雪道を走った後に下回りをよく洗うの、忘れてました!融雪剤を落とさなければ!

またも雪道ネタで恐縮ですが、昔からよく、「雪道を走った後は下回りをよく洗え!」って言いますよね。私、外気温計が変な温度を指し示すのに気を取られて、大事なことに気づいていませんでした。

スポンサーリンク

「雪道走行後は下回りを洗車すべし」

気づいたきっかけは、先日のこの記事です。

BMWの外気温計は便利ですが・・・今日はなんか変?

ここでフロントバンパー奥のアンダーボディにまだ雪が残っていた、という話をしましたところ、読者の方々からいろいろなアドバイスをいただきました。要するに「何らかの手段で下回りを洗うべし」というもので、そうですよね、それしかないですよねと思いながらありがたく拝読しておりました。

実は、雪道ドライブから帰ってきた翌日、ボディに白く融雪剤の跡が残っていたので、GSのいわゆるドライブスルー洗車で軽く水洗いしたんですよね。その時一応、無意識に、というか「雪道走行後はアンダーボディを洗うべし」がちょっとだけ頭に残っていたので、オプションで「下回り洗車」も選んで洗ったんです。いや、そこまで考えていなかったかもしれません。実はドライブスルー洗車では下回りをオプションで選ぶのが半ば習慣になっていますので・・・。

でも外気温計の表示は変わらず、「何だろう?」というのが上の記事でした。

そして読者様からいただいたコメントを見ているうちにハッと気づいたんです。

「機械洗車で下回り洗っても氷が残っていたということはちゃんと洗えてないんだ。」

そしてこれはもう一つ大事なことを意味します。

「やばい。ということは塩カルも落ちてない!」

「塩カル」とはご存知の通り、「塩化カルシウム」のことです。これは雪国の道路には融雪剤として嫌という程撒かれています。これがアンダーボディに付着するとどうなるか。それがこの章のタイトルに繋がってきます。

ご想像通り、下回りのパーツが錆びちゃうんですね。だから「しっかり洗え」ということなんです。

ボディの白い跡を気にしている場合じゃありませんでした。どうしてこんなにボンヤリしていたんでしょう?

寒冷地仕様はアンダーボディまで違う。

昔、私が子供の頃雪国に住んでいた時は、我が家の車は寒冷地仕様でした。今とは違いますが、寒冷地仕様となると、強化されたバッテリーを積んでいたりしますし塗装も厚めです。さらに標準仕様では装備されないリアフォグやワイパーデアイサーなども装備されていたりします。

そして、アンダーボディも違うと聞いたことがあります。具体的には、この塩カル対策で錆止めが標準仕様よりも厚く塗られているらしいんですね。

スポンサーリンク

現代の車がどうなのか、勉強不足でよくわからないのですが、さすがにすぐに錆だらけになってしまうこともないでしょうし、錆止めの性能も上がっているでしょうからそもそもそう簡単には錆びないのではないかと勝手に思っています。

ですが・・・どうなのでしょう?BMWは寒冷地仕様のようなそうでないような。いえ、ちょっと前の日本車に比べると、リアフォグが全車標準だったり、ヘッドライトウォッシャーがついていたりして確かにちょっとは寒冷地向きかもしれませんが、日本車でも最近はこうした装備がついていますもんね?

そう考えると、早いうちにきちんと洗っておくに越したことはないですね。

コイン洗車場、あんなにあったのにどこに行ってしまったの?!

最近はコイン洗車場を使う機会もめっきり減ってしまって、洗車はもっぱらコーティングとその後の機械洗車に任せてしまっている私。じゃあ久しぶりにコイン洗車で、あのウォーターガンでブシャーっと落としてやろう!と思って探してみると・・・

あれ?全然近くにありません。

昔ってどこもここもコイン洗車場だったイメージがあった上に、少なくとも東京の環7通りや環8通りといった幹線道路沿いにはあるだろうと思っていたのですが・・・私の自宅から、仕事が終わってちょっと早く帰ったからと行って行けるような距離には一つもないんです。

一体どこに行ってしまったのでしょう?最近はコーティングの技術が進歩して値段も下がったので、コイン洗車場でわざわざ洗車する人もいなくなったのでしょうか?

うーん、困りました。

週末にやるしかないですね。

これは週末にどこかにお出かけするときにその辺りにもしあったらやる、という方法しかないですね。何だかコイン洗車場のためだけに片道1時間とかかけていくのも勿体無いですし。

とはいえ、あのウォーターガンでブシャー!っとやるのって、特にホイールの汚れを落とすのには非常に有効です。今の私の愛車はUSパッドですのでダストがほとんど出ないので需要がありませんが、キャンプに行ったときにホイールハウス内についた泥などを落としたくなる時はあります。まあ、泥は乾けば落ちますからいいですけど、塩カルは吹き飛ばさないと落ちませんよね。

BMWのブレーキダストの悩みを解決!F30系オーナー必見です。

そういえばToto BMWの方面に行けばちょっと行ったところにコイン洗車場があったような・・・。

と、またディーラーに行く理由を考えているダメな私ですが、これはちょっと気になるので本当に早めに行きたいです。

では、今回はこの辺で失礼します。ありがとうございました。

スポンサーリンク













13 件のコメント

  • Toto BMWさんに、お得な車を提案してもらいましょう!新型5シリーズ買っちゃいますか!

    • bmwpopo様

      いつもコメンいただきありがとうございます!
      ・・・って買いませんし買えません(泣)。たんまりお金があれば540i xDriveのツーリングでも行きたいところですけどね。妄想だけにとどめておきます。
      でも、実は行かなければいけない用事があるんですよ。今の320dツーリングを買う時に始まり、友人の何人かもお世話になった方がご栄転されることになりまして・・・。是非ともご挨拶に伺わなければいけなければ。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • こんばんは〜(^^)
    雪のあとの下回り洗車は必須ですね!
    雪国出身のなので塩カルの恐ろしさは体験済みです^^;
    中古車買う時に同じくらいの状態なら雪国じゃないのを選ぶべしと言われたこことありますw

    • evening_sky様

      いつもコメントいただきありがとうございます!

      evening_sky様は雪国ご出身だったんですね!道理で、ブログを拝読したら迷いのないスタッドレスの選択をされていると思いました。ホイールもかっこいいですね。

      いやー、迂闊でした。昔は「もう流石にいいだろう」というくらいにコイン洗車場でじゃあじゃあかけていたのですが、今回は久しぶりということもあって「雪道走行後のルーティーン」がすっぽり抜けておりました(泣)。

      早めにいって、ブシャーっと一気に落としてきます!

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • 錆びてマフラーが落ちた事があります(笑)
    実家の親父もそうでしたから、なかなか侮れませんね。
    もちろん年末年始帰省後は下廻りは洗いましたよ(フツーの水道ですけど)

    • 寒梅様

      いつもおコメントいただきありがとうございます!

      お、おどかさないでください(汗)。マフラーが落ちるって・・・侮りがたしですね。なんでそんな融雪剤まくんでしょう?もっとクルマにも環境にも優しい融雪剤を開発してくれればいいのに・・・。

      ま、まあ一度は機械洗車で下回りを洗っているのでそこまで濃厚には残ってないと思うのですが・・・。あーもっと早く気づくべきでした。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

      • 年に数回、融雪剤をまいた道路を走るくらいじゃ落ちませんから大丈夫です(笑)。
        現に前車のミニバンは7年近く乗ってそのようなことにはなりませんでしたから。ただし、5~6年目くらいでディーラーさんに「結構錆が来てるので錆止め塗装した方が良い」と言われ、そうした経緯は有ります。
        マフラー落ちたのは以前乗ってたビッグホーンのころで、その時は年10回以上スキーに行ったり、冬場の帰省もしょっちゅうだったので、錆の進行も早かったのだと思います。
        因みにその車は、燃料タンクの配管溶接が錆で穴があいて、燃料が漏れるという事案も発生しました。燃料が軽油だったから良かったですけど、ガソリンなら怖いですよね。
        ビッグホーンは特に下回り塗装はしていなかったのと、車高が高いのでまれに下回りの洗車をしていたのですが、そのような有様でした。
        結局、所有の9年間にマフラーと燃料タンク交換という出費がありましたけど、それ以外は特に下回りは問題なかったです。実はそれ以外にも色々トラブルがあった個体でしたが、それはまた別の機会に。でもいい車で手放したく無かったんですよね~。

        • 寒梅様

          いつもコメントいただきありがとうございます!

          ですよね(笑)。とか言いつつ結構ホッとしていたりしますが・・・。

          ビッグホーンは、いわゆるクロカン四駆に興味があまりなかった私でも好きでした。猫も杓子もハイラックスやランクルといった時期にあの無骨でいかにもタフな外観は、これぞクロカン四駆!という白竜にあふれていましたよね。

          燃料漏れまであり得るとは・・・とまたここら辺でビビってますが(笑)、早めに洗ってきます。

          寒梅様はすごくアクティブですね!現愛車の320dツーリングも同じように使い倒してやってください!思いっきり使ってあげるのがクルマへの愛情表現の一つだと思うので。

          では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • 久しぶりの雪道走行だとかつてやっていた事でも忘れがちなのは仕方ないでしょう。まして一応下回りの洗車はやっている訳ですし。
    ヨーロッパでは雪の降る所も多くリアフォグは義務化されているので暖かい国向けにわざわざ外すという選択肢は無いんでしょうね。
    コイン洗車場減りましたよね、若者の車離れと無縁では無いと思います。
    車で見栄を張りたい若者が大挙して押しかけたのも今は昔、当時の若者は見栄より実を取る中年以上になってしまい自ら洗車する機会も減ってしまった。
    更に後進の若者は何かと物入りな車よりも別な事にお金を使いたいと車に乗らない人も増えた…という事なんでしょうね。
    Pontaさんも書かれてますが、コーティングが流行っている事もコイン洗車場人気落ちに拍車がかかっている要因かもしれませんね。

    • 自己レス失礼します。
      リアフォグは吹雪だけでなく、濃霧が本来の活躍の場でした。寒暖に関係なかったですね。日本はそうでもないかもしれませんが海外では濃霧の出やすい所はありますからね。因みにヨーロッパは吹雪や霧以外でリアフォグ点けると罰金の対象だったと思います。よく行く台湾は日本と同じでなんでもない時に点ける人もいます…。

      • あっきろ様

        いつもコメントいただきありがとうございます!

        リアフォグのつけっぱなし、私もかつて当ブログの記事で批判しましたが本当に困りますよね。日本でも罰金とっていいと思います。うっかりも許されないレベルですよ、あれは(怒)。

        では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • こんばんは!
    コイン洗車場、たまたまうちの近所にあるので一応住所貼っておきます。↓
    横浜市青葉区美しが丘2-6
    たまプラーザ駅の近くで東名沿いにあります。
    空いててのんびり洗車できますよ。
    でもpontaさんは都内にお住まいのようですのでちょっと遠いですね^_^;

    • Kさん様

      いつもコメントいただきありがとうございます!

      教えていただいてありがとうございます!
      いえいえ、そんなことないですよ。あまりいうと身バレしそうですので詳しくはいえませんが、そこらへんは行きやすいです。都内と言っても西の方ですから。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください