BMW全車にマイルドハイブリッド設定!といっても2025年までに、ですが。

BMWはEV/ FCVへのシフトを急速に進めるのではなく、まずは全車にマイルドハイブリッドを設定するそうです。内燃機関のさらなる可能性をさらに高め、「サステナビリティ」を実現するというわけですね。

スポンサーリンク

全車にマイルドハイブリッド?!

そうなんです。これは、当ブログでも過去にご紹介した年次カンファレンスで、クルーガー会長自身が発表したそうです。

2017.3.30

BMW、「全車」にマイルドハイブリッド設定へ 2025年までに

ドイツの高級車メーカー、BMWグループがすべてのラインナップに、マイルドハイブリッド技術を採用する計画を掲げていることが分かった。

これは3月21日、BMWグループがドイツで開催した年次プレスカンファレンスで明らかにしたもの。同社の取締役会のハラルド・クルーガー会長は、「2025年までに、BMWグループの全内燃機関車が、12Vおよび48Vのマイルドハイブリッドシステムを搭載する」と発表している。

新型アウディA5発表。3つのボディタイプ、FFも新設定し計8グレードを導入

12/48Vのマイルドハイブリッドシステムは、欧州の自動車メーカーが力を入れている技術。フルハイブリッドに対して、低コストで燃費向上の効果を引き出せるメリットに、欧州勢は着目している。

環境対応車の本命といわれるEVやFCVは、インフラ整備などの面から、本格的な普及は、まだ先となる見通し。BMWグループは当面は主流であり続ける内燃機関車については、マイルドハイブリッドを重視していく方針。

写真を拡大

(レスポンス 森脇稔)

ということは、逆にいうと、あと10年くらいでEC/FCVのインフラを整備しないといけないということですね。

ところで、マイルドハイブリッドって何?

マイルドハイブリッドって、普通にいうハイブリッドと何が違うの?と当然思われるでしょう。

その言葉の感じからいうと、「マイルド」なハイブリッドですから、ハイブリッドほどはアシストしてくれなさそうですね。

これは、最近テレビCMでよくみるスズキの「エネチャージ」などと似たようなものです。つまり、減速時のエネルギーで充電し、そのパワーを、最も燃料を食う加速時にアシストとして使う、というものです。

もちろん減速エネルギの全てを電力に変換できるわけではありません(そんなことができたら今頃内燃機関の熱効率だってもっと高い=燃費が良くなっているはずです。)ので、燃費への効果は限定的ですが、それでも「ないよりはマシ」以上ではありそうです。

ここで、「?」と思われたあなた、大変鋭いです。「今BMWで既に装備されている、『ブレーキエネルギー回生システム』と何が違うんだ?」と思いますよね?

「ブレーキエネルギー回生システム」も減速時のエネルギーを電力に変換し、バッテリーを充電します。ここで、「ブレーキエネルギー回生システム」なしの車両ではどのようにしてバッテリーを充電していたのかというと・・・よくご存知の通り、エンジンが充電してくれていたんですよね。ということは、バッテリーを充電するためだけにいくばくかの燃料を使用していたわけです。例えば200psのエンジンといっても、200ps全てが走行するエネルギーに使われているわけではなかったわけですね。

スポンサーリンク

これが「ブレーキエネルギー回生システム」ではエンジンがバッテリーを充電する負担が減るために燃費が良くなる、ということです。

もうお気づきでしょう。要するに、マイルドハイブリッドはこの「ブレーキエネルギー回生システム」が進化したものといっていいと思います。つまり、エンジンが積極的にバッテリーを充電するわけではないけれども(もちろん、バッテリーがピンチの時は助けてくれるでしょうが)、その代わりに減速時の運動エネルギーをなるべく充電します。そして充電された電力で、今度は加速時にエンジンを助けて、燃料の消費を少なくしてくれるわけです。

エンジンとバッテリーの素敵な関係がエンジンルームで築かれるわけですね。なんかロマンチックです(笑)。

ディーゼルにこそマイルドハイブリッドを!

私が当ブログで散々実例を挙げて力説している通り、ディーゼルエンジンは燃費がいいです。特に、平地の高速道路を一定速度で巡行するなど、一定の負荷で走行する時には異次元と言ってもいいほどの低燃費を叩き出します。

これは直噴ターボという機構があってこそ、パワーとの両立が可能になっているのですが、「ターボ」エンジンであるがゆえに苦手なのが、高負荷時の燃費。特に加減速が多くなると如実に燃費が落ちます。まあ、これはガソリンエンジンもですが。

ここで強い味方となるのがバッテリーによる加速のアシストです。これで、燃費とパワーの両立の観点では最強かもしれない直噴ディーゼルターボをアシストしてやれば、うまくすれば低速走行時の異次元の低燃費を、加減速の多い市街地でもさほど損なうことなく続けられるはずです。

その証拠に、メルセデスのS300h、言わずと知れた、現在唯一のディーゼル・ハイブリッドですが、あのボディの大きさにして驚異的な燃費を誇ります。佐多岬〜六本木の無給油走破チャレンジはまだ記憶に新しいですよね。ここまでではないにしても、上記のクルーガー会長の発表の持つ意味は、こういう世界がBMWでも見られるようになるかもしれない、ということに他なりません。

そう、「全車種」ではなく「全車」にマイルドハイブリッドを設定するわけでですから。

もうちょっと早くなりませんかー?

それにしても2025年までというのはちょっと遅すぎます。もうちょっと早く、MYの変更やLCIのタイミングを捉えてどんどん投入してほしいものです。

マイルドハイブリッドであれば、さほど巨大なバッテリーを積んでいるわけではないのでバッテリー交換の際の負担も小さくて済みますし、排ガスは減りますし、ユーザーにとっても、排ガス規制に苦しむ自動車メーカーにとっても嬉しいことばかりじゃないですか?その分お値段も高くなってしまうようでしたらそれは悲しいことですので、ここは是非頑張っていただいて(笑)、全てのユーザーに行き渡るようにしてほしいですね。

それにしても時代も変わったものです。あのBMWが10年後には全車種でマイルドとはいえハイブリッド化。すると20年後には純粋に内燃機関のみで走る車というのはもう新車では手に入れられなくなるどころか、街中でも珍しいものになっているかもしれませんね。

その時まで頑張って元気で働いていたいものです。

では、今回はこの辺で失礼します。ありがとうございました。

スポンサーリンク













10 件のコメント

  • 燃費の悪化を一番司っているのが回転数です。
    回せば回すほど燃料がエンジンに送り込まれ燃焼します。なので私はガソリンエンジンの方がマイルドハイブリッドの恩恵をより多く受けると思います。
    ディーゼルエンジンの方が低速トルクが太いですから、同じ重量ならより低回転で加速出来ます。
    勿論モーターでトルクが太るわけですからいずれも燃費は向上します。
    既に全車に回生ブレーキ搭載済みですから後はモーターですね。モーターももしかしたら330e同様なトルコン部に設けられるか225eの様に後輪に組み込まれるかすれば組み立て設備的にも変更点は少なそうです。

    • あっきろ様

      いつもコメントいただきありがとうございます!

      ご指摘の通りですね。でも・・・ガソリンのハイブリッドはもうあるじゃないですか(笑)。今度はディーゼルにもください(泣)。

      ディーゼルはおっしゃる通り、低速トルクが太い、というか同排気量であれば大抵の場合ガソリン車よりも全域でトルクが太いので、はいギアードな設定になっています。実際、320dに乗っていると、かる〜く踏んだだけでも320iの時はキックダウンして高回転まで上げなければ行けなかったであろうような加速をする時もあります。

      ただ、回転が低くてもやっぱりエンジンに対するふかは大きいようで、むしろこうした負荷が高い時はガソリンエンジンの方が効率がいいような気がします。実際、追越車線ペースで走って行くと、80km/h巡行や90km/h巡行では圧倒していた燃費が急に落ち込み初めます。そして、発進時の加速の最中でも、瞬間燃費計の指す数値は320iよりもむしろよくないこともままあります。ですが、これはディーゼルユーザーである私のわがままで、実際にはガソリンエンジンの方が恩恵を受けるので、ガソリン+ハイブリッドが主流なんでしょうね。それとも、ディーゼルは燃費がいいから放って置かれているとか・・・・。

      >既に全車に回生ブレーキ搭載済みですから後はモーターですね。モーターももしかしたら330e同様なトルコン部に設けられるか225eの様に後輪に組み込まれるかすれば組み立て設備的にも変更点は少なそうです。
      そうなんですよ。それなのになぜ、「2025年までに」なんて悠長なことを言っているのかというのがひとつ謎なんですが・・・もしかして、予混合圧縮着火エンジンの開発が先!とかですかね?というか、BMW
      でも開発しているんでしょうか?予混合圧縮着火エンジン+ハイブリッドなんて、まるでメルセデスやフェラーリのF1のようですね(笑)。

      話が脇道にそれそうですのでこの辺にしておきます。
      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • S300Hの中古がかなりお得なっていまして、正規ディーラーですが、その中古を見に行きました。中古を担当されている方が、よく説明してくれまして、いろいろ教えてくれました。試乗車もあるとのことでしたので、試乗しましたよ!Sクラス良いですね。スタートはモータースタートでスムーズですが、すぐエンジンがかかり、加速にムラがあるようには感じました。走ってしまえば、Sクラスですから、静かに走ります。
    重量がありますので、背中を押されるような加速感はそこまではなかったです。一般道の試乗ですから、そこまで、加速する場面はありませんでしたが・・・320Dの方が多分パワフルに感じると思います。

    今は、体がガソリン車に慣れてしまいましたので、Sクラスであっても、展示された中古車のエンジンをスタートさせると、ディーゼルの音が煩く感じました。S400Hハイブリットもありますよ!と営業さんから、囁かれました。笑 カタログをもらいましたが、価格が高い!笑 

    BMW7シリーズ、ベンツのSクラスを平気で見る事が出来る自分に、良い車見すぎですね。

    • bmwpopo様

      いつもコメントいただきありがとうございます!

      >加速にムラがあるようには感じました。
      どうも、メルセデスのハイブリッドはbmwpopo様と同様に感じる方が多いようですね。私もかつて、ディーラーの前担当さんにそう聞きましたし、ネットでもそのような評判を見たような気がします。

      それにしても、さすがbmwpopo様ですね。試乗の鬼、と呼ばせていただきます(笑)。S300hに試乗とは、中古とはいえ、私もして見たいです。個人的には、ディーゼルのハイブリッドという意味では、かなり注目しているクルマですからね。

      今度はメルセデスになりそうな勢いですが、きっとこれからもたくさんの試乗をされるのでしょうね。また試乗のご感想をお聞かせください!

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • マイルドハイブリッド全車種展開と同時に
    アクティブハイブリッドの復活もお願いしたいですね 笑

    ポルシェもカイエンなどの車種は
    トップグレードをハイブリッド化すると明言されましたし、
    ようやく時代が追いついてきたかな、と
    背中が折れ曲がるほど胸を張ってます 笑

    • CMO様

      いつもコメントいただきありがとうございます!

      この記事を書いている時、今までコメントをいただいた方の中で、Activehybrid3乗りの方や330e乗りの方の反応が気になっていました。もちろん、CMO様もその一人です(笑)。

      そうですよ。なんでActivehybrid無くしちゃったんですかね?X6のActivehybridまで出した時は、「やるな、BMW!」と心の中から開催を叫んだものでした。あの、小山のように巨大なSUVにActivehybridなんて、いかにも楽しそうじゃないですか?

      >背中が折れ曲がるほど胸を張ってます 笑
      CMO様のそんな姿が目に浮かびます(笑)。もちろん、姿形は存じ上げないので、ブログで拝見したCMO様の愛車のActivehybrid3が擬人化されて胸を張っているわけですが(笑)。そうですよ。いよいよBMWにも総ハイブリッド化の時代が、遅ればせながら到来です!その時は、ハイブリッド先輩として、よろしくお願いします(笑)。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • 私がAH3にした理由は単純に「その時は3シリーズで直6がAH3しかなかった」からでした。
    が、乗ってみるとハイブリッドの出来栄えがとても見事なのと、車重が重いが故のしなやかさがとても気に入ってます。
    いつも行くゴルフ場からの帰り道の緩い下り坂では、ずっとエンジンはかからずにハイボルテージバッテリーは100%を維持しますので、燃費もかなり良くなりますね。

    • おやにゃん様

      いつもコメントいただきありがとうございます!

      いやー、嬉しいです。やはりActivehybrid乗りの方には気になりますよね。CMO様への返信で書いている通り、この記事でActivehybrid乗りと330e乗りの方の反応が気になったのですが、おやにゃん様もそのうちのお一人です。当ブログのコメンテーターには、実際の販売比率よりもActivehybrid乗りの方が多いですね(笑)。

      >車重が重いが故のしなやかさ
      そうですよね。我が愛車320dツーリングとはそこが全然違います。車体が重くないと出せない世界もありますからね。きっと、BMWはそれを参加のロールス・ロイスを通じてわかっているんでしょう。

      坂道の下りの燃費への貢献度は320dのECO PROモードの比じゃありませんね。320dですと、セーリングしているその時だけですが、Activehybriや330eですと、十分に充電されたバッテリーがその後も燃費に貢献し続けてくれるんですから。

      ディーゼルにもモーターアシストの愛の手が欲しいものです。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • 330e乗りの夢酒が呼ばれて来ました(笑)。
    でもマイルドハイブリッドがどんなものか、イマイチよくわかりません(汗)。あくまでエンジン主体でモーターが随時アシストするということはわかりましたが。
    たぶんHVやPHEVみたく複雑なシステムにしなくても燃費改善に効果があり、車両価格の上昇も抑えられるのだろうと愚考します。何より巨大バッテリーを積まなくてもいいのはよろしいですな。BMWが手がける以上は「走り系」に振るでしょうし、いい歳こいてちょっと心がザワつきます。
    とはいえ、やはり330eの静かで爽快な加速は何物にも代えがたく、もう戻れません(笑)。
    話変わって、半月ほど前に愛馬を駆って岐阜県の土岐プレミアムアウトレットへ行きました。往路は100%充電から19㎞走行でバッテリーが切れてエンジン走行へ。80%まで充電した後、復路途中で再びモーター走行に切り替えたところ、自宅まで25㎞走っても若干の残量がありました。まだ寒かったので全行程ヒーター使用、一般道(国道19号線主体)走行です。
    ウチは愛知県なので、全体として行きは上り坂、帰りは下り坂という差が出たのでしょうね。

    • 夢酒様

      いつもコメントいただきありがとうございます!

      お待ちしておりました(笑)。
      マイルドハイブリッドは、要するに、エンジン(HV)や外部電源(PHV)を使用したバッテリーへの充電を行わない、とお考えいただいていいと思います。減速時の運動エネルギーだけでも結構充電できると思いますよ。
      そして巨大なバッテリーを積まなくていいのは、バッテリー交換のことを考えるといいのですが、乗り心地の点から考えると、330eなどより不利ですね。AH3にしろ330eにしろ、あのバッテリーの重量のおかげで素晴らしっくフラットな乗り心地が実現できていると思いますから。

      おお!土岐プレミアムアウトレットというのがあるんですね!知らなかったです。ヒーター全開でも結構走りますね。あ、そうでなければもっと走るんですもんね。ですが下り坂は最強ですね。充電しつつしかもエンジンを使わないとなると、ほとんどなんおためにエンジンがあるんだ状態になるでしょう。330eで東名高速の御殿場から東京方面に走ってみたいものです。私のディーゼルで最高燃費を記録した区間ですが、どうなるんでしょう?結構下りが多いですが、所々登りもあり、渋滞もあるという状況です。まさにハイブリッドが威力を発揮しそうな道ですよね。

      夢酒様の愛馬「白葦毛Ⅱ」(でしたよね?!)ぜひ一度拝見したいです。従順な馬なのかそれとも猛々しい駿馬なのか・・・いや、330eに試乗したことはありますが、オーナー様の運転一つによっていかようにも変わるのがクルマですからね。そういう意味では馬と似ていますね。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です