BMWグランクーペの嵐。日本ではかつて酷評されましたが・・・。

ジュネーブショー前の謎のティーザースケッチといい、BMWはグランクーペを強化していく路線を走っているように見えます。今度はようやくと言った感のある、2シリーズのグランクーペがキャッチされたようですよ。

スポンサーリンク

パーソナル色の強い4ドア

まあ、そもそもクーペといいうのはパーソナル色が強いクルマです。ですから2ドアでボディ剛性を確保して静粛性や乗り心地と運動性能の両立を可能にしてきたわけですが、一番重要なのはスタイリッシュであることだと思っています。

そんなクーペに対するグランクーペはというと、この「スタイリッシュ」な部分を色濃く受けついでいますよね。あ、もちろん運動性能はBMWなので全く問題なし、そして居住性に関してが一番意外なのですが、セダンと遜色ないスペースを確保しているという完成度の」たかsを誇ります。これは4GCでも6GCでも同じでして、商業的には双方ともに成功を納めたモデルと言えます。

そんな中、今度はベビー・グランクーペとでもいうべき2シリーズグランクーペの開発がキャッチされました。

2018.3.2

公開は10月 !? BMW 2シリーズに新登場「グランクーペ」プロトタイプをキャッチ

 

BMW「2シリーズ」に新たに設定される4ドア「グランクーペ」生産型プロトタイプをカメラが捉えました。

この最新開発車両ではフロントバンパーの大型エアダクト形状が見えてきたほか、ヘッドライトのアウトラインやコンパクトなテールライトも徐々に露出しています。

プラットフォームには『2シリーズ アクティブツアラー』や『X1』から流用される「UKL」プラットフォームを採用。全長は4.5m程度が予想されており、ファストバックに近いボディデザインは、メルセデス『CLA』次期型と同様のスタイルとなります。

パワートレインは、1.5リットル直列3気筒エンジン、2リットル直列4気筒エンジンのほか、48Vマイルドハイブリッドモデルの登場も噂されています。現段階では、最強「M」モデルは登場しないと見られており、頂点には「M Performance」のラインアップが予想されます。

「2シリーズ グランクーペ」は、昨年の情報で2020年以降の登場が噂されていましたが、車内でリスケジュールが行われた模様で、2018年後半に発表される可能性が高まっている状況です。同ブランドには、最小4ドアセダン『1シリーズ セダン』がありますが、中国市場限定モデルのため日本や欧米では、これが最小セダンとなります。

(APOLLO)

(clicccar APOLLO)

これは楽しみになってきました!

スポンサーリンク

ただしFFのプラットフォーム「UKL」です。

2シリーズグランクーペと聞くと、当然のことながら現行2シリーズクーペのFRをベースにしたものかと思いますよね。私もそうでした。

ですが、記事をよく読んでみますと、どうもツアラー系をベースにしているようです。つまりはFFですね。まあ、がっかりするほどではありませんが、2シリーズクーペをベースにしていれば、この先「M2グランクーペ」みたいなものの展開も期待できたので、そういう点ではちょっと残念ではあります。

これは明らかに居住性の確保を狙ったものでしょう。2シリーズクーペだって後席の居住性が高いので、そのままホイールベースをストレッチすればあっという間にコンパクトグランクーペの出来上がり・・・となりそうですが、BMWはそうは考えなかったんですね。

M2初試乗!もしかしたらどこよりも早い試乗記

2016.04.30

M2高速試乗!直列6気筒エンジンを高回転で回してきました!〜Toto BMW高速試乗会3

2017.03.06

BMW M2に乗って家族みんなでドライブ!

2017.05.25

グランクーペは、どうしてもスタイリングの関係から天井がセダンより低く設定されがちです。メルセデスのCLSなどは、よくこれで大柄なドイツ人が我慢して乗っているなーと感心するほど頭上スペースが限られています。まるでかつて父が乗っていたマークⅡのようです。そう、あの「ハイソカー」ブームのマークⅡです。

これですね。懐かしい!ですがこのクルマ、6気筒エンジンには感動しましたが、運転席でシートを一番下まで下げても頭が天井についてしまうという、とんでもなく窮屈なクルマでした。何度か申し上げていますが、私の身長公称175cmです。特に大きい方ではないと思うのですが・・・。

当然ながら自動車評論家には悪評でした。居住性では褒めるところなどないという論評もあったやに記憶しておりますが、これがメルセデスがやってもそうは言われないんですよね。あ、ちょっと脱線しましたね。

BMWはあくまで真面目なメーカーですので、グランクーペでも居住性に手を抜いていません。4GCで私が適切なドライビングポジションを取っても、3シリーズオーナーの私は全く違和感を感じませんね。天井に有り余る余裕・・・とはいいませんが、3シリーズよりもちょっと低いかな?くらいで私は全く圧迫感を感じません。後席はヒップポイントが落とし込まれていますがそれでも膝裏が浮くようなほどではなく、あくまで「3シリーズのひな壇的構成ではない」という程度に収まっています。ただ、後席は天井高が明らかに3シリーズより低いとは感じますが。

BMWのグランクーペって、見かけによらず居住性がいいんですよ。

そして今回の2シリーズGC。これは明らかにメルセデスCLAを意識していると思われます。CLAはその価格の低さとスタイリングの良さと合間って非常によく売れているようで、東京では本当によく見かけます。恐らく、世界中でいっとしているのでしょう。

それを意識してFFというと言い過ぎかも知れませんが、後発であるがゆえに居住性で負けるわけにはいかにというのがBMWの本音でしょう。正直、広くはないと思います。広くはないですが、きっとメルセデスよりもすこ日だけ広めの居住スペースを提げて、2GCは登場してくるに違いありません。

お求めやすい価格で出てきてくれたら嬉しい。

もう、これは絶対ですよね(笑)。2シリーズですから当然ということもあるでしょうが、GCはベースたるセダンやクーペよりもちょっとお高めです。それを考えると、日本でのお値段は、エンジンにもよりますが、エントリーモデルでは350万円をきる値段で出てきてほしいですね。もちろん、先進の高度運転支援機能(ADAS)はフル装備で。

こうすれば、現在、BMW全体のエントリーmドエルの役目を果たしていると言えるⅡシリーズのツアラー系のイメージを覆して、「BMWはやはりクールなメーカー」であるという評価を描く子たるものにできるのではないでしょうか?

あ、もしかしてBMWが狙っているのはこれかも知れませんね。

では、今回はこの辺で失礼します。ありがとうございました。

スポンサーリンク













4 件のコメント

  • pontaさん
    もうこうなってくると、一昔前の3シリーズと変わらなくなってしまいそうで、ワタシのようなBMWのビギナーからとすると、なんだか訳がわからなくなってしまいそうです。
    最近のBMWは、ひょんなところから、色々と手を変え品を変えで、色々なクルマを発表するので楽しみですが、その反面、「今度はそうきましたか」と、縁側でお茶しながらヘボ将棋をしている爺様の気分になるのはワタシだけでしょうか?

    • 蜜柑山 三郎様

      いつもコメント頂きありがとうございます!

      おっしゃる通りです。この2シリーズグランクーペ、きっとE30型3シリーズよりも大きくなるので、何十年かぶりにBMWを見る方ですと、これを3シリーズと見間違えてもおかしくありませんよね。実際、私もF30に乗っている時に、かつてBMWオーナーだった女性に、「?これ、5シリーズ?」と言われました。こうした「上級移行」はToto BMWのセールスさんもおっしゃっていまして、「今の3シリーズの価格で、一昔前なら5シリーズのハイラインとか変えちゃいましたよね」と少し寂しそうにおっしゃっていました。

      ですが・・・まだまだ!縁側で将棋して老け込むには早すぎますよ!もっともっとBMWのある生活を楽しみましょう!

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • 旧7シリーズ(F01)、グランツーリスモを除く現行6シリーズ(F12/13/06)、旧5シリーズ(F10/11/07)はL6という名前のプラットフォームを、現行3/4シリーズと2シリーズクーペ、1シリーズはL7というプラットフォームを使っています。そして従来のX系は別プラットフォームでした。
    これがご存知の通りX系含めてFRベースのCLARとFFベースのUKLという2種類のプラットフォームに順次切り替わっている最中です。
    どうやらBMWはプラットフォームの代替わりを2020年までには完了したい様です。
    通常モデルライフは最低でも6年くらいはありますから、このスケジュールに添えば今年来年辺りに旧プラットフォームを使った新型車はあり得ません。
    CLARは8シリーズから次期2シリーズクーペ迄を担う計画の様ですから、本来なら本流の2シリーズクーペの後にグランクーペを作りたかったと思いますが、ベンツやアウディのCLA、A3セダンが売れ行く様を指をくわえて見送る事は許されなかったんでしょうね。
    どちらもFFベースですし。
    という事でのグランクーペはFF選択という経緯かと思います。
    ただ2シリーズクーペも次期3/4シリーズもCLARを使う以上車幅は現行5シリーズ同等の幅、少し狭くなったとしても1820mmは超えてくるでしょう。対するUKLプラットフォームなら1800mm以内に収めることも可能でしょう。
    4シリーズ、M3、M2はともかく、日本では3シリーズ、2シリーズクーペにお乗りの方は次期型への乗換えが厳しくなる方も出てくるでしょうね。そういう人の受け皿ともなり得る可能性はありますね。

    • あっきろ様

      いつもコメント頂きありがとうございます!

      流石にあっきろ様らしい鋭いご考察ですね。おっしゃる通り、間違いなく現行3シリーズや4GCユーザーの受け皿として機能するクルマであることは間違い無いと思います。

      ですが、2シリーズもそろそろ整理をしないといけないですね。同じ「2」という数字で、FRのクーペにFFのツアラー系が混在しているだけでも少し違和感がありましたが、そこにさらに4ドアハードトップ(死語)まで加わると、「2シリーズって何だ?」ということになりかねません。どう命名すればいいでしょうかね・・・いっそのこと、1シリーズグランクーペで、2シリーズはツアラー系にまとめてしまった方がいいのでは無いかと思います。そしてクーペは分離して、かつてのMクーペやMロードスターのように独立系の車種にする、とか。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください