BMWオーナーはキーを持ち歩かなくなる?!

これは驚きました。確かにそうです。おっしゃる通りなんですけど、本当にそれでいいのか?個人的にはすごく驚いたニュースを発見したのでご紹介しようと思います。あなたはどう思われますか?

スポンサーリンク

キーって必要?

私がびっくりした記事はこちらです。

BMW、クルマのキーを廃止する方向で検討中

9/20(水) 10:30配信

Autoblog 日本版

写真:Autoblog

BMWはクルマのキーの必要性について再考していると、同社販売部門の取締役イアン・ロバートソン氏がロイターの取材に語った。
現在は顧客の誰もがスマートフォンを携帯しており、BMWのアプリがあればクルマのロックを解除できることから、従来のキーの存在する意味が薄らいできたという。

フランクフルト・モーターショーにおけるインタビューで、ロバートソン氏は「正直言って(鍵が)必要な人はどれだけいるのでしょうか?」と語り、今やエンジンを始動させるのに、キーシリンダーに鍵を差し込む必要がないことを挙げた。

「ポケットから取り出すこともないのです。だったら持ち歩く必要はありますか?」とロバートソン氏は言い、BMWが「鍵」を完全に無くす方向で検討中であることを明かした。

「現在その実用化の可能性と、当社で実現できるかを調査中です。(実現できるとすれば)それを今やるのか、それとも将来のどの時点なのかは今後の状況次第です」

ここまで聞くと、当然ながらテスラの「モデル3」のことを思い浮かべる。既に同車はドアの開錠/施錠やクルマの始動を、スマートフォンのアプリで全て行うことができる。

※この記事は『Reuters』に掲載されたEdward Taylor記者の記事を転載したもの。

By REUTERS
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Autoblog Japan Staff

いかがですか?私も驚きつつも、内容に関してはうなづけるところも多いものでしたし、なんとなくこういう日が来るとは思っていました。

確かに、キーが手元になくてもなんとかなる。

実は私、お恥ずかしい話なのですがキャンプの時に一度キーを無くしたことがあります。

「無くした」というのは正確ではありませんね。「見当たらなくなった」という方が正しいです。撤収時にポンポンと荷物を積んで行って、さて帰ろうかという段になって気づきました。いつも右ポケットに入れておいたはずのキーがありません。

キャンプサイトを目を皿のように探してもキーは落ちてなくて、ええいままよ!とばかりに運転席に座ってエンジンスタートボタンを押したらちゃんとエンジンはかかります。ということは、車内のどこかにはある!ですが、こういう荷室の中からもう一度荷物を引っ掻き回して探す気には到底なりません。

これは一か八かとばかりに、とりあえずエンジンがかかるのだから大丈夫!きっと家について荷ほどきすればだこかから出て来る!と言い聞かせて帰路に着きました。幸い、途中に昼ごはんを食べる時に手持ちの小さな肩掛けバッグを持って外に出て何気なくドアノブに触れたらドアがロックされたので、この中だ!と判明してことなきを得ましたけど。

キーは手元になくてもなんとかなるんです。確かに、上の記事でロバートソン氏がおっしゃっている通りです。

キーはクルマのオーナーの証。

でも、キーが無くされたら現実問題として困ることもあるでしょう。例えばスマホの充電が切れていたら車を動かすことすらできませんよね?BMWのキーだって、実は物理キーが隠されているんですよね。

この、穴の横にあるポッチを押しながら上の部分を引き出すと・・・

スポンサーリンク

このように物理キーが出てきます。これをドアの鍵穴に突っ込んで回せばちゃんと開けられるようになっているんですよね。これはキーの電池がなくなってきた時のためにこのようになっています。そもそも、キーの電池がなくなってきてるとエンジンもスタートできないのでは?と思うのですが、取扱説明書には、一応どんなに電池がなくても微弱な電波が出ているということなのか、ステアリングコラムの指定された部分にキーを押し当てながらスタートボタンを押すとエンジンが始動出来ると書かれています。もちろん、そのあと向かうのはコンビニですよね。キーの電池を真っ先に入れ替えましょう(笑)。

まあ、電池は上の状態からキーを上の穴に突っ込んで抑えを解除し、裏蓋をベリベリと剥がす要領で交換します。カッタイです。すごく。詳しくは取扱説明書をお読みください。ホント硬いですが、壊れるような勢いでこのように剥がれます。

電池はボタン型電池のCR2450というタイプです。まずこれを知らなければ買いにも行けませんよね。あらかじめ知っておくに越したことはありません。

今回はわかりやすいように予備キーの方でやりましたが、M Performanceキーケースにつけているキーの方ではやりにくそうです。というか、確実に外さなければ電池交換はできなそうです。

それはいいとして。

よく、ゴルフトーナメントやテレビ番組などででクルマなどが副賞として贈呈される時って、大きなキーを渡しますよね。実際に使うものではないですが、これが渡されることが象徴のようになっています。

ここをお読みの方も、クルマをご購入されて、ディーラーの担当営業さんにキーを渡された時こそが名実ともに自分の愛車になった!と感じられた経験がおありの方も多いのではないでしょうか?私なんかはそのクチです。キーをしげしげと眺めて喜びに浸るタイプです。

当ブログでも時々出てくるキーワードとして「所有する喜び」というものがあります。カーシェアリングが普及してきていますし、費用的にはその方が効率がいいかもしれないことはわかっていても、「いつも手元にあって自由に使えるから」などという理由を超越した、自家用車を所有する喜び。だからこそいつでも気が向いた時に、時間も関係なく気ままにドライブが楽しめるんですよね。

この所有する喜びを象徴するのが、キーではないでしょうか?キーホルダーにぶら下げてたり、ポケットに忍ばせたりすること。これが「喜び」という感情を形にした斧なのではないかと思うんですよね。

理屈ではそう。でもクルマは理屈だけではない!

そう、BMWがいうこともわかります。テスラの真似だの何だの揶揄されようが、合理的に考えると今回示した方向性は決して間違っていません。

ですが、なぜBMWがファンに選ばれるのか?それこそ、理屈抜きの「官能性」にあるといってよいでしょう。気筒数を選ばぬエンジンのスムーズな吹け上がり、ハンドリングの気持ちよさ・・・こういう感性に訴えかける部分こそがBWが世界中で熱く支持されるファンを生み続けている理由だと思うんです。BMWもそれをよく理解して、ファンの期待に応えるクルマを生み出し続けてくれています。ですので、BMWはそうした感性の部分もよく理解していると思うんですよね。

たかがキー1つの話ではありますが、そのキーにはオーナーの万感の思いが詰まっています。初めてBMWを手にした時の喜び、納車でキーを手渡された時の感激・・・そしてお別れする時にキーを渡す際の寂しさまで、キーは常に一緒にいて、オーナーを見守ってくれている健気な存在です。

たかがキー1つ、されどキー1つ。

スマホにキーの機能を持たせるのはよいですが、物理キーもせめてオプションで結構ですから残して欲しいと思いませんか?

では、今回はこの辺で失礼します。ありがとうございました。

 

スポンサーリンク













8 件のコメント

  • スマートエントリーキーの車を狙ったリモートアタックという盗難方法がある様です。
    スマートキーは常に認証コードを発信していますが、オーナーがロック後に車を離れる時に増幅装置を持った人間がついて行き、そのコードをトランシーバー型増幅器で増幅してオーナーが遠く離れた時にレシーバーを持った仲間がキーが車内にあると錯覚した車を易々と乗り逃げするというものです。
    トランシーバーの交信距離ギリギリの場所にカーキャリアとかトラックとかを潜ませられると車体そのものはそのまままんまと盗まれてしまいます。
    現状殆どのスマートキーは非対応の様なのでスキミング防止用のポーチなどに入れて持ち歩いた方が良いでしょう。乗り込む時にポーチからキーを取り出さないといけませんが、車を盗まれるわけにはいきませんから痛し痒しですね。
    スマホのアプリだとどういう形でキーロックが行われるのか分かりませんが、この辺りの対策はしっかりお願いしたいところです。

    • あっきろ様

      いつもコメント頂きありがとうございます!

      怖い話ですね。詳しい内容は忘れましたが、いつだか、高度にネットワーク化された車種を外部からハッキングして操作できた、という記事を読んだことがあります。

      人が作ったセキュリティたるもの、人に破れないものはないといいますが、少なくとも悪意のある人間に簡単には破られない様にして欲しいですね。暗号化技術も通り一遍のものではなく、画期的なものが必要になるでしょう。
      そういえば、太平洋戦争で日本側の暗号がことごとくアメリカに解読されていたのは有名な話ですが、唯一解読?されなかったのは、鹿児島出身者同士の薩摩弁のやりとりだったとか・・・。未来のクルマは薩摩弁を話すかも知れませんね。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • いずれはスマホに集約される、は間違いじゃないですね。
    現状でも国産車から乗り換えた時にスマートキーのデカさにびっくりして、今の7シリーズのキーなんて一昔前の携帯大くらいじゃないですか。
    かつて音楽のデジタル配信が始まった時、自分は「絶対携帯電話と一緒になる!」と公言していてデジタル音楽プレーヤーを買わずやり過ごし、実際そうなりました。
    今後も指紋認証や顔認証なんかがこれだけ普及してくれば、いづれ家庭や(既にそうなっているところもありますが)クルマでも遅かれ早かれ対応してくるでしょう。
    そして初期登録するためのICタグだけあれば良く、それは自宅に置いておけるか、またはスマホのアプリに配信されて保管するか…、なんて感じになるのではないでしょうか。
    詳しくはないですが、今やスマホ一つで家電まで動かせる時代です。多くの機能が、あるもの(多分スマホ)に集約されるのは必然の流れかとも思います。
    こういった個人情報の塊の為にスマホのセキュリティも日々高められているのでしょう。
    諸刃の剣の可能性が大ですが、自分はそういった集約方向に向かうのはおおむね賛成派です。
    あとは様式美として、キー贈呈セレモニーは続けると(笑)

    • 寒梅様

      いつもコメント頂きありがとうございます!

      寒梅様のご慧眼、素晴らしいです。スマホを待たずに、ガラケーの時に既にそうなりましたからね。私はiPod nanoで小さくなったのに喜んで買ってしまったクチです。

      確かに、おっしゃる通りの流れになると思います。私は心配性で、財布に全てを入れずにクレジットカードなども分散させて持ち歩いています。一つなくすと全てダメになる、というのが怖いんですよね。

      スマホがキーになるのは、利便性の点では間違いないと思います。ですが、恐らく初期の頃は、特にAndroidスマホでは正常に動作しないトラブルがありそうな気がします。今は私はiPhoneを使っていますが、それもAndroidだとメーカー毎にカスタマイズされていることでアプリが正常に動作しないことがあるのが煩わしくてiPhoneに乗り換えたんですよね。iPhoneならハードも同一ですし、OSも一種類しかありませんから、そうした煩わしさは全くありません。これがBMWとiPhoneの相性の良さの要因の一つだとも思いますが、私はオプションでキーがあったらやはり選ぶと思います。正常動作しなくなった時のためだけではなく、例えばスマホの電源切れや、もっと単純にスマホを忘れた、とか無くした時のためです。だって、外出先でスマホを落として壊れちゃったらクルマが動かせないなんて、「それゃないよ!」ってなりそうじゃないですか?一時期流行った「テレビデオ(ご存知ですか?テレビとビデオデッキが一体になったやつです。)」が普及しなかったのも、ビデオデッキが壊れて修理に出したらテレビも見れなくなるからなんです。

      でも、スマホに統合されていくんでしょうね。そうしたらせめて、寒梅様のおっしゃる通り、贈呈セレモニーはデッカい模造キーで(笑)。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • ワタシは3シリーズを所有するまで、カギに整備情報などがインプットされているとはオーナーになるまで知りませんでした。購入後、3,000㎞走行後か半年経過後でオイル交換をする私にとってディーラーへ行ったところ、サービス担当者から「カギは?」と言われたのでここで初めて知りました。それまでの私はディーラーの駐車場に駐車し、整備担当者が車の移動がしやすいようにと、車の中にカギを置きっぱなしにしていたのです。(納車時に説明は受けていたのかもしれませんが、浮かれててすっかり忘れていただけかもしれません。)
     さて、カギはいろんな意味がありますね。私の場合、車でお出かけの際このカギを手にした瞬間、ここからワタシの「しれっと走る喜び」が始まるわけです。またオーナーになった喜びもあります。
    よって、カギはオーナーの個々の想いが詰まり図体は小さいけれど重みがあります。ワタシはこのカギをなくすのはさびしい気がします。
     将来、これが実施されれば納車式はどうなるのでしょうか?たとえば、寒梅様の言うとおり、たとえば大きな模型のカギにリボンをつけて新しいオーナーに贈呈するといったようなセレモニー化になるのでしょうか?

    • 蜜柑山 三郎様

      いつもコメント頂きありがとうございます!

      私は、キーに情報が入っているのは知っていましたが、どのように活かせばいいのかよくわかりません(笑)。唯一、役に立ったのは、320iから320dに乗り換えた時でしょうか?320iでキーの情報をインポートして、320dにインポートするとこで、ドライビングポジションが最初からピッタリにできたのを覚えています。整備にも使うんですよね、アレ。

      「キーを手にする」っていい表現ですよね。私は好きです。「クルマに乗り込む」という直接的な表現よりも、なんだかその後の走りまで予感させるような、含蓄が多い表現だと思うんです。

      そういった文学的な象徴性だけでなく、フェイルセーフとしてもキーはしばらく必要だと思います。メーカーによっては手首にまくバンドにしてみたりしていますが、あのいかにもクルマのカギというのがいいんですよね。そういう意味では今のスマートキーもちょっと物足りないですが。

      まあ、キーの受け渡しが納車の象徴というのは無くなってしまうのかもしれませんね。キーアプリのダウンロードが納車の象徴になったりするのかもしれませんね。「あれ?ダウンロードできない?!」とかなったらなんとも締まらないですね(笑)。

      では、またのコメント楽しみにしております!

  • スマホが電子マネー代わりになり、スマホが車のキーの代わりになる。自然の流れでそうなる日も近いのではと思います。車に鍵を差してエンジンをかける!たまに、そういう車に乗ると、プッシュ式じゃない方が違和感を感じるぐらいです。 
    鍵だけではなく、生活の中で、いろいろな分野でかわっていくのでしょう。
    pontaさんが、M4を所有して家族とドライブする、そういう日も近いでしょう。
    新しい軽自動車を時間があったので、見積りをとりましたが、250万円超えました。それでも、一番上のグレードではありませんし、一般的なオプションを付けただけです。
    BMWも高いですが、軽自動車も高いです。

    • bmwpopo様

      いつもコメント頂きありがとうございます!

      確かにおっしゃる通りなのでしょう。でも、散々記事でもコメントでも書きましたが、象徴性とフェイルセーフの観点から、キーがなくなるのはやはり不安ですし寂しいです。

      ・・・えー、途中から趣旨が変わっているようですが(笑)、イマドキの軽自動車は高いですよ。ハスラーとかも200万円超えますからね。まあ、維持費が安いのでしょうけど、軽自動車の高級路線もそろそろ打ち止めにして欲しいですね。

      ところで、よく軽自動車のことを「軽四」っていう方がいますよね?あれってなんででしょう?きっと「軽四輪」だと思うんですが、「軽二輪」とかってないですよね?四輪以外ないのに、なんで「軽四」っていうのでしょう?

      ついでに、西日本の方ってMTの事を
      「ミッション」って言いますよね?「トランスミッション」から来ているのだと思いますが、だとしたらATも「ミッション」ですよね?なぜなのでしょう?
      あ、これも全く関係ない話ですね(笑)。
      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です