BMWのiDriveはiPhone/iPadの音楽を聞く時は本当に便利。難点は文字入力の手間だけ?

何回か当ブログでも取り上げているオーディオ問題。スピーカーがしょぼいとかなんとか言っていますが、今回はようやくiPadに今まで貯めた音楽ファイルを同期して、クルマの中で聞いてみました。

スポンサーリンク

なんと今までiPadに音楽を同期していなかったという怠慢ぶり

全然クルマの中で音楽を聴いていなかったのですが、以前Amazon Musicでストリーミングで聴いてみたら、タイヤ交換で静かになったおかげもあって中々聞けるレベルまでになっていることは確認しました。

が、「最近の」Apple歴が短かった私(初めてのパソコンとノートパソコンはMacだったのですが長らく遠ざかっていた)は、Apple Musicに一時期うつつを抜かしていたこともあり、音楽ファイルをiPad mini4にきちんと同期するまで至っていなかったという怠慢ぶりです。いや、色々と考えてはいたんですよ。「ちゃんとプレイリストも作ってから同期しよう」とか、「プレイリストだけ同期してできるだけ圧縮しないで聴きたいな」とか。なんせ、元々軽い気持ちで乗り換えたiPad mini4でしたので、容量は最小の16GBしかありませんし、そこにカーナビタイムまでいれてしまっているので結構ギリギリなんです。

ですが、今の今までiPad mini4に音楽を同期しなかったことから、さすがに私も学びました。

「このままじゃあいつまでたっても音楽が聞けないな、うん。」

実はiPhoneには同期していたんですよ。iPad mini4で学んだので、容量に余裕のある128GBモデルにしましたから、何も考えずに全曲を同期したんです。

で、どのくらい容量を使っているかをみてみると・・・なんとたったの3.7GB。フォーマットはすべてAAC 256kbpsまで圧縮しています。元のファイルはFLACとかで容量が大きいのですが、さすがにそのままでは入らないだろうと思って、iPhoneに同期する時にiTunesのオプションで、自動で256kbpsまで圧縮するように設定していたんですね。

と、そこでiPad mini4の残り容量を確認すると・・・余裕です。なんで今ままで二の足を踏んでいたのか、理由が見つからなくなるほど余裕です。ここにプレイリストなどを加えていくとどんどん容量が圧迫されていくのでしょうが、そんなことを言っていたらまたも始まらなくなってしまうので、ええい、ままよ!とばかりにコレクションの全曲をiPad mini4に流し込みました。簡単です。Macbookとケーブルで繋いで「同期」ボタンを押すだけ。10分もせず同期は完了しました。

じゃあ、早速聴いてみよう!

というわけで、ドライブ!・・・と行きたいところですが、今日は息子は習い事があります。ですので、その間に買い出しに行くわずかな間で聴いてみることにしました。時間位して往復で30分〜40分ほどですかね。

いつになく週末の買い出しに行く気満々な私をみて家内は不審そうです。ですが、「iPad mini4にも音楽入れたんだ〜」というと、呆れたような合点がいったような顔をしていましたが、気にしないことにします。

出発前から音楽をスタートしましたが、相変わらず音がショボいです。特に前席は。後席では意外といい音で鳴っているんですよね。前席の音は、私の好みからいうと低音が効きすぎです。シートの下にウーファーがあるのでさもありなんですが、メルセデスのCクラスもアウディも低音が強めでした。ドイツの方は低音強めが好きなんでしょうか?まあ、確かに日本でも低音が強い=いい音、みたいな図式がありますが、そうすると中高音は体温に埋もれていってしまうのがBMWの標準オーディオのスピーカーですので、まずはサウンド設定で低音を2段階下げ、高音を3段階ほどあげてやります。

そして聴いてみると・・・うん、停止して周りが静かな状態ですと中々聞けるようになりますね。圧縮音源とはいえ、私のiPad mini4はカーナビタイムの音声ガイダンスの遅延を防ぐためにセンターコンソールのUSBに直繋ぎしているので、それが聴いているのでしょう。

そして、iPad mini4の方のイコライザーを色々といじってみましたが・・・会内の意見も聴いてみると、どうやら「Rock」に設定するのが一番聞こえやすいです。一般的な音楽再生アプリでイコライザーがプリセットされているものでは必ず「Rock」というメニューはあるようですが、たいていの場合、低音と高音を持ち上げています。これが聞き安いということは、高音をBMW側で3段階もあげたのにまだ足りなかったということでしょうし、低音はスピーカーが締まりのない低音を出すので下げましたが、ちょっと下げすぎた、ということなのでしょう。じゃあ、元に戻して、イコライザーで「Treble Booster」、つまり高音域だけ思いっきり持ち上げる設定にしても効きづらいとはこれいかに(泣)。理屈ではこれでいいはずなのに、全体的な音のバランスが崩れて却って聞きづらいという・・・というわけで、結局元の設定の戻して聞くことにしました。

走行中でも意外と聞きやすいかも。

ご高承の通り、BMWの標準オーディオでは、「オートボリューム」という機能が付いています。どういう機能かというと、音楽などを聴いている場合に、走行速度が上がってロードノイズなどが大きくなると自動的にボリュームをあげる機能です。このオートボリュームの音量の上げ方もiDriveメニューのサウンド設定からできますが、ここはPrimacy3にタイヤを交換して静粛性が上がったことを勘案して、標準のままにしておきました。以前は標準よりも2段階くらいあげていたんですよ。

スポンサーリンク

そして、制限速度60km/hの幹線道路を流れに沿って走ると・・・効いています、オートボリューム。ちゃんと音量を上げてくれるのでちゃんと聞こえますね。ですが、やっぱり音量を上げただけでは、ロードノイズに中高音が埋もれてしまいますね。これはなんともし難いです。やはり根本的に解決するにはスピーカー交換しかないのでしょうね。

ですが、ちゃんと音楽は楽しめます。まあ、今回はこの辺で満足、というところでしょうか。

「ヘッドフォンで聞けばいいのでは?」→ありえません。

最近、bluetoothヘッドフォンの性能もかなりよくなり、そんなに高いヘッドフォンやイヤフォンを使わなくてもかなり良い音で聞けます。ちょっと考えると、耳に直にヘッドフォンをさして聞くのですからよく聞こえますし、ノイズに邪魔されることもない、しかもクルマのスピーカーよりははるかに良い音がでる、といいことずくめに見えますよね。

こうした事情からか、東京都内を走っているとよくヘッドフォンをして走っている車を見かけます。まあ、ハンズフリー通話のためかもしれませんが、これは私としては絶対にやめたほうがいいと思います。

というのは、「外部からの音」って、運転する上で非常に重要な情報だと思うんです。緊急自動車のサイレンの音、周囲の車からの警告のクラクション、ロードノイズから察する路面の状態などなど。それをあえてヘッドフォンをすることで遮断してまで音楽の楽しみを追い求めたいとは思わないんですよね。実際、最近あったことで、見通しの悪い路地で、私が直進しているのに左の脇道から一時停止を無視していきなり私の方に向かって右折してきた車がありました。出てくる前に私は軽くクラクションを鳴らしたのですが、全くひるむ気配もなく突進してきたのでびっくりしましたが、ドライバーをみると両耳から白いコードが。そりゃあ聞こえないでしょうね、あんな軽いクラクションじゃあ、と呆れました。

ハンズフリー通話ようでしたら、クルマを運転する時には片耳用のオーソドックスなイヤフォンをすることをお勧めします。個人的には、私も以前使用していた、Plantoronicsのものが音質も良く、相手の声が聞き取りやすくていいですよ。

こんな感じのものです。

まあ、しばらくはこれで行ってみますか。

以前はApple musicでライブラリを共有して効いていたのですが、結局はストリーミングだったので、今回の方が音源自体は少しはよくなっています。一番いいのは、やっぱりiDriveのダイヤルで簡単に選曲ができることですね。完全にAppleのプレーヤーと同じ階層が再現されていますので、探しやすいです。実際、今日もプレイリストがまだないので曲を飛ばしたり、途中で他のアーティストの曲にスイッチしながら走っていたのですが、信号待ちの間で簡単にできますし、1曲飛ばすくらいでしたらステアリングのリモコンでできるのが大きいですね。

ただ、不便なのは、iPad mini4の側でプレーヤーを立ち上げていないと、音楽を止めたい時に止められないことです。もっというと、iPad mini4の方でプレーヤーが立ち上っていなくても音楽はなります。が、この時はどうやってコントロールすればいいのかよくわからないんですよ。いえ、選曲や曲飛ばしなどは普通にできるのですが、一番肝心の停止ができないんです。

要するに、iPad mini4をストレージとして認識してしまって、iDrive自体がiPodのような動きをする、ただしNON STOP MUSIC!という非常にノリの良いことになってしまいます(笑)。しかも、プレーヤーが立ち上がっている・いないに関わらず、次にまた接続sた場合にはNON STOP MUSIC!が復活して必ず音楽がかかるという・・・実はこの機能?のおかげで、今まではiPad mini4からは全て音楽を消していたのに、なぜかWhitesnakeの「Still of the night」のイントロが流れてきて、プレーヤーで停止する、という操作をしていたんですよね(笑)。

私が知らないだけなのかもしれませんが、なぜiDriveの方で停止できないのか、ここの部分は本当に謎仕様です。これもプログラムアップデートでなんとかしてくれないのでしょうか?やっぱり停止できた方がいいと思いますし、もっと言えばデフォルトで音楽をなるようにして欲しくもありません。この部分の仕様を決めた方は、相当の音楽好きだったのでしょうか?

では、今回はこの辺で失礼します。ありがとうございました。

スポンサーリンク













13 件のコメント

  • pontaさん、こんにちは。225xeのTommyです。私はオーディオに詳しくはないですが、少し調べると、純正のidriveアンプとスピーカー自体がいまいちというのは他の欧州車も同様ですが、特にBMWならではの弱点は、(1)ピラーにツィーターが付いていない車種が多いことと、(2)シート下のスピーカーが低音だけを担当せず全域を鳴らしてしまうため、どうしてもモアモアした感じになってしまうことのようです。逆に強みはドアスピーカーの位置が高く耳に近いことでしょうか。
    このため、ドアスピーカー交換だけでは十分な効果が発揮できず、シート下スピーカーの担当域を変えたり、切ってしまうことで初めて満足することができたという体験談もありました。
    自分はFlacで貯めたファイルをUSBに入れて聴いていますが、ディスプレイにアルバムアートが表示されるのがちょっと嬉しかったりします。アイドリングストップと電気走行のメリットの一つは音楽視聴だと思いますので、音漏れに注意しつつ、楽しみたいと思います。

    • Tommy様

      いつもコメント頂きありがとうございます!

      カーナビの時代遅れぶりと音楽視聴環境の悪さは輸入車オーナー共通の悩みですね(笑)。

      Tommy様ご指摘の通り、シート下のウーファーがタイトな低音を奏でないのは、実は低音だけでなく全域の音を担っているからですよね。だったらドアスピーカーからもっと中高音を出せばいいのに・・・と素人考えでは思ってしまいますが、そういうことでは解決しないということですね。やはり、Hartman Kardonでないと満足できないのでしょうか?SONIC DESIGNも相当いい音がして音漏れもそんなにしていなかったので、これいい!と思ったのですが、何かチューニングして音場を最適化していたのかもしれませんね。

      確かに、1番いい視聴環境って「他のノイズがないこと」が1番ですね。EV走行できる225xeはその辺有利で羨ましいです。BMWも、キャディラックとかで採用しているBOSEのノイズキャンセリング付きサラウンドシステムでも採用すればいいのに・・・。ドイツ車でも採用していましたよね。アウディでしたっけ?

      そうそう、音漏れにはご注意です。恐らく、私は周り中に聞いている音楽を大発表しながら走っていたと思います(笑)。だって大きくしないとよく聞こえないんですもん(泣)。

      アルバムアート表示はいいですよね。あれ、私が前に乗っていたF30の320iではでませんでした。iDriveがNBTになって出るようになったんですよね。Gracenoteのデータベースから引っ張って来ているらしいのですが、どのようにしてアップデートしているんでしょう?前にUSBでシステムアップデートすることで更新されるという情報をどこかで見たような気がするのですが、全くそんな事をしていない私のものでも新しい曲のアルバムアートが表示されるので、もしかしたらConnectedDriveの為に内蔵されているSIMカードを使ってダウンロードしているのかも・・・と思ったりしています。もっとも、オジサンの常で「新しい」と思っている曲が実は新しくないだけかもしれませんが(笑)。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

      • 例えば、FOCALのBMW専用キットですと、ドアスピーカーとシート下の低音が被らないようにするためのコンデンサーがついているそうですね。ソニックデザインをはじめ、他社のBMW専用キットも同様の工夫がされているのかもしれません。ただ、詳細な情報はメーカーかオーディオ屋さんでないと得られなさそうです。違う手法としては、車種専用設定ができるプロセッサーアンプをiDriveとスピーカーの間にいれて、デジタル処理で最適な配分を行うことがありますね。今回自分は、BMW専用且つ最もお安い、MATCHというプロセッサーアンプを設置してみた次第です。これでどれだけ効果的なのかわかりませんが、とりあえず自分が満足できているのでいいかなと。こういうオーディオの世界は突き詰めればきりがないのだと思いますが、各人がやり切った感を得られればいいのかなという気がします。
        pontaさんがご存知の情報ばかりだと思います。失礼いたしました。

        • Tommy様

          いつもコメント頂きありがとうございます!

          いえいえ、とんでもない!私の知らないことばかりですよ。色々とお教え頂いてありがとうございます。

          オーディオの世界って、おっしゃる通り「わからない」世界らしいです。凄まじい値段がするスピーカーがあっても素人が聞くと全くいい音だと思わなかったりするらしいですし、こだわる方はケーブルにまでこだわりますからね。

          クルマの中って、視聴環境としては悪い部類に入ると思います。各オーディオメーカーもクルマごとと特性を突き詰めていますが、最終的な問題は、人によって耳の聞こえ方が違うということと、好みの問題ですよね。

          スマホのイコライザーアプリであるのが、最初の設定で耳の聞こえ方をテストしてから「フラット」な音場を作り出してから好みに合わせて行く、というものです。これなら良さそうですけど、結局はそれを表現できるスピーカーが必要なわけで。

          中々難しいですよね、カーオディオって。ただ、私はbeatsのヘッドホンが好きなので、そのうちVWポロの特別仕様の様に、BMWでもbeatsのスピーカーがオプションとかにならないかなぁ・・・と夢想しています。

          また、カーオディオ談義お聞かせくださいね。

          では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • 台湾で契約していたiPad mini2を先日の出張時に解約してきたので、格安SIMを契約予定です。
    iPhoneは軽くする為に音楽は入れていません。専らiPadの方に放り込んでいます。
    なので、音楽聴くのにiPadは必須ですが、日本では持ち出すと通信遮断されていたので、ストリームにはiPhoneをとややこしい事になっていたのがすっきりしそうです。
    BMWはフロントスピーカーを頑なに10cmとしています。それも音質に難ありな点の一要因だと思います。一般的な16cmにするともっといい感じになるんでしょうけどね。
    大した重量差ではないと思いますが、謎の一つです。

    • あっきろ様

      いつもコメント頂きありがとうございます!

      おお!iPad miniでの視聴とは、私と環境が同じですね!でも、あっきろ様のはHarmanのオーディオシステムですので、私のショボい標準オーディオとは一番重要な点で雲泥の差がありますが・・・。

      BMWって、標準のスピーカー径が10cmしかないので、一般的なトレードインのスピーカーがスペースの関係上つかなくて、選択肢が限られるんですよね。オーディオユニットがDIN規格でないのは他の輸入車もですが、こういう所はせめてVWを見習ってローカライズして欲しいものです。もっとも、BMWのメインユニットはiDriveの一部ですし、DIN規格のオーディオユニットを入れてもシステムに繋げておかないと、点検などでシステムに繋いだ時にエラーが出るそうで・・・厄介ですよね。私はこれを聞いて、オーディオユニット自体の交換を選択肢から消してしまいました。

      あっきろ様のHarmanでお気に入りの音楽を聞いてみたいです(笑)。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • iphoneからBluetoothで、ぜんぜん問題ありませ~ん!音質も至って普通^^快適です。
    1人運転の場合は、車内に音楽がないのは、考えられませんが、同乗者がいると、小さいボリュームになりますから、音質以前で、聞こえないので、何でもOKです。笑

    • bmwpopo様

      いつもコメント頂きありがとうございます!

      さすが日本車ですね。対応が早い!iPhoneで音がいいということは、もしかして、bluetoothのコーデックはAAC対応なのでしょうか?

      BMWもあそこまでアップル製品との親和性を高めているのであれば、AACくらいは対応して欲しかったですね。そう新しいコーデックでもないので、十分可能だったかと思いますが・・・。

      確かに、同乗者がいると会話がメインになるのであんまり音楽は必要ないんですよね。ということは、走りのBMWと雖も、一人でストイックに走ることは考慮されていない?!

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • 普段、私もiPhoneから、ブルートゥース経由で音楽を聴きながら運転していますが、運転席の肘掛けの中にUSBがありますので、携帯のiPhoneをUSB経由で音楽を鳴らすほうが音がいい感じになります。ただ、中低音が大きくなり音がハッキリ聞こえる程度ですが…。因みにiPhoneは、ライン、ツィッター、フェイスブック等無縁であり静かなものにしています。

    • 蜜柑山 三郎様

      いつもコメント頂きありがとうございます!

      このコメントを頂いて、逆転の発想にたどり着きました。
      「そうか!低音が強すぎるから、実は私はbluetoothで接続すればいい感じで聞こえるかもしれない!」
      どうしてもいい音を求めると「有線」を優先(?!)してしまいますが、もしかしたらbluetooth接続で音が「痩せる」のを見込んでの低音の強さかも知れませんしね。

      まあ、ただその場合は今度はカーナビタイムの音声案内の遅延に悩まされそうですが・・・。
      アップルと親和性が高いBMWならbluetoothのコーデックも、AACくらいは対応していて欲しいものですけどね。でも、正直、望み薄ですよね(笑)。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • オーディオボリュームつまみPushで、音楽のスタートストップできませんか?

    • 通りすがり様

      初めまして!当ブログにお越し頂きありがとうございます!また、今回はコメントも頂けて大変嬉しいです!

      そうか!そうですよね!なんで気付かなかったのでしょう?場合によっては一番簡単ですよね。

      ただ、そうすると私の今の接続方法ですとカーナビタイムの音声案内も聞こえなくなってしまうという、トレードオフの問題が出て来てしまいます。

      結局はiPadのプレーヤーでコントロールするしかないのでしょうね。iDeiveのコントローラーをクリクリ回したりして止めることができれば一番いいのですが・・・。

      また、お気軽になんでもコメントください。またのコメント楽しみにお待ちしております!

      • あっ失礼しました!勘違いです!つまみをアップですね。つまんで引っ張るんですね。
        今度試してみます!そんな機能があったとは!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください