i3の10日間モニター!11月末まで受け付けています。

当ブログでも何回もご紹介していますが、私はBMWジャパンの「プレゼント」ですとか「モニター」によく応募します。当たった試しはないのですが、懲りずに応募してみました。その理由とは・・・。

スポンサーリンク

i3を「実用」に使ってみたい!

以前当ブログで、代車でi3をお借りした時のことをお話ししました。
この時は、実用に使え「そう」と思ったのですが、ついぞ使う機会もなく返却しました。まあ、それはそうですね。たった一泊ですから。

i3の実用性〜超有能なシティコミューター

2016.09.15

ですがこのモニターは違います。「最高」10日間と書いてあるので必ずしも10日間お借りできるわけではないでしょうが、週末を挟めば何とか実用性を評価できるはずです。

週末の買い出しでも不便はないのか、我が家のお出かけでも充分使えるのかなど、色々なことがわかりそうな気がしますし、何よりその間「近未来体験」を出来そうなのがいいですよね。

充電は「ChargeNow!」であちこちでできる・・・はず。

やはりネックになるのは充電環境の確保です。さすがにこのモニターのためだけに、我が家に200vの充電設備設置工事をする気はありません。

が、以前i3をお借りした時にわかったのが、実はそこまで気にするほどでもなさそうだ、と言うことです。

i3は十分な航続距離を持っているのか?カタログ通り120kmも走れる?

2016.09.15

i3の純正カーナビには充電スポットが入っていますし、実際、私が充電しに行ったコンビニの駐車場の充電施設も、1台分しかないにも関わらず空いていました。

食事時の高速道路のSAではさすがにそう簡単にはいかないでしょうけど、まだ日本ではPHVが主流であることが、この様に意外と充電設備が空いている理由だと思います。これは想像ですが、PHVにお乗りの方って、ご自宅ではがっつり充電されるかもしれませんが、出先ではわざわざ時間を取って充電することってあまりなさらないんじゃないでしょうか?むしろ、そこまでマメに充電せずとも走行し続けられるのがPHVのメリットですもんね。

スポンサーリンク

そういえば、当ブログ自慢のコメンテーター陣にも330eにお乗りの方がいらっしゃいますが、出先で充電された話は出てきません。「まだ」出てきてないだけで実際にはやってらっしゃるかもしれませんけど。

応募期間は11月末まで!

応募期間が終わった後一斉に、と言うのではなく、どうやら一定期間毎に当選者が出て、4月から順次開始するようです。

ということは・・・台数は限られるでしょうけど結構な数の当選者が出そうですね。

ということは・・・くじ運悪過ぎの私でも当たる余地があるかも?!

そうです。こう思ったのが応募した第二の理由です(笑)。

当ブログで数々のBMWのキャンペーンに応募したことをご紹介しましたが、続報がないじゃないか!とお思いだった方、いらっしゃるかもしれません。

続報がなくて当然です。自慢じゃありませんが、一度も当選したことがないんですから(泣)。

だって、読者様の何人かが「当選して行ってきました!」と教えてくださった、新型5シリーズのデビューイベントのチケットですら外れたんですよ!?私のくじ運の悪さは折り紙付きです。

あ、ということは今回も・・・いやいや、応募したからにはあくまで当選を楽しみに待ちます。弱気は禁物ですね。

応募ページはこちらです。

BMW i3 & ChargeNow! 最大10日間試乗モニター・プログラム

もし読者様の方で応募されて当たった方がいらっしゃったらぜひ当ブログのコメント欄でレポをお寄せください!

では、今回はこの辺で失礼します。ありがとうございました。

スポンサーリンク













13 件のコメント

  • 応募する時に渾身の思いを込めてポチっとしたり投函したり、その後は応募した事も覚えていないくらいすっぱり忘れるといい様ですよ。
    私の数少ない当選経験からすると、忘れてた時に不意に宅配などで当たったものが送られてきたりする気がします。
    あれどうなったかなと思い浮かべてる時は外れてますね(笑)
    i3、乗ってみたいですね。応募サイトに行ってきます。

    • あっきろ様

      いつもコメントいただきありがとうございます!

      アドバイスありがとうございます。なるほど、あまり執着してもいけないんですね。肝に命じておきます。

      では、またのコメント、楽しみにお待ちしております!

  • pontaさん
    i3モニター、当選されることを祈っています。確かに、あっきろさんが仰るように、応募したことをすっぱり忘れると良いかもしれませんね。「果報は寝て待て」です。自慢じゃないですが、私も、めちゃくちゃ、くじ運がありません。なので、応募しても、すぐに、応募したことを忘れてしまっています。「新型5シリーズのデビューイベント」当選も、連絡が来るまで忘れてました。また、一ヶ月ほど前に、我が家にF30が送付されてきたのですが、これ、何のキャンペーンだったか、今もって思い出せません(^,^)。大丈夫です、これまでの落選を一気に挽回するような当選が待っていると思います!!

    • irmscher様

      いつもコメントいただきありがとうございます!

      なんと、元気のつくお言葉をいただきありがとうございます!そろそろ1回くらい当たってくれてもいいと思うんですよねー。

      >「果報は寝て待て」です。
      あっきろ様にも同様のアドバイスをいただきました。昔の人の知恵が詰まった言葉ですもんね。素直にすっぱりと前を向きます!

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • カミさんの実家で以前、i3をモニターで借りた事がありました。一週間くらいですかね。
    応募で当たったのかディーラーのキャンペーンかわかりませんが(笑)
    残念ながら試乗出来なかったので、今思えば乗っておけば良かったなと後悔してます。
    カミさん実家はリーフ持で充電スタンドがある為、比較的長期でも持てるメリットがあったんでその辺も当たりやすい条件なのかなと思います。推測ですけど。
    個人的鑑賞は、ハイボール350mlがワンケース(24本)当たったのが一番助かりました(笑)
    夏の暑い時期だったからなおさらでしたよ(^_^)

    • 寒梅様

      いつもコメントいただきありがとうございます!

      それ、間違いなくキャンペーンじゃないですか?(笑)。いやー、それにしても絶好の機会を逃されましたね。そこまで充電環境も整っているのに。私でしたら用もないのに乗り回しているところですよ(笑)。

      >ハイボール350mlがワンケース(24本)当たったのが一番助かりました(笑)夏の暑い時期だったからなおさらでしたよ(^_^)
      あ、これは嬉しいですね(笑)。確かに、クルマとハイボール、両方同時には楽しめませんが、実利という観点ではハイボールの方が断然上ですね(笑)。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • こんにちは。なんだか呼ばれたような気がしたのでやってきました(笑)
    ワタシは330eの充電はほとんどが自宅の200Vコンセントで行っていますが、もちろんBMWディーラーさんに行ったときには通常のお客さん用駐車スペースではなく、最近は整備工場脇に設置されている充電スタンドの前に愛車を駐めてすかさず充電しております(^_^;)

    330eを購入したときに1年間有効なChargeNow!のカードをもらったので、出先でも充電しないともったいない!と思ったりもするので、出先で充電できるかな? と今でもいろいろと調べたりしています。

    今回はせっかくですので現役のPHEVオーナーの出先での充電に関するTIPSなんかをまとめてみたいと思います(またまた長くなりそうですがご容赦ください。。)

    あ、まずワタシの経験は居住地であるイナカ徳島での状況ですので、東京などの大都会とはまた環境が違っていることが予想されますのでその点はご容赦くださいね(汗)

    330eに限らず輸入車のPHEVって、なぜだか急速充電ポートが付いていないんですよね。(i3などEVは付いてますが)この理由は規格の問題だとかいろいろあるのかもしれませんが・・ワタシも当初は「急速充電できないってのはマイナスポイントだよな〜」って思ってたのですが・・pontaさんも以前のi3に関するblogで記述されてましたが、出先での有料の急速充電ってかなり高額なんですよね(汗)なので無料で充電できるところ以外ではちょっと使う気がしないかも(^_^;) ChargeNow!のカードを使っても、たしか急速充電だとお金がかかったような・・・その点、普通充電は無料なので助かります(^^)

    いっとき、某国産車であるクロカン四駆のPHEV車の傍若無人な充電スタンドの利用が問題視された時期がありました。まだ充電スタンドが少ない状況の中で、高速道路などの充電スタンドをPHEV車が占領して充電が終了してもドライバーが戻らず、その次に待っているEV車が充電できない、といった声があちこちで挙がっていたんだそうです(^_^;)
    あるいは夜中に日産のディーラーに忍び込んで無料で使える充電スタンドを使って充電をしたり・・・ガソリンでも走れるPHEV車が充電しないと走れないEV車に何の遠慮もなしに充電スタンドを独占している、っていうことが問題視され、なんとなくPHEV車の肩身が狭いといった状況があった時期がありました。(今でもそういう雰囲気はあるのかも。なのでトヨタではプラグインプリウスの充電ケーブルにEV車への配慮のコメントを書いたプレートを付属させたりしています)

    そんな事情をあらかじめ知っていたので、ワタシも出先ではたぶん充電をすることってないのかも、と思ってたんです。
    でも・・・(これは徳島という地域的な理由もあると思いますが・・)昨年末に330eに乗り始めてからナビのマップに表示される充電スタンドの近くを通りがかったときなどにスタンドを見てみても、充電スタンドでEV車やPHEV車が充電をしている風景にほとんど出くわしたことがないんですよね(爆)
    つまり、徳島ではいつでも充電スタンドはガラガラなんです(^_^;)
    なので、ワタシもうまく自分の出かける先に充電スタンドがあったときにはけっこう積極的に利用するようになりました(^^) 。。。といってもまだ利用したのは両手の指で余るぐらいなんですけどね。

    町中の充電スタンドには大きく2種類あります。 「普通充電」と「急速充電」ですね。普通充電のスタンドは「EV CHARGE」と書かれていて、急速充電のほうは「EV QUICK」と書かれています。
    そして、いまどんどんと増えていってるのは実は「QUICK」のほう、つまり急速充電のスタンドなんですよね(^_^;) はい、330eでは利用できないほうです(苦笑)

    まぁこれからEV車が増えてくると、やはり必要になってくるのは急速充電のほうでしょうしね。なのでこれまで普通充電のスタンドが設置されていた日産や三菱のディーラーさんでも新たに設備を急速充電のものに入れ替えているところもあります(徳島でもそういうディーラーさんがけっこう増えてます)

    なので、意外と330eで使える普通充電のスタンドで少ないのが現状です(涙) 高速道路や道の駅、あるいはコンビニの駐車場に設置されているのはほぼ100%急速充電のほうなのです。。

    どちらかというとEVの普及が始まった少し前の頃、おそらくは国などからの補助金を使って設置されたと思われるホテルなどの充電設備は普通充電のものが多いです。
    あと、PHEVに乗り始めてから分かってきたのですが、大きなショッピングモールのチェーンだとかニトリなどの大型チェーン店などには駐車場に必ず普通充電のスタンドを設置しているところがあります。
    こういうところはやはりPHEV乗りとしては行き先に複数の選択肢があるような場合は優先してこういう場所を選んじゃいますよね。
    で、たいして用事が無くても充電している間の時間つぶしにウインドウショッピングをしたりしてつい何か買ってしまったり、あるいは待ち時間にコーヒー飲んでみたり・・・そういう意味では客引きのツールとしてはある程度役には立っているのかも、ですね。元はおそらく取れないでしょうけど・・・(苦笑)

    ただこれも、これからPHEVやEVの台数が増えてきたら状況が変わってくるかもしれませんが、とりあえず徳島ではまず充電している先客に出会うことがないのでけっこうのんびりと充電できてます。
    ChargeNow!のサイトやスマホアプリなどでは、充電設備の位置がマップで検索できるだけでなく、使用状況なんかも分かるので、あらかじめ空いていることを確認してから向かうようにしていますが・・まぁ使用中のマークが出ていることってまずないですね(苦笑) 急速充電のほうはたまに使用中というステータス表示になっているのも見ますし、実際に道の駅や日産のディーラーさんなんかで充電をしているリーフやテスラモデルSを見たことはあります(どちらもピュアEVですね)
    実際には国内でイチバン台数が出ていると思われる某国産PHEVのクロカン四駆ですが、ワタシ自身はこのクロカン四駆PHEVが充電スタンドで充電しているのは見たことないです(ちなみにこのクロカン四駆PHEVは急速充電ポートも付いてますね)
    トヨタがプラグインプリウスを発売したので、これからはPHEVを巡る充電環境も大きく変わるんだろうな〜って思ってたのですが、充電プリウスはお値段が高いのであんまり売れてないみたいですね(苦笑)実際にまだ路上で見たことって一度しかないです。

    そんなわけで、お出かけの目的地に充電設備があるときにはなるべく使うようにしているワタシですが(今のところ徳島ではEV乗りの皆さんの迷惑になるような状況ではなさそうなので)、この充電設備を出先で使うことに対する意外なメリットがひとつあることに気がつきました。

    それは「充電用駐車レーンはEVもしくはPHEV専用」だということ。前述のようにワタシは駐車スペースに充電スタンドのある、とある大型ショッピングモールに時折出かけるのですが、このショッピングモールは休日ともなるとけっこうな人手で賑わいます。当然ですが駐車場は時間帯によってはなかなかクルマが駐められないぐらいの満車状態にあることもしばしばなのですが・・・このショッピングモールの充電専用レーンはEVやPHEVのためにいつもコーンが設置されており、一般のクルマが駐車できないようになってるんです。で、近くには常に駐車場の監視員さんが立っております(もちろん充電レーン専門、というわけではなく、駐車場全体を監視しているのだと思いますが)。
    もう申し上げている意味がおわかりいただけたかと思いますが・・そうなんです、駐車場が混雑して満車状態でも、こういった管理のしっかりとした駐車場では充電レーンはつねに空車なのです(爆) なので、駐車場待ちをすることなくさくっと駐車することができる、というわけなのです。
    たまに充電レーンのコーンを自分でどけていると監視員さんが寄ってきて「このクルマは電気自動車なのですか?」といぶかしげに訪ねてくることもあります(^_^;) へぇビーエムにこんな電気自動車があるんですね〜 って感心されることもありますよ(笑) まぁ電気自動車、というかハイブリッドなんですけどね(苦笑)

    駐車場待ちをせずにさくっと駐車できる上に充電までできるのでかなり便利です(^^)

    ちなみにカラカラの状態で充電をすると、330eはフル充電まで3時間ぐらいかかります。3時間充電して今の季節でだいたい25キロぐらいの航続距離なのですが・・・では1時間の充電だと8キロぐらいしか走れない? と思ったらちょっと違うんです。
    バッテリーの充電はカラの状態から8割ぐらいまでの間はけっこう速くて、そこから徐々に充電スピードを落としてバッテリーを保護しつつ充電する、というようになっているので、だいたい1時間ぐらい充電すると6割ぐらいは充電できちゃうんです。
    なので、ショッピングモールで用事を済ませたり、あるいはウインドウショッピングして缶コーヒー飲んでトイレでも行って、なんてしてるとその間に20キロ分ぐらいの充電ができます(^^)

    なので混んでいるときに駐車場の確保のために充電レーンに入る、っていうような使い方もできるというわけですね(^^)これもこれからEVやPHEVが増えてきたらそういうメリットはなくなるかもしれませんけどね(苦笑) 逆にいったんこのレーンに駐車するとけっこう長く駐車したままになる確率は高いですもんね、充電レーンって(^_^;)

    それから先日経験したのは・・仕事で公共施設に出かけたときのことなのですが。この施設の駐車場は有料で、しかも充電設備はありません。でもすぐ近くにある民間のホテルの駐車場に普通充電のスタンドがあったんです。
    こういう場合・・・そのホテルには用事は無いんですけども、充電設備は使いたい。 こういうのってマナー的に使っていいのかどうなのか? ちょっと分からなかったんですよね(苦笑)
    ただ、現状でもホテルやゴルフ場などの駐車場に充電スタンドがある場合、宿泊者に使用は限定するとか、施設の利用者以外の充電はできないという場合にはその旨が設備に掲示されていることが多いらしいんです。
    それから、このホテルにあった充電設備は有料のタイプ。つまりカード認証が必要なものだったので、いちおう利用者からは料金を払ってもらえるわけです。
    このホテルの充電設備には宿泊者限定というような情報は無かったですし、駐車場もいっぱい空いていたので充電スタンドでChargeNow!のカードを使って充電をさせてもらいました。
    ちなみにホテルの駐車場自体は無料で駐められるので・・充電は1年間は無料ですし、つまり無料で駐車場を利用した上に充電までできちゃった、と。
    充電している間に仕事を済ませ、用事が終わったあとでバッテリーの回復した330eで会社に戻ったのでした。。以前までは施設の有料駐車場に駐めていたので、これまた一石二鳥というわけです。
    たぶんホテルの充電設備を使って、駐車場にクルマも駐めさせてもらったのはマナー違反にはならないと思うのですが(有料の充電器を正規に使っているわけですから)・・・こういうのは今までに経験がないのでちょっと判断に迷いました。
    なんだか申し訳なかったのでホテルの喫茶店で高いコーヒーをいただいて帰りましたけどね(爆)
    ・・結局は駐車料金よりもコーヒー代のほうが高かった、というオチでしたが(笑)

    まぁそんな感じで、PHEVなので出先で無理に充電しなくても全然問題は無いのですが、やはり「燃費99.9km/l」というオンボードコンピュータの燃費表示は魅力的です(爆)
    なので、330eに乗ると「できるだけガソリンを使わずに走れないか?」 というふうに思考ルーチンが変化したのは確かですね(苦笑)

    長距離移動のときには当然無理なのでガソリンを使って走ることになるんですけどね〜 それに、たまにはガソリンで走ってやらないと燃料タンクの中でガソリンが変質しても大変ですしね(爆) 
    実際に今、ワタシの330eの燃料タンクは満タンですけども・・イチバン最近にGSに行ったのは3月の中頃、330eで高知まで出張した際の帰り道。 そのときに給油してから燃料系の針は未だに右隅に張り付いたままです(^_^;)

    というわけで、またしても長文になっちゃいましたけども、330eでの充電TIPSを書いてみました。ご参考になれば幸いです♪

  • BMW i3 & ChargeNow! 最大10日間試乗モニター・プログラム
    pontaさんのブログ内から応募しよう!と思ったのですが・・・
    不正アクセス・・・・pontaさんの陰謀だ^^笑
    あきらめるとします。爆

    従来モデルレンジエクステンダーが120万円引き!+補助金41万円、金利0.1%、チャージナウ、メンテ5年BMWフューチャーバリューローン 据置額(最終回お支払額)1,127,000円 60回
    10日間と言わず、pontaさんのセカンドカーにどうですか??
    お安くしておきますよ!

    • bmwpopo様

      いつもコメントいただきありがとうございます!

      失礼しました。ちょっとリンクが深いところ過ぎたようで、もう少し入口の方のリンクに変更しましたので、もう一度お試しください。

      これがセカンドカーだったら幸せでしょうねー。うまく使い分けることで非常にスマートなクルマ生活が送れそうな気がします。ですが、先立つものが(泣)。
      まあ、夢ですね。ALPINAとi3、いえ、i8?!とかをガレージに並べてみたいですねぇ(笑)。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • 私も呼ばれたような気がして参上しました(笑)。
    ponta様のご指摘のように、私は出先充電は全く念頭にありません。
    理由は、まずウチでフル充電しておけば大体は間に合うこと。バッテリーが切れてエンジンが待ってましたとばかりに雄叫びを上げる――いや、実際は気がつかないほど静かでスムーズですが――その瞬間が快感なこと(←ちょっと変ですかネ)。そして・・・そもそもカードを作っていないこと(爆)。
    ろくむし様が仰る「1時間で6割充電」というのは恥ずかしながら全く気がつきませんでした。ご教示ありがとうございました。明日やってみます。ただ、それでも充電のために出先で1時間潰すのは、気の短い私にはムリです。それよりエンジンのビートを聴きながら充電されていく様子を楽しみたいと。ま、メンドクサガリ屋な性分なのでどうしようもありません。もちろん「できるだけガソリンを使わずに走れないか?」というろくむし様のご意図は、330e乗りとして十分理解できますので、お気を悪くなさらないで下さい。
    ところで私の330eは、SAVEモードでの走行充電が50%で頭打ちになるところ、今ではプログラムが書き替えられたとかで90%まで充電できると、風の便りに聞きました。未だディーラーに確認してはいませんが、もしそうなら公式コーディング(のようなもの)ができないか、確かめたいと思います。
    さて、暖かくなってきましたので、名古屋~東京無給油日帰り往復を敢行したく、毎日ウズウズしています(笑)。でも今抱えている仕事がなかなか片付かない・・・。もしかして愛馬・白葦毛Ⅱの勇姿?をponta様のお目にかけるチャンスがあればと妄想しておりますが。

    • おはようございます。同じ330e乗りの方とはめったにお目にかかれないのでとても嬉しいです(^^)
      おっしゃるように、走行中にエンジンがかかる瞬間っていうのはなんだか感動的な感じがありますね。夢酒さまの言わんとするところもよく分かります(^^)
      でも実際には走行中にエンジンがかかってもホントに分からないことけっこうありますよね。高速道路を走行中とかだとホントに分からないです。以前乗っていた前期型の328iと比べても330eってホントに遮音性が上がっているように思います。

      ところで・・夢酒さまの330eは2016年型でアップデートをまだされていないご様子ですね。おっしゃるようにプログラムのアップデートは無料でやってくれるはずですので、ディーラーさんに確認されたらイイと思いますよ(^^)
      というか、ディーラーさんから案内があってしかるべきなのですが。。

      330eは日本に導入された当初から大きくプログラム変更されているようです。ワタシの330eは2016年末に購入だったので、タイミング的には2017年モデルだったのですが、在庫車の中から自分の求めるオプションのついたもの、カラーのものを選んだら2016年モデルしかなかったんです。
      というか、コーディングのできるNBTevoのiDriveがついている2016年モデルの方がワタシとしては嬉しかったので喜んで2016年モデルを購入しました(笑)
      ということで、おそらくは夢酒さまの330eとプログラム的には同じ状態だったはずなのですが、納車前のディーラーでの点検時にプログラムのアップデートを行った、とディーラーさんから聞いております。
      それから納車時には「プログラムアップデートのお知らせ」というA4のプリントを1枚渡されました。ここにバッテリー充電モードの仕様が変更された旨が書かれておりました。

      おそらく夢酒さまの330eでは、エンジンからバッテリーに充電するためにはシフトレバーを左に倒し、Sモードにする必要があるかと思いますが、アップデート後のプログラムではその必要はなく、シフトレバーの手前に付いている「e」ボタンを押すことで「SAVE Battery」というモードを呼び出せるようになります。
      アップデート後のプログラムでは、このeボタンを押すごとに「Auto eDrive」「MAX eDrive」「SAVE Battery」の3つのモードに入れ替えることができるようになります。
      (アップデート前にはSAVE Batteryモードがなかった、と記憶しておりますが・・合ってますか?)

      このアップデートにより、エンジンからの充電で最大90%まで充電が可能になること、またエコプロモードでゆったりと経済的に走りながらの充電が可能となっています。アップデート前の状態だと、バッテリーで経済的に走るためにSモードという経済的ではないモードにしないと充電ができない、という矛盾した状態になっていたので、これを是正してより効率的に充電ができるようにした、ということのようです。

      前述の通り、このアップデートは330eには無料でディーラーさんから提供されるはずですので、お付き合いのあるディーラーさんに問い合わせてみてくださいませ♪

      • ろくむし様
        失礼なことを書いてしまったかと少しばかり後悔しておりましたところ、丁寧なお言葉を頂きましてホッとしました(笑)。
        そうですね。330eは当地でも滅多に見かけることはありません。というか、昨秋一度だけ小牧ICの近くで、たまたますぐ前に合流してきたクルマが330eMスポでした。ピカピカの黒葦毛で、私と違ってきちんとスーツを着た紳士が運転しておられました。その方がこちらに気が付かれたどうかは分かりません。後ろにいてはバックミラーでフロントしか見えませんものね。かれこれ9ヶ月乗って、はっきり330eと分かったのはそれだけです。
        そして、やはりプログラムのアップデートがなされていたんですね。もう、あの担当者め!
        いやいや、とてもよくしてくれる子でして、たぶん失念していたのだろうと解釈して今度チクリとやってやります(笑)。
        ろくむし様の仰る通り、私はシフトレバーをM/S側に倒して充電しています(それでも80%止まりです)。そしてアイドリングストップのために、その都度レバーを戻しています。現状のSAVEでは50%しか充電しないのであまり意味がなく、これでは使い物にならないと思っていました。「SAVE Battery」(仰るようにこれはありません)で90%充電可能なら、燃費改善にも効果的ですし、マニュアルモードとの使い分けがはっきりしていいですね。
        私のような「情弱ジジイ」には大変有難い情報でした。これからもどうかご教示をよろしくお願い致します。ありがとうございました。そして、このような場を与えて下さるponta様にも御礼申し上げます。

        • 夢酒様、ろくむし様

          本当に当ブログでこのような有用な情報をいただきありがとうございます。

          お二人のやりとりを拝見していますと、まさに私が当ブログで実現したい、BMW好きが集まるサロンみたいなもの、というのが実現できているようで大変嬉しいです。

          それにしても、かなり重要なアップデートですね。今までの充電方法とはだいぶ考え方が違いますし、何より、モードの切り替えは必要ながらも90%まで「普通に」走っていても充電できるというのは、330eのポテンシャルを相当高めるのではないでしょうか?

          低負荷時にはエンジンの燃費のいい領域で走ることで20km/L台をキープして充電しつつ時にはバッテリー走行で巡行し、市街地走行ではPHVとしてバッテリーをフル活用すれば、場合によっては一般道の走行距離が少なければEVモードで走行すれば、恐らくかなり良好な平均燃費が期待できると思うのですが・・・。

          夢酒様の愛馬無給油東京往復ドライブは、このアップデート後になされた方が良いかもしれませんね。

          ろくむし様の詳細な情報は、PHVに乗っていなければわからないことばかりで、ふむふむと読み入ってしまいました。駐車場での隠れメリットは、正直かなり羨ましいです(笑)。バッテリーの充電のされ方も、私がi3で経験したものと同じでした。80%までは早いんですよね、本当に。でもここからが長い(笑)。ですが、実用上はろくむし様がおっしゃる通り、1時間充電して回復すれば十分実用に足るということがわかりました。乗ったことがない私の頭ですと、どうしても「軽油満タン」と同じ感覚で、「バッテリーが満タンになるまで充電する」ものだと思ってしまいがちでしたから、もっと柔軟に考えなければいけませんね。

          では、お二人からのまたのコメント、楽しみにお待ちしております!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください