BMWとメルセデスの提携に暗雲。次世代車開発は大丈夫?

スポンサーリンク

前回記事で「道路に埋め込んだワイヤレス充電でEVを充電させる」というEVにとってバラ色の未来をご紹介したのですが、いきなり暗雲が立ち込めて来ました。永遠のライバル、BMWとメルセデスの提携交渉がカルテル暴露により中断との発表です。

スポンサーリンク

ドイツ車連合崩壊の危機

この記事をお読みください。

BMW、ダイムラーとの提携交渉を中断=独紙

7/26(水) 11:43配信

ロイター

 7月25日、ドイツ自動車大手BMWは、同業ダイムラーが業界のカルテル疑惑についてカルテル庁に情報を提供したことを受け、同社との提携交渉を中断した。南ドイツ新聞が、関係者の発言を引用して伝えた。5月、ウィーンで撮影(2017年 ロイター/Heinz-Peter Bader)

[ベルリン 25日 ロイター] – ドイツ自動車大手BMW<BMWG.DE> は、同業ダイムラー<DAIGn.DE>が業界のカルテル疑惑についてカルテル庁に情報を提供したことを受け、同社との提携交渉を中断した。南ドイツ新聞が25日、関係者の発言を引用して伝えた。

BMWの経営陣は、部品の共同調達や電気自動車向け充電ステーションの開発におけるダイムラーとの提携について、慎重に見直す。

充電ステーションの開発プロジェクトには、フォルクスワーゲン(VW)<VOWG_p.DE>や、米フォード<F.N>の欧州部門も加わっており、遅れる可能性はあるものの、今後も継続される見通し。

ダイムラーの情報提供は、自社とVW、BMW、アウディ<NSUG.DE>、ポルシェが価格や技術について談合した疑いに関するものだった。関係者によると、これによりBMWのダイムラーに対する信頼は「全面的に損なわれた」という。

最終更新:7/26(水) 11:43

え?!いきなりですか?!こんな大連合もあるのに・・・。

ヨーロッパの自動車メーカーは電気自動車に本気出してます。

2016.12.02

最近、BMWとメルセデスのミシュランprimacy3を共に認定タイヤとして指定するなど、部品共通化の動きが進んでいました。Primacy3は私が絶賛お勧めするタイヤなのですが、そのあとでこうした動きが出てきて、手前味噌ながら自分の目に狂いがなかったのかも、と一人自己満足に浸っていたものです。

ですが、これは完全に水を刺されましたね。

高騰する開発費

これから自動車は内燃機関から、長い時間をかけてEVへの転換期に入っていくことは間違い無いでしょう。

これは、今までガソリンや軽油による内燃機関から、エンジンだけではなく全てのインフラももう一度全面的に再構築する必要があることを示しています。インフラの整備まで自動車メーカーがやるの?と思われるかもしれませんが、欧州の自動車メーカーが課せられる予定の排ガス規制を考えると、PHEVやEVの販売比率を上げなければ達成不可能なのはよく知られており、となるとそのEVやPHEVを売るためにはインフラが必要になり・・・と芋蔓式に連なってきて、「自社の製品を売るためにインフラを整備しないといけない」ということになるわけです。

これは一自動車メーカーには負担が大きすぎますよね、幾ら何でも。政府が補助金を出すにしても、社内の開発費までは負担してくれませんから、それこそBMWとトヨタのような大メーカー同士の提携が必要になるというのはなんども当ブログでお話しした通りです。

昨今のドイツメーカーはコストダウンに非常にご執心です。一例をあげると、BMW3シリーズだって、E90ではガラスはPilkintonという、イギリスメーカーのもの(今は買収されて日本の旭硝子の子会社のなっている、欧州屈指のガラスメーカー)のものでしたが、F30では・・・どこのかわかりません(笑)。一説によると中華製という話も。

BMWは元々簡素な室内のクルマでしたので、コストダウンすると余計にみすぼらしくなりそうですが、これはかろうじてデザインで防いでいるといった感じですよね。まあ、コストダウンしてあの価格で売るの?!と言いたくもなりますが、コストダウンにご執心なのは確かです。

ある意味、自動車メーカーが共同戦線を張っていたのかも。

現代の自動車って、部品の供給元はある程度共通化されてきています。ATなんかはわかりやすいですよね。

自動車エンジンに革命を起こした、コモンレール式燃料噴射システムだって、ボッシュから技術的な提案があり、各自動車メーカーが採用した、というものです。

今やもう、かつてのように自動車メーカーが全ての技術開発をして下請けに仕様を示して発注する、という体制では無いんですよね。つまり、自動車メーカーというのは、あくまで開発の主導権を握りたいですし、未だに握っているものの、サプライヤーに対してのその地位というのは揺らいでいるわけです。

これが完全自動運転車の開発が絡んでくると、この傾向はますます強くなります。つまり、AIの提供元や、カメラやセンサーとそのアルゴリズムをは開発するサプライヤーなしでは開発は考えられませんし、開発費もますます高騰するというわけです。

近い将来想定されるこのような事態に対して、自動車メーカー側が共同で既得権益を守るために防衛線を張っていたのがこの価格カルテルなのでは無いかと、個人的には勘ぐっています。

BMWにも言い分はあるのでしょうけど。

それにしてもすごい言い草ですよね。カルテル庁というお役所があるくらいですから、そうした商業上の不正行為を相当に厳しく取り締まっているのでしょうけど、カルテルは不正な価格操作という、市場原則に基づいた自由主義経済の根幹を破壊するものですし、どこの国でも違法です。

それを漏らされたからって、「信頼が完全に損なわれた」って(笑)。まあ、BMWにも言い分はあるのでしょうね。あくまでも、サプライヤーに対する価格低減高尚である、ということなのでしょう。何社かが共同でこのくらい買うからこのくらいの値段に抑えてください、的な。

それにしてもメルセデスもあざといです。さすがは政治力のある大メーカー、これによって何らかの司法取引があったのでは無いかと私は睨んでいますが、これとて今後の熾烈な開発競争を戦い抜くために政府を味方につけようという戦略なのでしょう。

これを概観すると、要するに政府が帰省している排ガス規制や、市場の要求によるEV社会への転換というのはラディカルすぎて、現代の自動車メーカーでは手に負えないところまで来てしまっている、ということです。きっと、この大転換の過程で、出遅れたり、開発に耐えられずに他メーカーの参加に降ったりするメーカーが出てくるでしょう。そうすると、市場としては選択肢が少なくなり、かつ価格も転嫁されるので決して望むような、「今までと同等の価格での完全自動運転EV」なんかを望むことはできなくなるわけです。これって、却って我々ユーザーにとっては損をすることになると思うのですが・・・。

逆に言えば、欧州勢がこのような内輪もめをしている間に日本のメーカーも付け入る隙があります。特に現在BMWと技術提携をしているトヨタはもう一歩踏み込んだ提携を勝ち取るチャンスでは無いでしょうか?トヨタが今後もグローバルで競争力を持ち続けるためにはいい選択だと思うのですが・・・何はともあれ、「完全自動運転」と「EV」という次世代社を巡るキーワードを軸に考えると、こうしたメーカー間の提携に関する動向からは目が離せませんね。

明らかに、今までとは違う意味が含まれていますから。

では、今回はこの辺で失礼します。ありがとうございました。

P.S.当ブログコメント欄にコメントいただいている読者様へ

コメントをいただきまして本当にありがとうございます。

最近コメントへの返信が遅れがちになっていますが、全て即時に拝読しております。コメントをいただいている読者様には大変申し訳ありませんが、後ほど必ず返信いたしますので暫時お待ちいただければと思います。

今後とも変わらぬご愛顧を賜りますよう、よろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク













10 件のコメント

  • Pontaさん初めまして。いつも楽しく拝見しております。
    ダイムラーと当局の取引はリニエンシー制度というもので、カルテルなどの不当競争において、当事者であっても当局に不正の実態を報告し捜査協力することで報告企業は罰の減免をうけることができるというものです。
    不当競争は秘密裏に行われるため、実態の把握が難しいためリニエンシー制度が欧米中で導入されています。
    自動車部品では過去にもリニエンシー制度によるカルテルが発覚しており、8割がリニエンシーによる発覚といわれています。
    日本企業を含むカルテルとしてはワイヤーハーネス、ベアリング等の例があります。

    • Salam様

      初めまして!いつも当ブログをご覧頂きありがとうございます!コメント頂けて大変嬉しいです。しかも大変お詳しくご教示頂き、感謝に絶えません。

      リニエンシー制度というのですか。なるほど、これは司法取引ですね、完全に。出し抜いた企業の勝ちということですね。

      これは・・・確かに信頼をなくしますね。一方で、さすがメルセデス、と不謹慎にも思ってしまう自分がいますが(笑)。

      いや、したたかですよね。どの程度の厳罰が降るのかはわかりませんが、軽減される利を取った、ということでしょう。そして、リニエンシー制度による告発(自首?)をした方がメリットが大きいと踏んだのでしょうね。

      こうした政治性にかかったら、他の企業なんて掌の上で踊っていたも同然ですね。いや、嫌味でもなんでもなく、純粋にメルセデスはやるなあと感心します。

      日本企業も含まれていた例があるんですね。ただ、今回の件に限って言えば、難しい局面だと思います。巨大自動車メーカーの合従連衡が繰り返される中、高騰する開発費や調達コストを抑えることは今や必須事項です。確かに昔から必須事項でしたが、重みが違います。正直、良くポルシェのような小規模メーカーが今のPHEVを含めた開発競争についていっているなあ、と思ってはいました。いくらVWグループとはいえ、ポルシェ単体で採算が取れなければ存続の危機に直面しますからね。やはり、グループのノウハウもあるものの、単体での開発がメインとなるでしょう、特にポルシェの様な特殊なメーカーは。

      理想としては、メーカー自らがコストダウンに関して不断の努力を怠るべきではないので、告発されてよかったとは思っていますが。

      自動車メーカーは益々厳しい局面に入ると思います。果たしてメルセデスはこれを生かして一人勝ちできるのか?その場合に車両価格はどうなるのか?興味深いですね。

      もちろん、我がBMWにも頑張ってもらわなければなりません(笑)。真価が問われるのはこういう時です。不貞腐れてないで(笑)、健全な競争を制して見せて欲しいですね。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!これからもお気軽にコメントくださいね!

  • いつもながら、いろんなところにアンテナを張っているpontaさんならではの記事と拝察いたしました。
     ちょうど新聞やテレビ等で2040年から英国がガソリン・ディーゼル車の販売を禁止するというニュースが流れましたが、フランスもその流れですし、欧州ではそこに向けて舵を切ることは既定路線なのだと。そんな中でこの記事はドイツ勢どうなるよ・・・って感じですが、ドイツのというより、世界的なこの二つのメーカーが最終的には協力しないわけがないだろうとも思います。AudiやVWまで含めてひとつの連合体で対応しないとできないだろうなあと。
     当然ですが、小生に対するpontaさんの信頼もなくなったりしないことを切に祈りますが・・・(苦笑)

     2040年というと、あと23年・・・EVの充電の方向性をはじめ、インフラの整備やGS業界との調整などなど、考えつくだけでも大変な検討が必要だということは容易に想像できます。本当に間に合うのでしょうか。と、そこで気になるのが、アメリカと日本の対応ですね。
     アメリカの対応により、日本は対応を変更するのかも知れませんが、物事を変えられない国の対応として、うまく乗り越えられるのだろうかとも。
     いずれにしろ、小生が車を運転できる間はなんとか現行の車で乗れそうかなとも思っていますが、これからの過渡期の動きは政治面も含め、興味深いところですね。

    • 桂様

      いつもコメント頂きありがとうございます!

      まず最初に申し上げておきますが、私の桂様に対する信頼は変わりません(笑)。もちろんです。ユーザーは何も悪くないですし、今回頂いたコメントも、鋭い考察に基づいた理路整然としたものですし。

      それにしても、欧州メーカーの「電動化」への執心ぶりはすごいですね。ラディカルな変化を望んでいると見えます。イギリス、フランスときたらドイツも、なのですが、20年後には町の光景が一変しそうですね。

      日本はいち早くPHEVが充実したのに、何を足踏みしていたんでしょう?この辺が革新性の欧州メーカーと、保守的な日本メーカーの違いではないかと。いえ、「メーカー」のところは「ユーザー」と言い換えてもいいかも知れません。

      一番の理由はインフラの未整備で、フルEVが嫌気されたことでしょあが、それとて今の欧州メーカーは自らが積極的に乗り出してきています。
      日本メーカーは先行者メリットを享受できる大チャンスだと思うのですが、動きがまだ鈍いですね。

      私が運転できる末期にようやくフルEVが優勢になるのかな・・・という感じがしています。これからの20年間で、まだまだ内燃機関は改良されていくと思いますが、その発展具合によってはEV導入は先送りされるかも知れませんね。政治面の動きといえば、石油メジャーがどうするのかも気になるところです。このままでは、かつての日本の炭鉱の様に寂れていってしまいますからね。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • 自動車業界も大変ですが、BMWに乗って家族みんなでドライブ行こう!ブログのコメントの返事も大変です。とくに、BMW乗っていないのに、コメントをする人が若干1名存在しますし!
    私からのアドバイスというか、以前から思っていましたが、こうすれば少しは楽なのでは?と思うアドバイスを!毎日記事を書く事にこだわりがある?目指しているのかもしれませんが、毎日記事を書く必要はないと思います。それよりも、コメントがついている記事があれば、それに対しての返事を優先して書く! コメントする側からすると(内容がないのに偉そうですが!笑)新しい内容の記事よりも、コメントした内容の返事が個人的には気になります。(他の方もそうなのか、わかりませんが!)
    新しい内容を掲載したい!みなさんに言いたいという気持ちがあるかもしれませんが、コメントの返事が出来ていない状態で、新しい内容の記事を書けば、それに対して、コメントが増えます。それでは、悪循環です。順番を逆にしたほうが良いと思います。

    pontaさんのブログも読者が増えて来ていると思いますので、コメントも最近の内容ばかりではなく、昔の記事にもつくときもあります。はじめて、コメントされる方も見えます。

    これから、さらに、読者数も増えることでしょう。pontaさんに負担がかかっては、続けることも難しくなりますので、1週間に3回、2回、1回でも記事はいいじゃないですか!もちろん、コメントの返事もすぐする必要はありません、体に負担の無いときに、出来れば良いのでは!
    そうやって、末永くブログを継続してください。そして、523dツーリングに乗ってドライブ行こう!アルピナに乗ってドライブ行こう!さらには、息子さんが、BMWを乗る日まで!ブログをがんばって下さいね。笑

    最後に、ブログなど、突然消えてもおかしくないのですから、気楽に^^楽しく^^

    • bmwpopo様

      いつもコメント頂きありがとうございます!

      アドバイスありがとうございます。

      私にとっては、記事を書いて読者様に語りかけるのも、コメントに返信するのも全く苦になりません。それどころかむしろ、楽しくて仕方がありません。そして、コメントを書き込んでくださる読者様が返信を心待ちにされているのも承知しています。密かに私が当ブログのテーマとして掲げているのが、「インタラクティブなブログ」ですから(笑)。

      返信が遅くなって本当に申し訳なく思っています。その間、bmwpopo様やあっきろ様には、相変わらずコメントを頂き、あまつさえ私の返信が行き届かない時に変わりにご返信頂いて心から感謝しております。

      ただ、繁忙期には純粋に時間が取れないのも事実です。その場合には、まずは情報を発信して読者様に少しでも楽しんで頂けるようにしたいと思っており、やはりそちらを優先してしまっていたのは事実です。いや、楽しんでいますよ?もちろん。コメントへの返信は、むしろ雑な返信にならないよう、時間をかけてやっています。実は今では、ブログに費やす時間のうち、記事更新よりもコメント返信に時間がかかっているんですよ。
      ですな、これですら私は苦痛とは思いません。むしろ大変にありがたいことだと思っていますし、読者様との対話を楽しみたい気持ちが大きいです。

      bmwpopo様は確かに今現在はBMWオーナーではないかも知れませんが、そうした方からもコメントを頂けることは、さらに私にとっては大変嬉しいことです。それが例えどんなことでも、です。

      頂いたアドバイス、ありがたく拝聴します。これからも、少しでも「おっ!」と思ったことはすかさず記事にして読者様と共有させて頂きますが、コメントの返信もうまく時間を捻出して楽しんで書いて行きたいと思います。

      なんかまとまりがなくなってしまいましたが(笑)、要するに、これからも楽しんで記事を書き、読者様とのコミュニケーションを取って行きたいということです。「全力で」とは言いません。肩肘はると、それこそ苦痛になってしまいますからね。

      これからもご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いします!

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • pontaさん、私のようなものにも、マメに返答して頂き感謝しております。ブログはほぼ毎日拝見させて頂いています。他の方々や私も含め、毎日ネタがあり、コメントした方々にこまめな返信は凄く感心しております。どうか、ご家族、心身共々お大事にしてください。
    さて、この間、BMWのフェスティバルに参加しましたが、試乗も出来ず、愛車で 富士スピードウェイを走行しただけで終わりました。たまたま、BMW車の最後のパレードに参加された方々の車では、インペリアルブルーを纏った3シリーズは私だけでした。実際、走行すると横三列で連なって走行するので好きなラインどりが出来ず、さらに所々狭くて急カーブもあるので真ん中の列を走行していた私は接触事故を心配するあまりヒヤヒヤでした。それでも、一日中BMWばかりの中で過ごせて、あまり退屈はしませんでしたね。

    • 蜜柑山 三郎様

      いつもコメント頂きありがとうございます!

      ご心配頂きありがとうございます。私は大丈夫ですよ。こうしてブログを書き、読者様のコメントを拝読して返信させて頂くのが、私の一番の楽しみであり、寛ぎタイムなんですから。

      富士スピードウェイ、行かれたんですね!だいぶ暑かったのではないですか?

      それでも、自らの愛車でサーキットを走るというのは得難い経験ですよね。うーん、こういう話を伺うと私も行かなかったことをちょっと後悔してしまいます(笑)。
      インペリアルブルーは少数派でしたか。意外と街中では見ることもあるんですけどね〜。しかもいい色なのに。
      まあ、お互いに少数派ですが、それもいいものですよね!

      横三列とは・・・激烈なバトル状態ですね(笑)。でも、サーキットを走っている時って、意外と静かじゃないですか?ですので他のことに気が回ってしまって、接触を気にされた蜜柑山三郎様の気持ち、すごくよくわかります。

      私達も、インペリアルブルーを並べてパレードしたいですね(笑)。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • 「F30のガラスは、どこのかわからない・・・」についてコメントです。気になって私の320d SEDANを確認したところ、フロントガラス右下BMWマークの下に「Pilkington」とありましたので、どこのかかわらないものではありませんでした。ただ先日、高速道路走行中に飛び石で30cmほどひびが入りディーラで交換しましたので、あくまでも交換後のガラスのことになります。もう確認はできませんが元のガラスはどこのものかわからない中華製であったかもしれません。。それにしても飛び石でガラスが割れたのは、もう車に乗って40年近くになりますが、初めての出来事でした。最初音がしてすぐ15cmほどの割れだったのですが、そのまま100kmぐらいで走り続けていると段々と割れが伸びてきて倍になりました。コストダウンとは無関係かもしれませんが、安全品質には妥協してほしくないですね。

    • BlueSky様

      いつもコメント頂きありがとうございます!

      おお、Pilkingtonでしたか。跳ね石が幸いしたかも知れませんね。
      実は私、BMWを購入して、立て続けに、まだ3,000kmくらいの時に、2度連続してい跳ね石にやられました。2回とも簡単な修理をしただけで済みましたが、ショックでしたねー。高速道路で遠出していると、中々すぐには修理できませんし、風圧がかかっていますから広がるのも早いでしょうね。まあ、ガラスは治りますが、お怪我がなくて何よりです。
      フロントガラスって、確かに安全装備的な一面がありますね。落下物が前走車から飛んで来たときなどを考えると、頑丈でなくては心許ないですもんね。割れにくくなっているとはいえ、強度に関しては十分以上のものが欲しいです。

      だは、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です