夜道はハイビームが基本!私が「マナー」として提唱したいこと。

最近になって急に「走行時のクルマのヘッドライトはハイビームが基本」と言う声が各所から上がり出しました。個人的には、正直申し上げて今更感があったのですが、今回はこれを前提に、私が勝手に考えている助け合いの使い方をお話ししたいと思います。

スポンサーリンク

ハイビーム、積極的に使っていますか?

当ブログをお読みの方には釈迦に説法かもしれませんが、暗い夜道でハイビーム、使っていますか?

もちろん、対向車や前走車がいないときに限りますが、街灯がある道といってもハイビームを点灯するのとしないのとでは見え方に相当違いが出ますよね。

ではなぜライトの位置がデフォルトでロービームなのか?それは、その方が周りに迷惑をかけないからだというふうに私は解釈しています。要するに、周囲を幻惑して事故を誘発しないためです。そこには、照射範囲で何かあったときに余裕を持って停止できる速度しか出さないということが前提にあるとも思っています。

そう考えると、街中で街灯が多いのはなぜなのかも一定の理由があると思えます。つまり、防犯や安全上の意味というのもあるでしょうけど、交通量の多い街中で、ロービームで照射される範囲で何かあったときに対処されるような低速度で走行すると、交通容量が著しく少なくなってあっという間に大渋滞が起こるので、それを防ぐ、という面もあるのではないでしょうか?

特に高速道路。

郊外の高速道路を走ると、その暗さといったらないですよね。前後にクルマがいないときには自分のクルマのライトだけが頼りでして、もしそんなところでライトが切れたりしようものなら、それこそ鼻をつままれてもわからないような暗闇に包まれること請け合いです。

まあ、別に高速道路でなくともそうですよね。私の経験の範囲では、無印良品津南キャンプ場へ至る山道がそうです。一度、近隣の温泉にいって暗くなってから帰ってきたとき、狸が道路をちょこちょこ走っているのを見て、驚かしてはいけないと気を使って停止してライトを消したことがあります。その途端、なーんにも見えない真っ暗闇。一瞬でライトをつけました。危ない危ない。余計に野生動物が近寄ってきてしまいます。

高速道路に話を戻しますと、高速道路の中央分離帯って、よくできていると思いませんか?もちろん、高速で対向車同士が衝突するのを防ぐ目的もあるとは思いますが、ちょうどクルマのヘッドライトあたりの高さは隠れるようになっています。植栽などがあれば尚更です。

つまり、高速道路では、対向車がいてもハイービームにしても大丈夫なところが多いんですよ。必ずしもどこでもというわけではありませんが、対向車がきたときにライトが見えなかったら、私もハイビームのまま走行しています。実際、対向車でもそのようなクルマは比較的見ますね。つまり、ヘッドライトは隠れているものの、上方への光の拡散具合でハイビームのまま、ということがわかります。でも、眩しくはないんですよね。

高速道路で提唱したい、ハイビームのマナー。

私が提唱したいのは、「集団の先頭にいるクルマはハイビームで先を照らす」ということです。

高速道路では、昼夜を問わず、なぜか集団になって走っています。低速車を先頭にして走行車線を数珠繋ぎになって走行していて、追い越し終わるとクルマがいなくなり、また集団に追いつき・・・の繰り返しです。

このようになる理由はただ一つ、前走車についていくのが楽だからだと思います。私はあまりそうは思いませんが、夜間は道路が見えにくいこともあってか、特にそうした意見を周囲でよく聞きます。

私はどちらかというと集団を追い越す方ですが、その時に思うのが先頭車の向こうって本当に見えないです。どういうことかというと、真っ暗な夜道の中、前走車のテールライトや、前走車に反射する自分のクルマのライトってすごく明るいですよね?明るいところから暗いところは見えません。そう、だから先頭車の向こう側って見えないんです。

ですが、先頭車がハイビームで照射してくれていれば話は別です。この先道路がどうなっているのか、落下物はないかなど、簡単い視認できます。

スポンサーリンク

実は私は常々、集団の先頭車はハイビームにすべきではないか?と思っていました。そして、実際にそのようなクルマに遭遇したんです。

いつのことか忘れましたが、そんなに昔のことではありません。私は河口湖方面から中央道の支線を大月方面に向かっていました。すでに深夜といっていい時間帯でして、街灯もない中央道は真っ暗で、交通量も少なめです。後ろでは息子と家内がすでに寝息を立てています。

そんな中運転しながら、典型的な高速道路の交通パターンを繰り返していました。集団に追いついては追い越し、また追いついては追い越し・・・その中で、3台くらいしかいない小さな集団に追いついた時のことでした。先頭車の向こうには視界に入る限りクルマはいません。そして、先頭車はハイビームで走行してくれています。

これがすごくありがたかったですね。右から抜いていく私にも、その先の状況に以上がないことが見て取れます。そこで私が安心してゆっくりと追い越しかけた時、絶妙なタイミングでそのクルマはロービームに切り替えました。その瞬間、先は真っ暗。一気にしかは暗くなります。

ですが、私は察しました。常日頃、私が思っていたことをきっとこの方も考えていたんだ!だから今度は私がハイビームにする番なんだ!見ず知らずの方とはいえ、阿吽の呼吸で私がハイビームをオンにしました。

この間、1秒もなかったでしょう。上では文章で書いていますが、実際には「あっ」と納得して瞬間で体が動いてハイビームにしておりました。

あの時のプリウスのドライバー様、ご覧になっていないと思いますが、私的にはハイタッチでもしたいくらいに息が合ってたので嬉しかったですよ!

草の根でBMWオーナー様から広めませんか?

これ、広めたいんです。高速道路に限らずとも、都市間の国道でも暗いところはたくさんあります。そうした場合に、先頭車のハイビームというのはマナーとして当たり前のことになって欲しいんです。

きっと、集団の先頭になるということは、言いにくいことではありますが、確実に後続車の期待よりも流れとして遅いのだと思います。ただ、それにもきっと理由があるはずです。例えば、目が悪いので暗くなると視界が限られて怖い、など。だからこそハイビームを積極的に使って欲しいんです。

当ブログでなんども申し上げておりますが、クルマを運転する上では司会の確保というのは非常に重要です。ハイビームって、ともすれば、自分が明るく見たいだけ、対向車にも前走車がいたら幻惑するだけで迷惑にしかならない装備、と思っている方もいらっしゃるかもしれません。エゴのためにしかない!とか。

ですが、ではなぜなくならなかったのか?それは必要だからです。しかも、私が提唱しているように、真っ暗な道で、特に高速道路では集団の先頭ではハイビームにすることで、周囲のクルマにもありがたがられるんです。決してエゴだけの装備ではないですよね。

そして、「自分には見えているからハイビームは必要ない」ではないんです。後続車は、先に申し上げましたように、あなたのクルマのテールライトや、あなたの車に反射する自分のクルマのライトが眩しくて、あなたほどには先が見えてない可能性が大です。そこでもし、動物が飛び出してきたりしてあなたが急停車した時、後続車には見えていなくて追突でもされたらどうします?そう、自分の身を守るためでもあるんですよ。

集団の先頭になったかどうかなんていちいち気にしてないよ!という方。大丈夫です。前走車がいない場合はハイビームにしていて、追い越されて前走車ができたらロービームにしていれば、自然と「集団の先頭でハイビーム」を実践して、後続車や追い越し車にありがたがられていますよ。

いかがでしょう?正直、まだまだ見る機会が少ないですが、当ブログをご覧の方々からでも広めていきませんか?といっても、もう実践されている方がほとんどでしょうけど。まずは高速道路から。なぜなら、先に申し上げたように、街中の街灯のようなアシストがないのに、高速走行するので。

ドライバー全員で夜間走行の安全を確保する、こうした習慣が根付くと、日本も成熟した自動車社会になってきたと言えるのではないでしょうか?

では、今回はこの辺で失礼します。ありがとうございました。

スポンサーリンク













16 件のコメント

  • こんばんわ(^^♪
    pontaさんのおっしゃる通りです。
    道交法ではそうなっています。
    ハイビームは走行用前照灯、ロービームはすれ違い用前照灯です。
    本来はハイビームがディフォルトの位置で対向車が居る時にだけロービームするように求められています。
    いつの間にか間違った運用をされているだけですね、、、、
    怒った時のクラクションと一緒で本来は交通違反です。
    灯火類は被視認性を高める為にも大事ですね。
    僕は高速道路で流れより早く走行するときには昼間でも必ずヘッドライトは点灯しています。
    海外ではそれが常識です。

    • Elfin様

      いつもコメント頂きありがとうございます!

      そうなんですよね。ロービームは「すれ違い用前照灯」であって、デフォルトで使用すべき前照灯とは規定されていないんですよね。微罪なので違反もとらないのでしょうが、違反を取られないので本来あるべき姿で運用されない上に、知らない人すらいるという・・・本当に暗澹とした気持ちになってしまいます。
      なるほど!流れより速く走行する時はヘッドライトをオンですか!これはいいですね。この時はロービームでいいんですよね?今まで私は余り遭遇したことはないので、こっちはもっと知られていないマナーかもしれませんね。これもわかりやすいので広めた方がいいライトの使い方ですね。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • おはようございます。高速道路で先頭を走るときのハイビーム、これはワタシもやっています(^^) というか、集団の先頭を走る、っていうシチュエーションじたいはそんなになくて、たいては集団を追い越しては追いついて、また追い越して・・・みたいな感じで一匹狼で走るパターンが多いのですが。
    そしてワタシの生活圏・・・今までに何度も申し上げてきたとおりけっこうなイナカでして(^_^;) 高速道路はもとより郊外の一般道なんかでも街灯もない真っ暗な道っていうのもけっこうあるせいなのか、都市生活の中で車を走らせるよりもずっと頻繁にハイビームを使う機会も多いです(苦笑)
    そのせいか、けっこう皆さんふつうにハイビームを使ってますし、集団で走る場合に先頭のクルマだけがハイビーム、というのもけっこう見かけます。
    ただ、こういう場合・・・pontaさんが提唱されているように「集団のみんなのために・・」なんて殊勝なことを思ってハイビームにしているドライバーは正直少ないようにも思います。ハイビームにするのは「そうしないと自分が進む方向の道がよく見えないから」というとてもシンプルな理由によるモノです(爆)
    なので、しばらくそのままの状態で走っていると何が起こるかというと・・・先頭車のドライバーさんは「自分の車がハイビームになっていることを忘れてしまう」という困ったことになったりするんですね(汗)
    こういう場合、例えば高速道路で先頭車がハイビームで連なって走っている集団をワタシが追い越し車線から追い越したとすると・・・pontaさんの遭遇したプリウスのドライバーさんのように阿吽の呼吸でロービームに切り替えてくれるんだといいんですが、そのままハイビームで走り続ける、なんてことがけっこう起こります(苦笑) そうなると、追い越した私は後方から眩しい光をモロに浴びせられてしまう、、っていう困った状況になったりします(涙) まぁ分かるんですよ、ずーっとハイビームで走り続けているとその広い視界が当たり前になってしまい、自分がハイビームで走っているという事実をすっかり忘れてしまう、っていう状況って。なのでムキになって怒るわけにもいかず、、できるだけ早くそのハイビームから逃れるためにその集団から遠ざかるようにするんですが。
    で、この「追い抜いた車のハイビーム消し忘れ」を防止する上手な方法っていうのも考えました(^^) それは・・

    追い抜くとき、走行車線を走る集団の先頭車(ハイビーム状態)と追い抜き車線でちょうど横並びになった瞬間にこちらもハイビームに切り替える

    という方法です。
    こうすることで、隣の車線を走る先頭車はこちらのクルマのハイビームが眩しく感じることもなく、かつワタシのクルマがハイビームにすることで「自分の目の前の道路の視界がさらに明るく見えるようになって「あ、隣のクルマがいまハイビームにしたな、これから追い抜いて前に出て行くな・・・あ!このクルマもハイビームのままだったからロービームに切り替えなくちゃ!」と気付いてもらえる確率がグッと上がるわけです(^^)

    漫然と先頭を走っていてハイビームにしていることを忘れているドライバーさんにはこの方法、けっこう効きますよ(^^) かなりの確率でワタシが追い抜きざまにハイビームに切り替えると、数秒後にはロービームに切り替えてくれることが多いです。

    こういう言葉を交わさずにアイコンタクトのように意思の疎通ができたときってなんだか嬉しいですよね♪

    • ろくむし様

      いつもコメント頂きありがとうございます!

      コメントを拝見して、「やはりそうか」とひとりごちてしまいました。
      そうなんですよね。この様な走行マナーというのは、実は地方部の方の方が格段にいいというのは、私自身よく体験することです。というか、クルマの「運転の仕方」をよくわかってらっしゃいますよね。
      都市圏になるほどこうした運転マナーというのは低下します。これからの夏休み、よく見ていると高速道路で何の用もない(走行車線に追い越すべきクルマもいない)のに延々と追い越し車線を走行し続けるのは、必ずと言っていいほど大都市圏のナンバーです。特に首都圏のナンバーのクルマは、どんなに後ろが連なろうと、絶対に避けません。
      同様に、ハイビームの使い方も下手です。私が記事本番中で話している、プリウスのドライバーさんとの「阿吽の呼吸」は、実は似た様なことが今まで一回しかなかったからこそあげています。ちょっと信じがたいかもしれませんが、個人的には都市間高速は、どんなに空いていても、やはり大都市近郊では走りにくい事態に遭遇することが多いです。
      「横に並んだら切替」、これ、合言葉っぽくていいですね(笑)。もしかして、私が遭遇したプリウスさんはこれを実践なさっていたのでしょうか?警察も、こういう気の利いた標語を考えればいいのに(笑)。
      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • ハイビーム、ロービームは自動で制御されるので、気にする事は今後なくなるでしょう。現時点の自動装備でも相当凄いと思います。ハイビームの中でも微調整して照射範囲がかわりますし、頻繁に制御しているような感じです。先日ロングの高速乗りましたが、ハイビームが看板の近くにくると、その部分を照射して明るく見やすくなりました。なかなかやります。
    pontaさんが提唱していることも良いことだと思いますが、車好きのpontaさんには、ぜひ、その最新設備の整った車に買い換えて欲しいと思います。国産車のこの装備は実用に問題なく使えます。

    • bmwpopo様

      いつもコメント頂きありがとうございます!

      おっしゃる通りです。ただ、ハイビームアシスタントはまだ一部の車種への装備にとどまっていますので、状況としては、これから10年くらいはハイビームアシスタント有りと無しが混在する事態が続くでしょう。そういう時には、ハイビームアシスタント無しのクルマはハイ・ローを今までよりもマメに切り替えることを心がけないといけないかもしれませんね。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • 基本ハイビーム、すれ違い時はロービーム。
    最近はこれを守っている車が大分増えてきた気がします。啓蒙効果が出ていますね。
    しかし郊外では街灯の無い真っ直ぐな道路で対向車が現れロービームに変えた時、相手はまだ遥か前方という場面、ライトの照射距離は手前になり自分の進行方向の死角が著しく増加するのは、実はかなり危険な場面だと言えます。
    これの解消はハイビームアシスト機能しかありません。オートライト義務化よりも早く実装するべきかもしれません。
    ハイビームアシストなら対向車の眩惑を防ぎながら自車の前方視界を十分に確保できますからね。
    既にアダプティブ機能が付いたヘッドライト装着車はアップデートで機能追加してほしいものです。

    因みにアダプティブLEDライトのコーナリングライト機能はヘッドライトLEDの配光制御で実現しており、LEDフォグランプは非点灯でした。
    以前Pontaさんが記事にされていた機能はHIDヘッドライト用の隠し機能みたいですね。

    • あっきろ様

      いつもコメント頂きありがとうございます!

      鋭い!そうですよね。山道などをずーっとハイビームで走っていて、対向車が来たからロービームに切り替えると、途端に真っ暗になったかの様な錯覚を覚えますよね。

      おっしゃる様に、ハイビームアシスタントはこうした問題すら解決しているので、本当に優れた装備だと思います。

      LEDヘッドライトのBMWでコーナリングライトは照射角度を変えているんですね。なんだかそう聞くと、ちまちまフォグライトで広配光をしている我が愛車のいじらしさといったら(笑)。でもいいんです。HIDライトの均一な配光には未だアドバンテージがあると思ってますから(泣)。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

    • pontaさんは、マナーを提唱するぐらいですから、間違いなく、ハイビームアシスト機能のある車へ早急にされるのではと思います。まず、自分から率先して先に行く!素晴しいことですね。さすがです。

      • bmwpopo様

        いつもコメント頂きありがとうございます!
        いやいや、今回は早い展開でオチまで持って来ましたね(笑)。マナーを提唱しているからこそ乗り続けると言う選択肢もあり得るのですが・・・。

        では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

        • ponta様
          いつも楽しく拝見させていただいております。
          含蓄ある内容に常々、感心させられております。
          いつもはROMばかりでしたので、初めてコメントさせていただきました。
          ponta様の320dも私の118dも、ステアリングコラムスイッチをハイビームアシスタント機能付き(BCスイッチが上下に2分割されていて、下段がハイビームアシスタントスイッチ)に換装し、コーディングすれば、ハイビームアシスタント機能が利用できるとの情報がネット上にあります。
          まだコーディングすらしたことがないので、私にはハードルが高すぎますが。
          今後共、楽しい記事に期待しております。

          • Jackal様

            初めまして!当ブログをお読み頂きありがとうございます!コメント頂けて大変嬉しいです!

            確かに、私もネットで検索していると、ハイビームアシスタントをコーディングで実現しようとされている方がいらっしゃいました(笑)。

            実はそこで初めてあの「先っちょに二つボタンがあるウィンカーレバー」の用途を知ったんですよ。

            でも・・・どうなのでしょう?HIDライトのモデルはハイビームアシスタントと言っても、単にハイとローの切り替えを自動にするだけで、LEDライトのモデルのように配光を変えるというのはないのではないのでしょうか?もしそうだとすると、私としては苦労してまでやることもないかな・・・と思っています。今の所は、ですが。

            Carlyのアップデートが頻繁に最近きているのでちょっとチェックしてみましょうかね。もしかしたらメニューに加わっているかもしれません。可能性は低いと思いますけど(笑)。
            問題はウィンカーレバーをどう手に入れるか、ですね。

            では、またのコメント楽しみにお待ちしております!お気軽にコメントくださいね!

  • ponta様
    ライトの切り替えの件、私も積極的にハイビーム使用派です。街中でも対向車が有る場合や、歩行者が眩しがらない限り、ハイビームに切り替えています。見えるものを見て運転するのでは無く、見えてないものを見ようとすると、自然とそうなりますね。
    ただ、高速道路でのハイビームについては、中央分離帯がガードしてくれるとは言っても、対向車が大型トラックの場合には、ロウビームに切り替えています。
    以前、配送業者の大型トレーラーのドライバーさんから、「高速道で対向してくる乗用車のハイビームが頭にくる」と聞いていたものですから・・・
    大型車は目線が高いから眩しいのでしょうね。

    • keybowBMW様

      いつもコメント頂きありがとうございます!

      見えてないものを見て運転する・・・夜道の運転で大事なこととされていますよね。さすがです。

      もう一つ、トラックと高速道路ですれ違う時のことですが、私、本文に書き忘れていました(笑)。実は私もトラックとすれ違う時はロービームに切り替えています。特に、トラックが追い越し車線を走行している時は眩しいでしょうからね。

      視界が効くということは、夜道でヘッドライトに幻惑されやすいのと裏腹です。実際、私は視界の確保に気を使っていますが、SUVが対向車だと、相手がロービームにしていても眩しく感じます。そういう時って、どうしても眩しい方に目がいってしまいそうになるのですが、そこをぐっとこらえて、むしろ左前方寄りに視線を移して対処しています。

      眩しい時は見ない!これに限りますね。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

    • keybowBMWさん、コメント失礼します。
      私も高速道路でトラックが対向したらロービームに切り替えてます。
      乗用車はライトが柵に隠れてますが、大型トラックは明らかにこちらからライトが見えていますから。
      (当然乗員の頭はライトの上にあるわけで)
      それ故アダプティブLEDヘッドライトのハイビームアシスト機能が無効化されているのが残念でなりません。
      自分の視界を確保しつつ。すれ違いの大型トラックを眩惑しない手段は今のところこの機能しかありませんから。保証期間終わった頃に自己責任で対応させようかなと思っていますけど。
      入手できるうちに対応コラムを買っとかないと。

      • あっきろ様

        いつもコメント頂きありがとうございます!

        本当にもったいないですよね。せっかく配光で理想的なハイビームアシスタントが実現できるのに無効化されているなんて・・・。

        それにしても、対応コラム、どう手に入れましょう?

        では、またのコメント楽しみにお待ちしております。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です