雨の日はデイタイム・ランニング・ライトではなくヘッドライトをオンで!

スポンサーリンク

今日の東京は梅雨らしい天気で、朝からシトシトと雨が降っていました。こういう日はDRL ではなく、ヘッドライトをオンにするに限りますね。

スポンサーリンク

梅雨の準備といえば

私は以前、雨の日のドライブには視界の確保を最重要視していることを申し上げました。もちろん、他にも気をつけるべきことはあります。その最たるものはタイヤの溝の深さと劣化具合ですよね。

タイヤの溝がスリップサインが出る寸前まで減っていると、タウンスピードでもいとも簡単にハイドロプレーンを起こします。カー用品店に行くと、店頭やタイヤ売り場でよく動画を流していたり、デモ用の磨り減ったタイヤを展示していたりしますよね。

ただ、これは安全に直結することではありますが、乗り込む前に目視で確認しておくことで、ある程度は気をつける事ができます。もちろん、ツルツルに溝が磨り減ったタイヤで雨の日ドライブを敢行する様な蛮勇を振るう方はいない、という前提ですが。

ただ、この視界の確保だけは気を付けてもどうにもなりません。例えば、ワイパーの拭き取りが悪くて前が全く見えない事に気が付いても、少なくともカー用品店かGSまではそのまま行かなければ行けませんし。

ですので、私は極度の近視であることもありますが、何よりも視界が確保されていない状態を嫌っています。

視界の確保って何をすればいいの?

まず一番最初に思い浮かぶのは、先にあげたワイパーでしょう。これの拭き取りが悪かったらお話になりません。

幸い、私は購入したのが5月なので、必ず梅雨入り前に法定点検や車検の時期を迎えます。この時にサービス・インクルーシブでワイパー交換をしてもらうので、あまり気にせずとも良好な拭き取り性能を発揮した状態のまま梅雨を迎えられています。

後、意外と見落としがちなのが、以前もご紹介した内窓ですね。内窓に関しては汚れと曇りの二つがありますが、BMWには、エアコン作動時に、フロントウィンドウの曇りを自動的に検知して曇り取りを行ってくれる機能が付いていますので、あまり意識されたことのない方も多いでしょう。

ですが、汚れは別です。特に雨の夜って、ただでさえ本当に見え難いですし、汚れがあるともっと見いないばかりか、目の前でチラチラと筋や汚れの白っぽい霞が見えて、鬱陶のしいことこの上ないです。

ただ内窓拭きって大変ですよね。というわけで、以前の記事で、この悩みを解決する商品をご紹介しました。

雨の季節は視界確保が一番大事〜梅雨の季節は内窓をキレイにしよう!

2016.06.23

これで視界スッキリです。

でも、本当の問題は「全員がその様にしているわけではない」こと。

自分としてはこれ以上する事はないくらいにしていても、路上では実際問題そこまで視界を確保していない方もいらっしゃいます。

こちらからは見えていても向こうからは見えていないのか、目の前に車線変更してきたりとかされると肝を冷やしますよね。

実は、私の経験から言って、濃色車に乗っている時程この様な目に会いやすいです。まあ、もっと言ってしまうと、雨が降っているいないに関わらずそうですね。これは私がDRL を渇望した一つの理由でもあります。

それを防ぐためには、一にも二にも、自分の存在を周りにアピールすることが必要になってきます。

だから、雨の日は「ヘッドライトをロービームで」点灯することをオススメしたいんです。特に難しい話ではなく、オートライトにしておくと勝手に点灯してくれます。

ここ2〜3年の間に購入された方は、オートライトにすると、明るくなっても2分くらいはヘッドライトが点灯しっぱなしになってしまうことを嫌って、オートライトにしない方もいらっしゃいます。少なくとも私の周りのオーナー2名は異口同音にそう言っていました(笑)。

サンプルが少なすぎますが(笑)、特に5シリーズやLCI後の4シリーズに乗られていると、メーターが自発光式ですから、ヘッドライトを点灯しなくても特に自分には不自由がないので、点灯が遅れがちになりますよね。

一時期、日本でのヘッドライトの点灯が遅い理由として、日本車の多くがこうした自発光式メーターを装備していることが原因だという報道があったのを覚えてらっしゃる方も多いと思います。

でも、もうそんな人いないでしょ?とお思いかも知れませんが・・・そうでもないんですよ。私の自宅近くに首都高速が高架になって道路の上を走っていて雨に日には一際暗い部分があるのですが、ここでヘッドライトを点灯していない方が多いんです。

ヘッドライトさえ点けていてくれれば、クルマのミラーやカーブミラーでも視認しやすいのですが、点灯していないのであまりよくわからず、近くまで行ってから初めて気付き、「おお!そこにクルマが居たんかい!」と驚くこともあります。

こういう危険なことがあるので、当ブログにそんな力はありませんが(笑)、「雨の日はヘッドライトをロービームでオン」というのはマナーとして広めていきたいと思っています。

ところで、なんでロービーム?

そう、ロービームなんです。いえ、ロービームでなくてはいけません。

なぜかというと、市街地では対向車を幻惑するのはもちろんですが、視界の確保さえしっかり出来ていれば、ヘッドライトで照らさなくても見えるんですよね。あくまで「自車の被視認性を上げるため」ですので、わざわざ対向車や前走車の迷惑となる様なことをする必要もないですし、するべきではありません。

じゃあ豪雨の中、一台っきりで走っている時はいいでしょ?とお思いになるかも知れませんが、そういった状況で運転する事の是非は置いておくとしても、やはりハイビームにするのは得策ではありません。

これは、度々当ブログでも登場している著名な自動車評論家、故徳大寺有恒氏の著作に書いてあったことの受け売りですが、ハイビームにしても雨滴に乱反射して余計に見え難くなるだけなんですよね。

私はこれを読んだ時、「でもやっぱりハイビームがいいのでは?」と思って実験してみましたが、氏の言う通りでした。

目の前が明るくなるだけで、とにかく光が遠くまで届かないんですよね。まあ、さすがに、さほど強い雨ではなくて真っ暗な山中などを走行する時にはハイビームにした方がいいとは思いますが・・・。

いかがでしょう?これからの梅雨の時期、昼間でも「ヘッドライトをロービームで」点灯して走行しませんか?既にタクシーはそうして居ますが、一般車の普及率はまだまだですので、まずは私達からやっていきたいものです。本当に、ライトスイッチを「A」すなわちオートの位置にして放っておくだけでいいんですから。

では、今回はこの辺で失礼します。ありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク













18 件のコメント

  • ponta様
    ご無沙汰です。
    ライトONのマナー、広めたいですねぇ~!
    以前に較べれば、夕暮れ時に点灯する車は増えたと思いますが、なぜが暗色の車が無灯火なケースが多いような気もします。
    首都高の山手など長いトンネルで、無灯火の黒い車が後ろから来ていてビックリしたり、街中では街灯で景色が見えるせいか無灯火の車(女性が多い・・・)も居ますね。
    pontaさんが言われているように、発光式のメーターも要因だと思います。メーターが見えなかったら、アレッ?って思いますもんね。
    回りが暗くなって無灯火だと、シートベルト着用サインの様に「ライトを点けましょう」とお姉さんが話してくれるとか良いかも。
    何回忠告されても無視すると「点けんかい!おらぁ~」と怖いお兄さんの声に変わるとか!

    まあ色々なケースが有りますが、一番取り締まって欲しいのは、真っ黒な服装で無灯火で走り回る自転車ですね!あれこそ自殺願望か?と思ってしまいます。車vs自転車では、車が悪い!と言われても、眼に見えないものは見えないんですよね・・・
    おまわりさんにも、頑張ってほしいと思います。

    • keybowBMW様

      いつもコメント頂きありがとうございます!

      怖いお兄さんの下りで声を出して笑ってしまいました(笑)。いや、でもAIが搭載されたらそうなるかも知れませんね。もっとも、AIが搭載される前に音声警告くらいは簡単にできそうなので実現して欲しいですね。

      確かに、暗色系の服を着て夜間走行している自転車は、私も同じことを思っておりました。私もかつてロードバイクで通勤していたことがありますが、その時には派手派手系の自転車専用のジャージを着ていましたし、ヘルメットも被っておりました。典型的なローディースタイルです。さらには、LEDのテールライトも点滅させ、前方のライトも点滅させて、自分の存在をアピールしまくってました(笑)。もちろん、クルマ好きの立場から、そうしないといかに危ないか知っていたからです。
      こういう当たり前のことが、当たり前の事として全員がやるようになっていって欲しいものですね。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • 明るい昼間でも、LEDデイライトの車も増えてきましたが、安全というより、デザイン重視(かっこよさ)もあって、人気です。「雨の日はヘッドライトをロービームでオン」は視界安全面から、必ず実行するべきと思いますね。そして、車内のpontaさんもピカピカ光れば相手から認識されやすく、さらに安全です。

    • bmwpopo様

      いつもコメント頂きありがとうございます!

      えっと、途中まで記事にご賛同頂けて嬉しいなーと思って拝読しておりましたが・・・どれだけ私を光らせたいんですか?!(笑)。

      あ、でも電源はシガーライターから取れますね。実はまあまあ現実的だったりするような・・・いえいえ、騙されませんよ(笑)。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • pontaさん、気がついたら久しぶりのコメントになってしまいました。
     さて、ライトについてですが、オートにしておくと「明るくなっても、なかなか消えてくれない」ことへのジレンマ・・・よ~くわかります。かくいう小生も前車から消灯がない車になり、最初のうちはなんとも落ち着かなかったものです。
     また、ガソリンスタンドで給油&洗車のときなど、エンジンかけっぱなしにされるとライトが消えないため、エンジンを切ってくれと頼んだくらいです。
     ところが、慣れてくるとpontaさんが提唱される雨の日の点灯はもちろん、つけた方がいいかな・・・くらいのときにも自動で点けてくれるので、まかせっきりになっています。北欧のように昼間の点灯も義務付けられているところもあるくらいですが、逆に日本人は点けたがらない国民なのかもしれませんね。
     ご存じのことと思いますが、今の車はハイビームとロービームを自動で切り替えてくれるので、その点も運転に集中できるポイントになっています。おかげさまで、走行距離が着実に伸びています(笑)

     ときにトピずれですが、ディーゼルエンジンのパワーを引き出すTDI tuningというのが気になっているのですが、どうなんでしょうか。評判とかご存じでしたらご教示を。

    • 桂様

      いつもコメント頂きありがとうございます!

      メルセデスは英断を以ってライトスイッチからOFFの位置をなくしましたよね。ハイビームアシスタントの採用といい、安全性というものを本当にわかっているメーカーだなぁと感心します。

      TDI tuning、いわゆる「サブコン」ですね。ディーゼルエンジンの普及が早かったヨーロッパでは定番のチューニングだそうです。要は純正のECUを「騙し」て、マッピングを変更するものですが、本当に色々な種類が出ていますよね。私も昔調べたことがあります。ドイツでは、M Performanceが出しているパワーキットなるものもあるそうです。
      私の結論としては、「エンジンに良くないという意見はあるものの、ちゃんと車種専用にチューニングしてあれば問題なさそう」というものです。
      BMWであれば、BMWチューナーとして名高いケレナースのものが良さそうです。私の友人も検討しておりましたが、「ま、いっか」ということで結局装着せず。そして私も彼と同じ意見です。つまり、将来的にエンジンパワーに不満を感じたりするようなことがあったり、気分を変えたいと思ったら、その時のオプションとして取っておきたいな、と。保証がらみのこともありますしね。

      当ブログの読者様で、218dにお乗りの方がいらっしゃるのですが納車直後に付けられてましたよ。このコメントでご降臨頂けるといいのですが・・・。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • 前車には付いてなかったオートライトの恩恵に浴しています。消灯が遅いと気にされる方もいらっしゃいますが、私は全然気になりません。
    法規上は300秒以内に消灯だったと記憶しています。感覚的には2分くらいで消えている感じです。
    シャンパンクォーツ、黄昏時には消えてしまう色です。殊の外注意が必要だなと思っています。
    路上では目立つ(良い意味で)が正義ですからね。

    • あっきろ様

      いつもコメント頂きありがとうございます!

      私も消灯が遅いのを気にしない派です。ただ、早く消灯して欲しい方の気持ちが最近わかりました。デイライトを有効化してから、です。
      そう、早く消えてデイライトに戻って欲しいのでしょうね。私もその気持ちが少し芽生えましたが、そもそも自車の存在をアピールするためのもの、ヘッドライトの方がいいとクルマが教えてくれているのですから、あえてデイライトにするのは本末点灯・・・いえ、転倒だと思っています。

      シャンパンクオーツ、そうですか、黄昏時に消えますか!なるほど・・・。私のインペリアルブルーは夜の闇に溶け込むので、似たようなお悩みですね。
      お互い、ヘッドライトを点灯して目立ちましょう!bmwpopo様ご提案の、自ら光ることまではしませんが(笑)。
      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

        • あっきろ様

          ご忠告ありがとうございます!
          さすがにそこまで目立つ勇気もありませんし(笑)、夜も視界の確保が第一ですから!

  • 自分もずぼらなので、クルマに任せられる部分は全てクルマ任せですww
    オートライトの消灯時間に関しても、そういうもんだ、の許容が出来れば気になりません。要はどこまで許容できるかですね。
    オートライトの感度は、CODEPHANTOMだと変えられます。今は「普通」の感度にしています(デフォルトは「鈍感」らしいです)が結構敏感です。トンネルは言うに及ばず、ちょっと暗い高架下などでもパッと点きます。曇天や雨量の多い時、そして黄昏時も早めに点灯します。
    前車の某N社ミニバンはオートライトの感度調節が出来ましたが、最も敏感な方に振っても今の自車での「普通」感度以下のような気がします(個人の感想です)。
    BMW含む輸入車は使用する国ごとにこの感度を調節するんでしょうけど、お国柄というか、そういったものも反映されるんでしょうかね(現に日本仕様が鈍感って…)。
    昔は被視認性なんて考えもしないで乗っていましたが、いい大人になって、スマートさを考え始めるとこういうところに帰結するように思います。
    唯一オートライトの困る点は、昼間に点いた後になかなか消えずにいると、どうも「オラオラ」感が出てしまって前車を煽ってるような雰囲気になってしまう事ですww

    • 寒梅様

      いつもコメント頂きありがとうございます!

      コーディング項目にあるということは、寒梅様ご指摘の通り国によって変えているんでしょうね。そういえば、前のF30の320iに乗っていた時は、ちょっとでも暗めのところに入るとパッと点き、明るいところに出た途端パッと消えていました。さすがに敏感すぎて、ディーラーに調節してもらった記憶があります。
      今にして思えば、あのくらいで良かった気がしますね。ただ、デイライトがあればテールライトは点かないまでも被視認性は相当上がるので、あそこまで敏感でなくてもいい気はしないでもありません。

      あああ、確かにそうです!こちらはそのつもりは毛頭なくても、特に高速道路では煽られていると取る方もいらっしゃるかも知れませんね。現に、私も日中に後方からライトを点灯して迫ってくるクルマがいたら避けますから。あ、迫らなければいいんですよね。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • オートライトの消灯感度についてですが、私はディーラー(TOTO BMW)で調整してもらいました。(費用は掛かりませんでした)
    今は丁度良い感じで点灯&消灯してくれます。
    一度、ディーラーに相談されては如何でしょう?

    • keybowBMW様

      いつもコメント頂きありがとうございます!

      確かに、私も320iの時にToto BMWさんで調節してもらいました!まあ、今の320dは特に不満はないので、そのままにしておきましょう。もう少し早く消灯して欲しい気もしますが・・・。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • オートライトは使ってません。専ら手動でライトオン/オフしています(笑)。
    雨の時は率先して点灯してます。BMWはライトオンでメーターがアンバーに変わるので
    わかりやすいです。これは最近のマルチ・ディスプレイ・メーター・パネル(フル液晶)でも
    同じはずですね。さらにBMWはライトスイッチをうっすらとアンバーの照明で照らしていて(明るいとわからない)、
    アンバーが見える明るさ=ライトオンのタイミングを知らせてくれています。オートライト採用の遥か前から、
    よく考えられたシステムだと思います。
    >日本でのヘッドライトの点灯が遅い理由として、日本車の多くがこうした自発光式メーターを装備していることが原因
    最近もかなり暗くなった道で、無灯火の某軽ハイトワゴンの後ろについたことがあります。
    流石に周りに危険なので、信号待ちの交差点で、クルマを降りて注意しました。
    「あっ、すみません・・・」ドライバーは若い女の子でした。ちらっと一瞥すると、暗い車内でメーターパネルが煌々と・・・
    家に帰って調べてみたら、その軽は自発光式メーターが全車標準装備でした。
    最近の車にはライトオンを示す緑色のインジゲーターが装備されていますが、そういうのも知ろうとしないと無意味ですよね。
    2020年に向けてオートライトの義務化が進められていますが、いっその事メルセデスのように「OFF」を無くしてしまうのも、
    一つの考え方かと思います。

    • ジャンキーオーヤマ様

      いつもコメント頂きありがとうございます!

      ジャンキーオーヤマ様の意識の高さは素晴らしいですね。あ、これは巷でいう「意識高い系」とかいう話ではなく、ご自身での操作もさることながら、周囲にもちゃんとご指摘なさる所も素晴らしいです。

      私でしたら、「あーまた自発光メーターの人が気付いてないよ・・・無灯火で違反取られるぞっ」と思って通り過ぎるだけです。これからは私も積極的に知らせて行こうと思いました。

      ライトスイッチのOFFをなくすのは賛成です。メルセデスがこれをやった時、私にもその発想がなかったために驚きました。ですがちょっと考えてみれば、LEDライトになって、ヘッドライトがバッテリーに負担をかけるなどということがなくなってしまえば、十分あり得る話ですし、極めて合理的です。さすがは合理性に溢れる国民であるドイツ人の発想だと、感心しました。その反面、人を信用していないなぁ、とも思いましたが(笑)。

      次期3シリーズあたりから、こっそりBMWも追随するかもしれませんね。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • 雨のそぼ降る金曜日、何となく暗い雰囲気の中を走りながら「オートライト点かないなぁ~」等と思っていましたが、ふと「そうだ!京都に・・・もといスタディーに行こう!と思い立ちました。きっかけはpontaさんのDRLの記載です。早速土曜日に行ってコーディングしてもらいました。
    日中はリングが明るく光り、ライトが点灯するとちゃんと減光してくれて、設定画面にはデイライトのメニューが追加もされて、何となく得した気分に・・・
    思ったよりも輝度が高く、前を走る車の後姿にクッキリとDRLの輪っかが写り込み、一人悦に入っています。
    ただ、やはり新型5シリーズの方がライトもかっこいいなぁ~と、ちょっとばかり沈んでいます。

    • keybowBMW様

      いつもコメント頂きありがとうございます!

      いや、記事の影響とはいえ、中々すごい発想ですね(笑)。確かに、Toto BMWさんにお世話になっていると、比較的近いところにStudieさんがありますし、Totoさんに普通にStudieの製品が置いてありますから、かなり親近感は湧きます。
      DRLが点くと、また自分のクルマが違って見えませんか?個人的には、なんだか新しい命を吹き込まれた様に感じます。本来の姿を取り戻したというか。

      いえいえ、ヘキサゴンじゃなくてもカッコいいじゃないですか!私のF31なんかは内側ライトが点かないHIDのライトですが、むしろ夜でもBMWだとわかりやすいので結構気に入ってますよ。沈むことなんかないですよ。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です