですねー。メルセデスのは停止中にグッと踏み込むとホールドするんでしたっけ?弱く踏むとホールドしないというのも使い勝手がいいですね。このようにドライバーが選べるというのはむしろBMW的な発想ではないかと思うのですが・・・。BMWですと、先頭で停止していない限りはACCを停止中にオンにすることでオートホールドと同じ効果が得られますが、先頭の時はやっぱりブレーキを踏んでいるしかありませんから、やっぱり欲しいですね。

      bmwpopo様がおっしゃる通り、自動運転は端的に行って、大抵の方には当初は「怖い」と思います。私も、当初はACCが怖かったです。「え?止まるの?ちゃんと止まるの?ブレーキ踏まないでいいの?」という感じで(笑)。
      自分の意思で制御していないからですよね。まるで運転の慣れない方の助手席に座った時のように(笑)。

      ですが、今後の流れとして、自動車はどんどん電子化していくのは確実ですよね。それはそれで楽しみでもあります。ですが、私もbmwpopo様と同じように運転自体を楽しみたいので、複雑な気分です。

      では、またのコメント、楽しみにお待ちしておりますね。

  • ちなみにですが、国産車でハンドブレーキ式なのは、マニュアルミッション仕様が有るか無いかですね〜。
    やはりクラッチペダルを付けるか付けないかで、いちいちサイドブレーキをフット式にしたりハンド式にしたりすればワイヤーの取り回しや取り付けのステーやセンターコンソールの形状を変更したりしないと行けないからのでコスト面で、ハンド式にしてると思いますよ。
    それとマニュアル車の坂道発進にはハンド式のサイドブレーキは必需品ですね。

    • 自動車検査員のまー様

      いつもコメントいただきありがとうございます!

      >ちなみにですが、国産車でハンドブレーキ式なのは、マニュアルミッション仕様が有るか無いかですね〜。
      なるほど!そういえばそうですね。3シリーズ、MTが設定されていますもんね。確かに、ATのためにボタン式に変えるのはコスト的にやらないですよね。

      >それとマニュアル車の坂道発進にはハンド式のサイドブレーキは必需品ですね。
      長らくMTに乗っていないので忘れてました(笑)。免許を取りに教習所に通っている時に散々周りから脅されたのを覚えています。が、幸い私は苦にならず、一発でエンストもせずに通過しました。
      そういえば、今時のクルマって、大抵「坂道ホールドブレーキ」的な、後ろに下がらない機能がありますよね?あれって、MTにこそ必要な装備だと思うのですが、やはり320iのMTにも装備されている・・・のですよね、きっと。

      なんとかボタン式にならないかと願っていますが、その一方で自分は買わないにしてもMTがなくなるのは寂しくて・・・わがままですね(笑)。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • ワタシもあまり深く考えたことはありませんでしたが、今まで乗ってきたクルマって全部、手で引っ張る方式のいわゆる「サイドブレーキ」が付いたクルマばかりです。
    BMWの3シリーズがなぜ手動のサイドブレーキなのか? っていうのはあんまり考えたことなかったですね(^^;)
    ワタシがBMWの前に乗っていたのってスバル・インプレッサなのですが・・2世代乗り継ぎましたが電子制御化された数年前のGRBインプレッサでもパーキングブレーキは手動式のサイドブレーキでした。
    これは・・・実際にワタシもジムカーナ競技の真似事をしていたのでよく使っていたテクニックですが、速度を出した状態で小回りをするのにサイドブレーキでリアを滑らせ、そのあと急激なパワーオンで後輪をそのままパワースライドに移行する、あるいはコーナリングのきっかけとして減速しながらサイドブレーキを一瞬かけてリアをブレークさせてドリフトに持ち込む、というような通常とはちょっと違った使い道があるからなんです。なのでスポーツ走行をある程度考慮したモデルっていうのは今でも手動式のサイドブレーキを装備していることが多いと思います。逆にスイッチ式のサイドブレーキ(というかパーキングブレーキですよね)のスポーツカーっていうのは「ん?」と思ってしまいます(^^;) 車体を振り回して走らすことをはじめからクルマの構造的に諦めてる、っていうふうに思ってしまうんですね。なので、スポーツセダンを標榜する3シリーズが手動式のサイドブレーキだった、ということには逆になんの違和感も感じなかった、というかそういう振り回すような乗り方もある意味メーカーとしては許容してるのかな、って思えて嬉しかったぐらいです(^^)
    もちろん、今の3シリーズにはDSCをはじめとしたいろいろな電子姿勢制御デバイスが付いてますから、サイドブレーキでリアをブレークさせてドリフトに、、なんていう乗り方をしようと思ったらあらかじめDSCなんかをOFFにする、っていうような準備が必要ですけどね(^^;)
    ちなみにGRBインプレッサにもDSCが付いてましたから、サイドブレーキを使ってドリフト、なんていう乗り方をサーキットでする前にはやっぱりDSCをOFFにするといった「儀式」は必要でした。
    それからGRBインプレッサには坂道発進を助けてくれる「ヒルスタートアシスト」もしっかりと装備されてましたよ。坂道ではブレーキを離しても1秒ぐらいの間はブレーキをかけっぱなしにしてくれる、っていう装備です。もちろんアクセルを踏むとブレーキはすぐ外れてくれるんですが。おそらく今のMT車にもたいてい装備されてるのではないかと。

    • ろくむし様

      いつもコメントいただきありがとうございます!

      スピンターン!私は広〜いスキー場の駐車場で雪の上でしかやったことはありませんが・・・ろくむし様、ジムカーナなどもやってらしたということは相当の腕ですね。地元の山道なんかはお手の物、と言った感じで楽しんでいそうで、私の妄想も膨らみます。

      私もハンドブレーキ、好きです。ただ、結構BMW乗りの方でも、「3シリーズはあのハンドブレーキが『安っぽい』」とおっしゃる方もいらっしゃいまして・・・もうなんと言っていいか・・・。

      とここで気付いたのですが、あれ?そんなモータースポーツのご経験をお持ちなのに、しかも今までの愛車遍歴を拝見していると・・・M Sportでなくてよかったんですか?いえ、余計なお世話なのですが(笑)。

      やっぱりMTでも昼ホールド機能はあるんですね。そりゃそうですよね。ATよりもむしろMTにこそ必要ですから。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください