BMW X3の新型を見て思ったこと。

BMWのX3が発表されましたね。発表前から意図的かと思えるほど完全な写真がリークされていましたが、正式発表を受けて私が思ったことをご報告します。

スポンサーリンク

新世代BMWらしいデザイン!だけど・・・

まあ、まずは写真を見ておきましょうか。

2017.6.27

BMW X3 新型を発表…3世代目は最大55kg軽量化

ドイツのBMWグループは6月26日、新型BMW『X3』を発表した。

BMWは2003年、初代X3を発表。『X5』に続いて、BMWがミドルクラスのSAV(スポーツ・アクティビティ・ビークル)として投入したのが初代X3。初代と2世代目を合わせて、累計生産台数は150万台以上と成功を収めた。新型は、3世代目モデルとして登場。

新型X3には、BMWの最新デザイン言語を導入。フロントのキドニーグリルは、縦方向に大型化された。ヘッドライトには、最新LED技術を採用。LEDテールランプは、オプションで3Dルックが選択可能。空気抵抗を示すCd値は0.29。BMWによると、エアロダイナミクス性能は、クラスをリードするという。

新型のボディサイズは、全長4708mm、全幅1891mm、全高1676mm、ホイールベース2864mm。先代に対して、ほぼ同じボディサイズを維持。ホイールベースは、50mm延ばされた。長いボンネットと非常に短いフロントオーバーハングが特徴。

インテリアは、BMWの伝統であるドライバー重視のデザイン。収納スペースは歴代X3で最も豊富に用意されており、使いやすさも追求。荷室容量は550リットル。後席は40対20対40の3分割で倒れ、後席を倒せば、最大で1600リットルに拡大する。ウインドスクリーンの改良により、静粛性が引き上げられた。

トランスミッションは8速ティプトロニック。最新世代の4WDシステム、xDriveを組み合わせる。欧州仕様のパワートレインは、ガソリンとディーゼルの複数ユニット。全モデルが前後重量配分50対50と、理想的なバランスを実現した。エンジンやサスペンションなど、アルミ素材の使用を増やすことで、先代比で最大55kgの軽量化を果たしている。

写真を拡大写真を拡大写真を拡大写真を拡大写真を拡大

すべての写真を見る(10枚)

(レスポンス 森脇稔)

いかがでしたでしょうか?非常にクリーンなデザインで、台形テールパイプでこそないものの、新しい意匠のL寺型リアコンビネーションライト、ワイドなキドニーグリルと角が丸められたヘッドライト周りのデザインなど、新世代BMWの特徴がこれでもかというくらい盛り込まれていますね。これは人気が出そうです。

オプションの3Dルックのテールライトって・・・もしや、M4 GTSで採用されていた、OLED(有機LED)ではないですよね?だってあれ、すごくお高いんですよ?もしそうだとしたら・・・早くもお値段が下がったということでしょうか?

ただ・・・顔つきがちょっと優しくなり過ぎた気がします。なんというか、文字通り丸くなったというか。もう少し目力が強い方がよかったように個人的には思います。もう少し、つり目気味というか、目尻を鋭くする感じで・・・。

SUV(BMWはSAVと言っていますが)を購入される層って、私の偏見かも知れませんが、逞しさやワイルドさを求めているのではないでしょうか?

実は私、初代X5でも少し物足りなく感じていました。現行2代目になってからヘッドライト周りの目力が増して、SUVらしい押し出しの強さになり、こんな「ちょいワル」な特別仕様車も非常にマッチする、ワイルドなクルマになりましたよね。

XシリーズBLACKOUT!X3だけでなく、X4とX5にも!

2017.01.11

X3も初代はまあまあアクの強いデザインでした。ヘッドライト周りのラインが鋭くて、その当時のBMWのラインアップにない雰囲気を醸し出していたものです。

スポンサーリンク

現行2代目は、X5と同じように目力が強まって、これまたこんな特別仕様車がお似合いでした。

BMW100周年記念車第9弾は夜の街が似合いそうなX3。

2016.06.28

X1もほぼ同じ流れかと思いますが、サイズが小さいためか、そこまでワイルドな雰囲気ではないですが、クール系ですよね。

お分かりかと思いますが、私、現行Xシリーズのデザインが好きです。もちろん、1/3/4シリーズのハンサム顔も好きですが、Xシリーズのデザインからはタフさを感じられます。

そうした流れからいうと、ちょっと今回のX3の顔立ちは私の好みからすると優しすぎる気がします。確かに非常に上品です。街乗りのクロスオーバー的な使い方をするにはぴったりでしょう。表参道あたりのオシャレな街並みでも溶け込みそうな外観ですよね。

私が好むと好まないとに関わらず、BMWの狙いは正にここにあるのではないでしょうか?

つまり、SUVからより「アク」を抜いて、ブランドイメージの向上を図っているのでは?ということです。こう思うのは、以前ご紹介したこの記事と無関係ではありません。

クーペやカブリオレの未来はどうなる?!メルセデスとBMW幹部の衝撃的な発言。

2017.05.18

確かに、私も近未来のクルマの形はクロスオーバーがメインとなっていくのではないかと思っていることは、既にご報告しました。

X2は21インチホイールで武装した武闘派。

2017.05.09

ただ、その流れが意外と早いのではないか?と危惧しているわけです。

ご存知の通り、既に日本車では正統派セダンやクーペといった車種は絶滅危惧種になっています。かつての「マークⅡ三兄弟のような車種展開の方が異常だったのかも知れませんが、それでも当時はそれだけ4ドアのセダン(というか「ハードトップ」ですが)が売れていたわけです。

その後の流れとしては、トヨタのRAV4の登場で一気にクロスオーバーSUVに火がつき、ホンダ・オデッセイの登場でミニバンに火がつき、今ではマークⅡ三兄弟に成り替わり、アル・ベル兄弟が幅を利かせています。

実は日本車のこの潮流、ドイツ車に先行していたのでしょうか?そう思うと、セダン・クーペ派の私としては少し憂鬱になります。この先、ドイツもミニバン天国化してしまうのか、と。

ボディサイズの肥大化が止まったのは朗報

ただこの新型X3で、際限なく思えたボディサイズの肥大化が止まったのは朗報です。

実は5シリーズもボディサイズは僅かに大きくなっただけでしたので、今にして思えばこれが前兆と言えなくもないのですが、ドイツメーカーもさすがに今まで理由にしていた「人間の大型化」には限界があると思ったのでしょうか(笑)?

ただ、引用記事には書いておりませんが、新世代プラットフォームであるCLARを採用しているはずなのに、重量減が50kgに過ぎないのが腑に落ちません。7や5では100kg前後削減していたのに。なんででしょう?SUVって元々重いので、かなり車重が削減されると期待していたのですが。

ですが荷室容量も550Lと十分に大きく、限られたサイズの中で最大限パッケージングを改良してきたのは嬉しいですね。

果たして「正常進化」なのか?

5シリーズの正常進化っぷりを体験しているだけに、X3はどうなのか、興味があります。

これはしょうがないと思うのですが、やはりまだSUVを作り始めて歴史が浅いBMWですので、私にはXシリーズのモデルチェンジは若干迷走気味に感じます。これは前モデルからのデザイン的な連続性という意味合いの方が強くて、走りに関していっているのではありません。

大体、SUVでcd値0.29ってすごいです。高速巡行を睨んでのことでしょうね。ということは燃費も現行モデルよりも相当アップするでしょう。

走り自体もきっと素晴らしい進化をしているのでしょうね。ホットモデルも用意されているようですし。

次期X3のMモデル、ニュルブルクリンクでテスト中!

2017.01.05

「X3 xDrive M40i」というようなモデルが登場するのだと思いますが、どうでしょう?もっと進んで「X3 M」でしょうか?まあ、実際に登場するまでの楽しみとしてとっておくことにしましょうか。

では、今回はこの辺で失礼します。ありがとうございました。

スポンサーリンク













16 件のコメント

  • 全長とホイールベースはほぼ同じ数値で次期3シリーズに引き継がれるでしょうね。
    デザイン的にはF30系あたりから始まり、現行X3にもLCIで採用されたキドニーグリルに繋がるライトデザインも見送られていますね。次期1シリーズやX1もそうなると思っていただけにちょっと驚いています。
    80年代後半から90年代前半の日本車はデザイン的には魅力的なモデルが多かった様に思います。
    RAV4やオデッセイの登場が今に続くデザインの始まりでしたね。4ドアハードトップも流行りましたね。欧州はここ数年という感じですし、当時の日本車の影響が無くは無いんじゃないでしょうか。
    ただしヨーロッパには未だに貴族がいますし、そういう方達の需要としてオーソドックスなセダンやクーペは無くならないと思います。
    彼らは伝統や血筋を守る為にひたすら保守的なイメージがあります。
    日本は善かれ悪しかれ戦後に貴族制も廃され、教育で個人主義化が進んでしまった事、流されやすい国民性の合わせ技で車のバリエーションも極端に少なくなった様に思います。
    保守と革新がより良く混ざり合っている欧州ではSUVとミニバンの寡占化は起こらないと思っています。総EV化などが起こると何か思わぬ事も起こりうるかもと思いますが…。

    • あっきろ様

      いつもコメント頂きありがとうございます!

      そうですよね。ヨーロッパの階級社会において、貴族層がいる限りは、7シリーズやSクラスといった高級セダンはなくならないでしょう。
      そしてそうした層への憧れからも、あっきろ様ご指摘の様に、SUV・ミニバン天国にはならなさそうな気はしますね。
      昔、私が小学生の頃、「クラッシャージョウ」という映画がやっていました。高千穂遙氏原作の、本格スペースオペラでしたが、私は映画化される前から小説で読んでいたんです。最近でも新刊が出ている息の長い作品ですが、映画のノベライズ小説でもBMWが出てきていまして。
      宙に浮いていますが、ちゃんとセダンでした。
      願くばこの様に、遠い未来でも伝統的なセダン/クーペを維持しつつ、新しい車種に挑戦し続ける会社であって欲しいですね。SUVクーペを生み出した様に。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

      • なんと言う奇遇でしょう。小学校高学年から高校出るまでくらいでしょうか、高千穂遙さんは大ファンでした。クラッシャージョウが映画化された時は一も二もなくチケット買いましたよ。
        映画の中でもBMWが出てました。やはり浮いてましたね。
        こんな所で高千穂遙談義が出来るとは思ってもみませんでした。

        • ホントですか!
          私は、最近でもクラッシャージョウの新作を買って読んでますよ。彼らの年齢は全然変わっていないのですが、最新作ではかなり成長していますよ。

  • いよいよ出ましたね
    サイズも限界サイズで上品な感じのまとまりでSAVの近代的な感じがします

    メーターもフルLCDですかね?内装がとても豪華にまとまっていますしリアシートがレバーで倒れるタイプになったようです
    この機能は、良いなぁ〜と思ったり
    きっと都会派(死語)な方にご贔屓になる事でしょう

    うちの後期型x3 f25 ですが道具感満載の厳つさが気に入ってます

    • Life4wonder様

      いつもコメント頂きありがとうございます!

      メーターは、どうでしょう?でも多分そうだと思いますよ。

      そうなんですよね。かなり洗練されていて・・・洗練され過ぎているんです。
      いや、私もカッコいいとは思うんです。ですが、Life4wonder様も最後に仰っている通り、タフな道具としての逞しさがちょっと希薄なんですよね。目尻を丸めるのではなく、もっと尖らせて釣り上げるだけでもだいぶ印象は違ったと思うのですが・・・。

      F25、いいですね!私もあのデザイン好きです。特に、外側の方が上下に長いあのリアコンビネーションライトがめちゃくちゃかっこいいです。目つきも鋭めですし、オシャレな中にもタフさを感じさせますよね。
      でも実は何故かX3には乗ったことがないんです!自分でも図々しいくらいにBMWの各車種に試乗してきたと思うのですが、本当に何故かわかりません。
      ですので、これから時々X3のこと、教えてくださいね。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • 新型X3の第一印象は、X1に結構似てるなぁ、と思ったのですが、
    案の定? X1のデザイナー、Calvin Luk氏がX3のデザインも手がけていたのですね。
    http://www.bmwblog.com/2017/06/27/talk-calvin-luk-new-bmw-x3s-design/
    Luk氏は1シリーズLCIのデザインも担当されていて、
    http://www.bmwblog.com/2015/03/06/bmwblog-interview-with-calvin-luk-bmw-1-series-facelift-designer/
    確かにライトの目頭の形など、この3車はよく似ています。
    先代までのX3は、BMWらしからぬ?武骨さが魅力でもありましたが、新型はとても洗練されたデザインですね。
    これは売れそうな気がします。
    今後もSUVの台数は増えていくと思いますが、どのメーカーもみんながみんな逞しさを追求したら、
    何だか街の風景が殺伐としそうな気もするんです(笑)。だからBMWはそこから抜け出す(差別化する)ために
    デザイナー諸氏がいつも言っている「エレガントさ」をSAVにも付加しようとしているのではないでしょうか?

    • ジャンキーオーヤマ様

      いつもコメント頂きありがとうございます!

      なるほど、デザイナーさんが同じなんですね。確かにX1と似た顔つきですね。

      いや、それにしてもデザイナーさんの件といい、BMWの戦略といい、鋭いご指摘です。
      確かに、街中を大柄なSUVが闊歩すると、TPOという点ではちょっと・・・と思いますよね。確かにBMWは、「洗練」を自ブランドに付与してブランド力の向上を図っていると思います。これはユーザーにとっても、中古として売るときにある程度のメリットが見込めるので、いいことですよね。

      いや、カッコいいんですよ。間違いなく売れると思います。ですが、もう少しタフさが欲しかったかな?!という気持ちがあるんですよね。
      こんなことを言いつつ、実物を前にしたら「すげー、かっこええー」って舞い上がってしまうんでしょうけど(笑)。
      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • 「X1に似ているなぁ」というのが私の新型X3の第一印象だったのですが、
    案の定? X1のデザイナー、Calvin Luk氏がX3のデザインも手がけていたのですね。
    Luk氏は1シリーズLCIのデザインも担当されていて、確かにこの3車は、
    ライトの目頭辺りのデザインがよく似ていますね。

  • X3カッコイイですね!価格も相当高いでしょう!3シリーズはすでに、手の届かない高額な車の部類になりました。3000ディーゼルターボがあれば魅力的です。現実は、3シリーズと同じ2000ディーゼルターボエンジンでしょう。今、SUVは売れに売れています。X3も売れるのでしょう!軽量化したpontaさんと軽量化したX3、ピッタリお似合いではないでしょうか?

    • bmwpopo様

      いつもコメント頂きありがとうございます!

      そう、カッコいいですけど、高そうですよね。3Lディーゼルは魅力ですけど、お値段も凄いことになりそうです。

      SUVが今は自動車メーカーの命運を分ける様になっていますよね。このSUVを軸とした成功神話は、初代のポルシェ・カイエンが発祥だと思いますが、今やマセラーティ・ジャガー・ベントレーまでがSUVをラインアップしてますし、この後さらにアルファロメオやランボルギーニまで参戦してきますからね。かなりの激戦区ですね。
      うっ・・・最後の最後に痛い所を突いてきますね。最近ちょっとサボり気味なので、また気合いを入れて軽量化に励みます!

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • 素直にカッコいい。
    しかし、ベンツのGLCもいい。
    ある雑誌の記事では、3000のディーゼルエンジンもあるみたいな事を書いてあり、日本に来るのかわかりませんが楽しみでもあります。
    ここで、インポーターのセンスの見せどころですが
    果たして?
    ところで、X3はスタンダードでも英国価格760万円からだそうです。
    5シリーズとどっこいどっこいの価格、金持ちのあなたなら5シリーズ、X3シリーズ、どっち?
    最後は、NTV「どっちの料理ショー」のくだりをマネてみました。

    • 蜜柑山 三郎様

      いつもコメント頂きありがとうございます!

      3Lディーゼルは、日本でも結構需要があると思います。X5試乗で試した、あの感触は今でも忘れていません。あの上質感たっぷりのディーゼルがX3に乗ったとしたら、それはそれは大人気になりそうではありますが、やはり価格がネックになりそうですよね。

      その価格!スタンダードで760万円?!そんなの買えませんよね。随分高くなったものですね。これから新型X3を街中で見たら、「うわーお金持ちだなー」と思うことにします。

      うーん、最後の質問は結構難問ですね。5シリーズはサイズが大きいですか、それを言うならX3だって幅は広いですし・・・今までの私の好みとは矛盾するようですが、私は同価格帯ならX3にすると思います。最新が最善ですからね。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

      • bmwpopo様

        いつもコメント頂きありがとうございます!

        残念ながらどちらでもないです(笑)。ただ、もし万が一罷り間違って宝くじでも当たったとしたら、X3はアリですね。その時はM40iいってみたいです。

        では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください