320dでは給油は満タン?それとも必要量のみ?

この話題、クルマ好きのみならず全てのドライバーにとって必ず一度は考える、ある意味「あるある」ですよね。クルマ好きでも、いえ、クルマ好きだからこそ意見の分かれるところでしょうが、こんなベタなテーマながら、私の考えをご紹介します。

スポンサーリンク

満タン派の言い分

ちなみに先に申し上げておくと、私は基本的には満タン派です。

「基本的には」ということはそうではないこともあるということですが、今まで給油に際してはほとんど満タンにしていました。

最近はガソリン車もエラく燃費が良くなっていて、一度満タンにすれば、運転パターンにもよりますが、最低でも500kmくらいは安心して無給油で走行できる足の長さがありますよね。

ディーゼルやHV/PHVなら尚更です。特に320dですと、過去にも当ブログでご紹介したことがある通り、連続高速走行ですと、満タンでの航続可能距離は1,000kmを超えることだってあります。

3シリーズディーゼルへの偏見を払拭!私が見つけた新しい「駆け抜ける喜び」

2016.09.07

でも、「ガソリンスタンドに行って給油する」ということは、まあ大抵の場合は「わざわざ」行く感が否めません。正直面倒に感じることもあります。かと言って、行きずりの店で給油すると、行きつけのガソリンスタンドよりもリッター当たり単価が大幅に高くて損した気になることも・・・。

このジレンマを解消したくて、320iに乗っていた頃に考えたことがあるのですが、所詮リッター当たり単価が高いと言ってもせいぜい10円くらいまでのレベル。私は燃料計の残りが4分の1に差し掛かったら給油を考え出しますが、BMWの3シリーズだと、そのタイミングで満タンに給油した場合におおよそ45L前後の給油量です。

となると、その違いは450円。そして、標準的よりもちょっと多い走行距離を走ることを想定して、1,000km/月走るとすると、大体給油量は2回/月だとして、その内1回を出来るだけ近所の安めのガソリンスタンドで給油し、もう1回を10円高い単価で給油したとしても、そうそう大きくは変わるものでもないんです。

いや、450円/月だけに着目するとまあまあな節約になるとは思いますが、わざわざ安いガソリンスタンドまで行くという労力の割にはリターンが少ないんですよね。これが、安いガソリンスタンドが、たまたま自宅を出て幹線道路に行くまで、必ず通る道にあるとかならいいですけど、私の場合は本当に「わざわざ」行かなければいけない距離なので、ちょっと労力を要するんですよね。

ディーゼルに乗ってからも基本的にはこの考え方で、出先で安い所を見つけたらもちろん満タンに給油し、さらにどうしてももう給油しないといけなそうな時はわざわざ安いガソリンスタンドに行って満タンに給油していたわけです。

最近になって少し考え方に変化が。

ですが、最近はちょっと考え方を変えました。かと言って、ちょこちょこと20Lずつ給油するようになった、というのではありません。

過去記事でもご紹介している通り、最近になってShellでの給油にこだわりたくなりました。ですが、私の自宅の近所には安いShellのガソリンスタンドはありません。Shellはあるのですが、むしろかなりお高めの単価設定で、Shellにこだわり始めてから最初に給油した時に、その高さに驚くくらいでした。

軽油の品質はどこで入れても変わらない・・・でも、ホント?BMWと相性がいいのは?

2017.08.13

やっぱり軽油によってエンジンのスムーズさが違う!

2017.08.20

320d絶好調!望外の好燃費はやはりアレのおかげ?

2017.08.26

そう、これも以前当ブログでご紹介したことがありますが、軽油ってガソリンスタンドによって単価の設定が全然違うんですよね。リッター当たり単価が20円違うことも珍しくありません。そうなると、1回の給油で1,000円近く違ってきてしまいます。

BMW 320dツーリング購入記

2016.03.20

まあ、ディーゼルの場合は月の給油が1回で済むこともあるのですが、こだわって給油しているとはいえ不経済極まりありません。

ですので、最近はなるべく「Shellで入れるけれども、出先で安い所を見つけた場合は満タンに、それ以外は10Lや20Lのみ給油しよう」というように考えるようになっています。

とか言いつつ、実はまだ実践していないんですよね(笑)。まだタンクには「高級軽油」が入っていまして、Shellにこだわることにしてはじめての給油での高さに辟易して、これからはこうしよう、と考えたというのが実情です。最近は子供の習い事のスポーツがもう一つ増え、私もやっているので休日に中々お出かけできなくなっているので、走行距離が伸びていないんですよ(泣)。

スポンサーリンク

よく言われる満タン給油のデメリットは大して影響ない!

満タンに給油するデメリットとして、よく二つの事が言われます。

一つは、「長く使用しない燃料の劣化」。

これ、給油したガソリンスタンドがよほど辺鄙なところにあって閑古鳥が鳴いているような所でしたら、そもそもそのガソリンスタンドで長期在庫となっていた可能性もあり、多少は気にした方がいいかもしれませんが、正直そこまで私たちは知る由もありません。ですが、安めの価格設定をしているガソリンスタンドは幹線道路沿いのガソリンスタンド激戦区に多いので、商品の回転も早いでしょうから、そのようなガソリンスタンドで入れる限りは私は気にしないことにしています。

それよりも、個人的には自らの給油サイクルの速さの方が心配です。私は燃料計が4分の1を切った所で給油を考えると申し上げましたが、そうすると残りの4分の1は古い燃料になるわけです。自分でもこれによる劣化は意識していまして、たまーにですが、燃料残量警告灯が黄色から赤になるまで粘ったりします。

そしてもう一つ、満タン給油のデメリットとして言われるのが、「クルマが重くなる」ということ。

クルマの重さというのはダイレクトに燃費に影響を及ぼしますよね。ちなみに、石油連盟の「換算係数一覧」から算出する限りでは、ガソリンなら1Lだ大体750gだそうです。以外に軽いですね。ということは、40Lで30kg。まあ、子供一人分ですか。

さて、ここでお考えいただきたいのですが、「今日は子供が乗っているから燃費が悪いなー」って感じたこと、ありますか?当ブログのタイトルをご覧いただいてもお分かりの通り、我が家は家族で車に乗る事が多いですが、私一人で乗ることもままありますが、少なくとも私はそう感じたことはないです。

厳密に算出すれば違うかも知れませんが、果たしてそれが満タンにしない事で生じるであろう不便さ、特に頻繁にガソリンスタンドに行って「無駄に」燃料を消費したり、残燃料の心配を常にしなければいけないということに見合う程の節約効果があるというと、疑問があると思っています。

特に残燃料に関しては、ディーゼルはガソリンよりも気を使うべきですからね。ガソリンと違って、ガス欠の際に燃料さえ入れればすぐ動くわけではないので、特に注意しなければいけません。

320dツーリングの燃費がよすぎて、給油がいつも「久しぶり」。給油にまつわる注意点。

2016.10.02

「基本的には満タン派」というのはそういうわけでして。

というわけで、先に書いた通り、私は「基本的にはShellの軽油で満タンにしていたい」派ということになります。

本当はいつでも満タンにしていたいくらいなんですよね。あの震災の時、鮮明に覚えてらっしゃる方も多いとおもいますが、ガソリンスタンドにはガソリンを給油するためのクルマが長蛇の列を作りましたが、給油制限を実施する所もあってクルマに乗るに乗れない事態になりました。

あの時は私も長蛇の列に並んだ経験があるのでさが、それはそれは不安な気持ちになったのを覚えています。報道によると、入手しにくかったのはガソリンで、軽油は物流の維持のために供給が維持されたとのことでした。

実はこの事が私が320dを選択した理由になっていないというと嘘になります。軽油供給の目的とは違うので、今度同じような事があった時に、普及が進んだディーゼル乗用車に対して物流を維持するためのトラックと同じように給油が可能かというと疑問ですし、控えるべきかと思いますが、いざという時には燃費の良さと相まって多少はマシでしょう。

ここだけの話、ネットで大地震の噂が立ったり、小さな地震が続いた時は、未だにすぐに満タンに給油しに行ってしまう私がいます。

ちなみに、とある調査によると、満タン給油派は6割だそうです。これを多いと見るか少ないと見るか・・・あなたはどちらですか?

では、今回はこの辺で失礼します。ありがとうございました。

スポンサーリンク













16 件のコメント

  • こんばんは!
    給油という事で あ〜スタンドに行かないとと思っていた所でしたので食いつきました。 私も満タン派ですが かなり前はそうではなく単価を気にしながら気ままに入れてありましたが 一度、ボルボのエステートワゴン(中古のボロボロ 笑)の燃料ポンプの焼き付きを起こした事があります。整備の方にガソリンは満タンでと言われました 笑 以前のe61の時にニコルのサービスに ガソリンは満タンに入れて下さい‼︎と言われてから 満タン派です 汗
    幸いにも近くに黄色と赤の貝汁 笑 がありまして ガソリンに関しては他ブランドよりも何円か必ず安い!出すので 気にも止めなくシェルブランドを使い続けております。v-powerのコマーシャルの影響からです。

    • char様

      いつもコメント頂きありがとうございます!

      Shellが自宅近所にあって、しかも近隣で一番安いというのは羨ましい環境です。私の家の近所のShellは超高級ですからね。中身も値段なりに違うならいいですが、そんなわけありませんし。

      ディーラーの整備の方って「満タンがいいです」って言いますよね。まあ、タンクには十分燃料が入っているのが前提なんでしょうけど、ポンプが焼き付くとは恐ろしいですね。そういうご経験がおありなら常に満タンというのも理にかなっていますね。

      v-powerのCMって、あの「洗浄力ナンバーワン!」のやつですか?最近はガソリン元売りのCMも環境対応やサービスの良さばかりにスポットを当てていて、品質アピールをしていないですね。もしかしたらそれだけ均一な品質になってきたのかも知れませんが。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • こんにちは!
    私、超満タン派です!
    良くスキーに行っていた事から、通行止めの憂き目に会ってオロオロするのが怖くてですが、今でもガスが半分以下になるとソワソワして来ます。
    給油の際には、とりあえず目一杯入れて、暫くゴボゴボという吹き返しを見届けてから、またチョロチョロと給油。これを繰り返します。
    給油口まで一杯になった時点で「やったぁ~!」と心の中で喝采している私は、やはり病気でしょうか・・・
    ただ、以前国産車ディーラーの整備士から「あまり満タンにすると、キャニスターに良くない」と言われた事があります。理屈は良く判らないのですが。
    また、今の車で満タンにした所、ガスメーターが元の少ないままで上がってこない現象が一度ありました。
    エンジンを掛け直しても治らず、「満タンなんてするんじゃなかった・・・」と後悔しましたが、翌日には治ってました。あれから症状は出ませんが、何だったのでしょう?

  • 満タン以上にガソリンを入れると、リザーバータンク経由で漏れ出ることがあるので止めた方が無難です。

    • keybowBMW様

      いつもコメント頂きありがとうございます!

      とおりすがり様もおっしゃってますが、あまりに満タンを超えた満タンにするとよろしくないこともあるというのは私も聞いたことがあります。

      今はどうか知りませんが、ジャガーのオーナーさんは、フルサービスのGSで給油する時、わざわざ「一度止まったところでやめて!継ぎ足さないでね!」と注意喚起しないといけなかったそうです。でないと、なんらかの不具合が起こるとか。内容は忘れてしまいましたが。

      まあ、給油中に一度止まったら、十分満タンですから、ちょこちょこ継ぎ足すよりも早く楽しいドライブを続けましょうということですね。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • 自分も満タン派です。
    SAなど例外的に高いところで給油する場合は、目的地までの距離と相談して給油量を決めるくらいです。
    理由は特にないけど昔からそうです。安いところに行って満タンにして、お出かけ前や無くなりそうになったらまたそのGSに行く。
    妻からは震災を経て、必ず一定量(半分以下)になったら給油する様に言われていますが、現実は様子見ながら1/4~1/5程度の残量で給油しています。
    この論争(と言うほどのものでは無いですが)って、ケースバイケースで無意味な気もしますが、どちらかと言えば給油に無頓着な、実際にガス欠でJAF呼んじゃうような人にこそ注目して欲しいですよね。

    • 寒梅様

      いつもコメント頂きありがとうございます!

      寒梅様はいつも帰省で長距離、しかも冬は過酷な環境下で運転されるので、やはり満タンですよね。万万が一のことがあって、高速道路上で立ち往生並の渋滞に巻き込まれたところでガス欠なんて起こしたら凍えてしまいますし。

      奥様の注意喚起、ごもっともです。私の考え方とよく似ています。流石にいつもいつもというわけではありませんが、なるべく残燃料が少ない時期を短くすべく努力はしています。

      給油に無頓着な人っていますよね。そういう人のクルマに乗るとこっちがヒヤヒヤしてしまいます。大体、高速道路でのガス欠は道交法違反だということ、そもそもガス欠を起こすということは、それだけクルマの管理が出来ないということなので、私はたかがガス欠とは思わず、厳しい目で見てしまいます。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • バイト代からガソリン代を捻出していた学生時代を除いて基本は満タン派ですね。
    唯一の例外は旅先での緊急給油時にShellが無かった時です。先だってから幾度か書いていますが、ずっとShellユーザーです。スターレックスカードで大概還元率はマックスなのでハイオクで12〜13円/Lです。他社で入れると後々の還元率計算には還元されますがほぼスタンドの設定価格のままですから逆に損です。
    したがってそういう時は1000円分とか10Lだけ給油して改めてShellを探します。
    因みに私の給油検討時期は燃料警告灯が点いたら、です。

  • 質問です。
    冬季、寒冷地に行かれたときに、寒冷地仕様の3号軽油を給油する場合は、なるべく3号軽油を入れるため現地で満タンにすると思いますが、品質とかクルマのレスポンスなどに変わりはないのでしょうか?
    ところで、ワタシは満タン派です。次のシェルを探すのが面倒くさくて、旅行に行く際は必ず満タンにしています。もちろんスターレックスカードですので何処に行ってもあまり損失は少なめです。
    ところで、シェルのフルサービススタンドは係員がドアを勝手に開けるので好きではありません。
    いつも、セルフスタンドで給油しています。

    • 蜜柑山 三郎様

      いつもコメント頂きありがとうございます!

      ご質問の件ですが、3号軽油は、燃料のうち半分くらい入っていればそれで大抵の場合は凍らないそうです。これは、複数のGSで聞きましたが、皆様判で押したように同じ事をおっしゃいます。

      ですので、東京からですと大体4分の1くらい消費した状態で出発し、夜間の長いエンジン停止の前に3号軽油をタンクの半分以上給油すれば大丈夫というわけです。もし給油しようと思った時にタンク半分以上残っていたら・・・スポーツドライビングをしましょう(笑)。まあ、なるべく燃費に悪いことを出来るだけして(例として、マニュアルモードでずっと1速で走るとか)、半分以下まで減らすのもいいですが、そこまで神経質にならなくても大丈夫みたいですよ。品質やレスポンスは全く変わりません。少なくとも私が雪道ドライブに行った時は体感できませんでした。

      ShellのGSも色々あるようですね。私の自宅近所の超高級Shellは、ドアには触れません。まあ、私が窓を開けているというのもありますが。BMWはエンジン停止後もしばらくはパワーウィンドウは動かせるので、まず注文を伝えてカードを渡し、カードはすぐ返して貰ってから窓を閉めれば、フルサービススタンドでは窓も拭いて貰えるので、私はいつもこの手を使っています。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • 給油ランプが着く前ぐらいで、基本セルフで満タンに入れます。量に関してはそれほど、こだわりはありません。パチッと給油がストップすると終わりです。SAのセルフじゃないスタンドで、堂々と、ハイオク10リットルと言うのは、なかなかカッコイイです。笑

    • bmwpopo様

      いつもコメント頂きありがとうございます!

      給油ランプが点く前までは私は我慢できませんが、大体私も同じパターンです。当ブログは圧倒的に満タン派が多いですね。

      高速のSAは流石に高すぎです。あれも事情があって、給油以外のサービスを頼む人がまずいないために、収益源がガソリン・軽油しかないのでやむを得ず高くするのだそうです。それが祟って、どんどん高速のSAからGSがなくなっていっていますよね。

      私は思いっきり言いますよ。意外と単価を示していない事も多いので、軽油の単価を確認してから、「じゃあ10Lで」とか。だって320dなら高速で10Lあれば200kmくらいは走れますから、それだけ走れば目的地まで着いてしまうことも可能だったりしますし。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • 基本的に行くスタンドは決めていて、だいたいランプが点灯する頃にスタンドに行って満タン給油です。

    そして、pontaさんにShellをお奨めいただきましたので、最近shellに変えたんですが、Shellの前に行きつけだったスタンドよりも近くになりました。
    値段も同じくらいです。
    遠方等、どうしても値段が高いスタンドで給油せざるを得ないときは、必要最低限の量だけ入れるようにしています。

    • ゆっきー様

      いつもコメント頂きありがとうございます!

      すっかりShell派ですね。でも、ゆっきー様は一番近くかつ安い所がShellでいいですね。流石に私も住まいを選ぶ時に安いShellのGSが近くにあるか、まではチェックしなかったのですが、今になって激しく後悔しております。

      給油パターンは、これから私がやろうとしているパターンと同じですね。なんで「高っ!」と言いながら満タンに入れていたのか、今となっては自分の行動が理解できないのですが(笑)。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • pontaさん
    私も他の方同様、満タン給油です。基本、給油ランプが点いてから、あるいは点く寸前に、行きつけのスタンドで満タン給油します。満タン給油法の燃費計測をやっているからでもありますが、ガソリンタンクの保護の意味合いもあります。BMWのガソリンタンクは、鉄製ではないと思いますが、昔の車は、ガソリンタンクが鉄製で、これが錆びるとかなり厄介でした。これから結露のシーズンを迎えますので、給油の頻度が少ない車両は、満タン給油がお勧めですが、ガソリンの消費速度が低いと、今度はガソリンの腐敗が心配になりますね。まっ、どちらも最近の車には関係ないことかもしれません。
    ただ、満タン給油とは言いましても、本当に満タンになるまでの給油はやりません。と言いますのは、ガソリンタンクのエア抜きの関係です。私は、恐ろしくエア抜きの悪い車も持っていて、今のセルフ給油が始まる前から、行きつけのスタンドでは、自分で給油してました。というのは、知らずに、自動停止するまで高速給油されると、ガソリンの液面を感知しての給油停止と同時に、ガソリンが給油口から噴き出すからです。で、行きつけのスタンドの店長から、エア抜きの悪い車として、他に、BMWがあると聞かされました。で、偶然にも、私の車ではないですが、別のBMW給油時に、この現象を目撃し、BMWを所有してからは、前回満タンからの走行距離と燃費から想定した給油を行っています。
    BMW乗りの皆さんは、ガソリンの吹きこぼしを体験されたことはないでしょうか?

    • irmscher様

      いつもコメントいただきありがとうございます!

      なるほど、irmscher様も満タン派ということですか。圧倒的多数ですね、満タン給油が。

      それよりも!吹きこぼしというか、入れすぎて溢れたことはありますが、吹きこぼしは経験したことはありません。ただ、心当たりはありまして、軽油はガソリンに比べて泡立ちがいい(?)からか、自動ストップからさらに頑張ると2Lくらい入ることがあるんですよ。まあ、これをやりすぎてこぼしたんですが、タンクのエア抜きの悪さというのは確かに感じますね。

      これ、タンクの形状なんでしょうか?考えてみたら、燃料って車に常時積んでいるものとしてはいちばんかそれくらいの重量物ですし、変な箇所にタンクがあると、満タンの時と減った時では大きく前後の重量バランスが変わりそうですよね。もしかして、前後重量バランスにこだわるBMWのことですから、この影響を無くそうとしてタンクが複雑な形状をしているとか・・・。まあ、これは分解してみないとわからないですね(笑)。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です